第71回全日本大学バスケットボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

第71回全日本大学バスケットボール選手権大会(だい71かい ぜんにほんだいがくバスケットボールせんしゅけんたいかい)は、2019年12月9日から15日まで7日間にわたって駒沢オリンピック公園総合運動場体育館などで行われた全日本大学バスケットボール選手権大会[1]

日程[編集]

  • 12月9日 - 男女1回戦
  • 12月10日 - 男女1回戦
  • 12月11日 - 男女2回戦
  • 12月12日 - 女子準々決勝
  • 12月13日 - 男子準々決勝・女子準決勝
  • 12月14日 - 男子準決勝・女子3位決定戦・女子決勝
  • 12月15日 - 男子3位決定戦・男子決勝・閉会式

会場[編集]

出場校[編集]

男子[編集]

北海道・東北
関東
北信越・東海
近畿
中国・四国
九州

女子[編集]

北海道・東北
関東
北信越
東海
近畿
中国・四国
九州

試合結果[編集]

  • K…駒沢オリンピック公園総合運動場体育館(A・B)
  • H…エスフォルタアリーナ八王子(A・B)

男子[編集]

1回戦

日時 KA KB
9日11:30 酪農学園大 57 - 116 京都産業大 拓殖大 105 - 65 東北学院大
9日13:10 新潟経営大 61 - 89 近畿大 中京大 100 - 65 札幌学院大
9日14:50 専修大 110 - 60 大阪学院大 仙台大 66 - 89 日本体育大
9日16:30 大東文化大 102 - 63 大阪体育大 九州産業大 77 - 95 青山学院大
10日11:30 早稲田大 78 - 77 天理大 名古屋経済大 66 - 91 中央大
10日13:10 徳山大 57 - 85 日本大 筑波大 114 - 45 金沢大
10日14:50 九州共立大 116 - 67 松山大 名古屋学院大 63 - 68 神奈川大
10日16:30 福岡大 80 - 99 東海大 白鷗大 91 - 55 広島大

2回戦

日時 KA KB
11日11:30 早稲田大 51 - 67 日本大 筑波大 77 - 50 中央大
11日13:10 専修大 87 - 76 近畿大 拓殖大 67 - 79 青山学院大
11日14:50 九州共立大 54 - 74 東海大 白鷗大 74 - 62 神奈川大
11日16:30 大東文化大 79 - 74 京都産業大 中京大 75 - 104 日本体育大

準々決勝

日時 K
13日13:20 専修大 74 - 71 東海大
13日15:00 白鷗大 72 - 71 青山学院大
13日16:40 筑波大 94 - 77 日本体育大
13日18:20 大東文化大 79 - 76 日本大

準決勝

日時 K
14日15:00 専修大 76 - 66 白鷗大
14日16:40 大東文化大 58 - 60 筑波大

3位決定戦

日時 K
15日10:20 大東文化大 90 - 80 白鷗大

決勝

12月14日
12:30 pm
筑波大 91, 専修大 76 駒MC BSフジ
バスケットLIVE
J SPORTS
クォーター・スコア: 25-21, 21-15, 23-14, 22-26

女子[編集]

1回戦

日時 HA HB
9日11:30 関西学院大 62 - 67 順天堂大 日本体育大 104 - 54 東北学院大
9日13:10 新潟医療福祉大 68 - 75 桐蔭横浜大 大阪体育大 88 - 61 名古屋学院大
9日14:50 白鷗大 111 - 53 倉敷芸術科学大 札幌学院大 74 - 104 拓殖大
9日16:30 東京医療保健大 105 - 50 桜花学園大 武庫川女子大 72 - 99 愛知学泉大
10日11:30 山梨学院大 79 - 70 立命館大 北翔大 75 - 86 松蔭大
10日13:10 愛媛大 39 - 145 日本経済大 早稲田大 76 - 63 西南女学院大
10日14:50 大阪人間科学大 84 - 52 環太平洋大 鹿屋体育大 73 - 72 名古屋経済大
10日16:30 北陸大 57 - 83 専修大 筑波大 85 - 47 仙台大

2回戦

日時 HA HB
11日11:30 白鷗大 83 - 69 桐蔭横浜大 日本体育大 57 - 70 愛知学泉大
11日13:10 山梨学院大 66 - 90 日本経済大 早稲田大 80 - 70 松蔭大
11日14:50 大阪人間科学大 62 - 69 専修大 筑波大 56 - 61 鹿屋体育大
11日16:30 東京医療保健大 122 - 69 順天堂大 大阪体育大 75 - 81 拓殖大

準々決勝

日時 K
12日11:30 白鷗大 72 - 66 日本経済大
12日13:10 早稲田大 67 - 79 愛知学泉大
12日14:50 鹿屋体育大 57 - 84 拓殖大
12日16:30 東京医療保健大 97 - 67 専修大

準決勝

日時 K
13日10:00 白鷗大 90 - 57 愛知学泉大
13日11:40 東京医療保健大 92 - 73 拓殖大

3位決定戦

日時 K
14日10:20 拓殖大 88 - 79 愛知学泉大

決勝

12月14日
12:30 pm
東京医療保健大 72, 白鷗大 60 駒MC BSフジ
バスケットLIVE
J SPORTS
クォーター・スコア: 18-6, 18-17, 15-20, 21-17

順位[編集]

順位 男子 女子
大学名 備考 大学名 備考
優勝 筑波大学 3年ぶり5回目 東京医療保健大学 3年連続3回目
準優勝 専修大学 白鷗大学
3位 大東文化大学 拓殖大学
4位 白鷗大学 愛知学泉大学

表彰[編集]

タイトル 男子 女子
選手名 所属 備考 選手名 所属 備考
得点王 西野曜 専修大№12、3年 104点 バイ・クンバディヤサン 拓殖大№23、2年 100点
3P王 盛實海翔 専修大№34、4年 15本 今村優花 白鷗大№7、3年 13本
リバウンド王 アブ・フィリップ 専修大№30、4年 OFF23REB
DEF45REB
合計68REB
岡田真那美 愛知学泉大№3、3年 OFF19REB
DEF39REB
合計58REB
アシスト王 増田啓介 筑波大№11、4年 15本 平末明日香
藤田歩
東京医療保健大№13、4年
拓殖大№39、3年
21本
優秀選手 増田啓介 筑波大№11、4年 平末明日香 東京医療保健大№13、4年
優秀選手 山口颯斗 筑波大№27、3年 藤本愛妃 東京医療保健大№18、4年
優秀選手 西野曜 専修大№12、3年 軸丸ひかる 白鷗大№4、4年
優秀選手 中村浩陸 大東文化大№34、4年 小笠原美奈 拓殖大№36、4年
優秀選手 前田怜緒 白鷗大№77、4年 高橋華菜 愛知学泉大№15、4年
MIP 盛實海翔 専修大№34、4年 平末明日香 東京医療保健大№13、4年
敢闘賞 盛實海翔 専修大№34、4年 佐坂樹 白鷗大№14、4年
MVP 牧隼利 筑波大№88、4年 永田萌絵 東京医療保健大№32、4年

脚注[編集]

  1. ^ 一般財団法人全日本大学バスケットボール連盟オフィシャルサイト”. JUBF (2019年11月16日). 2019年11月18日閲覧。

関連項目[編集]