第60回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第60回グラミー賞
受賞対象 2017年度の音楽作品
開催日 2018年1月28日 (2018-01-28)
会場 マディソン・スクエア・ガーデン, NYC, NY
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 NARAS
主催者 ジェームズ・コーデン
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 WOWOW

第60回グラミー賞(だい60かいグラミーしょう、The 60th Annual Grammy Awards)は、2018年1月28日ニューヨーク州ニューヨーク市マディソン・スクエア・ガーデンにて授賞式が行われた。司会は前年に続き『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』でおなじみのジェームズ・コーデン。ニューヨークで授賞式が行われるのは2003年の第45回以来。

候補・受賞作[編集]

公式サイトを参照[1][2]

総合[編集]

年間最優秀レコード賞
年間最優秀アルバム賞
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム
最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

ダンス/エレクトロニック[編集]

最優秀ダンス録音
最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム

コンテンポラリー・インストゥルメンタル[編集]

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム

ロック[編集]

最優秀ロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀R&Bパフォーマンス
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス
最優秀R&Bソング
最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム
最優秀R&Bアルバム

ラップ[編集]

最優秀ラップ・パフォーマンス賞
最優秀ラップ/歌唱パフォーマンス賞
最優秀ラップ楽曲賞
最優秀ラップ・アルバム賞

カントリー[編集]

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ
最優秀ジャズボーカル・アルバム
  • 『ドリームス・アンド・ダガーズ (Dreams and Daggers)』 - セシル・マクロリン・サルヴァント英語版
  • 『The Journey』- ザ・ベイラー・プロジェクト英語版
  • 『ソーシャル・コール(A Social Call)』- ジャズメイヤ・ホーン英語版
  • 『バッド・アス・アンド・ブラインド(Bad Ass and Blind)』- ラウル・ミドン
  • 『Porter Plays Porter』- ランディー・ポーター・トリオ with ナンシー・キング英語版
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
最優秀ラテンジャズ・アルバム
  • 『ジャズ・タンゴ(Jazz Tango)』 - パブロ・シーグレル・トリオ
  • 『Hybrido - From Rio to Wayne Shorter』- アントニオ・アドルフォ
  • 『Oddara』- ジェーン・バネット英語版&Maqueque
  • 『Outra Coisa – The Music of Moacir Santos』- アナット・コーエン英語版&マルセーロ・ゴンサルヴェス
  • 『ティピコ(Típico)』- ミゲル・ゼノン英語版

アメリカン・ルーツ[編集]

最優秀アメリカン・ルーツ・パフォーマンス
最優秀アメリカン・ルーツ・ソング
最優秀アメリカーナ・アルバム
最優秀ブルーグラス・アルバム
最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム
最優秀フォーク・アルバム
最優秀リージョナル・ミュージック・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ワールドミュージック[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム

チルドレンズ[編集]

最優秀チルドレンズ・アルバム

スポークン・ワード[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム

ミュージカル劇場[編集]

最優秀ミュージカル劇場アルバム

ヴィジュアル・メディア向け[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック(ヴィジュアル・メディア向け)
最優秀スコア・サウンドトラック(ヴィジュアル・メディア向け)
最優秀ソング(ヴィジュアル・メディア向け)

作曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲

編曲[編集]

最優秀編曲(インストゥルメンタルもしくはアカペラ)
  • ジョン・ウィリアムズ "Escapades for Alto Saxophone and Orchestra from "Catch Me If You Can" - ジョン・ウィリアムズ(編曲者)(『The Spielberg/Williams Collaboration Part III』所収)
最優秀編曲(インストゥルメンタルおよびボーカル)

パッケージング[編集]

最優秀録音パッケージ
  • Magín Díaz『El Orisha de la Rosa』 - Claudio Roncoli、Cactus Taller(アート・ディレクター)
  • Father John Misty『Pure Comedy (Deluxe Edition)』 - Sasha Barr、Ed Steed、J・ティルマン(アート・ディレクター)
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ

ノーツ[編集]

最優秀アルバム・ノーツ

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム
  • レナード・バーンスタイン『レナード・バーンスタイン~ザ・コンポーザー(Leonard Bernstein – The Composer)』 - Robert Russ(コンピレーション・プロデューサー)。Martin Kistner、Andreas K. Meyer(マスタリング・エンジニア)。

エンジニアド・アルバム[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
最優秀エンジニアド・アルバム(クラシカル)

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)

リミキサー[編集]

最優秀リミックスド録音(非クラシカル)

サラウンド・サウンド[編集]

最優秀サラウンド・サウンド・アルバム
  • ジェーン・アイラ・ブルーム英語版『Early Americans』 - Jim Anderson(サラウンド・ミックス・エンジニア)。Darcy Proper(サラウンド・マスタリング・エンジニア)。Jim Anderson、ジェーン・アイラ・ブルーム(サラウンド・プロデューサー)。

ミュージック・ビデオ/フィルム[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ
最優秀ミュージック・フィルム

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 60th GRAMMY Awards: Full Nominees List”. 'The Recording Academy' (2017年11月28日). 2017年11月28日閲覧。
  2. ^ Grammys awards 2018: full list of winners”. Guardian (2018年1月29日). 2018年1月31日閲覧。