第56回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第56回スーパーボウル
Super Bowl LVI
1 2 3 4

0

0
開催日 2022年2月6日
スタジアム ソフィ・スタジアム
開催地 カリフォルニア州イングルウッド
第56回スーパーボウルの位置(アメリカ合衆国内)
開催地
開催地
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク NBC
 < 第55回 スーパーボウル 第57回 > 

第56回スーパーボウル(Super Bowl LVI)は、2021年シーズンのNFLのチャンピオンを決める試合である。試合は2022年2月6日にロサンゼルス大都市圏カリフォルニア州イングルウッドで開催される予定であり、スーパーボウルがロサンゼルス周辺で開催されるのは、1993年ローズボウルで開催された第27回スーパーボウル以来である。

開催地決定まで[編集]

2016年5月にオーナー会議が行われ、第55回スーパーボウルの開催地を以下の候補地から決定した。投票の結果、第55回スーパーボウルをイングルウッドで建設中のスタジアムで開催することが一旦、決定された[1][2][3]。しかし、新スタジアムの建設の遅れが解ったことから、この投票で落選したレイモンド・ジェームス・スタジアムを第55回スーパーボウルの開催地とし、第56回スーパーボウルをイングルウッドで開催することになった[4]

新スタジアムでの開催であるので、同スタジアムでのスーパーボウル開催は初となるが、ロサンゼルス都市圏でのスーパーボウルが開催は、3年連続スーパーボウルに進出したバッファロー・ビルズダラス・カウボーイズに大敗を喫した第27回大会ローズ・ボウルで開催)以来、29年ぶり8度目となる。

過去のロサンゼルス都市圏開催のスーパーボウル
AFC代表 スコア NFC代表 MVP
ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム(ロサンゼルス)
1 カンザスシティ・チーフス 10-35 グリーンベイ・パッカーズ QB バート・スター
7 マイアミ・ドルフィンズ 14-7 ワシントン・レッドスキンズ S ジェイク・スコット
ローズボウルパサデナ
11 オークランド・レイダース 32-14 ミネソタ・バイキングス WR フレッド・ビレトニコフ
14 ロサンゼルス・ラムズ 19-31 ピッツバーグ・スティーラーズ QB テリー・ブラッドショー
17 マイアミ・ドルフィンズ 17-27 ワシントン・レッドスキンズ RB ジョン・リギンズ
21 デンバー・ブロンコス 20-39 ニューヨーク・ジャイアンツ QB フィル・シムズ
27 バッファロー・ビルズ 17-52 ダラス・カウボーイズ QB トロイ・エイクマン

   は、勝利したチーム

放送[編集]

現在、スーパーボウルの放映は、FOXNBCCBSのローテーションで担当しており、第56回スーパーボウルの放映権は本来、CBSが担当する順番であった。しかし、アメリカでは、スポーツのビッグイベントの放映が競合することにより、テレビ局の利益を毀損し合わないように紳士協定が組まれており、その関係で、2019年3月、第55回スーパーボウルの放映権と第56回スーパーボウルの放映権をNBCとCBSの間で交換することが、NFL・NBC・CBSの三者間で合意に至った。

具体的には、同時期に開催される2022年北京オリンピック(NBCが放映権主)と第56回スーパーボウルの放映権主が異なると、スポンサー・スポーツ報道・プロモーション方法などの複雑な調整が必要となることから、放映権主を同一にする措置が採られたものである[5][6]。また、CBSにとっては、隔年で放送しているNCAAファイナルフォー(ワーナーと共同)とスーパーボウルを同じ年に放送できることによるメリットがあるとされている。

トーナメント表[編集]

現在、プレーオフ進出チームを現行の12チームから14チームに拡張する労使協定案が議論されており、アメリカ東部時間2020年3月14日23時59分が投票期限の選手投票でその可否が決定される予定である[7]。以下の表は、労使協定案が否決され、現行の労使協定どおりに開催された場合の日程を表示している。

                                   
2022年1月8日か1月9日
  1月15日か1月16日
         
 5    
     
 4         1月23日
 2      

下記参照

NFC
2022年1月8日か1月9日
     
1月15日か1月16日
         
 6     NFC チャンピオンシップ
     
 3       2月6日
ソフィ・スタジアム
 1      
ワイルドカード・プレーオフ  
ディビジョナル・プレーオフ
2022年1月8日か1月9日
     
1月15日か1月16日
       
 5     第56回スーパーボウル
     
 4         1月23日
 2      

下記参照

AFC
2022年1月8日か1月9日
     
1月15日か1月16日
         
 6     AFC チャンピオンシップ
     
 3      
 1      
  • 対戦カード及びスタジアムはシード順で決定され、そのラウンドに登場する最上位チームが最下位チームとホームで対戦、残った2チームが上位チームのホームで対戦する(つまり、ワイルドカードプレーオフの第3シード対第6シードの結果によって、ディヴィジョナルプレーオフの対戦カードが決まる)。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字は、2021年レギュラーシーズンの結果に基づいて決定されたシード順。
  • * 延長戦決着
  • 日付はアメリカ東部時間

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Atlanta, South Florida, L.A. chosen to host Super Bowls”. NFL.com. 2016年5月24日閲覧。
  2. ^ “NFL awards 2021 Super Bowl to Los Angeles”. Los Angeles Times. (2016年5月). http://www.latimes.com/sports/nfl/la-sp-0525-la-super-bowl-20160524-snap-story.html 2016年5月24日閲覧。 
  3. ^ NFL awards future Super Bowls to Atlanta, South Florida and Los Angeles”. CBS Sports. 2016年5月24日閲覧。
  4. ^ 第55回スーパーボウルはタンパベイ、ロサンゼルスは第56回に”. NFL JAPAN. 2017年6月3日閲覧。
  5. ^ CBS, NBC in 'Freaky Friday' Super Bowl swap” (英語). adage.com. 2019年3月13日閲覧。
  6. ^ Steinberg, Brian (2019年3月13日). “CBS, NBC to Swap Super Bowl Broadcasts” (英語). Variety. 2019年3月13日閲覧。
  7. ^ 選手によるCBA案の投票開始、期限は現地12日NFL JAPAN 2020年3月6日