第7回全日本都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第7回全日本都市対抗野球大会(だい7かいぜんにほんとしたいこうやきゅうたいかい)は、1933年8月4日から8月11日まで明治神宮野球場で開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 出場チームは前回大会と同じ16チーム。16チームによる大会はこの後記念大会となる第10回大会を除き、第17回大会まで続くこととなる。
  • 初出場は福島市・福島倶楽部と川崎市コロムビアの2チーム。一方東京市東京倶楽部大阪市・全大阪、横浜市・全横浜、名古屋市名古屋鉄道局神戸市・全神戸の5チームは第1回大会から連続出場を7年に伸ばした。
  • 今大会から個人表彰制度として、最優秀選手の表彰が始まった。
  • 準決勝の大阪鉄道局吹田-大連実業団の試合は大会史上初の日没サスペンデッドゲームとなった。
  • その中優勝したのは苦戦を重ねながらもそれをしのぎきった東京倶楽部。3度目の栄冠を勝ち取った。大会初のMVPには東京倶楽部・真野春美二塁手が選出された。

出場チーム[編集]

大会[編集]

1回戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
福島倶楽部 0 0 0 0 0 0 0 1 1 2
全神戸 6 1 3 0 0 0 0 2 x 12
  1. : 木村  : 渡辺  
  • 第2試合(8月4日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全呉 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2
八幡製鉄 0 0 3 4 0 0 0 0 x 7
  1. : 安川  : 藤村  
  • 第3試合(8月4日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
コロムビア 0 0 0 0 0 4 2 0 0 0 6
全京城 0 0 2 1 3 0 0 0 0 1x 7
  1. 延長10回
  2. : 関  : 鈴木  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
名古屋鉄道局 0 0 1 0 0 0 3 0 0 4
函館太洋倶楽部 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2
  1. : 武田  : 奥野  
  • 第5試合(8月5日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
台北交通団 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
東京倶楽部 1 3 0 2 0 0 4 0 x 10
  1. : 中村  : 渡辺  
  • 第6試合(8月5日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全大阪 2 4 1 0 0 0 0 0 0 7
富山紡績 0 1 1 0 0 1 2 0 0 5
  1. : 伊達  : 大井  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全大宮 1 3 0 0 0 0 0 0 1 5
大阪鉄道局吹田 3 0 1 8 0 0 1 0 x 13
  1. : 本田  : 吉野  
  • 第8試合(8月6日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全横浜 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
大連実業団 1 3 0 1 0 0 0 0 x 5
  1. : 岩瀬  : 富士川  

2回戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
八幡製鉄 0 1 0 0 0 0 1 1 1 4
全神戸 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : 安川  : 木村  
  2. :  八 – 大岡
  • 第2試合(8月7日)-延長11回
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R
全大阪 2 0 1 4 0 0 0 4 0 0 0 11
東京倶楽部 0 0 0 0 6 1 3 1 0 0 1x 12
  1. : 中村  : 伊達  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
全京城 0 0 2 0 0 0 0 0 4 6
名古屋鉄道局 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
  1. : 吉本  : 武田  
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
大阪鉄道局吹田 0 0 0 0 0 0 1 0 5 6
大連実業団 3 0 0 0 0 0 4 1 x 8
  1. ※7回表1死満塁で日没サスペンデッド
  2. : 岩瀬  : 本田  

準決勝[編集]

  • 第1試合(8月9日)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
八幡製鉄 2 0 0 2 2 2 0 0 1 9
全京城 2 3 0 3 0 0 1 1 x 10
  1. : 吉本  : 安川  
  2. :  京 – 松本
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R
東京倶楽部 2 0 0 2 0 0 1 0 0 0 3 8
大連実業団 0 0 0 0 4 0 0 1 0 0 1 6
  1. 延長11回
  2. : 中村  : 岩瀬  

決勝[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R
全京城 2 2 0 0 0 0 0 1 0 0 5
東京倶楽部 0 2 0 0 0 0 0 0 3 1x 6
  1. 延長10回
  2. : 中村  : 李  
  3. (東京倶楽部は2年ぶり3回目の優勝)

表彰選手[編集]