第57回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第57回グラミー賞
受賞対象 2014年度の音楽作品
開催日 2015年2月8日 (2015-02-08)
会場 ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 NARAS
主催者 LL Cool J
公式サイト www.grammy.com
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 WOWOW
オーストラリアの旗 FOX8
ニュージーランドの旗 Sky Television
南アフリカ共和国の旗 Channel O

第57回グラミー賞(だい57かいグラミーしょう、The 57th Annual Grammy Awards)は、2015年2月8日カリフォルニア州ロサンゼルス市ステイプルズ・センターにて授賞式が行われた。司会はLL・クール・Jが2012年から引き続き担当した。

サム・スミスが主要4部門全てにノミネートされ、レコード賞、楽曲賞、新人賞を受賞。ポップ・ボーカル・アルバムにも選出され、4つの賞を受賞した[1]

パフォーマンス[編集]

ファレル・ウィリアムスラン・ランハンス・ジマーによる「Happy」では、2014年8月に起きたマイケル・ブラウン射殺事件の抗議として、ファレルとダンサーが両手を挙げ「Hands Up Don't Shoot」のジェスチャーを行った[2]。また、ケイティ・ペリーのパフォーマンス前には、バラク・オバマ大統領のビデオ・メッセージが流れ、女性への暴力と家庭内暴力の撲滅を強く訴え、過去に家庭内暴力を受けたブルック・アクステル氏も登壇した[3]

メディアでめったに顔を出さないSiaは今回のパフォーマンスでも後ろ向きで歌った[4]

パフォーマンス後にグラミーが発表した「All Performances Ranked From Worst to Best」では、1位にビヨンセの「Take My Hand, Precious Lord」が選ばれた[5]。一方、SPIN誌はミランダ・ランバートの「Little Red Wagon」を選出している[6]

アーティスト
AC/DC
  • Rock or Bust
  • Highway to Hell
Ariana Grande
  • Just a Little Bit of Your Heart
Tom Jones & Jessie J
  • You've Lost That Lovin' Feelin'
Miranda Lambert
  • Little Red Wagon
Kanye West
  • Only One
Madonna
  • Living for Love
Ed Sheeran
Electric Light Orchestra
Adam Levine & Gwen Stefani
  • My Heart Is Open
Hozier & Annie Lennox
  • Take Me to Church
  • I Put a Spell on You
Pharrell Williams, Lang Lang & Hans Zimmer
Katy Perry
  • By the Grace of God
Tony Bennett & Lady Gaga
  • Cheek to Cheek
Usher
  • If It's Magic
Imagine Dragons
  • Shots (live commercial from Las Vegas)
Eric Church
  • Give Me Back My Hometown
Brandy Clark & Dwight Yoakam
  • Hold My Hand
Rihanna, Kanye West & Paul McCartney
  • FourFiveSeconds
Sam Smith & Mary J. Blige
Juanes
  • Juntos (Together)
Sia
Beck & Chris Martin
  • Heart is a Drum
Beyoncé
Jon Legend & Common
  • Glory

受賞・候補作[編集]

主要部門[編集]

最優秀レコード (Record of the Year)
最優秀アルバム (Album of the Year)
最優秀楽曲 (Song of the Year)
最優秀新人 (Best New Artist)

ポップ[編集]

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス (Best Pop Solo Performance)
最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス (Best Pop Duo/Group Performance)
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム (Best Pop Vocal Album)
最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム (Best Traditional Pop Vocal Album)

ダンス/エレクトロニック[編集]

最優秀ダンス録音 (Best Dance Recording)
最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム (Best Dance/Electronic Album)

コンテンポラリー・インストゥルメンタル[編集]

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム (Best Contemporary Instrumental Album)

ロック[編集]

最優秀ロック・パフォーマンス (Best Rock Performance)
最優秀メタル・パフォーマンス (Best Metal Performance)
最優秀ロック・ソング (Best Rock Song)
最優秀ロック・アルバム (Best Rock Album)

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム (Best Alternative Music Album)

R&B[編集]

最優秀R&Bパフォーマンス (Best R&B Performance)
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス (Best Traditional R&B Performance)
最優秀R&Bソング (Best R&B Song)
最優秀アーバン・コンテンポラリー・ソング (Best Urban Contemporary Album)
最優秀R&Bアルバム (Best R&B Album)

ラップ[編集]

最優秀ラップ・パフォーマンス (Best Rap Performance)
最優秀ラップ・サング・コラボレーション (Best Rap/Sung Collaboration)
最優秀ラップ・ソング (Best Rap Song)
最優秀ラップ・アルバム (Best Rap Album)

カントリー[編集]

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス (Best Country Solo Performance)
最優秀カントリー・デュオ・グループ・パフォーマンス (Best Country Duo/Group Performance)
最優秀カントリー・ソング (Best Country Song)
最優秀カントリー・アルバム (Best Country Album)

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム (Best New Age Album)

ジャズ[編集]

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ (Best Improvised Jazz Solo)
最優秀ジャズボーカル・アルバム (Best Jazz Vocal Album)
  • 『ビューティフル・ライフ(Beautiful Life)』 – ダイアン・リーヴス
  • 『マップ・トゥ・ザ・トレジャー(Map to the Treasure: Reimagining Laura Nyro)』 – ビリー・チャイルズ、various artists
  • 『I Wanna Be Evil』 – ルネ・マリー英語版
  • 『ライヴ・イン・ニューヨーク・シティ(Live in NYC)』 – グレッチェン・パーラト英語版
  • 『パリ・セッションズ(Paris Sessions)』 – ティアニー・サットン英語版
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム (Best Jazz Instrumental Album)
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム (Best Large Jazz Ensemble Album)
  • 『ライフ・イン・ザ・バブル(Life in the Bubble)』 – ゴードン・グッドウィンズ・ビッグ・ファット・バンド
  • 『The L.A. Treasures Project』 – クレイトン・ハミルトン・ジャズ・オーケストラ
  • 『Quiet Pride: The Elizabeth Catlett Project』 – ルーファス・リード
  • 『アッティカ・ブルース・オーケストラ・ライブ(Live: I Hear the Sound)』 – アーチー・シェップ・アッティカ・ブルース・オーケストラ
  • 『OverTime: Music of Bob Brookmeyer』 – ヴァンガード・ジャズ・オーケストラ
最優秀ラテンジャズ・アルバム (Best Latin Jazz Album)
  • 『The Offense of the Drum』 - アルトゥーロ・オファリル英語版&ジ・アフロ・ラテンジャズ・オーケストラ
  • 『The Latin Side of Joe Henderson』 - コンラッド・ハーウィッグ英語版 featuring ジョー・ロヴァーノ英語版
  • 『ザ・ペドリート・マルティネス・グループ(The Pedrito Martinez Group)』 - ペドリート・マルティネス・グループ
  • 『Second Half』 - エミリオ・ソラ with ラ・イネスタブレ・デ・ブルックルリン
  • 『New Throned King』 - ヨスヴァニー・テリー

ゴスペル・コンテンポラリー・クリスチャン[編集]

最優秀ゴスペル・パフォーマンス・ソング (Best Gospel Performance/Song)
  • "No Greater Love" – Smokie Norful
  • "Help" – メアリー・メアリー featuring Lecrae
  • "Sunday A.M." (Live) – Karen Clark Sheard
  • "I Believe" – Mali Music
  • "Love on the Radio" – The Walls Group
最優秀コンテンポラリー・クリスチャンミュージック・パフォーマンス・ソング (Best Contemporary Christian Music Performance/Song)
最優秀ゴスペル・アルバム (Best Gospel Album)
  • "Help" – Erica Campbell
  • "Amazing" (Live) – Ricky Dillard and New G
  • "Withholding Nothing" (Live) – William McDowell
  • "Forever Yours" – Smokie Norful
  • "Vintage Worship" – Anita Wilson
最優秀コンテンポラリー・クリスチャンミュージック・アルバム (Best Contemporary Christian Music Album)
最優秀ルーツ・ゴスペル・アルバム (Best Roots Gospel Album)
  • 『シャイン・フォー・オール・ザ・ピープル(Shine for All the People)』 – マイク・ファリス英語版
  • 『Forever Changed』 – T・グラハム・ブラウン英語版
  • 『Hymns』 – ゲイザー・ボーカル・バンド英語版
  • 『A Cappella』 – The Martins
  • 『His Way of Loving Me』 – Tim Menzies

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム (Best Latin Pop Album)
最優秀ラテン・ロック・アーバン・オア・オルタナティヴ・アルバム (Best Latin Rock Urban or Alternative Album)
最優秀リージョナル・メキシカン・ミュージック・アルバム (Best Regional Mexican Music Album (Including Tejano))
  • 『Mano A Mano – Tangos A La Manera De Vicente Fernández』 – ヴィセンテ・フェルナンデス英語版
  • 『Lastima Que Sean Ajenas』 – Pepe Aguilar
  • 『Voz Y Guitarra』 – Ixya Herrera
  • 『15 Aniversario』 – Mariachi Divas de Cindy Shea
  • 『Alegría Del Mariachi』 – Mariachi Los Arrieros Del Valle
最優秀トロピカル・ラテン・アルバム (Best Tropical Latin Album)

アメリカーナ・ミュージック[編集]

最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス (Best American Roots Performance)
最優秀アメリカン・ルーツ・ソング (Best American Roots Song)
  • "A Feather's Not a Bird" - ロザンヌ・キャッシュ英語版(『The River & the Thread』所収)
  • "Just So Much" - Jesse Winchester
  • "The New York Trains" - Del McCoury Band
  • "Pretty Little One" - Steve Martin and the Steep Canyon Rangers featuring Edie Brickell
  • "Terms of My Surrender" - John Hiatt
最優秀アメリカーナ・アルバム (Best Americana Album)
  • The River & the Thread』 – ロザンヌ・キャッシュ英語版
  • 『Terms of My Surrender』 – John Hiatt
  • 『BluesAmericana』 – Keb' Mo'
  • 『A Dotted Line』 – Nickel Creek
  • 『Metamodern Sounds in Country Music』 – Sturgill Simpson
最優秀ブルーグラス・アルバム (Best Bluegrass Album)
  • 『The Earls of Leicester』 – The Earls of Leicester
  • 『Noam Pikelny Plays Kenny Baker Plays Bill Monroe』 – Noam Pikelny
  • 『Cold Spell』 – Frank Solivan and Dirty Kitchen
  • 『Into My Own』 – Bryan Sutton
  • 『Only Me』 – Rhonda Vincent
最優秀ブルース・アルバム (Best Blues Album)
最優秀フォーク・アルバム (Best Folk Album)
最優秀リージョナル・ミュージック・アルバム (Best Regional Music Album)
  • 『The Legacy』 – ジョー・エル・ソニエ英語版
  • 「Light the Stars』 – Bonsoir, Catin
  • 『Hanu 'A'ala』 – Kamaka Kukona
  • 『Love's Lies』 – Magnolia Sisters
  • 『Ceremony』 – Joe Tohonnie Jr.

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム (Best Reggae Album)

ワールドミュージック[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム (Best World Music Album)

チルドレンズ[編集]

最優秀チルドレンズ・アルバム (Best Children's Album)

スポークン・ワード[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム (Best Spoken Word Album (Includes Poetry, Audio Books and Story Telling))

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム (Best Comedy Album)

ミュージカル・ショー[編集]

最優秀ミュージカル・シアター・アルバム (Best Musical Theater Album)

ヴィジュアル・メディア向け[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック(ヴィジュアル・メディア向け)(Best Compilation Soundtrack for Visual Media)
最優秀スコア・サウンドトラック(ヴィジュアル・メディア向け)(Best Score Soundtrack for Visual Media)
最優秀ソング(ヴィジュアル・メディア向け)(Best Song Written for Visual Media)

作曲・編曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲 (Best Instrumental Composition)
最優秀インストゥメンタル編曲 (Best Arrangement, Instrumental or a Cappella)
  • "Daft Punk" Ben Bram、Mitch Grassi、Scott Hoying、Avi Kaplan、Kirstie Maldonado、Kevin Olusola(編曲者)ペンタトニックスPTX, Vols. 1 & 2』所収)
  • "Beautiful Dreamer" Pete McGuinness(編曲者)(The Pete McGuinness Jazz Orchestra)
  • "Get Smart" ゴードン・グッドウィン英語版(編曲者)(ゴードン・グッドウィンズ・ビッグ・ファット・バンド『ライフ・イン・ザ・バブル(Life in the Bubble)』所収)
  • "Guantanamera" アルフレッド・ロドリゲス(編曲者)(アルフレッド・ロドリゲス)
  • "Moon River" Chris Walden(編曲者)(エイミー・ディクソン英語版
最優秀インストゥメンタル編曲(ボーカルあり) (Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocalist(s))

クラフト[編集]

最優秀録音パッケージ (Best Recording Package)
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ (Best Boxed or Special Limited Edition Package)
最優秀アルバム・ノーツ (Best Album Notes)

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム (Best Historical Album)
  • ハンク・ウィリアムズThe Garden Spot Programs』 - Colin Escott、Cheryl Pawelski(コンピレーション・プロデューサー)。Michael Graves(マスタリング・エンジニア)。
  • Various Artists『Black Europe: The Sounds And Images Of Black People In Europe Pre-1927』 - Jeffrey Green、Ranier E. Lotz、Howard Rye(コンピレーション・プロデューサー)。Christian Zwarg(マスタリング・エンジニア)。
  • Isham Jones Rainbo Orchestra『Happy: The 1920 Rainbo Orchestra Sides』 - Meagan Hennessey、Richard Martin(コンピレーション・プロデューサー)。Richard Martin
  • Various Artists『Longing for the Past: The 78 RPM Era In Southeast Asia』 - Steven Lance Ledbetter、 David Murray(コンピレーション・プロデューサー)。Michael Graves(マスタリング・エンジニア)。
  • Various Artists『There's A Dream I've Been Saving: Lee Hazlewood Industries 1966 – 1971 (Deluxe Edition)』 - Hunter Lea、Patrick McCarthy、Matt Sullivan(コンピレーション・プロデューサー)。John Baldwin(マスタリング・エンジニア)。

制作[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル) (Best Engineered Album, Non-Classical)
最優秀プロデューサー(非クラシカル) (Producer of the Year, Non-Classical)
最優秀リミックス・レコーディング(非クラシカル) (Best Remixed Recording, Non-Classical)

制作(サラウンド・サウンド)[編集]

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム (Best Surround Sound Album)
  • ビヨンセビヨンセ(Beyoncé)』- Elliot Scheiner(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Bob Ludwig(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。ビヨンセ・ノウルズ(サラウンド・プロデューサー)。
  • 『Beppe: Remote Galaxy』 (Vladimir Ashkenazy and Philharmonia Orchestra) - Morten Lindberg
  • 『Chamberland: The Berlin Remixes』 (David Miles Huber) - David Miles Huber
  • ピンク・フロイド(20周年記念デラックス・エディション)(The Division Bell (20th Anniversary Deluxe Box Set))』 - Damon Iddins、Andy Jackson(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Damon Iddins、Andy Jackson(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。
  • 『Epics Of Love』 (Song Zuying, Yu Long and China Philharmonic Orchestra) - Hans-Jörg Maucksch、Günter Pauler
  • ベンジャミン・ザンダー&フィルハーモニア管弦楽団マーラー交響曲第2番「復活」(Symphony No. 2 'Resurrection')』 - Michael Bishop(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Michael Bishop(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Elaine Martone(サラウンド・プロデューサー)。

制作(クラシカル)[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(クラシカル) (Best Engineered Album, Classical)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル) (Producer of the Year, Classical)

クラシカル[編集]

最優秀オーケストラ・パフォーマンス (Best Orchestral Performance)
最優秀オペラ録音 (Best Opera Recording)
  • Charpentier: La descente d'Orphée aux enfers (Boston Early Music Festival Chamber Ensemble; Boston Early Music Festival Vocal Ensemble) - Paul O'Dette and Stephen Stubbs(指揮)。Aaron Sheehan(歌唱)。Renate Wolter-Seevers(プロデューサー)。
  • Milhaud: L'Orestie D'Eschyle (University of Michigan Percussion Ensemble and University of Michigan Symphony Orchestra; University of Michigan Chamber Choir, University of Michigan Orpheus Singers, University of Michigan University Choir and UMS Choral Union) - Kenneth Kiesler, conductor; Dan Kempson, Jennifer Lane, Tamara Mumford, Brenda Rae and Tim Handley
  • Rameau: Hippolyte et Aricie (Orchestra of the Age of Enlightenment; The Glyndebourne Chorus) - William Christie, Sarah Connolly, Stéphane Degout, Christiane Karg, Ed Lyon, Katherine Watson and Sébastien Chonion
  • Schönberg: Moses und Aron (SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg; EuropaChorAkademie) - Sylvain Cambreling, Andreas Conrad, Franz Grundheber and Reinhard Oechsler
  • Strauss: Elektra (Staatskapelle Dresden; Sächsischer Staatsopernchor Dresden) - Christian Thielemann, Evelyn Herlitzius, Waltraud Meier, René Pape, Anne Schwanewilms and Magdalena Herbst
最優秀コーラル・パフォーマンス (Best Choral Performance)
  • The Sacred Spirit of Russia (Conspirare) - Craig Hella Johnson
  • Bach: Matthäus-Passion ((Werner Güra and Johannes Weisser; Akademie Für Alte Musik Berlin; Rias Kammerchor and Staats-Und Domchor Berlin) - René Jacobs
  • Dyrud: Out of Darkness (Erlend Aagaard Nilsen and Geir Morten Øien; Sarah Head and Lars Sitter; Nidaros Cathedral Choir) - Vivianne Sydnes
  • Holst: First Choral Symphony; The Mystic Trumpeter (Susan Gritton; BBC Symphony Orchestra; BBC Symphony Chorus) - アンドルー・デイヴィス, Stephen Jackson
  • Mozart: Requiem Mass in D minor (Matthew Brook, Rowan Hellier, Thomas Hobbs and Joanne Lunn; Dunedin Consort) - John Butt
最優秀チェンバー・ミュージック/スモール・アンサンブル・パフォーマンス (Best Chamber Music/Small Ensemble Performance)
最優秀クラシカル・インストゥルメンタル・ソロ (Best Classical Instrumental Solo)
最優秀クラシカル・ソロ・ボーカル・アルバム (Best Classical Solo Vocal Album)
  • Douce France (Carl Bagge, Margareta Bengston, Mats Bergström, Per Ekdahl, Bengan Janson, Olle Linder and Antoine Tamestit) - Anne Sofie Von Otter and Bengt Forsberg
  • Porpora: Arias (Cecilia Bartoli; Venice Baroque Orchestra) - Philippe Jaroussky and Andrea Marcon
  • Schubert: Die Schöne Müllerin - Florian Boesch and Malcolm Martineau
  • Stella Di Napoli (Chœur De L'Opéra National De Lyon; Orchestre De L'Opéra National De Lyon) - Joyce DiDonato and Riccardo Minasi
  • Virtuoso Rossini Arias (Kaunas City Symphony Orchestra) - Lawrence Brownlee and Constantine Orbelian
最優秀クラシカル・コンペディアム (Best Classical Compendium)
  • Partch: Plectra and Percussion Dances - Partch; John Schneider
  • Britten To America - Jeffrey Skidmore and Colin Matthews
  • Mieczysław Weinberg - Giedrė Dirvanauskaitė, Daniil Grishin, ギドン・クレーメル, Daniil Trifonov and Manfred Eicher
  • Mike Marshall and The Turtle Island Quartet - Mike Marshall, Turtle Island Quartet and Mike Marshall
  • The Solent – Fifty Years Of Music By Ralph Vaughan Williams - Paul Daniel and Andrew Walton
最優秀コンテンポラリー・クラシカル・コンポジション (Best Contemporary Classical Composition)
  • Adams, John Luther: Become Ocean (Ludovic Morlot and Seattle Symphony) - John Luther Adams
  • Clyne, Anna: Prince of Clouds (Jaime Laredo, Jennifer Koh, Vinay Parameswaran and Curtis 20/21 Ensemble) - Anna Clyne
  • Crumb, George: Voices From The Heartland (Ann Crumb, Patrick Mason, James Freeman and Orchestra 2001) - ジョージ・クラム
  • Paulus, Stephen: Concerto for Two Trumpets and Band (Eric Berlin, Richard Kelley, James Patrick Miller and UMASS Wind Ensemble) - Stephen Paulus
  • Sierra, Roberto: Sinfonía No. 4 (Giancarlo Guerrero and Nashville Symphony) - Roberto Sierra

ミュージック・ビデオ/フィルム[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ (Best Music Video)
  • ファレル・ウィリアムス "Happy" - We Are From LA(ビデオ・ディレクター)。Kathleen Heffernan、Solal Micenmacher、Jett Steiger、Cedric Troadec(ビデオ・プロデューサー)。
  • アーケイド・ファイア "We Exist" – David Wilson(ビデオ・ディレクター)。Sue Yeon Ahn、Jason Baum(ビデオ・プロデューサー)。
  • DJ Snake &リル・ジョン "Turn Down for What" – Daniel Kwan、Daniel Scheinert(ビデオ・ディレクター)。Judy Craig、Jonathan Wang、Candance Ouaknine、Bryan Younce(ビデオ・プロデューサー)。
  • Sia "Chandelier" – Sia Furler、Daniel Askill(ビデオ・ディレクター)。Jennifer Heath、Jack Hogan(ビデオ・プロデューサー)。
  • Woodkid featuring Max Richter "The Golden Age" – Yoann Lemoine(ビデオ・ディレクター)。Kathleen Heffernan、Roman Pichon Herrera、Christine Miller、Annabel Rosier(ビデオ・プロデューサー)。
最優秀ミュージック・フィルム (Best Music Film)

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

出典[編集]

[ヘルプ]