第58回朝日新聞社杯競輪祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第58回朝日新聞社杯競輪祭
小倉競輪場・GI
レース詳細
開催日 2016年11月24日 - 11月27日
レース結果
優勝  平原康多 (埼玉県)
2位  武田豊樹 (茨城県)
3位  稲垣裕之 (京都府)
2015
2017

第58回朝日新聞社杯競輪祭は、2016年11月24日11月27日まで、小倉競輪場で行われた競輪のGI競走である。

平成28年熊本地震被災地支援競輪として開催。

KEIRINグランプリ2016への道のり[編集]

当大会は、当年12月30日立川競輪場で行われる、KEIRINグランプリ2016の出場権をかけた最後の一戦となる。当大会開幕直前までに、同レースへの優先出場権を得た選手は以下の6名。

渡邉一成 第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪 優勝
村上義弘 第69回日本選手権競輪 優勝
中川誠一郎 第70回日本選手権競輪 優勝
新田祐大 第67回高松宮記念杯競輪 優勝
岩津裕介 第59回オールスター競輪 優勝
稲垣裕之 第25回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 優勝

残る3名は、当大会の優勝者ないし、当年11月27日時点における賞金獲得額上位者から選出される[1]が、以下の1名が賞金獲得額上位者として出場を確定させている(賞金獲得額順位は当年当大会開幕直前時点による)。

以上の前提に立ち、実質的に決勝戦が行われるまでに残った椅子は2名。そして残る2名の争いは、

に加え、下記に記した決勝戦に進出したメンバーということになった[2]

当年11月26日に行われた準決勝終了時点では、実質的に残る2名が未決定となっていたが、決勝戦のメンバーの中で、グランプリの出場権を確定させているのは、優先出場権を得ている新田、稲垣の2人だけ。よって、残る2名の選手の選出については、以下のシミュレーションが考えられた。

  1. G1優勝者の新田、稲垣、獲得賞金ランク7位平原の3名のいずれかが優勝した場合、平原は無条件(落車棄権・失格除く)で確定となり、最後の1枠は以下の通りとなる。
    1. 深谷が4着以下かつ武田が3着以下の場合は最終日10R特別優秀に出走する吉田が確定となる。
    2. 深谷が2着の場合及び3着で武田が4着以下の場合は深谷が確定となる。
    3. 武田が2着の場合は武田が確定となる。
  2. 深谷が優勝した場合、深谷と平原が確定となる。
  3. 上記以外の5選手のいずれかが優勝した場合、当該選手が確定し、深谷は自身が2着に入り平原が5着以下の場合だ確定するが、それ以外のケースだと平原に出場権を奪われることになる。

以上の件を踏まえて行われたのが決勝戦である。

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

車番 選手 登録地
着差 決まり手 上がり
(秒)
H/B 特記
1 7 平原康多  埼玉県 SS 捲くり 11.2
2 3 武田豊樹  茨城県 SS 3/4車身 マーク 11.2
3 9 稲垣裕之  京都府 SS 1車身 11.5
4 8 芦澤大輔  茨城県 S1 1/2車輪 11.1
5 5 金子貴志  愛知県 S1 3/4車輪 11.5
6 6 近藤隆司  千葉県 S1 1車身 11.4
7 1 深谷知広  愛知県 S1 2車身 12.0 HB
8 2 新田祐大  福島県 SS 1車身1/2 11.8
9 4 新山響平  青森県 S2 大差 12.6

配当金額[編集]

枠番二連勝 複式 3=5 370円
単式 5-3 990円
車番二連勝 複式 3=7 440円
単式 7-3 990円
三連勝 複式 3=7=9 1,970円
単式 7-3-9 6,700円
ワイド
3=7 250円
7=9 640円
3=9 710円

レース概略[編集]

[5] 稲垣が単独で絶好の3番手をキープして最終2コーナーからまくり、金子のブロックを交わして、2センターでは先頭に。しかし、これを追った平原が外を踏み、直線で抜け出して2年ぶり3度目の競輪王に輝いた。平原マークの武田が2着に流れ込み、3年連続の関東ワンツー決着。ゴール前で末を欠いた稲垣は3着で、GI連勝は果たせず。

なおこの結果、平原と武田の関東コンビが土壇場でのグランプリ出場権を獲得した。一方、吉田と深谷の愛知コンビは惜しくもグランプリにあと一歩届かなかった(賞金9位・10位[6])。

その他[編集]

  • 4日間の総売上額は、81億5619万9000円(目標は100億円[6])。4日制以上のGIワーストを更新した(それまでは同年の寛仁親王牌の83億6470万5400円[7][8]、2017年10月の寛仁親王牌で再更新[9])。
  • 決勝戦の地上波中継は、テレビ東京TXN系列 全6局ネット》が放送[10]。中継では、現役選手の加藤慎平(競輪祭は欠場)がゲスト解説を行った[11]
  • 表彰式での優勝者への花束プレゼンターは、稲村亜美が務めた[6][12]
  • 新山響平はGI2度目の出場で、初の決勝進出となった[13]

参考文献[編集]

脚注[編集]

朝日新聞社杯競輪祭
前回 (2015年 第58回朝日新聞社杯競輪祭
2016年
次回(2017年
第57回朝日新聞社杯競輪祭 第59回朝日新聞社杯競輪祭