第7回全日本社会人ハンドボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高松宮記念杯 第7回全日本社会人ハンドボール選手権大会 (男子)
基本情報
主催 日本ハンドボール協会
全日本社会人ハンドボール連盟
主管 全日本社会人ハンドボール連盟社会人委員会
福井県ハンドボール協会
後援 朝日新聞社
日程 2017年5月17日 - 5月21日
開催地 福井県福井市
 福井県営体育館
福井県吉田郡永平寺町
 北陸電力福井体育館フレア
参加チーム数 12チーム
大会結果
優勝 大同特殊鋼
準優勝 トヨタ車体
3位 大崎電気
4位 豊田合成
大会統計
最優秀選手賞 東江雄斗 (大同特殊鋼)
最優秀監督賞 岸川英誉 (大同特殊鋼)
高松宮記念杯 第7回全日本社会人ハンドボール選手権大会 (女子)
基本情報
主催 日本ハンドボール協会
全日本社会人ハンドボール連盟
主管 全日本社会人ハンドボール連盟社会人委員会
福井県ハンドボール協会
後援 朝日新聞社
日程 2017年5月17日 - 5月21日
開催地 福井県福井市
 福井県営体育館
福井県吉田郡永平寺町
 北陸電力福井体育館フレア
参加チーム数 8チーム
大会結果
優勝 北國銀行
準優勝 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
3位 三重バイオレットアイリス
4位 広島メイプルレッズ
大会統計
最優秀選手賞 寺田三友紀 (北國銀行)
最優秀監督賞 荷川取義浩 (北國銀行)

高松宮記念杯 第7回全日本社会人ハンドボール選手権大会(たかまつみやきねんはい だい7かいぜんにほんしゃかいじんハンドボールせんしゅけんたいかい)は、2017年5月17日から5月21日にかけて行われた全日本社会人ハンドボール選手権大会

概要[編集]

福井県福井市福井県営体育館と同県永平寺町の北陸電力福井体育館フレアで開催[1]

男女とも予選トーナメントから決勝リーグ戦の方式が採用された。

男子は大同特殊鋼が4年ぶり18回目の優勝[2]。女子は北國銀行が4連覇を達成[3]

出場チーム[編集]

男子
日本リーグ トヨタ自動車東日本
大崎電気
北陸電力
大同特殊鋼
トヨタ車体
豊田合成
湧永製薬
トヨタ紡織九州
琉球コラソン
一般A HONDA
八光自動車工業
EHC
女子
日本リーグ プレステージ・インターナショナル アランマーレ
北國銀行
三重バイオレットアイリス
大阪ラヴィッツ
広島メイプルレッズ
オムロン
ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
一般A 香川銀行

男子[編集]

予選トーナメント[編集]

  • 2回戦勝利チームは決勝リーグへ進出。2回戦敗退チームは5位-8位決定戦へ、1回戦敗退チームは9位-12位決定戦へ出場。
  A1回戦     A2回戦
                 
     トヨタ車体 39
   北陸電力 34      北陸電力 25
   湧永製薬 28  
  B1回戦     B2回戦
                 
     トヨタ自動車東日本 20
   豊田合成 27      豊田合成 25
   EHC 14  
  C1回戦     C2回戦
                 
     大崎電気 28
   八光自動車工業 16      琉球コラソン 22
   琉球コラソン 39  
  D1回戦     D2回戦
                 
     大同特殊鋼 26
   トヨタ紡織九州 28      トヨタ紡織九州 25
   HONDA 22  


順位決定トーナメント[編集]

  5位-8位決定戦     5位決定戦
                 
  A2回戦敗者 北陸電力 26  
  B2回戦敗者 トヨタ自動車東日本 31    
      B2回戦敗者 トヨタ自動車東日本 32
      D2回戦敗者 トヨタ紡織九州 34
  C2回戦敗者 琉球コラソン 24    
  D2回戦敗者 トヨタ紡織九州 28   7位決定戦
 
A2回戦敗者 北陸電力 23
  C2回戦敗者 琉球コラソン 30
  9位-12位決定戦     9位決定戦
                 
  A1回戦敗者 湧永製薬 40  
  B1回戦敗者 EHC 19    
      A1回戦敗者 湧永製薬 28
      D1回戦敗者 HONDA 16
  C1回戦敗者 八光自動車工業 16    
  D1回戦敗者 HONDA 19   11位決定戦
 
B1回戦敗者 EHC 24
  C1回戦敗者 八光自動車工業 13

決勝リーグ[編集]

# チーム 得点 失点 得失点 大同 車体 大崎 合成
1 大同特殊鋼 3 2 0 1 79 68 11 6 - 26-27 27-19 26-22
2 トヨタ車体 3 2 0 1 85 83 2 6 27-26 - 30-34 28-23
3 大崎電気 3 2 0 1 88 79 9 6 19-27 34-30 - 35-22
4 豊田合成 3 0 0 3 67 89 -22 0 22-26 23-28 22-35 -

順位[編集]

順位 チーム
1 大同特殊鋼 (4年ぶり18回目)
2 トヨタ車体
3 大崎電気
4 豊田合成
5 トヨタ紡織九州
6 トヨタ自動車東日本
7 琉球コラソン
8 北陸電力
9 湧永製薬
10 HONDA
11 EHC
12 八光自動車工業
個人賞
MVP 東江雄斗 (大同特殊鋼)
最優秀新人賞 吉野樹 (トヨタ車体)
ベストセブン 田中雄大 (大同特殊鋼)
朴重奎 (大同特殊鋼)
津屋大将 (トヨタ車体)
藤江恭輔 (大同特殊鋼)
ウーゴ・ロペス (豊田合成)
元木博紀 (大崎電気)
杉岡尚樹 (トヨタ車体)
優秀監督賞 岸川英誉 (大同特殊鋼)

女子[編集]

予選トーナメント[編集]

各勝者が決勝リーグへ進出し、敗者は順位決定リーグへ出場。

  1回戦
 
 北國銀行 32
 プレステージ・インターナショナル アランマーレ 11
  1回戦
 
 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング 22
 オムロン 19
  1回戦
 
 三重バイオレットアイリス 19
 香川銀行 17
  1回戦
 
 大阪ラヴィッツ 18
 広島メイプルレッズ 27

5位-8位リーグ[編集]

# チーム 得点 失点 得失点 オムロン 香川 大阪 アランマーレ
5 オムロン 3 3 0 0 62 49 13 9 - 21-16 22-20 19-13
6 香川銀行 3 2 0 1 64 60 4 6 16-21 - 27-19 21-20
7 大阪ラヴィッツ 3 1 0 2 59 68 -9 3 20-22 19-27 - 20-19
8 プレステージ・インターナショナル アランマーレ 3 0 0 3 52 60 -8 0 13-19 20-21 19-20 -

決勝リーグ[編集]

# チーム 得点 失点 得失点 北國 ソニー 三重 広島
1 北國銀行 3 3 0 0 72 53 19 9 - 25-20 25-17 22-16
2 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング 3 1 1 1 60 63 -3 4 20-25 - 17-17 23-21
3 三重バイオレットアイリス 3 1 1 1 56 60 -4 4 17-25 17-17 - 22-18
4 広島メイプルレッズ 3 0 0 3 55 67 -12 0 16-22 21-23 18-22 -

順位[編集]

順位 チーム
1 北國銀行 (4年連続7回目)
2 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
3 三重バイオレットアイリス
4 広島メイプルレッズ
5 オムロン
6 香川銀行
7 大阪ラヴィッツ
8 プレステージ・インターナショナル アランマーレ
個人賞
最優秀選手賞 (MVP) 寺田三友紀 (北國銀行)
最優秀新人賞 佐々木春乃 (北國銀行)
ベストセブン 飛田季実子 (ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング)
山野由美子 (ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング)
多田仁美 (三重バイオレットアイリス)
横嶋彩 (北國銀行)
高山智恵 (広島メイプルレッズ)
池原綾香 (三重バイオレットアイリス)
河田知美 (北國銀行)
優秀監督賞 荷川取義浩 (北國銀行)

脚注[編集]

[ヘルプ]