第56回有馬記念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第56回有馬記念(だい56かいありまきねん)は、2011年12月25日中山競馬場で施行された競馬競走である。

第56回有馬記念(優勝・オルフェーヴル)
映像外部リンク
2011 有馬記念
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

概要[編集]

2007年から国際競走となっているが、5年連続で外国馬の出走はなかった。なお、同年の凱旋門賞馬・デインドリームドイツ ドイツの旗)が予備登録を行っていたが、11月28日に出走を辞退した[1]

ファン投票の結果[編集]

11月19日から12月4日までファン投票が行われ、11月24日に第1回中間発表、12月1日に第2回中間発表、12月8日に最終発表が行われた[2]。最終の有効件数は15万5168件、有効投票総数は144万1286票だった。

以下の表において、出走馬は灰色の枠で表示する。

  • 最終順位上位20頭
6位のアパパネ、10位のウインバリアシオンは休養に入ったため出走を回避。
12位のトゥザグローリーまでの10頭がファン投票選出による優先出走権を獲得。8位のペルーサは枠順発表後に左前脚の挫跖(蹄底に起きる炎症)を起こしたため出走取消。
最終順位 馬名 第1回 第2回 最終 出否
票数 順位 票数 順位 票数
1位 ブエナビスタ 14,217 1 48,082 1 109,247 出走
2位 オルフェーヴル 13,804 2 44,668 2 93,388 出走
3位 ヴィクトワールピサ 13,381 3 44,082 3 89,324 出走
4位 ローズキングダム 10,459 4 32,681 4 68,397 出走
5位 トーセンジョーダン 8,092 6 27,229 6 62,784 出走
6位 アパパネ 7,874 7 25,758 7 60,084 回避
7位 アーネストリー 9,463 5 29,528 5 59,295 出走
8位 ペルーサ 7,139 8 24,990 8 56,935 出走→取消
9位 エイシンフラッシュ 6,411 9 22,481 9 48,592 出走
10位 ウインバリアシオン 5,577 11 20,716 10 42,680 回避
11位 ヒルノダムール 5,789 10 18,062 11 36,895 出走
12位 トゥザグローリー 4,362 12 15,333 12 34,869 出走
13位 オウケンブルースリ 4,351 13 13,976 13 29,006 回避
14位 ルーラーシップ 4,106 15 12,311 16 27,300 出走
15位 レーヴディソール 4,290 14 13,658 14 26,749 回避
16位 ホエールキャプチャ 4,009 16 12,682 15 25,752 回避
17位 ジャガーメイル 2,173 21 8,152 20 24,463 出走
18位 ダークシャドウ 3,769 17 11,586 17 24,193 回避
19位 アヴェンチュラ 2,656 18 8,887 18 18,901 回避
20位 ナカヤマフェスタ 2,437 20 8,344 19 18,652 引退
  • 最終登録を行った馬のうち、最終順位21位以下で100位までに入った馬の順位
最終順位 馬名 第1回 第2回 最終 出否
票数 順位 票数 順位 票数
24位 マイネルキッツ 1,215 28 3,925 29 11,216 回避
43位 レッドデイヴィス 361 59 1,348 60 5,173 出走
48位 シャドウゲイト 688 38 2,118 39 4,317 回避
87位 キングトップガン 188 83 624 86 1,747 出走

レース施行前の状況[編集]

各競走の結果[編集]

施行日 レース名 着順 競走馬名
06月26日 第52回宝塚記念(GI) 1着 アーネストリー
2着 ブエナビスタ
09月25日 第57回オールカマー(GII) 1着 アーネストリー
10月09日 第62回毎日王冠(GII) 1着 ダークシャドウ
第46回京都大賞典(GII) 1着 ローズキングダム
10月23日 第72回菊花賞(GI) 1着 オルフェーヴル
2着 ウインバリアシオン
10月30日 第144回天皇賞(秋)(GI) 1着 トーセンジョーダン
2着 ダークシャドウ
11月06日 第49回アルゼンチン共和国杯(GII) 1着 トレイルブレイザー
11月13日 第36回エリザベス女王杯(GI) 1着 スノーフェアリー
2着 アヴェンチュラ
11月27日 第31回ジャパンカップ(GI) 1着 ブエナビスタ
2着 トーセンジョーダン
12月03日 第45回ステイヤーズステークス(GII) 1着 マイネルキッツ

登録及び各馬の状況[編集]

マイネルキッツは、最終追い切り後に鼻出血を発症し出走を回避した。

施行直前の状況[編集]

枠順は12月22日に発表された。

フルゲートに満たない14頭の出走であったが、全馬が重賞勝ち馬であり、そのうち9頭がGI勝ち馬という顔ぶれになった。また、この年の古馬中長距離路線GIレースを勝った馬が全て出走するという、近年稀に見る超豪華キャストでの発走となった。

過去2年連続2着のブエナビスタは、前走のジャパンカップで約1年ぶりの勝利を挙げ、健在ぶりをアピール。この競走を最後に引退することを発表しており、有終の美を飾るかに注目が集まっていた。 三冠馬オルフェーヴルは菊花賞以来の出走であり、古馬との対戦は初めてである。 その他には、前走のジャパンカップでは精彩を欠いたものの、同年のドバイワールドカップ優勝馬で、前年の有馬記念の優勝馬でもあるヴィクトワールピサ、前年のジャパンカップ優勝馬で同年の京都大賞典にも優勝したローズキングダム、同年の天皇賞(秋)に優勝し、ジャパンカップでも僅差の2着と本格化したトーセンジョーダン、同年の宝塚記念とのグランプリ連覇を狙うアーネストリーらが出走した。

ファン投票8位のペルーサは、左前肢の挫跖[注 1]のためレース前日に出走取り消しとなった[3]

出走馬と枠順[編集]

2011年12月25日 第5回中山競馬第8日目 第10競走
天気:晴、馬場状態:良、発走時刻:15時25分

負担重量は4歳以上牡馬57kg、4歳以上牝馬及び3歳牡馬55kg、全馬日本(日本の旗)調教馬。

枠番 馬番 競走馬名 騎手 調教師 オッズ
1 1 ブエナビスタ 牝5 岩田康誠 松田博資 3.2(2人)
2 2 ヴィクトワールピサ 牡4 M・デムーロ 角居勝彦 10.2(4人)
3 3 ヒルノダムール 牡4 藤田伸二 昆貢 30.4(8人)
4 ペルーサ 牡4 安藤勝己 藤沢和雄 取消
4 5 エイシンフラッシュ 牡4 C・ルメール 藤原英昭 26.8(7人)
6 キングトップガン 牡8 柴田善臣 鮫島一歩 132.9(13人)
5 7 トゥザグローリー 牡4 福永祐一 池江泰寿 47.1(9人)
8 ローズキングダム 牡4 後藤浩輝 橋口弘次郎 51.1(10人)
6 9 オルフェーヴル 牡3 池添謙一 池江泰寿 2.2(1人)
10 トーセンジョーダン 牡5 C・ウィリアムズ 池江泰寿 9.2(3人)
7 11 ジャガーメイル 牡7 四位洋文 堀宣行 77.1(12人)
12 アーネストリー 牡6 佐藤哲三 佐々木晶三 13.6(5人)
8 13 レッドデイヴィス せん3 武豊 音無秀孝 18.2(6人)
14 ルーラーシップ 牡4 I・メンディザバル 角居勝彦 52.9(11人)

レース結果[編集]

レース展開[編集]

スタートで目立った出遅れはなかった。まずアーネストリーが先手を奪い、ヴィクトワールピサ、トーセンジョーダン、ブエナビスタら上位人気馬がそれに続く。その後ろにはエイシンフラッシュ、ヒルノダムール、レッドデイヴィス、トゥザグローリーらがつけた。一方、1番人気のオルフェーヴルは後方2・3番手からの追走となった。前年同様に、積極的に飛ばしていく逃げ馬が不在だったこともありペースは上がらず、最初の1000mの通過は63.8秒という近年稀に見る超スローペースとなった。

隊列は特に変わることなく3コーナーまで進んだが、菊花賞のときと同様にここからオルフェーヴルが馬群の外を徐々に上がっていく。直線に入ったところではアーネストリーが先頭を守っており、直後にヴィクトワールピサ、その後にブエナビスタ、エイシンフラッシュ、トーセンジョーダン、オルフェーヴルが並んでいた。ここからオルフェーヴルが抜け出し、エイシンフラッシュも馬体を併せるようにのびたが差は詰まらない。ゴール前ではトゥザグローリー、ルーラーシップらも迫ってきたが、上位を脅かすまでには至らず、オルフェーヴルが三冠競走に続くGI4勝目を挙げた。一方、これが引退レースであり2番人気に支持されたブエナビスタは直線で伸びを欠き、国内では初めて掲示板を外す7着に終わった。

レース着順[編集]

着順 馬番 競走馬名 タイム 着差 上がりタイム
1 9 オルフェーヴル 2:36.0 33.3
2 5 エイシンフラッシュ 2:36.1 3/4 33.6
3 7 トゥザグローリー 2.36.1 クビ 33.3
4 14 ルーラーシップ 2:36.2 3/4 33.2
5 10 トーセンジョーダン 2:36.3 クビ 33.9
6 3 ヒルノダムール 2:36.4 3/4 33.7
7 1 ブエナビスタ 2.36.5 3/4 34.1
8 2 ヴィクトワールピサ 2:36.5 ハナ 34.3
9 13 レッドデイヴィス 2:36.5 クビ 34.1
10 12 アーネストリー 2:36.6 クビ 34.6
11 11 ジャガーメイル 2:36.8 1.1/2 34.2
12 8 ローズキングダム 2:37.1 2 34.0
13 6 キングドップガン 2:37.4 1.3/4 34.5
取消 4 ペルーサ

データ[編集]

ハロンタイム 6.8 - 12.0 - 12.4 - 12.1 - 13.1 - 14.4 - 14.3 - 13.0 - 12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 11.3
1000m通過タイム 63.8秒(アーネストリー)
上がり4ハロン 45.9秒
上がり3ハロン 34.0秒
優勝馬上がり3ハロン 33.3秒

払戻[編集]

単勝 9 220円
複勝 5 490円
7 740円
9 140円
枠連 4-6 2,500円
馬連 5-9 3,170円
馬単 9-5 3,650円
3連複 5-7-9 24,290円
3連単 9-5-7 78,260円
ワイド 5-7 5,630円
5-9 1,020円
7-9 1,660円

達成された記録[編集]

  • オルフェーヴルは、兄・ドリームジャーニーと史上初の兄弟制覇を達成。
  • 武豊騎手はデビューから続いていた連続年中央GI勝利記録が23で途絶えた。

入場者数・レース売り上げ[編集]

エピソード[編集]

  • 当日のフジテレビ競馬中継で、レース実況を務めた三宅正治は、2012年4月から大塚範一の後を受けてめざましテレビの総合司会を務めることとなったため、2012年3月限りでスポーツアナウンサーを引退した。そのため、この第56回有馬記念の実況アナウンスが公式なスポーツ中継番組での最後の実況となった[6]。尚翌2012年から2年間と2017年以降は後輩の青嶋達也、2014年から3年間は同じく後輩の塩原恒夫が担当した。
  • プレゼンターは片瀬那奈が務めた[7]
  • 中山競馬場の全レース終了後に、ブエナビスタの引退式が行われた[8]

脚注[編集]

  1. ^ ざせき。の蹄底、蹄叉の炎症。石を踏んだり、後肢の蹄が前肢蹄底に追突したりして発症する。
  2. ^ ただし有料入場人員は102,781人。またJRAの競馬場では再入場する際には新たに入場券が必要となること、また有馬記念発走前に退場した人も少なからずいるため、発走時に115,065人全員が競馬場に滞留していたわけではないことに留意する必要がある。
  3. ^ WIN5の売上金も含む。

出典[編集]

  1. ^ 有馬記念(GI)外国馬情報-辞退馬-
  2. ^ 有馬記念ファン投票 最終結果発表!
  3. ^ 有馬記念(GI)ペルーサ号が出走取消 JRA ニュース 2011/12/24 (2011年12月25日閲覧)
  4. ^ 年度別全成績 2011年中山第5回第8日(PDFファイル)8頁 JRA公式サイト 「データファイル」内「レース成績データ」
  5. ^ 年度別全成績 2011年中山第5回第8日(PDFファイル)5頁 JRA公式サイト 「データファイル」内「レース成績データ」
  6. ^ 皆様へ 我ら、CXスポーツアナウンサー 2012年3月12日付
  7. ^ 第56回有馬記念(GI) スペシャルイベント
  8. ^ ブエナビスタ号の引退式を有馬記念当日に中山競馬場で開催
前回:
第55回有馬記念
有馬記念
第56回有馬記念
次回:
第57回有馬記念