第6軍 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第6軍
創設 1939年昭和14年)8月4日
廃止 1945年(昭和20年)
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位
所在地 満州-中支
通称号/略称 守(まもる)
最終上級単位 支那派遣軍
最終位置 浙江省 杭州市
主な戦歴 ノモンハン事件日中戦争-第二次世界大戦
テンプレートを表示

第6軍(だいろくぐん)は、大日本帝国陸軍の一つ。

沿革[編集]

1939年8月4日に編制され関東軍に編入、ノモンハン事件に投入された。以後、満州海拉爾付近に駐屯した。1945年1月25日支那派遣軍に編入され、満州から華中へ移動。5月28日、戦闘序列を命ぜられ、終戦を杭州で迎えた。

軍概要[編集]

  • 通称号:守(まもる)
  • 編成時期:1939年8月4日
  • 最終位置:杭州
  • 上級部隊:関東軍。のち支那派遣軍。

歴代司令官[編集]

歴代参謀長[編集]

参謀副長[編集]

  • 森赳 大佐:1941年7月7日 – 1942年7月1日

最終司令部構成[編集]

  • 司令官:十川次郎中将
  • 参謀長:工藤良一少将
  • 高級参謀:岩崎春茂大佐
  • 高級副官:児玉義雄中佐
  • 兵器部長:田部聖少将
  • 経理部長:川島一之主計少将
  • 軍医部長:玉田政助軍医大佐
  • 法務部長:上村勇之法務大佐
  • 獣医部長:高橋雷次郎獣医大佐

所属部隊[編集]

昭和18年当時
  • 第23師団
  • 第8国境守備隊
    • 第8国境守備隊第1地区隊
      • 第8国境守備隊第1地区隊歩兵隊
      • 第8国境守備隊第1地区隊砲兵隊
    • 第8国境守備隊第2地区隊
      • 第8国境守備隊第2地区隊歩兵隊
      • 第8国境守備隊第2地区隊砲兵隊
    • 第8国境守備隊第3地区隊
      • 第8国境守備隊第3地区隊歩兵隊
      • 第8国境守備隊第3地区隊砲兵隊
    • 第8国境守備隊第4地区隊
      • 第8国境守備隊第4地区隊歩兵隊
      • 第8国境守備隊第4地区隊砲兵隊
    • 第8国境守備隊第5地区隊
      • 第8国境守備隊第5地区隊歩兵隊
      • 第8国境守備隊第5地区隊砲兵隊
終戦時
砲兵部隊
  • 独立野砲兵第7大隊:川上満治少佐
  • 独立野砲兵第8大隊:武智弘少佐
  • 独立野砲兵第29大隊:石橋伝少佐
兵站部隊
  • 独立工兵第38連隊:五十嵐庄七大佐
  • 独立自動車第255大隊:田中七兵衛大尉
  • 第171兵站病院:高市太加一軍医中佐
  • 第191兵站病院:山崎新軍医大佐

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操・森松俊夫編著『帝国陸軍編制総覧』芙蓉書房出版、1987年。