第56回朝日新聞社杯競輪祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第56回朝日新聞社杯競輪祭
小倉競輪場・GI
レース詳細
開催日 2014年11月21日 - 11月24日
レース結果
優勝  平原康多 (埼玉県)
2位  武田豊樹 (茨城県)
3位  神山雄一郎 (栃木県)
2013
2015

第56回朝日新聞社杯競輪祭は、2014年11月21日11月24日まで、小倉競輪場で行われた競輪のGI競走である。

KEIRINグランプリ2014への道のり[編集]

当大会は、当年12月30日岸和田競輪場で行われる、KEIRINグランプリ2014の出場権をかけた最後の一戦となる。当大会開幕直前までに、同レースへの優先出場権を得た選手は以下の5名。

競輪祭
村上博幸 第29回読売新聞社杯全日本選抜競輪 優勝
村上義弘 第67回日本選手権競輪 優勝
稲川翔 第65回高松宮記念杯競輪 優勝 不出場(斡旋処置[1][2]
深谷知広 第23回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 優勝 欠場(負傷)[3]
武田豊樹 第57回オールスター競輪 優勝

残る4名は、当大会の優勝者ないし、当年11月24日時点における賞金獲得額上位者から選出される以下の1名が賞金獲得額上位者として出場を確定させている(賞金獲得額順位は当年当大会開幕直前時点による)。

以上の前提に立ち、実質的に決勝戦が行われるまでに残った椅子は3名。そして残る3名の争いは、

の3名に加え、下記に記した決勝戦に進出したメンバーということになった[4]。このうち、賞金獲得額上位の神山は決勝戦に進出した段階で完走を条件にグランプリ出場を確定させた。

よって、当年11月23日に行われた準決勝終了時点では、実質的に残る2名が未決定となっていたが、決勝戦のメンバーの中で、グランプリの出場権を確定させているのは、優先出場権を得ている武田と、獲得賞金上位者として確定させている浅井、神山の3人だけ。よって、残る2名の選手の選出については、以下のシミュレーションが考えられた。

  1. 武田、浅井、神山の3名のいずれかが優勝した場合、岩津が確定し、賞金獲得額 第10位金子貴志は3着までに入れば確定するが、4着以下だと新田に出場権を奪われることになる。
  2. 賞金獲得額 10位の金子が優勝及び連覇した場合、金子と岩津の2人が確定となる。
  3. 賞金獲得額 12位平原康多を含む上記以外の5選手のいずれかが優勝した場合、当該選手がまず確定し、金子は2着に入れば確定するが、3着以下だと岩津に出場権を奪われることになる。

以上の件を踏まえて行われたのが決勝戦である。

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

着順 車番 選手 登録地 着差 決まり手 上がり(秒) H/B 特記
1 7 平原康多  埼玉県 差し 11.2
2 3 武田豊樹  茨城県 1/2車身 逃げ 11.4 HB
3 4 神山雄一郎  栃木県 1/8車輪 11.1
4 5 浅井康太  三重県 1/2車輪 11.0
5 9 木暮安由  群馬県 微差 11.0
6 8 稲垣裕之  京都府 1/4車輪 11.2
7 1 金子貴志  愛知県 3/4車輪 10.9
8 6 佐藤友和  岩手県 1/2車輪 10.6
9 2 山崎芳仁  福島県 1車身1/2 10.9

配当金額[編集]

枠番二連勝複式 3=5 1000円
枠番二連勝単式 5-3 1540円
車番二連勝複式 3=7 760円
車番二連勝単式 7-3 1530円
三連勝複式 3=4=7 1010円
三連勝単式 7-3-4 3370円
ワイド 3=7 380円
4=7 160円
3=4 460円

レース概略[編集]

[6] 関東勢ペースの中、最終2角での稲垣の捲りは、木暮と平原が完全に牽制。直線で武田の番手から平原が抜け出し、5年ぶりの競輪王に輝きグランプリの切符を獲得。2着以下は横並びとなったが、2着が武田、3着が両者の中を割ってきた神山と、関東の3人が表彰台を独占した。

なお、金子が7着に終わった結果、岩津裕介のグランプリ初出場も決定した。

その他[編集]

  • 5月1日から3か月間(当大会の選考期間3 - 8月の半分)レース出場を自粛していた「選手会脱退問題(SS11)」に関与した選手を対象に、当大会限定で、最低出走回数を18へと減らす措置がなされた[7](競輪関係3団体の特別競輪部会[8])。それにより、従来の24走をクリアしておらずS級S班でない村上博幸佐藤友和武田豊樹の3選手の出場が可能となった。また、渡邉一成は「オリンピック、世界選手権およびワールドカップなど国際大会への出場による場合」により出場権を得た[9][10]
  • 決勝戦の地上波中継はテレビ東京TXN系列6局ネット》[11]
  • 総売上は98億8147万7100円(目標110億円)[12][13]となり、最終日の不振が響いて、目標を大きく下回った。

参考文献[編集]

朝日新聞社杯競輪祭
前回 (2013年 第56回朝日新聞社杯競輪祭
2014年
次回(2015年
第55回朝日新聞社杯競輪祭 第57回朝日新聞社杯競輪祭