第62回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第62回都市対抗野球大会(だい62かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1991年7月21日から8月1日まで東京ドームで開催された都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 出場32チームの中で初出場チームはなく、最長ブランクも防府市協和発酵の16年ぶりと、なじみの顔ぶれが東京ドームに揃った。
  • オールスターゲーム第1試合が開かれることから、7月23日は試合を行わなかった。会場が東京ドームに移ってから、大会期間中に試合が行われなかった日があったのはこの大会のみ。
  • 日本鋼管福山は、川崎市日本鋼管との統合によりNKKと名称変更してからは初となる本戦出場となった。
  • 前年度優勝で推薦出場した浜松市ヤマハが開幕戦で敗退する波乱が起こった。
  • 大会では川崎市東芝丹波健二内野手が話題の中心となった。1回戦で1本、2回戦で2本、準々決勝で1本、準決勝で3本、決勝で2本のホームランを放ち、5試合連続ホームラン、1大会9ホームランの大会記録を打ちたて、東芝の4度目の優勝に貢献、橋戸賞を獲得した。
  • その他にも横須賀市日産自動車が1回戦(対名古屋市・NTT東海戦)でチーム1試合ホームラン数、イニングホームラン数の記録を打ち立てるなど、ホームランに関する記録ずくめの大会となった。
  • また、この年を最後に決勝戦のNHK総合テレビジョンでの地上波での中継は打ち切られ、以後NHK衛星第1テレビジョンでの放送に転嫁(1990年代に入ってから、決勝以外の試合はBS1で放映を開始している)した。

出場チーム[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
本田技研鈴鹿 2 0 0 0 0 1 0 2 X 5

勝:吉村 敗:吉田篤 本:羽山2、岡崎(以上鈴鹿)

  • 第2試合(7月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 3 0 0 4 0 0 0 1 2 10
NTT東北 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2

勝:牧瀬 敗:大倉 本:三瓶(NTT)

  • 第3試合(7月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
大昭和製紙北海道 0 0 0 3 0 0 0 1 X 4

勝:渡部 敗:高橋

1 2 3 4 5 6 7 8 9
プリンスホテル 0 1 0 0 0 5 2 0 0 8
NKK 0 0 2 0 0 0 1 0 0 3

勝:佐藤康 敗:古賀 本:山下(プリンス)

  • 第5試合(7月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
NTT四国 0 0 1 0 0 0 1 0 X 2

勝:西山 敗:平田

  • 第6試合(7月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝府中 0 0 0 2 0 1 0 2 0 5
日本通運 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

勝:北島 敗:須合

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 2 0 0 0 1 0 0 0 0 3
新日鐵広畑 4 0 0 2 0 0 0 0 X 6

勝:足達 敗:新谷 本:中西(日生)

  • 第8試合(7月24日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
日産自動車 12 0 0 0 3 0 5 20
NTT東海 0 0 0 0 1 0 0 1

勝:和田 敗:森 本:上島2、阿部、日置、石原2(以上日産)、井上(NTT)、安本、八木(以上日産)
※日産自動車・上島格一塁手が1回表に1イニング2打席連続ホームラン(大会史上初)を記録
※1回表に日産自動車が1イニング5ホームランの大会記録を樹立
※日産自動車は1試合8ホームランの大会記録を樹立

  • 第9試合(7月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 0 0 0 0 4 0 2 0 0 6
日立製作所 0 0 1 2 1 6 0 0 X 10

勝:飯野 敗:近藤 本:金城2(日立)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JT 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2
NTT信越 0 0 0 2 0 2 1 0 X 5

勝:村井 敗:佐藤 本:高橋(NTT)

  • 第11試合(7月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車京都 2 0 2 0 0 1 0 1 1 7
住友金属 0 0 2 2 3 0 1 2 X 10

勝:西岡 敗:田渕 本:岩崎(京都)、宮内、松本(以上住金)、森上(京都)、川畑(住金)

  • 第12試合(7月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT関東 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
西濃運輸 0 2 0 0 0 1 0 0 X 3

勝:松田 敗:佐藤 本:田中2(西濃)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT北海道 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
松下電器 0 0 0 3 1 0 0 0 X 4

勝:賀喜 敗:島崎

  • 第14試合(7月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
協和発酵 2 1 0 0 0 3 0 1 2 9
本田技研 5 0 1 1 0 0 0 0 0 7

勝:河本 敗:木村 本:東宮(本田)、榊原(協和)

  • 第15試合(7月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙 0 0 1 0 0 3 1 0 0 5
東芝 0 0 0 0 6 0 5 2 X 13

勝:杉山 敗:金沢 本:畠山、葛城、丹波(以上東芝)

  • 第16試合(7月27日)-8回コールド
1 2 3 4 5 6 7 8
新日鐵大分 0 0 2 0 0 5 0 5 12
三菱重工神戸 0 0 0 0 0 0 1 1 2

勝:歳納 敗:千々松 本:山野、山口(以上神戸)

2回戦[編集]

  • 第1試合(7月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 1 0 2 0 0 0 4 0 5 12
本田技研鈴鹿 1 0 0 0 0 1 1 0 6 9

勝:上園 敗:樋口 本:大久保(鈴鹿)、田中、林(以上長崎)
※三菱重工長崎・田中勲二塁手は1試合8打点の大会新記録を樹立

  • 第2試合(7月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
プリンスホテル 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2
大昭和製紙北海道 0 1 2 0 0 1 0 0 X 4

勝:渡部 敗:佐藤康

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝府中 0 3 0 0 0 0 0 0 3 6
NTT四国 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2

勝:北島 敗:西山 本:三好(NTT)、二階堂(府中)

  • 第4試合(7月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車 0 0 0 1 2 0 1 0 0 4
新日鐵広畑 3 1 0 0 0 1 0 0 X 5

勝:江坂 敗:和田 本:青柳(日産)、的山(広畑)

  • 第5試合(7月28日)-延長12回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
日立製作所 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 4
NTT信越 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:飯野 敗:村井 本:宇都宮(日立)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属 0 2 0 0 0 2 3 1 0 8
西濃運輸 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2

勝:尾山 敗:松田 本:松本(西濃)、川畑、宮内(以上住金)

  • 第7試合(7月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 1 0 0 1 0 0 0 0 1 3
協和発酵 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:古池 敗:古谷 本:桑本、中本(以上松下)、平野(協和)

  • 第8試合(7月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 2 1 3 0 0 3 0 0 3 12
新日鐵大分 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2

勝:依田 敗:浅野 本:丹波2、末村(以上東芝)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
三菱重工長崎 0 0 0 1 0 1 2 0 0 1 5
大昭和製紙北海道 0 0 0 2 0 1 0 0 1 0 4

勝:野村 敗:渡部 本:酒井(北海道)、小島(長崎)

  • 第2試合(7月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 0 0 0 0 1 1 0 0 0 2
東芝府中 0 0 2 2 0 0 1 0 X 5

勝:高橋 敗:桐野 本:長岡(府中)、藤原(広畑)

  • 第3試合(7月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日立製作所 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
住友金属 2 0 1 4 1 0 2 0 X 10

勝:西岡 敗:斎藤 本:佐野、尾野、松本(以上住金)

  • 第4試合(7月30日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
松下電器 0 0 0 0 0 0 0 0
東芝 0 0 4 3 2 0 1x 10

勝:杉山 敗:小池 本:葛城、丹波(以上東芝)

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 2 0 0 0 0 0 4 0 2 8
東芝府中 0 1 0 0 1 2 0 0 1 5

勝:野村 敗:北島 本:小島2(長崎)、為永、大束(以上府中)

  • 第2試合(7月31日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
住友金属 0 0 0 6 0 0 0 1 0 0 7
東芝 0 0 0 1 0 1 4 0 1 1x 8

勝:依田 敗:西岡 本:丹波3、梁原(以上東芝)
※東芝・丹波健二一塁手は1試合3本塁打の大会タイ記録(3人目)を記録

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工長崎 0 0 0 0 0 2 1 2 1 6
東芝 0 8 0 0 3 3 0 2 X 16

勝:杉山 敗:上園 本:前田、丹波2、多田、梁原(以上東芝)、宮本(長崎)
※東芝・丹波健二一塁手は5試合連続本塁打(史上初)、1大会9本塁打(史上初)を記録
※東芝はチーム1大会17本塁打(史上初)を記録
(東芝は3年ぶり4回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 - 丹波健二一塁手(東芝)
  • 久慈賞 - 小島啓民左翼手(三菱重工長崎)
  • 小野賞 - 長崎市・三菱重工長崎チーム
  • 若獅子賞 - 杉山賢人投手(東芝)、宮内洋内野手・指名打者(住友金属)
  • 特別賞 - 丹波健二一塁手(東芝)=各種ホームラン新記録を称えて
  • 打撃賞 - 松本尚樹三塁手(住友金属)
  • 首位打者賞 - 丹波健二一塁手(東芝)23打数16安打 .696
  • 大会優秀選手
    • 投手
    依田久(東芝(いすゞ自動車))
    渡部勝美(大昭和製紙北海道)
    牧瀬寅男(三菱重工長崎)
    北島広行(東芝府中)
    江坂政明(新日鐵広畑(神戸製鋼))
    尾山敏(住友金属)
    杉山賢人(東芝)
    • 捕手
    的山哲也(新日鐵広畑)
    大束二郎(東芝府中)
    • 一塁手
    丹波健二(東芝)
    宗像淳(東芝府中)
    藤原裕章(新日鐵広畑(神戸製鋼))
    武田満宗(三菱重工長崎(本田技研熊本))
    • 二塁手
    葛城弘樹(東芝)
    樋口一紀(住友金属)
    田中勲(三菱重工長崎(JR九州))
    • 三塁手
    松本尚樹(住友金属)
    畠山宏彰(東芝)
    • 遊撃手
    二階堂真二(東芝府中)
    佐藤誠(三菱重工長崎(NTT九州))
    三宅秀二(住友金属)
    末村勝重(東芝(いすゞ自動車))
    • 外野手
    小島啓民(三菱重工長崎)
    川畑伸一郎(住友金属)
    本田智久(日立製作所(住友金属鹿島))
    前田誠(東芝)
    佐藤真一(大昭和製紙北海道(たくぎん))
    中西保友(住友金属)
    林修治(三菱重工長崎)
    • 指名打者
    宮内洋(住友金属)
    梁原修志(東芝)
  • 10年連続出場表彰選手
鶴岡昌宏外野手(日産自動車)
上原勝男投手(NTT信越(NTT北陸))
土居誠人内野手(NTT北陸)
篠崎宏道外野手(松下電器)
佐藤雄樹内野手(住友金属)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 東芝
    • 優秀賞 日立製作所
    • 敢闘賞 松下電器
    • 特別賞 三菱重工長崎