第60回朝日新聞社杯競輪祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第60回朝日新聞社杯競輪祭
小倉競輪場・GI
レース詳細
開催日 2018年11月20日 - 11月25日
レース結果
優勝  浅井康太 (三重)
2位  脇本雄太 (福井)
3位  清水裕友 (山口)
2017
2019 →

第60回朝日新聞社杯競輪祭は、2018年11月20日)〜11月25日)まで、小倉競輪場で行われた競輪のGI競走である。

優勝賞金3390万円(副賞含む)[1][2][3]

1998年大会以来20年ぶりに6日制に戻り[4]、また、競輪のGI史上初となるナイター(全日程で第1Rは14:30発走[5])での開催となった[6]

KEIRINグランプリ2018への道のり[編集]

当大会は、当年12月30日静岡競輪場で行われる、KEIRINグランプリ2018の出場権をかけた最後の一戦となる。当大会開幕直前までに、同レースへの優先出場権を得た選手は以下の3名。

新田祐大 第33回読売新聞社杯全日本選抜競輪 優勝
三谷竜生 第72回日本選手権競輪第69回高松宮記念杯競輪 優勝
脇本雄太 第61回オールスター競輪第27回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 優勝

残る6名は、当大会の優勝者ないし、競輪祭最終日(当年11月25日)時点における「選考用賞金獲得額」の上位者から選出される[7]が、以下の3名が賞金獲得額上位者として出場を確定させている(賞金獲得額順位は当年当大会開幕直前時点による)。

以上の前提に立ち、実質的に決勝戦が行われるまでに残った椅子は3名。そして残る3名の争いは、

に加え、下記に記した決勝戦に進出したメンバーということになった[8]。このうち、賞金獲得額上位の村上博幸は準決勝が終了した段階でグランプリ出場を確定させ、渡邉は準決勝が終了した段階で脱落が決定した。

よって、当年11月24日に行われた準決勝終了時点では、実質的に残る2名が未決定となっていたが、決勝戦のメンバーの中で、グランプリの出場権を確定させているのは、優先出場権を得ている脇本と、獲得賞金上位者として確定させている平原、浅井の3人だけ。よって、残る2名の選手の選出については、以下のシミュレーションが考えられた[9]

  1. 脇本、平原、浅井の3名のいずれかが優勝した場合、武田は確定となり、最後の1枠は以下の通りとなる。
    1. 清水、香川、菅田が2着の場合は当該選手が確定となる。
    2. 清水、香川、菅田が3着の場合で、他の2選手が共に4着以下の場合はは当該選手が確定となる。
    3. 清水、香川、菅田が3人とも4着以下のの場合は原田が確定となる。
  2. 上記以外の6選手のいずれかが優勝した場合、当該選手が確定し、清水、香川、菅田は自身が2着に入れば確定するが、それ以外のケースだと武田に出場権を奪われることになる。

以上の件を踏まえて行われたのが決勝戦である。

決勝戦3着の清水(4910万4000円)が、100万6500円差での賞金8位に浮上して出場権獲得、原田(4809万7500円)は9位に下がって補欠となった[10][11]

レースプログラム[編集]

6日間で各5走。日本選手権競輪よりも走る回数が1回多い[12]

1次予選では各2走して、着順に応じたポイントの合計上位選手が、4日目の2次予選に進出(1-9位はダイヤモンドレースへ)。

[13] 1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着 8着 9着 棄権
1走 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1
2走 13 11 9
  • なお、1走目で1着となった計12名は、2走目では別々のレースに振り分けられた。
  • 2次予選Bへは、ボーダーとなった合計11点の選手のうち、7着4着の武田豊樹と3着8着の小川真太郎が、選考順位[14]によって第62・63位で勝ち上がった[15][16]

大会前半3日間の9-12Rには、AとBの2グループに分かれたガールズケイリンガールズグランプリ2018トライアル)が組み込まれ、ガールズグランプリ2018の出場者7名が決定した[17]

20(火) 21(水) 22(木) 23(金 24(土) 25(日)
1R 1次予選
1
1次予選
1
1次予選
2
選抜 一般 一般
2R
3R
4R 選抜 選抜
5R 1次予選
2
6R 2次予選
B
7R 特選 特選
8R
9R L予選1(B) L予選2(B) L選抜 2次予選
A
10R 準決勝 特秀
11R L予選1(A) L予選2(A) L決勝(B)
12R L決勝(A) DMR 0決勝0

決勝戦[編集]

競走成績[編集]

車番 選手 登録地
着差 決まり手 上がり
(秒)
H/B 特記
[22]
1 1 浅井康太  三重 SS 差し 10.9
2 9 脇本雄太  福井 S1 1/4車輪 逃げ 11.1 HB
3 3 清水裕友  山口 S1 1車身 10.8
4 6 柴崎淳  三重 S1 1/4車輪 11.1
5 5 菅田壱道  宮城 S1 3/4車輪 10.9
6 2 平原康多  埼玉 SS 微差 11.1
7 4 太田竜馬  徳島 S1 1/2車輪 10.7
8 7 諸橋愛  新潟 SS 1/2車輪 11.0
9 8 香川雄介  香川 S1 2車身 10.7

配当金額[編集]

2枠連
2車連 3連勝 ワイド
複式 1=6 820円 1=9 790円 1=3=9 1,600円 1=9 270円
単式 1-6 2,820円 1-9 3,270円 1-9-3 15,340円 1=3 780円
3=9 310円

レース概略[編集]

[3][23][24][25][26]

やや牽制気味のスタートから、浅井と脇本が誘導員を追い、脇本-柴崎-浅井、平原-諸橋、菅田、太田-香川、清水で周回。赤板前から上昇した太田―香川は、1コーナーで誘導員を下ろした脇本の突っ張りを受けて後退し、脇本-柴崎-浅井、平原-諸橋、菅田、清水、太田-香川の一本棒。最終2コーナー4番手からの平原の捲りを、柴崎が車を外に持ちだして並走し執拗にブロック。空いたインに潜り込んだ浅井がゴール直前にハンドル投げで差し[27]、2011年の寛仁親王牌以来7年ぶりのGI制覇を果たした。

2着は、逃げた脇本で惜しくも1/4車輪差、今年のGI3連続Vを逸した。3着は、7番手から捲り追い込んで最後イエローライン付近を駆けた清水で、獲得賞金で原田研太朗を抜いてKEIRINグランプリ2018出場最終1枠に辛くも滑り込んだ。

特記事項[編集]

  • ファンサービスでは高松宮記念杯と同様、日刊スポーツの「ニッカンPDF新聞[31]」が連日WEB上で無料提供された[32]
  • 村上義弘(1次予選で敗退)が、大会連続20回出場を達成。初日の開会式で表彰され、記念のシルバーメダルが贈呈された[34]
  • 2日目・第5R(1次予選2)の3連単の払戻金は、92万0020円(482番人気)。GIにおける3連単としては、昨年の競輪祭で出た117万4990円に次ぐ歴代2番目の高配当となった[35]
  • 今回がGI初優出となった選手は、太田竜馬(4番車)[36]柴崎淳(6番車)[37]
  • 昨年大会の決勝にも出場していたのは、6年連続ファイナリストでディフェンディングチャンピオンの平原康多(2番車)と、諸橋愛(7番車)。
  • 6日間の総売上は、106億5084万1900円。目標の100億円をクリアした[40]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞社杯競輪祭6日制(GⅠ)賞金表 副賞を含まない金額
  2. ^ KEIRINグランプリ残り2枠を懸けて今夜決勝/小倉 写真ニュース 「競輪祭・決勝の賞金」 - 日刊スポーツ、2018年11月25日
  3. ^ a b 脇本雄太は粘るも2着 競輪祭・決勝リプレー」 - 日刊スポーツ、2018年11月26日
  4. ^ G1初ナイター 生まれ変わった競輪祭が風起こす - 喜怒愛楽 - 日刊スポーツ、2018年9月26日
  5. ^ 今日開幕!初のナイターG1競輪祭&ガールズ決戦 「G1第60回・競輪祭とガールズグランプリ2018トライアルの発走・締切時刻」 - 日刊スポーツ、2018年11月20日
  6. ^ 平成30年度 朝日新聞社杯競輪祭の見直しについて - KEIRIN.JP、2017年10月10日
  7. ^ グランプリへの道 Road to KEIRIN GRAND PRIX 2018 SHIZUOKA - 静岡競輪場
  8. ^ Road to GP 競輪祭直前展望 グランプリ出場を賭けた最後の戦いが始まる! - KEIRIN.JP
  9. ^ KEIRINグランプリ残り2枠を懸けて今夜決勝/小倉 - 日刊スポーツ、2018年11月25日
  10. ^ スポーツニッポン、2018年11月26日 競輪面 「KEIRINグランプリ2018 出場メンバー 選考用賞金獲得額」
  11. ^ 1億円を手にするのは誰だ!?KEIRINグランプリ2018出場選手が決定 - More CADENCE、2018年11月26日
  12. ^ 浅井初の競輪王 小倉競輪祭 - 西日本スポーツ、2018年11月26日
  13. ^ 第60回朝日新聞社杯競輪祭(GIナイター)予選競走着位ポイント表・概定番組 2018年8月23日
  14. ^ 第60回 朝日新聞社杯競輪祭(GI) 出場予定選手一覧表
  15. ^ 2018年11月23日 小倉競輪 予想・結果 二次予選B S級6R 詳細 - 日刊プロスポーツ新聞社 予想はエンジョイ
  16. ^ 着位ポイント表 - Kドリームス 第60回 朝日新聞社杯 競輪祭 小倉競輪GIナイター 特設サイト
  17. ^ 今日開幕!初のナイターG1競輪祭&ガールズ決戦 「G1第60回・競輪祭とガールズグランプリ2018トライアルのプログラム」 - 日刊スポーツ、2018年11月20日
  18. ^ 日刊スポーツ PDF新聞
  19. ^ 別府競輪 内定表 pdf
  20. ^ レース詳細 2018年11月25日 12R - Kドリームス
  21. ^ S級決勝|2018年11月25日(日) 小倉競輪 12R出走表 - オッズパーク競輪
  22. ^ 2018年11月25日 小倉競輪 結果・検車場レポート - 日刊プロスポーツ新聞社 予想はエンジョイ
  23. ^ 『第60回朝日新聞社杯競輪祭(GI)レポート』 最終日編 - KEIRIN.JP
  24. ^ 【小倉GI競輪祭決勝VTR】浅井がG前かわす - 競輪スポニチ、2018年11月26日
  25. ^ http://wm.st.keirin.jp/wm-keirin81/20181125-81-05-12-01-00.mp4
  26. ^ 11/25 第60回 朝日新聞社杯 競輪祭(GI)6日目 第12競走 - YouTubekokurakeirin - YouTubeチャンネル)
  27. ^ 浅井康太、執念でつかんだ7年ぶりのG1勝利/小倉 - 日刊スポーツ、2018年11月26日
  28. ^ 競輪祭期間中に9車立て7R制F1を実施 - 西日本スポーツ、2018年8月25日
  29. ^ 第60回朝日新聞社杯競輪祭期間中の昼間FⅠ開催の名称について - KEIRIN.JP
  30. ^ 第60回競輪祭開催期間中の昼間FⅠの発走及び発売締切予定時刻 - KEIRIN.JP
  31. ^ 無料WEB予想紙「ニッカンPDF新聞」 - 日刊スポーツ
  32. ^ 今日開幕!初のナイターG1競輪祭&ガールズ決戦 - 日刊スポーツ、2018年11月20日
  33. ^ 第7回 小倉編 今だっ! キン肉・小倉ドライバー! - キン肉マン 超人ケイリン編
  34. ^ 競輪祭(GI)連続出場選手の表彰について - KEIRIN.JP、2018年11月20日
  35. ^ 村田雅一、3連単配当92万円超えの立役者/小倉 - 日刊スポーツ、2018年11月21日
  36. ^ 【24日小倉10R】一問一答~太田竜馬 - サンスポZBAT!競馬、2018年11月24日
  37. ^ 【GI競輪祭】柴崎淳がついにGI決勝の舞台に立つ - 東京スポーツ、2018年11月24日
  38. ^ テレビ放送予定
  39. ^ 年に一度のスポーツ大勝負!テキチュ-!!~第60回 朝日新聞社杯競輪祭(G1)~ - テレビ東京
  40. ^ 競輪祭の売り上げ106億円で目標を上回る/小倉 - 日刊スポーツ、2018年11月25日
  41. ^ 競輪祭GI 場外発売 - 日刊プロスポーツ新聞社 KEIRIN Express
  42. ^ 小倉競輪祭ナイター第7レースまでご覧いただけますので皆様のご来場お待ちしております - 宇都宮競輪WithM(みやかめ)さんのツイート

外部リンク・参考文献[編集]

朝日新聞社杯競輪祭
前回 (2017年 第60回朝日新聞社杯競輪祭
2018年
次回(2019年
第59回朝日新聞社杯競輪祭 第61回朝日新聞社杯競輪祭