第67回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第67回都市対抗野球大会(だい67かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、1996年8月23日から9月2日まで東京ドームで開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • アトランタオリンピックが開催され、社会人からも日本代表入りする選手が多く出たことから、大会を約1ヶ月繰り下げて8月下旬開幕とした。
  • 日本代表はアトランタで銀メダルを獲得したことから、メダリストたちが自らのチームに戻って都市対抗に出場する選手(松中信彦新日鐵君津)、谷佳知三菱自動車岡崎、今大会はJR東海の補強で出場)、福留孝介日本生命)、川村丈夫日本石油)ら)が集結し、さらには入来祐作本田技研)、大塚晶文日本通運、今大会は本田技研の補強で出場)、高橋憲幸(日本石油)、小笠原道大(NTT関東、今大会は新日鐵君津の補強で出場)、森慎二(新日鐵君津)、礒部公一三菱重工広島)など、その後プロ野球で活躍する選手が大勢出場していた大会として、レベルとしてもかなりハイレベルであるとの評価が今でもなされている。現在でも、大会期間中には、この大会で活躍した選手たちの映像が、試合およびイニングの合間に、東京ドームのオーロラビジョンに映し出されることがある。
  • 初出場したは、東京都朝日生命岐阜市昭和コンクリートの2チーム。両チームとも初戦を突破し2回戦で対戦したが、これを制した朝日生命が快進撃を続け4強入りを果たした。
  • 決勝は17年ぶり2度目の優勝を目指す広島市・三菱重工広島と和光市・本田技研との対戦になったが、入来・大塚の2枚看板を擁し、補強で南関東の強打者を集めた本田技研が8対7の僅差で勝利、初優勝を飾った。一方敗れた三菱重工広島は、礒部や、補強の田頭、谷川などの好打者が土壇場の9回2アウトから1点差にまで追い上げて、橋戸賞を獲得した入来をKO、なおもランナー1、2塁と詰め寄ったが最後はリリーフの大塚にねじ伏せられて2度目の優勝を逃した。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 0 2 2 2 2 0 0 1 0 9
松下電器 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2

勝:川村 敗:赤井 本:若林2、徳永2(以上日石)、九鬼(松下)

  • 第2試合(8月23日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
河合楽器 5 1 0 1 1 1 0 2 0 2 13
JT 0 5 5 0 1 0 0 0 0 0 11

勝:橋本 敗:佐藤亘 本:半田(JT)、田原、佐藤正(以上河合)

  • 第3試合(8月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車川崎 3 0 3 2 2 0 0 0 0 10
ニコニコドー 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:中野渡 敗:玉城 本:高根澤、山田、桑元(以上川崎)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本東北 2 0 1 1 0 1 0 0 1 6
日本生命 0 2 5 2 0 3 0 1 X 13

勝:池添 敗:長谷川 本:福留(日生)、夷塚(JT)、金谷(日生)、遠山、伊藤(以上JT)

  • 第5試合(8月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
鷺宮製作所 0 1 0 0 0 0 0 2 0 3
三菱重工神戸 1 4 1 0 0 0 0 0 X 6

勝:紙野 敗:岡崎 本:楠井(神戸)、斎藤(鷺宮)、秋山、藤原(以上神戸)

  • 第6試合(8月24日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
プリンスホテル 0 0 0 0 0 0 0 0
神戸製鋼 0 4 4 1 3 1 X 13

勝:谷中 敗:小林 本:杉本、塩崎、下原、中尾、鈴木(以上神鋼)
※神戸製鋼は大会史上10例目の全員安打を記録(同時に全員打点・全員得点も記録)

1 2 3 4 5 6 7
三菱重工横浜 0 0 0 0 0 0 1 1
新日鐵八幡 1 0 5 6 8 0 X 20

勝:小田 敗:川越 本:浜口2、村上、平松、石井(以上八幡)

  • 第8試合(8月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪ガス 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
本田技研 0 0 0 2 0 0 4 0 X 6

勝:入来 敗:坂本 本:山田(大ガス)、田中(本田)
※本田技研・入来祐作投手は大会史上5人目の毎回奪三振を記録

  • 第9試合(8月25日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
住友金属鹿島 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
NTT四国 0 0 0 2 1 1 1 0 X 5

勝:吉川 敗:田本 本:河野(四国)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工広島 4 0 3 2 4 1 0 1 3 18
NTT北海道 0 6 0 0 0 0 3 0 3 12

勝:井上 敗:遠藤賢 本:礒部(広島)、菰塚、山内、遠藤友、大村(以上北海道)
※1試合計30得点は大会記録

  • 第11試合(8月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT東海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
東芝 2 0 0 0 2 1 0 0 X 5

勝:須田 敗:八田 本:谷口(東芝)

  • 第12試合(8月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT中国 1 0 2 0 0 1 1 0 0 5
日立製作所 0 0 0 0 0 0 0 0 3 3

勝:朝間 敗:生駒 本:原、遠藤(以上中国)、石井、苅部(以上日立)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本IBM野洲 0 0 0 0 0 1 0 0 2 3
朝日生命 0 0 4 4 1 0 0 0 X 9

勝:長谷川 敗:若林 本:中村、岩本、下境(以上朝日)、上村、井上博(以上IBM)

  • 第14試合(8月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT北陸 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
昭和コンクリート 1 0 4 1 1 3 0 0 X 10

勝:バルデス 敗:伊藤

  • 第15試合(8月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東海 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
新日鐵君津 0 0 1 0 0 2 1 0 X 4

勝:立石 敗:宝島 本:松中(君津)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 3 0 1 1 0 3 0 0 8
新王子製紙苫小牧 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1

勝:田中 敗:松山 本:佐藤、右島、山路(以上ヤマハ)

2回戦[編集]

  • 第1試合(8月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本石油 1 1 4 0 0 1 0 0 3 10
河合楽器 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2

勝:川村 敗:佐藤康 本:徳永、若林2(以上日石)

  • 第2試合(8月28日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 1 0 0 0 0 0 2 0 3
三菱自動車川崎 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:池添 敗:安田 本:梶山(川崎)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工神戸 1 0 0 0 5 0 2 0 1 9
神戸製鋼 1 1 0 0 0 0 0 1 0 3

勝:紙野 敗:足達 本:鈴木(神鋼)

  • 第4試合(8月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研 0 1 2 0 0 0 1 0 0 4
新日鐵八幡 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:入来 敗:小田 本:キーナン(本田)

  • 第5試合(8月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT四国 0 1 0 2 1 2 2 0 1 9
三菱重工広島 0 0 4 1 4 3 0 1 X 13

勝:井上 敗:吉川 本:芝、柴田、笠原(以上四国)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
東芝 1 1 1 1 0 2 2 1 0 9
NTT中国 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2

勝:須田 敗:朝間 本:原(中国)

  • 第7試合(8月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
昭和コンクリート 0 3 0 1 5 0 0 0 0 9
朝日生命 4 2 0 0 1 6 0 0 X 13

勝:岡本 敗:藤田 本:岩本、白井(以上朝日)、旗手(昭和)

  • 第8試合(8月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
ヤマハ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
新日鐵君津 1 1 0 0 0 1 0 0 X 3

勝:森 敗:田中 本:小笠原、松中(以上君津)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本生命 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
日本石油 0 1 0 0 3 2 0 2 X 8

勝:高橋 敗:土井 本:徳永2、軽部(以上日石)

  • 第2試合(8月31日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
三菱重工神戸 0 0 1 0 1 0 0 2
本田技研 2 6 6 3 0 0 X 17

勝:須合 敗:木林 本:田口浩(本田)、藤原(神戸)、田中(本田)

  • 第3試合(8月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工広島 0 2 0 0 0 0 1 2 1 6
東芝 0 0 1 1 0 1 1 1 0 5

勝:井上 敗:井上 本:岩崎(東芝)、田頭、下城(以上広島)

  • 第4試合(8月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日鐵君津 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2
朝日生命 0 1 0 0 0 2 3 0 X 6

勝:長谷川 敗:久保 本:松原(朝日)

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
本田技研 0 0 0 0 1 2 0 0 0 3
日本石油 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

勝:大塚 敗:川村 本:若林(日石)

  • 第2試合(9月1日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
朝日生命 0 0 0 1 0 0 2 0 1 4
三菱重工広島 2 0 0 2 1 0 0 0 X 5

勝:井上 敗:岡本 本:田頭、摂津(以上広島)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工広島 0 2 2 0 0 0 1 1 1 7
本田技研 3 1 0 0 0 4 0 0 X 8

勝:入来 敗:三原 本:キーナン、斉藤(以上本田)、田頭(広島)
(本田技研は初優勝)

表彰選手等[編集]

  • 橋戸賞 入来祐作投手(本田技研)
  • 久慈賞 横井辰文中堅手(三菱重工広島)
  • 小野賞 東京都・朝日生命チーム
  • 若獅子賞 田口浩司内野手・指名打者(本田技研)、福留孝介三塁手(日本生命)
  • 首位打者賞 若林重喜三塁手(日本石油)
  • 打撃賞 松原和也右翼手(朝日生命)
  • 大会優秀選手
    • 投手
    入来祐作(本田技研)
    川村丈夫(日本石油)
    木村孔士(日本石油)
    長谷川純一(朝日生命)
    池添修世(日本生命)
    須田喜照(東芝)
    森慎二(新日鐵君津)
    • 捕手
    礒部公一(三菱重工広島)
    小笠原道大(新日鐵君津(NTT関東))
    • 一塁手
    キーナン・ティミィ(本田技研(NTT関東))
    下城和男(三菱重工広島)
    徳永耕治(日本石油)
    • 二塁手
    木下俊生(日本石油)
    藤原哲郎(三菱重工神戸)
    • 三塁手
    上茂雄(三菱重工広島(NKK))
    若林重喜(日本石油)
    白井一明(朝日生命)
    福留孝介(日本生命)
    • 遊撃手
    田頭欣士(三菱重工広島(三菱自動車水島))
    楠井公平(三菱重工神戸(小西酒造))
    • 外野手
    斉藤真樹(本田技研)
    田中泰(本田技研(日本通運))
    横井辰文(三菱重工広島)
    谷川明久(三菱重工広島(NKK))
    中村大伸(朝日生命(NTT東京))
    松原和也(朝日生命(東芝府中))
    渡辺敦(東芝(日産自動車))
    • 指名打者
    田口浩司(本田技研)
    岩本敏行(朝日生命)
    大谷慎一郎(三菱重工神戸)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 本田技研
    • 優秀賞 朝日生命
    • 敢闘賞 新日鐵君津
    • 特別賞 昭和コンクリート