第69回日本選手権競輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第69回日本選手権競輪
名古屋競輪場・GI
レース詳細
開催日 2016年3月8日 - 3月13日
レース結果
優勝  村上義弘 (京都府)
2位  川村晃司 (京都府)
3位  新田祐大 (福島県)
2015
2016/5

第69回日本選手権競輪(だい69かい にほんせんしゅけんけいりん)は、2016年3月8日から3月13日まで、名古屋競輪場で開催された競輪レース。優勝賞金6500万円(副賞含む)。

日本選手権競輪(ダービー)は2016年度から5月(GW)開催[注 1]となるため、3月開催としては最後の大会となった[1]

決勝戦[編集]

成績[編集]

  • 3月13日(日)[2]
  • 誘導員…島野浩司( 愛知県
着順 車番 選手 登録地 級班 着差 決まり手 上がり(秒) H/B 特記
1 2 村上義弘  京都府 SS 差し 12.0
2 8 川村晃司  京都府 S1 1/2車身 捲くり 12.2 B
3 3 新田祐大  福島県 SS 1/8車輪 12.0
4 5 岩津裕介  岡山県 S1 1/4車輪 11.9
5 6 野田源一  福岡県 S1 1/4車輪 11.8
6 1 金子貴志  愛知県 S1 1車身 12.0
7 7 深谷知広  愛知県 S1 7車身 12.9
8 9 竹内雄作  岐阜県 S1 3/4車身 12.4
9 4 三谷竜生  奈良県 S1 大差 14.4 H

配当金額[編集]

枠番二連勝 複式 2=6 1,340円
単式 2-6 2,880円
車番二連勝 複式 2=8 1,950円
単式 2-8 3,530円
三連勝 複式 2=3=8 1,810円
単式 2-8-3 11,170円
ワイド 2=8 860円
2=3 380円
3=8 760円

レース概要[編集]

[3] 三谷主導権の一本棒で打鐘を通過。7番手の竹内が2センターから巻き返すと、最終ホームで三谷の番手から、川村が早くも発進。竹内に代わって深谷が2コーナーから自力に転じ、これに併せてバックから新田が3番手位置からの捲りを打つ。新田をブロックし、空いたインを突いて来た岩津も制した村上が、ゴール前で川村を捉えて京都勢のワンツー決着。自身ダービー4度目の優勝を飾った。立て直して外を踏んだ新田は3着で、ダービー連覇はならず。

特記事項[編集]

データ[編集]

  • 名古屋でのダービーは第3回大会(1950年)を最初とし通算4度目で、第67回大会(2014年)以来2年ぶり[4]。その前の第64回大会(2011年)から続けて、村上義弘の3連覇となった。さらに第66回大会(2013年・立川)でも優勝しているため、吉岡稔真(引退)と並ぶダービー史上最多の4度目Vを達成。また、鈴木誠(千葉)が保持していた大会最年長優勝記録を更新もした[5]
  • 名古屋競輪場では、年度が変わって6月にもGI開催(第67回高松宮記念杯競輪)がある。
  • 決勝メンバー中、三谷竜生は今回がビッグレース初優出となった[6]。また、競輪学校100期以降の男子でもビッグレース初優出となった。
  • 6日間の総売上は127億3912万2000円。前年比98.1%となったが、目標(127億円)をクリアした[7]

その他[編集]

  • 地上波の決勝中継番組は「坂上忍の勝たせてあげたいTV 日本選手権競輪GⅠ」《日本テレビ系列全国ネット》[8][9]
  • 大会応援キャラクターは、名古屋・大須のアイドルグループのOS☆U[10]
  • 大会のキャッチフレーズは「王者はダレだ!?」。名古屋競輪場マスコットのモチーフにもなっているコアラを先頭に、カンガルーライオンチンパンジーホッキョクグマ[要出典]シマウマゾウカバキリン哺乳類9頭が、レーサー[注 2]にまたがって競走している写実的なポスターが作成された[11][12]
  • 1月15日には、「最後の3月開催」となる本大会を記念し、名古屋FIの最終日第10レースとして「Kドリームス杯 ダービーファイナリストカップ」が実施された。過去にダービー決勝進出経験のあるA級1・2班の現役7選手による企画レースで、車券発売もされた[13][14](結果は太田真一が勝利[15][6])。
  • 東日本大震災から丸5年後となる3月11日金曜日(開催4日目)、第8レース後[16]、バンクでは日本競輪選手会愛知支部プレゼンツの復興チャリティーイベント「KEIRINレジェンドエキシビション」が実施された(MCはしたらじゅん子・実況は磯一郎[17][18]。引退した名選手7人の入場後、発生時刻14時46分に会場中で1分間の黙祷をし、選手紹介(挨拶)を経てレース(4周競走、車券発売は無し)が始まった[19]。先頭誘導員は現役選手の一丸安貴愛知支部長[20][注 3]。メンバーは車番順に、山口幸二(47)、吉岡稔真(45)、中野浩一(60)、山田裕仁(47)、佐々木昭彦(56)、久保千代志(63)、本田晴美(52)で、ユニフォーム(勝負服)は特注で1984年以前の配色[22]。吉岡-中野-佐々木、本田-久保、山田-山口で周回。最終2角で5番手から踏み出した最年少の吉岡(後ろの中野は離れた)が4角で捲りきり、そのまま1着。先行した山田(3着)をゴール前で僅かに交わした山口が、2着となった[23]
  • 結局、グランドスラムに近い山崎芳仁は二次予選で敗退。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 【競輪】3月“最後”のダービー、目標は127億円!! - デイリースポーツ、2016年3月4日
  2. ^ レース成績 - KEIRIN.JP
  3. ^ 『第69回日本選手権競輪(GI)レポート』 最終日編 - KEIRIN.JP
  4. ^ 2年ぶり名古屋ダービー8日に開幕 - 日刊スポーツ、2016年3月2日
  5. ^ 村上義弘 名古屋ダービー3連覇/名古屋 - 日刊スポーツ、2016年3月14日
  6. ^ a b 第69回 日本選手権競輪(GⅠ) - イー新聞競輪
  7. ^ 【名古屋ダービー】売り上げ前年比ダウンも目標127億円クリア - スポニチ、2016年3月14日
  8. ^ 坂上忍の勝たせてあげたいTV 日本選手権競輪GⅠ - 日本テレビ
  9. ^ 第69回日本選手権競輪(GI) テレビ・ラジオ放送予定 - KEIRIN.JP
  10. ^ 名古屋けいりん特設サイト
  11. ^ 後1ヶ月半で♪(^o^)♪ - 競輪選手会愛知支部のブログ、2016年1月27日
  12. ^ レース展望 第69回日本選手権競輪(GI) - 月刊競輪WEB 2016.03.04
  13. ^ 「ダービーファイナリストカップ平成28年1月15日 於 名古屋競輪場」出場予定選手について - KEIRIN.JP、配信日:2015年12月1日
  14. ^ 出走表詳細 2016/01/15(最終日)第10レース - KEIRIN.JP
  15. ^ レース競走結果 2016/01/15(最終日)第10レース - KEIRIN.JP
  16. ^ 全レース出走表 名古屋(42#) 2016年03月11日 - KEIRIN.JP
  17. ^ 1:05 名古屋競輪3月11日(金)「KEIRINレジェンドエキシビション」CM - YouTube名古屋けいりんくるくるチャンネル - YouTubeチャンネル)
  18. ^ 【名古屋競輪】3月11日(金)第69回日本選手権競輪GI4日目 東日本大震災復興チャリティーイベント「KEIRINレジェンドエキシビション」開催!かつて競輪界を沸かせた往年のレジェンドたちが名古屋競輪場を疾走します! - KEIRIN.JP、配信日:2016年1月15日
  19. ^ 17:24 名古屋競輪3月11日東日本大震災復興チャリティーイベント「KEIRINレジェンドエキシビション」 - YouTube名古屋けいりんくるくるチャンネル - YouTubeチャンネル)
  20. ^ KEIRINレジェンドエキシビション結果 - 競輪ステーション、2016年3月11日
  21. ^ ヤマコウと中野浩一が名古屋ダービー4日目に激走! - 日刊スポーツ、2016年3月4日
  22. ^ レジェンドレース! - 競輪選手会愛知支部のブログ、2015年12月25日
  23. ^ 【名古屋】吉岡氏まくった!ゴール前の混戦制しレジェンド頂点に - スポニチ、2016年3月12日

注釈

  1. ^ そのため2か月後にまた第70回大会静岡で開催される。
  2. ^ コアラのみ三輪車。フレームには動物名が英語で書かれている。
  3. ^ 当初は地元愛知の高橋美行(60)を予定していた[21]
日本選手権競輪
前回 (2015年 第69回日本選手権競輪
2016年3月)
次回(2016年5月)
第68回日本選手権競輪 第70回日本選手権競輪