第64回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第64回都市対抗野球大会(だい64かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1993年7月21日から7月31日まで東京ドームで開催された都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 初出場チームは現れなかったが、大阪市中山製鋼が実に53年ぶり、戦後初の本大会出場を果たした。久々の大舞台となった中山製鋼は2勝を挙げてベスト8入りし、小野賞を獲得した。
  • 連続出場では東京都プリンスホテルが11年連続出場を果たしたが、浜松市ヤマハは予選で敗退して連続出場が12年で途絶えた。
  • 前年チーム名を「北海道拓殖銀行」から変更した札幌市たくぎんが改称後初出場。
  • 3年連続で前回優勝チームが開幕戦で敗退する事態となった。
  • ベスト4がすべて関東勢で占められ、かつそのうち3チームが神奈川勢という「東高西低」の大会となった。その中で優勝したのは横浜市日本石油。決勝戦は延長戦を制して自己の持つ最多優勝記録をさらに更新する7回目の優勝を手にした。

出場チーム[編集]

試合[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 3 1 3 0 0 0 7
NTT関東 1 0 0 0 1 6 2 0 X 10

勝:秋沢 敗:杉浦 本:梶田、岡、川瀬(以上日生)、長井(NTT)

  • 第2試合(7月21日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵八幡 0 1 0 0 0 0 0 1 1 3
三菱自動車川崎 2 0 1 0 2 0 0 0 X 5

勝:佐々木 敗:森尾 本:加藤、桑元(以上川崎)、松田(八幡)

  • 第3試合(7月21日)-8回コールド
1 2 3 4 5 6 7 8
熊谷組 6 1 0 0 3 0 0 3 13
神戸製鋼 0 0 0 1 0 0 1 0 2

勝:中山 敗:後藤 本:村田、中村(以上熊谷組)、綾木(神鋼)、向山(熊谷組)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NKK 0 0 0 0 3 1 1 0 0 5
日立製作所 0 0 1 0 2 4 7 0 X 14

勝:白鳥 敗:氏師 本:谷川、古毛堂、菊谷(以上NKK)、矢沢、加藤(以上日立)

  • 第5試合(7月22日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
川崎製鉄千葉 3 2 6 4 0 3 0 18
NTT四国 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:松田 敗:山部 本:飯塚、児玉(以上千葉)

  • 第6試合(7月22日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
西濃運輸 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2
日本石油 1 1 3 0 2 2 0 1 X 10

勝:須田 敗:渡辺 本:岡崎(西濃)、谷口2、大久保、高林(以上日石)、硯(西濃)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝府中 0 0 1 1 0 1 3 0 6 12
新日鐵名古屋 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2

勝:北島 敗:樋口 本:藤田(名古屋)

  • 第8試合(7月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
松下電器 0 0 0 2 2 0 0 2 0 6
大昭和製紙北海道 1 0 0 0 2 0 0 2 0 5

勝:小間 敗:渡部 本:酒井(北海道)

  • 第9試合(7月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
プリンスホテル 0 0 0 5 1 0 0 0 3 9
三菱自動車京都 0 3 4 0 0 0 0 0 0 7

勝:佐藤康 敗:井戸 本:高田、西本(以上京都)、田辺、佐藤友(以上プリンス)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
TDK 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
NTT北陸 0 0 0 0 0 0 1 2 X 3

勝:佃 敗:加藤高

  • 第11試合(7月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
河合楽器 0 0 0 1 0 1 0 0 2 4
新日鐵広畑 1 1 2 0 3 0 0 2 X 9

勝:足達 敗:松村 本:山本2、砂田2(以上広畑)、鈴木(河合)、阿山(広畑)

  • 第12試合(7月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
いすゞ自動車 3 2 1 0 0 2 2 0 0 10
大阪ガス 0 0 6 0 3 0 0 0 0 9

勝:川尻 敗:尾山 本:荒井(いすゞ)、中西、新宅(以上大ガス)、黒須、貝塚(以上いすゞ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
中山製鋼 0 0 1 0 0 0 2 0 2 5
たくぎん 1 0 0 0 0 2 0 0 0 3

勝:赤井 敗:本田 本:井城、沢田(以上たくぎん)、尾野(中山)

  • 第14試合(7月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大昭和製紙 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
NTT東海 2 1 0 1 0 0 0 0 X 4

勝:岩瀬 敗:金沢 本:加藤(大昭和)、橋本(NTT)、大西崇(大昭和)

  • 第15試合(7月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵大分 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2
日本通運 0 0 3 0 1 0 0 0 X 4

勝:黒川 敗:歳納 本:田中泰、宮下(以上日通)、永元(大分)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄水島 0 4 2 4 1 0 0 0 0 11
ヨークベニマル 0 2 0 2 0 3 0 0 0 7

勝:朝間 敗:和田 本:吉松、岩切、小松(以上水島)

2回戦[編集]

  • 第1試合(7月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT関東 0 0 0 0 0 3 0 3 0 6
三菱自動車川崎 0 1 0 3 6 0 0 0 X 10

勝:久保 敗:柳沢 本:松原和、高見、渡辺、村田(以上川崎)、宮原(NTT)

  • 第2試合(7月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
熊谷組 3 0 0 0 0 0 1 0 4 8
日立製作所 0 0 0 0 2 0 0 0 1 3

勝:中山 敗:斎藤 本:前川(熊谷組)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄千葉 0 0 0 0 0 0 1 7 0 8
日本石油 3 3 0 0 4 0 0 0 X 10

勝:春田 敗:野崎 本:若林、谷口(以上日石)

  • 第4試合(7月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝府中 1 0 0 1 0 0 0 0 0 2
松下電器 0 0 0 5 1 2 0 0 X 8

勝:田中久 敗:石平 本:木村(松下)

  • 第5試合(7月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT北陸 2 5 0 1 0 1 0 0 0 9
プリンスホテル 1 0 0 0 0 1 0 0 0 2

勝:江尻 敗:岸川 本:青山(NTT)、奥村伸(プリンス)、横井(NTT)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵広畑 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
いすゞ自動車 1 4 0 0 1 0 0 0 X 6

勝:川尻 敗:鈴木 本:杉本(広畑)、一場、荒井(以上いすゞ)

  • 第7試合(7月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東海 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2
中山製鋼 4 0 0 0 0 0 4 1 X 9

勝:日紫喜 敗:石原 本:宮内(中山)

  • 第8試合(7月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
川崎製鉄水島 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
日本通運 0 0 0 1 0 0 1 0 X 2

勝:黒川 敗:朝間 本:田中泰、川崎(以上日通)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
熊谷組 0 1 1 0 1 0 0 0 0 0 1 4
三菱自動車川崎 0 0 0 0 0 2 0 1 0 0 2x 5

勝:石井 敗:中山 本:桑元(川崎)

  • 第2試合(7月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 1 0 2 2 0 4 0 1 10
松下電器 0 0 0 0 3 2 0 0 0 5

勝:三原 敗:筒井 本:原井(松下)、谷口(日石)

  • 第3試合(7月29日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
NTT北陸 3 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4
いすゞ自動車 1 1 0 0 1 0 1 0 0 2x 6

勝:木村 敗:江尻 本:横井(NTT)、末村、畠山(以上いすゞ)

  • 第4試合(7月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
中山製鋼 0 0 2 0 3 0 0 0 0 5
日本通運 0 0 1 1 3 0 0 2 X 7

勝:新井 敗:赤井 本:尾野、万永(以上中山)、川崎、難波(以上日通)

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 3 4 1 0 2 0 3 0 13
三菱自動車川崎 2 0 0 1 0 3 0 0 0 6

勝:春田 敗:久保 本:葛城、谷口、高林3、若林(以上日石)
※日本石油・高林孝行右翼手は史上5人目の1試合3本塁打を記録。

  • 第2試合(7月30日)-延長11回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
いすゞ自動車 0 0 0 0 5 0 2 0 0 0 0 7
日本通運 1 1 1 0 0 0 3 0 1 0 1x 8

勝:黒川 敗:山岸 本:藪(日通)、末村、長谷高(以上いすゞ)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
日本石油 1 2 0 1 0 0 0 1 0 0 2 7
日本通運 0 0 1 1 2 0 0 0 1 0 0 5

勝:三原 敗:松下 本:伊藤(日石)、川崎、田中泰(以上日通)、谷口(日石)
(日本石油は7年ぶり7回目の優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 谷口英功一塁手(日本石油(東芝))
  • 久慈賞 田中泰右翼手(日本通運)
  • 小野賞 大阪市・中山製鋼チーム
  • 若獅子賞 須田喜照投手(日本石油(東芝))
  • 打撃賞 松原和也中堅手(三菱自動車川崎(東芝))
  • 首位打者賞 谷口英功一塁手(日本石油(東芝)) 21打数11安打 .524
  • 大会優秀選手
    • 投手
    川尻哲郎(いすゞ自動車(日産自動車))
    佃守(NTT北陸(NTT信越))
    黒川紀章(日本通運)
    中山雅行(熊谷組)
    江尻勝栄(NTT北陸(NTT信越))
    須田喜照(日本石油(東芝))
    佐々木善丈(三菱自動車川崎)
    • 捕手
    尾野桂司(中山製鋼)
    田嶋大三(熊谷組)
    川崎義文(日本通運)
    大久保秀昭(日本石油)
    • 一塁手
    谷口英功(日本石油(東芝))
    宮内洋(中山製鋼(住友金属))
    中田光治(日本通運)
    • 二塁手
    原井和也(松下電器)
    桑元孝雄(三菱自動車川崎)
    葛城弘樹(日本石油(東芝))
    長谷高成泰(いすゞ自動車)
    • 三塁手
    波留敏夫(熊谷組)
    若林重喜(日本石油)
    田中敏弘(日本通運)
    • 遊撃手
    藪宏明(日本通運)
    末村勝重(いすゞ自動車)
    • 外野手
    中村大伸(熊谷組(NTT東京))
    一場良隆(いすゞ自動車)
    松原和也(三菱自動車川崎(東芝))
    木村庄作(松下電器)
    高林孝行(日本石油)
    田中泰(日本通運)
    • 指名打者
    川畑伸一郎(松下電器(住友金属))
    平田望(日本石油)
    松田訓(熊谷組)
    難波貴司(日本通運)
  • 10年連続出場表彰選手
大倉浩悦投手(ヨークベニマル(NTT東北))
田辺晃外野手(プリンスホテル)
長堀肇外野手(プリンスホテル(NTT東京))
久保恭久投手(三菱自動車川崎(日産自動車))
和田敏雄外野手(三菱自動車川崎)
安間大芳捕手(河合楽器)
岡崎純一内野手(西濃運輸(本田技研鈴鹿))
西正文内野手(大阪ガス)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 日本石油
    • 優秀賞 三菱自動車川崎
    • 敢闘賞 いすゞ自動車
    • 特別賞 中山製鋼、日本通運