第61回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第61回選抜高等学校野球大会
試合日程 1989年3月26日 - 4月5日
出場校 32校
優勝校 東邦愛知、48年ぶり4回目)
試合数 32(再試合1)試合
入場行進曲パラダイス銀河』(光GENJI
選手宣誓 笠置伸一(別府羽室台
始球式 西岡武夫文部大臣
総入場者数 約531,000人(1試合平均16,593人)
最高入場者数/1日 72,000人
大会本塁打 20本塁打
 < 19881990 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第61回選抜高等学校野球大会(だい61かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、1989年3月26日から4月5日までの11日間(1日順延)にわたって阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。平成になって初めて開催された甲子園大会である。

出場校[編集]

北海道
東北
関東
東京
東海
北信越
近畿
中国
四国
九州


組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 準決勝[編集]

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月26日(1)            
 日高 7
4月1日(1)
 苫小牧工 12  
 苫小牧工 2
3月26日(2)
   京都西 11  
 京都西 4
4月3日(1):延長10回
 日立工 1  
 京都西 5
3月26日(3):延長10回
   広島工 2  
 尽誠学園 0
4月1日(2)
 広島工 1  
 広島工 6
3月27日(1)
   福井商 4  
 福井商 4
4月4日(1)
 横浜商大高 1  
 京都西 2
3月28日(3)[1]
   東邦 4
 近大付 7
4月1日(3)
 宇都宮工 3  
 近大付 2
3月28日(1)
   松江東 1  
 佐賀商 2
4月3日(2):延長10回
 松江東 10  
 近大付 2
3月28日(2)
   東邦 3x  
 報徳学園 7
4月1日(4)
 帝京 6  
 報徳学園 0
3月29日(1)
   東邦 3  
 別府羽室台 0
 東邦 6  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月29日(2)            
 小松島西 2
4月2日(1)
 仙台育英 3  
 仙台育英 2
3月29日(3)
   尼崎北 1  
 尼崎北 4
4月3日(3)
 倉吉東 1  
 仙台育英 2
3月29日(4)
   上宮 5  
 上宮 8
4月2日(2)
 市柏 3  
 上宮 3
3月30日(1)
   北陸 0  
 北陸 4
4月4日(2)
 秋田 1  
 上宮 9
3月30日(2)
   横浜商 0
 鹿児島商工 4
4月2日(3)
 横浜商 7  
 横浜商 5
3月30日(3)
   東海大四 1  
 八幡商 8
4月3日(4)
 東海大四 10  
 横浜商 13
3月30日(4)
   龍谷 2  
 龍谷 12
4月2日(4):延長12回
 日生第二 0  
 龍谷 3
3月31日(1)
   西条 2  
 西条 7x
 県岐阜商 6  

決勝[編集]

4月5日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
上宮 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 10 1
東邦 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2x 3 10 2
  1. (延長10回)
  2. (上) : 宮田 - 塩路
  3. (東) : 山田 - 原浩
  4. 審判:球審…布施、塁審…田中・岡本・本郷
  5. 試合時間:3時間9分

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:神保英士(苫小牧工)
  • 第2号:森英晴(宇都宮工)
  • 第3号:仁平馨(宇都宮工)
  • 第4号:蒲生弘一(帝京)
  • 第5号:吉岡雄二(帝京)
  • 第6号:八浜豊(尼崎北)
  • 第7号:元木大介(上宮)
  • 第8号:元木大介(上宮)
  • 第9号:西田篤司(八幡商)
  • 第10号:岡本尚士(八幡商)
  • 第11号:田代広之(龍谷)
  • 第12号:犬塚直宏(龍谷)
  • 第13号:服部憲晴(県岐阜商)
  • 第14号:曽我部正和(西条)
2回戦
準々決勝
  • 第16号:西村晃爾(京都西)
  • 第17号:村上恒人(東邦)
  • 第18号:藤原伸行(仙台育英)
  • 第19号:元木大介(上宮)
準決勝


脚注[編集]

  1. ^ 3月27日(第2試合) 10 - 10 延長11回・降雨引き分けによる再試合

関連項目[編集]