第6回選抜中等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第6回選抜中等学校野球大会
試合日程 1929年3月30日 - 4月5日
出場校 16校
優勝校 第一神港商兵庫、初優勝)
試合数 15試合
入場行進曲 『観兵式行進曲』
大会本塁打 0本塁打
 < 19281930 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第6回選抜中等学校野球大会(だい6かいせんばつちゅうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1929年昭和4年)3月30日から4月5日までの間、兵庫県武庫郡鳴尾村(現在の西宮市)の甲子園球場で行われた選抜中等学校野球大会である。

この大会より、入場式の際の各校先頭に校名を記したプラカードを加え、試合終了後の校歌吹奏と校旗掲揚を開始した。これは、主催者の毎日新聞社の社員だった人見絹枝が、アムステルダムオリンピックでの感激から発案したものとされている[1]

また、甲子園球場にアルプススタンドが新設された。

出場校[編集]

選出校 出場回数
慶応商工 東京 初出場
静岡中 静岡 4年連続4回目
愛知一中 愛知 3年ぶり4回目
愛知商 愛知 2年連続2回目
松本商 長野 4年連続4回目
平安中 京都 2年連続2回目
八尾中 大阪 3年ぶり2回目
関西甲種商 大阪 初出場
第一神港商 兵庫 3年ぶり3回目
関西学院中 兵庫 3年連続3回目
海草中 和歌山 初出場
和歌山中 和歌山 6年連続6回目
広島商 広島 初出場
広陵中 広島 5年連続5回目
高松商 香川 6年連続6回目
鹿児島商 鹿児島 2年連続2回目

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 決勝[編集]

1回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                           
           
 第一神港商 5
 静岡中 2  
 第一神港商 4
   愛知商 1  
 愛知商 5
(延長11回)
 和歌山中 1  
 第一神港商 1x
   八尾中 0  
 八尾中 3
 松本商 1  
 八尾中 6
   海草中 5  
 海草中 5
 平安中 0  
 第一神港商 3
   広陵中 1
 広陵中 13
 慶応商工 6  
 広陵中 3
   関西甲種商 0  
 関西甲種商 4
 鹿児島商 1  
 広陵中 9
   愛知一中 8  
 愛知一中 4
 広島商 1  
 愛知一中 5
   高松商 2  
 高松商 6
 関西学院中 1  

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
広陵中 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 3 3
第一神港商 0 0 0 0 1 1 1 0 X 3 9 2
  1. (広) : 佐々木、小川 - 小川、中尾
  2. (神) : 西垣 -

大会本塁打[編集]

なし

脚注[編集]

関連項目[編集]