第61回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第61回グラミー賞
受賞対象 2018年度の音楽作品
開催日 2019年2月10日 (2019-02-10)
会場 ステイプルズ・センター, LA, CA
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
授与者 ザ・レコーディング・アカデミー
主催者 アリシア・キーズ
公式サイト www.grammy.com
テレビ/ラジオ放送
放送局 アメリカ合衆国の旗 CBS
日本の旗 WOWOW

第61回グラミー賞(だい61かいグラミーしょう、The 61st Annual Grammy Awards)は、2019年2月10日カリフォルニア州ロサンゼルス市ステイプルズ・センターにて授賞式が行われた。主要以外の部門は隣接するマイクロソフト・シアターで開催された[1][2]。司会は女性歌手のアリシア・キーズが務める[3][4]

変更点[編集]

  • 主要部門(年間最優秀レコード・年間最優秀アルバム・年間最優秀楽曲・最優秀新人賞)は候補が8に増える。
  • Best Surround Sound AlbumがBest Immersive Audio Albumに改称。
  • Best Compilation Soundtrack for Visual Mediaは音楽監督に授与。

候補[編集]

候補作は当初2018年12月5日に発表される予定だった。しかしジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬開催の伴い2日延期され、12月7日に発表される[2]

総合[編集]

年間最優秀レコード賞
  • "This Is America" – チャイルディッシュ・ガンビーノ
    • Donald Glover & Ludwig Goransson, producers; Derek "MixedByAli" Ali & Riley Mackin, engineers/mixers; Mike Bozzi, mastering engineer
  • "I Like It" – Cardi B, Bad Bunny and J Balvin
    • Invincible, JWhiteDidIt, Craig Kallman & Tainy, producers; Leslie Brathwaite & Evan LaRay, engineers/mixers; Colin Leonard, mastering engineer
  • "The Joke" – Brandi Carlile
    • Dave Cobb & Shooter Jennings, producers; Tom Elmhirst & Eddie Spear, engineers/mixers; Pete Lyman, mastering engineer
  • "God's Plan" – Drake
    • Boi-1Da, Cardo & Young Exclusive, producers; Noel Cadastre, Noel "Gadget" Campbell & Noah Shebib, engineers/mixers; Chris Athens, mastering engineer
  • シャロウ 〜『アリー/ スター誕生』 愛のうた」 – レディー・ガガ & ブラッドリー・クーパー
    • レディー・ガガ & ベンジャミン・ライス, producers; Tom Elmhirst, engineer/mixer; Randy Merrill, mastering engineer
  • オール・ザ・スターズ」 – ケンドリック・ラマー & SZA
    • Al Shux & Sounwave, producers; Sam Ricci & Matt Schaeffer, engineers/mixers; Mike Bozzi, mastering engineer
  • "Rockstar" – Post Malone featuring 21 Savage
    • Louis Bell & Tank God, producers; Louis Bell & Manny Marroquin, engineers/mixers; Mike Bozzi, mastering engineer
  • "The Middle" – Zedd, Maren Morris and Grey
    • Grey, Monsters & Strangerz & Zedd, producers; Grey, Tom Morris, Ryan Shanahan & Zedd, engineers/mixers; Mike Marsh, mastering engineer
年間最優秀アルバム賞
  • 『ゴールデン・アワー(Golden Hour)』 – ケイシー・マスグレイヴス
    • Ian Fitchuk、Kacey Musgraves、Daniel Tashian(プロデューサー)。Craig Alvin、ショーン・エヴェレット英語版(エンジニア/ミキサー)。Ian Fitchuk、Kacey Musgraves、Daniel Tashian(ソングライター)。グレッグ・カルビ英語版、Steve Fallone(マスタリング・エンジニア)。
  • 『インヴェイジョン・オブ・プライバシー(Invasion of Privacy)』 – カーディ・B
    • レスリー・ブラスウェイト、Evan LaRay(エンジニア/ミキサー)。Belcalis Almanzar、Jorden Thorpe(ソングライター)。Colin Leonard(マスタリング・エンジニア)。
  • By the Way, I Forgive You』 – ブランディ・カーライル
    • デイブ・コブ英語版シューター・ジェニングス英語版(プロデューサー)。Dave Cobb、Eddie Spear(エンジニア・/ミキサー)。Brandi Carlile、Phil Hanseroth、Tim Hanseroth(ソングライター)。Pete Lyman(マスタリング・エンジニア)。
  • 『スコーピオン(Scorpion)』 – ドレイク
    • Noel Cadastre、Noel "Gadget" Campbell、Noah Shebib(エンジニア/ミキサー)。Aubrey Graham、Noah Shebib(ソングライター)。Chris Athens(マスタリング・エンジニア)。
  • H.E.R.』 – H.E.R.
    • Darhyl "Hey DJ" Camper Jr., H.E.R.、Jeff Robinson(プロデューサー)。ミキ・ツツミ(エンジニア/ミキサー)。Darhyl Camper Jr.、H.E.R.(ソングライター)。Dave Kutch(マスタリング・エンジニア)。
  • Beerbongs & Bentleys』 – ポスト・マローン
    • ルイス・ベル英語版、Post Malone(プロデューサー)。Louis Bell、マニー・マロクィン英語版(エンジニア・ミキサー)。ルイス・ベル、Austin Post(ソングライター)。Mike Bozzi(マスタリング・エンジニア)。
  • 『ダーティー・コンピューター(Dirty Computer)』 – ジャネール・モネイ
  • 『ブラックパンサー・ザ・アルバム(Black Panther: The Album)』 – Various Artists
年間最優秀楽曲賞
最優秀新人賞

ポップ[編集]

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス
最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム
最優秀トラディショナル・ポップ・ボーカル・アルバム

ダンス/エレクトロニック[編集]

最優秀ダンス録音
最優秀ダンス/エレクトロニック・アルバム

コンテンポラリー・インストゥルメンタル[編集]

最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム

ロック[編集]

最優秀ロック・パフォーマンス
最優秀メタル・パフォーマンス
最優秀ロック・ソング
最優秀ロック・アルバム

オルタナティヴ[編集]

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム

R&B[編集]

最優秀R&Bパフォーマンス
最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス
最優秀R&Bソング
最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム
最優秀R&Bアルバム

ラップ[編集]

最優秀ラップ・パフォーマンス
最優秀ラップ/歌唱パフォーマンス
最優秀ラップ楽曲
最優秀ラップ・アルバム

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム

ジャズ[編集]

最優秀インプロヴァイズド・ジャズ・ソロ
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム
最優秀ジャズ・インストゥルメンタル・アルバム
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム

ゴスペル/コンテンポラリー・クリスチャン[編集]

最優秀ゴスペル・パフォーマンス/ソング
最優秀コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージック・パフォーマンス/ソング
最優秀ゴスペル・アルバム

アメリカン・ルーツ[編集]

最優秀アメリカーナ・アルバム
最優秀トラディショナル・ブルース・アルバム
最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム
最優秀フォーク・アルバム
最優秀リージョナル・ミュージック・アルバム

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム

ワールドミュージック[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム
  • 『Freedom』 – ソウェト・ゴスペル・クワイア英語版
  • 『デラン(Deran)』 – ボンビーノ英語版
  • 『ファトゥ(Fenfo)』 – ファトゥマタ・ジャワラ英語版
  • 『ブラック・タイムス(Black Times)』 – シェウン・クティエジプト80英語版
  • 『The Lost Songs of World War II』 – Yiddish Glory

チルドレンズ[編集]

最優秀チルドレンズ・アルバム

スポークン・ワード[編集]

最優秀スポークン・ワード・アルバム

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム

ミュージカル劇場[編集]

最優秀ミュージカル劇場アルバム

ビジュアルメディア向け[編集]

最優秀コンピレーション・サウンドトラック
最優秀スコア・サウンドトラック

作曲[編集]

最優秀インストゥルメンタル作曲

編曲[編集]

最優秀編曲(インストゥルメンタルもしくはアカペラ)
最優秀編曲(インストゥルメンタルおよびボーカル)

パッケージング[編集]

最優秀録音パッケージ
最優秀ボックスドもしくは特別限定版パッケージ

ノーツ[編集]

最優秀アルバム・ノーツ
  • Various Artists『Voices of Mississippi: Artists and Musicians Documented by William Ferris』 - David Evans(アルバム・ノーツ・ライター)

ヒストリカル[編集]

最優秀ヒストリカル・アルバム
  • Various Artists『Voices of Mississippi: Artists and Musicians Documented by William Ferris』 - William Ferris、April Ledbetter、Steven Lance Ledbetter(コンピレーション・プロデューサー)。Michael Graves(マスタリング・エンジニア)。

制作(非クラシカル)[編集]

最優秀エンジニアド・アルバム(非クラシカル)
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(非クラシカル)
最優秀リミックスド録音

制作(没入型オーディオ)[編集]

最優秀没入型オーディオ・アルバム(改名)

ミュージック・ビデオ/フィルム[編集]

最優秀ミュージック・ビデオ
最優秀ミュージック・フィルム

特別賞[編集]

ミュージケアーズ・パーソン・オブ・ザ・イヤー
生涯業績賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lewis, Randy. “The Grammy Awards return to Los Angeles in 2019”. latimes.com. 2018年8月28日閲覧。
  2. ^ a b Aswad, Jem (2018年7月17日). “Recording Academy Announces Date, Deadlines for 2019 Grammy Awards”. 2018年8月28日閲覧。
  3. ^ Brodsky, Rachel (2019年1月15日). “Alicia Keys to Host the 2019 Grammy Awards”. GRAMMY.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ Saad, Nardine (2019年1月15日). “Alicia Keys will host the 2019 Grammy Awards”. Los Angeles Times. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。