第57回スーパーボウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
第57回スーパーボウル
Super Bowl LVII
1 2 3 4

0

0
開催日 2023年2月12日
スタジアム ステートファーム・スタジアム
開催地 アリゾナ州グレンデール
第57回スーパーボウルの位置(アメリカ合衆国内)
開催地
開催地
アメリカにおけるテレビ放送
ネットワーク FOX
 < 第56回 スーパーボウル 第58回 > 

第57回スーパーボウル(Super Bowl LVII)は、2022年シーズンのNFLのチャンピオンを決める試合である。試合は2023年2月にアリゾナ州アリゾナ州グレンデールで開催される予定であり、アリゾナのフェニックス地域でスーパーボウルが開催されるのは、2015年の第49回以来である。

開催地決定まで[編集]

第56回までの開催地は、開催を希望する都市が入札し、オーナー会議の投票で決定するプロセスを採用していたが、第57回、第58回の開催分からはリーグの方から開催候補地に開催に向けた接触をすることが許されるようになった。

リーグと接触し、開催を希望したアリゾナ州アリゾナ州グレンデールルイジアナ州ニューオーリンズが提案書をまとめ、その提案書に対する無記名投票が2018年5月のオーナー会議において行われた。その結果、第57回をアリゾナ州アリゾナ州グレンデール、第58回をルイジアナ州ニューオーリンズで開催することが満場一致にて決定した[1]

同スタジアムでスーパーボウルが開催されるのは、トム・ブレイディロブ・グロンカウスキーラッセル・ウィルソンマーショーン・リンチといった選手が出場した第49回大会以来、8年ぶり3度目となる。

過去の同スタジアム開催のスーパーボウル
AFC代表 スコア NFC代表 MVP
42 ニューイングランド・ペイトリオッツ 17-14 ニューヨーク・ジャイアンツ QB イーライ・マニング
49 ニューイングランド・ペイトリオッツ 28-24 シアトル・シーホークス QB トム・ブレイディ

   は、勝利したチーム

出場チーム[編集]

出場チームは、現地時間2023年1月29日の両カンファレンスのチャンピオンシップで決定する予定である。

トーナメント表[編集]

                                   
ワイルドカード・プレーオフ ディビジョナル・プレーオフ
2023年1月14日か15日
    1月21日か22日
    1月29日
    2月12日
ステートファーム・スタジアム
 6    
 3      
2023年1月14日か15日
     
         
 7     AFC
 2       1月21日か22日
2023年1月14日か15日
     
         
AFCチャンピオンシップ
1月29日
 5    
     
 4        
 1      
2023年1月14日か15日
1月21日か22日
     
       
 6     第57回スーパーボウル
 3      
2023年1月14日か15日
     
         
 7     NFC
 2       1月21日か22日
2023年1月14日か15日
     
         
NFCチャンピオンシップ
 5    
     
 4        
 1      
  • 対戦カードはシード順で決定され、上位シードチームのホームで対戦する。そのラウンドに残ったチームの内の最上位シードが最下位シードと対戦するルールであるため、ディビジョナル・プレーオフの対戦カードはワイルドカードの結果により変動する。
  • スーパーボウル開催地は事前にオーナー会議で決定。
  • チーム名の左の数字は、2022年レギュラーシーズンの結果に基づいて決定されたシード順。
  • * 延長戦決着
  • 日付はアメリカ東部時間

脚注[編集]

[脚注の使い方]