第68回全日本バレーボール高等学校選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第68回全日本バレーボール高等学校選手権大会
会場となった東京体育館
会場となった東京体育館
開始年 1948
参加チーム数 男女 各52
前回優勝 男子:東福岡高等学校
女子:金蘭会高等学校
テンプレートを表示

第68回全日本バレーボール高等学校選手権大会(だい68かい ぜんにほん バレーボールこうとうがっこうせんしゅけんたいかい)は、2016年1月5日から1月10日まで東京体育館で開催された全日本バレーボール高等学校選手権大会である。男子は東福岡高等学校が2年連続優勝を遂げ、女子は東京勢決戦を制した下北沢成徳高等学校が3年ぶり3回目の優勝を果たした[1]

概要[編集]

日程[編集]

[2]

男子[編集]

出場校[編集]

北海道・東北

関東

東海・北信越

近畿

中国

四国

九州

[3]

試合結果[編集]

1回戦[編集]

2016年1月5日
鎮西 2 - 0
(25-16)
(25-18)
荏田 東京体育館
2016年1月5日
石川県工 2 - 0
(25-21)
(25-20)
岡山東商 東京体育館
2016年1月5日
山形中央 2 - 1
(25-11)
(19-25)
(25-22)
日本航空 東京体育館
2016年1月5日
東海大第四 2 - 0
(25-22)
(25-15)
霞ヶ浦 東京体育館
2016年1月5日
星城 2 - 0
(25-16)
(25-13)
佐賀商 東京体育館
2016年1月5日
大分工 2 - 0
(25-14)
(25-20)
鳥取商 東京体育館
2016年1月5日
高岡第一 2 - 0
(25-16)
(25-19)
聖隷クリストファー 東京体育館
2016年1月5日
習志野 1 - 2
(25-17)
(25-27)
(20-25)
城東 東京体育館
2016年1月5日
福井工大附福井 2 - 1
(31-29)
(19-25)
(25-22)
鹿児島商 東京体育館
2016年1月5日
市立尼崎 2 - 0
(25-18)
(25-16)
雄物川 東京体育館
2016年1月5日
松阪工 0 - 2
(14-25)
(19-25)
洛南 東京体育館
2016年1月5日
安来 0 - 2
(23-25)
(17-25)
とわの森三愛 東京体育館
2016年1月5日
明和県央 2 - 1
(26-28)
(25-23)
(25-21)
市高知商 東京体育館
2016年1月5日
創造学園 2 - 0
(25-18)
(25-17)
埼玉栄 東京体育館
2016年1月5日
開智 2 - 0
(25-18)
(25-23)
延岡工 東京体育館
2016年1月5日
県岐阜商 0 - 2
(25-23)
(20-25)
崇徳 東京体育館
2016年1月5日
西原 2 - 0
(25-23)
(25-18)
一関修紅 東京体育館
2016年1月5日
川崎橘 0 - 2
(20-25)
(23-25)
高川学園 東京体育館
2016年1月5日
上越総合技術 2 - 0
(25-22)
(25-21)
弘前工 東京体育館
2016年1月5日
松山工 0 - 2
(21-25)
(13-25)
清風 東京体育館

2回戦[編集]

2016年1月6日
大塚 0 - 2
(18-25)
(26-28)
鎮西 東京体育館
2016年1月6日
石川県工 2 - 0
(32-30)
(25-12)
山形中央 東京体育館
2016年1月6日
近江 2 - 0
(25-17)
(25-18)
東海大第四 東京体育館
2016年1月6日
星城 2 - 0
(26-24)
(25-19)
高松工芸 東京体育館
2016年1月6日
足利工大附 0 - 2
(17-25)
(19-25)
大分工 東京体育館
2016年1月6日
高岡第一 2 - 0
(25-19)
(30-28)
仙台商 東京体育館
2016年1月6日
城東 0 - 2
(19-25)
(11-25)
福井工大附福井 東京体育館
2016年1月6日
市立尼崎 0 - 2
(17-25)
(19-25)
駿台学園 東京体育館
2016年1月6日
大村工 0 - 2
(19-25)
(22-25)
洛南 東京体育館
2016年1月6日
とわの森三愛 1 - 2
(20-25)
(27-25)
(23-25)
明和県央 東京体育館
2016年1月6日
郡山北工 0 - 2
(13-25)
(15-25)
創造学園 東京体育館
2016年1月6日
開智 2 - 0
(25-21)
(25-21)
東亜学園 東京体育館
2016年1月6日
添上 0 - 2
(15-25)
(14-25)
崇徳 東京体育館
2016年1月6日
西原 0 - 2
(21-25)
(23-25)
東洋 東京体育館
2016年1月6日
高川学園 1 - 2
(31-29)
(20-25)
(23-25)
上越総合技術 東京体育館
2016年1月6日
清風 0 - 2
(20-25)
(22-25)
東福岡 東京体育館

3回戦[編集]

2016年1月7日
鎮西 2 - 1
(25-27)
(25-20)
(29-27)
石川県工 東京体育館
2016年1月7日
近江 0 - 2
(24-26)
(22-25)
星城 東京体育館
2016年1月7日
大分工 1 - 2
(25-20)
(23-25)
(16-25)
高岡第一 東京体育館
2016年1月7日
福井工大附福井 0 - 2
(13-25)
(17-25)
駿台学園 東京体育館
2016年1月7日
洛南 2 - 0
(25-19)
(25-22)
明和県央 東京体育館
2016年1月7日
創造学園 2 - 0
(25-23)
(25-23)
開智 東京体育館
2016年1月7日
崇徳 2 - 0
(25-15)
(31-29)
東洋 東京体育館
2016年1月7日
上越総合技術 1 - 2
(25-21)
(22-25)
(17-25)
東福岡 東京体育館

準々決勝[編集]

2016年1月7日
鎮西 2 - 1
(21-25)
(25-23)
(25-16)
星城 東京体育館
2016年1月7日
高岡第一 0 - 2
(11-25)
(27-29)
駿台学園 東京体育館
2016年1月7日
洛南 0 - 2
(20-25)
(21-25)
創造学園 東京体育館
2016年1月7日
崇徳 0 - 2
(17-25)
(9-25)
東福岡 東京体育館

準決勝[編集]

#103 2016年1月9日 14:25[4]
創造学園 2 - 3
(21-25)
(12-25)
(25-21)
(25-18)
(10-15)
東福岡 東京体育館
観客数: 7,500人
主審: 水間尚 
副審: 仲博史
#104 2016年1月9日 17:00[4]
鎮西 3 - 2
(14-25)
(25-23)
(25-19)
(21-25)
(15-13)
駿台学園 東京体育館
観客数: 8,200人
主審: 浅野泰弘
副審: 大下孝

決勝[編集]

#105 2016年1月10日 11:30[4]
鎮西 0 - 3
(18-25)
(21-25)
(19-25)
東福岡 東京体育館
観客数: 10,000人
主審: 大下孝
副審: 浅野泰弘

最終結果[編集]

順位 都道府県名 学校名 備考
優勝 福岡県 東福岡高等学校 2年連続2回目
準優勝 熊本県 鎮西高等学校
ベスト4 東京都 駿台学園高等学校
長野県 創造学園高等学校
ベスト8 愛知県 星城高等学校
富山県 高岡第一高等学校
京都府 洛南高等学校
広島県 崇徳高等学校

表彰[編集]

各表彰選手・学校は次の通り[5]

名前 学校名
最優秀選手賞 金子聖輝 東福岡
優秀選手賞 金子聖輝 東福岡
古賀健太 東福岡
竹下優希 鎮西
宮浦健人 鎮西
正来祐 創造学園
安田瑛亮 駿台学園
ベストリベロ賞 正近幸樹 東福岡
勝利監督賞 藤元聡一 東福岡
ベスト応援賞 仙台商
入場行進賞 福井工大附福井

女子[編集]

出場校[編集]

北海道・東北

関東

東海・北信越

近畿

中国

  • 鳥取県代表 米子西(6年ぶり16回目)
  • 島根県代表 大社(初出場)
  • 岡山県代表 就実(2年連続39回目)
  • 広島県代表 進徳女子(3年連続7回目)
  • 山口県代表 誠英(26年連続36回目)

四国

九州

[3]

試合結果[編集]

1回戦[編集]

2016年1月5日
東九州龍谷 2 - 0
(25-19)
(25-20)
聖カタリナ女 東京体育館
2016年1月5日
健大高崎 2 - 0
(25-19)
(25-22)
静岡富士見 東京体育館
2016年1月5日
福井工大附福井 2 - 0
(25-15)
(25-10)
由利 東京体育館
2016年1月5日
進徳女 1 - 2
(18-25)
(25-22)
(24-26)
國學院栃木 東京体育館
2016年1月5日
京都橘 2 - 1
(25-15)
(10-25)
(25-19)
大和南 東京体育館
2016年1月5日
日ノ本 2 - 0
(25-21)
(25-22)
延岡学園 東京体育館
2016年1月5日
磐城第一 1 - 2
(25-20)
(20-25)
(26-28)
新発田商 東京体育館
2016年1月5日
和歌山信愛 2 - 1
(25-23)
(11-25)
(25-12)
増穂商 東京体育館
2016年1月5日
山形市商 0 - 2
(15-25)
(19-25)
岐阜済美 東京体育館
2016年1月5日
鎮西 0 - 2
(14-25)
(22-25)
就実 東京体育館
2016年1月5日
弘前学院聖愛 2 - 1
(21-25)
(25-21)
(25-19)
城南 東京体育館
2016年1月5日
西日本短大附 1 - 2
(25-22)
(23-25)
(18-25)
三重 東京体育館
2016年1月5日
土浦日大 0 - 2
(25-27)
(25-27)
都市大塩尻 東京体育館
2016年1月5日
札幌山の手 2 - 0
(25-16)
(25-22)
八幡商 東京体育館
2016年1月5日
米子西 0 - 2
(15-25)
(15-25)
金沢商 東京体育館
2016年1月5日
天理 1 - 2
(25-27)
(25-21)
(21-25)
大社 東京体育館
2016年1月5日
古川学園 2 - 1
(22-25)
(25-12)
(25-21)
西原 東京体育館
2016年1月5日
高松商 0 - 2
(12-25)
(8-25)
下北沢成徳 東京体育館
2016年1月5日
四天王寺 1 - 2
(25-23)
(16-25)
(21-25)
誠英 東京体育館
2016年1月5日
盛岡誠桜 0 - 2
(24-26)
(20-25)
岡崎学園 東京体育館

2回戦[編集]

2016年1月6日
金蘭会 2 - 1
(25-18)
(29-31)
(27-25)
東九州龍谷 東京体育館
2016年1月6日
健大高崎 1 - 2
(27-25)
(17-25)
(12-25)
福井工大附福井 東京体育館
2016年1月6日
佐賀清和 0 - 2
(19-25)
(18-25)
國學院栃木 東京体育館
2016年1月6日
京都橘 2 - 0
(25-23)
(25-23)
旭川実 東京体育館
2016年1月6日
八王子実践 2 - 0
(25-22)
(25-18)
日ノ本 東京体育館
2016年1月6日
新発田商 2 - 1
(25-18)
(18-25)
(25-23)
高知中央 東京体育館
2016年1月6日
和歌山信愛 2 - 0
(25-20)
(25-20)
岐阜済美 東京体育館
2016年1月6日
就実 1 - 2
(16-25)
(25-14)
(19-25)
柏井 東京体育館
2016年1月6日
文京学院大女 2 - 0
(25-12)
(25-21)
弘前学院聖愛 東京体育館
2016年1月6日
三重 1 - 2
(25-18)
(22-25)
(21-25)
都市大塩尻 東京体育館
2016年1月6日
鹿屋中央 1 - 2
(25-22)
(11-25)
(18-25)
札幌山の手 東京体育館
2016年1月6日
金沢商 0 - 2
(13-25)
(14-25)
川崎橘 東京体育館
2016年1月6日
細田学園 2 - 0
(25-13)
(25-18)
大社 東京体育館
2016年1月6日
古川学園 0 - 2
(27-29)
(21-25)
富山第一 東京体育館
2016年1月6日
下北沢成徳 2 - 0
(25-22)
(25-17)
誠英 東京体育館
2016年1月6日
岡崎学園 1 - 2
(25-22)
(16-25)
(14-25)
九州文化学園 東京体育館

3回戦[編集]

2016年1月7日
金蘭会 2 - 0
(25-15)
(25-17)
福井工大附福井 東京体育館
2016年1月7日
國學院栃木 0 - 2
(21-25)
(17-25)
京都橘 東京体育館
2016年1月7日
八王子実践 2 - 0
(25-12)
(25-13)
新発田商 東京体育館
2016年1月7日
和歌山信愛 0 - 2
(16-25)
(19-25)
柏井 東京体育館
2016年1月7日
文京学院大女 2 - 0
(25-18)
(28-26)
都市大塩尻 東京体育館
2016年1月7日
札幌山の手 2 - 0
(25-22)
(25-18)
川崎橘 東京体育館
2016年1月7日
細田学園 2 - 1
(25-21)
(21-25)
(25-15)
富山第一 東京体育館
2016年1月7日
下北沢成徳 2 - 1
(16-25)
(25-21)
(25-15)
九州文化学園 東京体育館

準々決勝[編集]

2016年1月7日
金蘭会 2 - 1
(25-18)
(24-26)
(25-13)
京都橘 東京体育館
2016年1月7日
八王子実践 2 - 0
(25-17)
(27-25)
柏井 東京体育館
2016年1月7日
文京学院大女 2 - 0
(25-17)
(25-17)
札幌山の手 東京体育館
2016年1月7日
細田学園 1 - 2
(30-28)
(13-25)
(18-25)
下北沢成徳 東京体育館

準決勝[編集]

#101 2016年1月9日 10:00[4]
金蘭会 1 - 3
(24-26)
(25-20)
(20-25)
(17-25)
八王子実践 東京体育館
観客数: 10,000人
主審: 伊藤薫
副審: 上土谷政高
#102 2016年1月9日 12:30[4]
文京学院大女 0 - 3
(18-25)
(16-25)
(12-25)
下北沢成徳 東京体育館
観客数: 10,000人
主審: 岩田博雄
副審: 細井啓太

決勝[編集]

#106 2016年1月10日 13:50[4]
八王子実践 0 - 3
(21-25)
(11-25)
(18-25)
下北沢成徳 東京体育館
観客数: 10,000人
主審: 上土谷政高
副審: 伊藤薫

最終結果[編集]

順位 都道府県名 学校名 備考
優勝 東京都 下北沢成徳高等学校 3年ぶり3回目
準優勝 東京都 八王子実践高等学校
ベスト4 東京都 文京学院大女子高等学校
大阪府 金蘭会高等学校
ベスト8 北海道 札幌山の手高等学校
埼玉県 細田学園高等学校
千葉県 千葉県立柏井高等学校
京都府 京都橘高等学校

表彰[編集]

各表彰選手・学校は次の通り[5]

賞名 名前 学校名
最優秀選手賞 黒後愛 下北沢成徳
優秀選手賞 黒後愛 下北沢成徳
熊井風音 下北沢成徳
東谷玲衣奈 八王子実践
野嶋華澄 八王子実践
富澤結花 文京学院大女
白澤明香里 金蘭会
ベストリベロ賞 池谷優佳 下北沢成徳
勝利監督賞 小川良樹 下北沢成徳
ベスト応援賞 文京学院大女
京都橘
入場行進賞 山形市商

脚注[編集]

  1. ^ 日本バレーボール協会. “男子は東福岡が2連覇、女子は下北沢成徳が高校日本一! 「春の高校バレー」第68回全日本高等学校選手権大会”. 2017年1月9日閲覧。
  2. ^ 日本バレーボール協会. “第68回 全日本高等学校選手権大会 - 概要”. 2017年1月7日閲覧。
  3. ^ a b 日本バレーボール協会. “春の高校バレー 第68回全日本バレーボール高等学校選手権大会 出場校”. 2017年1月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 試合結果速報”. 日本バレーボール協会. 2017年1月9日閲覧。
  5. ^ a b 『月刊バレーボール』2016年2月号 60ページ

参考サイト[編集]