第73回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第73回選抜高等学校野球大会
試合日程 2001年3月25日 - 4月4日
出場校 34校
優勝校 常総学院茨城、初優勝)
試合数 33試合
開会式司会 田中明日美(東京三鷹高校卒業)
森郁江(大分三重高校3年)
入場行進曲TSUNAMI』(サザンオールスターズ)他
国歌独唱 佐藤寛子(山形山形北高校卒業)
選手宣誓 井戸紀彰(南部
閉会式司会 森郁江(大分・三重高校3年)
総入場者数 約477,000人(1試合平均14,454人)
最高入場者数/1日 70,000人
大会本塁打 21本塁打
 < 20002002 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第73回選抜高等学校野球大会(だい73かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2001年3月25日から4月4日まで阪神甲子園球場で開催された選抜高等学校野球大会である。

概要[編集]

  • この大会では通常選考の32校に「21世紀枠」の2校を加えた計34校が選出された。
  • 茨城からは3校選出されたが、これは出場校が地区別に選出されるようになってからは近畿地区を除き唯一のケースとなっている。通常関東大会は1県2校の出場だが開催県は開催地枠として3校出場となることと、3校ともベスト4入りし茨城勢同士での決勝戦となったことなどから3校選出となった。
  • この大会より審判員ボーク守備妨害打撃妨害などの判定をした際、観客にわかりやすくするように甲子園のスコアボードに表示されるようになった[1]

日程[編集]

  • 1月31日 - 選考委員会が開かれ出場34校が決定。
  • 3月15日 - 組み合わせ抽選会。
  • 3月25日 - 開会式。
  • 4月4日 - 決勝戦。閉会式。

選出校[編集]

地区 選出校 出場回数
北海道 東海大四 北海道 12年ぶり5回目
東北 東北 宮城 2年ぶり15回目
仙台育英 宮城 3年ぶり8回目
関東 常総学院 茨城 3年ぶり5回目
水戸商 茨城 2年ぶり3回目
藤代 茨城 初出場
桐光学園 神奈川 初出場
市川 山梨 2年ぶり3回目
東京 日大三 東京 2年ぶり15回目
桜美林 東京 18年ぶり6回目
東海 東邦 愛知 2年ぶり24回目
岐阜第一 岐阜 18年ぶり4回目
四日市工 三重 2年連続3回目
北信越 金沢 石川 7年ぶり7回目
福井商 福井 2年ぶり15回目
近畿 鳥羽 京都 2年連続3回目
関西創価 大阪 初出場
浪速 大阪 10年ぶり2回目
神戸国際大付 兵庫 初出場
姫路工 兵庫 5年ぶり3回目
智弁学園 奈良 8年ぶり7回目
南部 和歌山 8年ぶり4回目
地区 選出校 出場回数
中国 岡山学芸館 岡山 初出場
関西 岡山 6年ぶり5回目
広陵 広島 2年連続17回目
四国 尽誠学園 香川 7年ぶり5回目
小松島 徳島 初出場
高知 高知 6年ぶり13回目
九州 東福岡 福岡 3年ぶり2回目
神埼 佐賀 初出場
鳥栖 佐賀 初出場
海星 長崎 14年ぶり4回目
21世紀枠
地区 選出校 出場回数
東北 安積 福島 初出場
九州 宜野座 沖縄 初出場

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 3回戦[編集]

- 2回戦 3回戦
                   
 
3月25日(3)
 
 安積 1
 金沢 5
 
3月30日(2)
 
 金沢 1
 常総学院 4
 
3月26日(1)
 
 南部 7
 
 常総学院 8
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
3月26日(2)
 
 姫路工 5
 日大三 8
 
3月30日(3)
 
 日大三 3
 東福岡 8
 
3月26日(3)
 
 広陵 4
 
 東福岡 8
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
3月26日(4)
 
 鳥羽 2
 関西 3
 
3月31日(1)
 
 関西 1
 尽誠学園 3
 
3月27日(1)
 
 鳥栖 1
 
 尽誠学園 14
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
3月27日(2)
 
 東北 1
 関西創価 8
 
3月31日(2)
 
 関西創価 6
 水戸商 1
 
3月29日(3)
 
 水戸商 6
3月25日(1)  
 東海大四 4
 東海大四 6     
 東邦 2     
- 2回戦 3回戦
                   
 
3月27日(3)
 
 神戸国際大付 2
 市川 5
 
3月31日(3)
 
 市川 10
 高知 1
 
3月27日(4)
 
 岡山学芸館 1
 
 高知 7
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
3月28日(1):延長10回
 
 海星 3
 仙台育英 4x
 
4月1日(1)
 
 仙台育英 3
 藤代 1
 
3月28日(2)
 
 四日市 0
 
 藤代 1
      
      
- 2回戦 3回戦
                   
 
3月28日(3)
 
 岐阜第一 2
 宜野座 7
 
4月1日(2)
 
 宜野座 4
 桐光学園 3
 
3月29日(1)
 
 智弁学園 2
 
 桐光学園 5
      
      
1回戦 2回戦 3回戦
                   
 
3月29日(2)
 
 小松島 5
 神埼 4
 
4月1日(3)
 
 小松島 1
 浪速 2
 
3月30日(1)
 
 浪速 7
3月25日(2)  
 福井商 6
 桜美林 9     
 福井商 11     

準々決勝 - 決勝[編集]

準々決勝 準決勝 決勝
                   
4月2日(1)
 常総学院 4
4月3日(1):延長10回
 東福岡 2
 常総学院 2x
4月2日(2):延長11回
 関西創価 1
 尽誠学園 4
4月4日
 関西創価 5x
 常総学院 7
4月2日(3)
 仙台育英 6
 市川 1
4月3日(2)
 仙台育英 9
 仙台育英 7
4月2日(4):延長11回  
 宜野座 1
 宜野座 4     
 浪速 2     

決勝戦スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
常総学院 1 0 3 0 2 0 0 0 1 7 16 1
仙台育英 1 0 0 1 0 1 1 0 2 6 12 4
  1. (常) : 村上、村田、平沢、村田 - 上田
  2. (仙) : 芳賀 - 近藤
  3. 審判:球審…中本、塁審…岡本・生越・赤井
  4. 試合時間:2時間6分

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:杉田匡平(福井商)
  • 第2号:天谷宗一郎(福井商)
2回戦
  • 第3号:池田裕(金沢)
  • 第4号:原島正光(日大三)
  • 第5号:内田和也(日大三)
  • 第6号:真田裕貴(姫路工)
  • 第7号:下野輝章(東福岡)[2]
  • 第8号:末木晃(広陵)
  • 第9号:田中宏和(尽誠学園)
  • 第10号:若竹純一(岡山学芸館)
  • 第11号:山城尚悟(宜野座)
  • 第12号:岡崎太一(智弁学園)
  • 第13号:南部巨宏(福井商)
3回戦
  • 第14号:下野輝章(東福岡)
  • 第15号:齋藤達則(日大三)
  • 第16号:坂口直樹(尽誠学園)
  • 第17号:坂田篤彦(尽誠学園)
  • 第18号:依田幸久(市川)
  • 第19号:菊池俊夫(仙台育英)
準々決勝
  • 第20号:下野輝章(東福岡)[3]
決勝
  • 第21号:菊池俊夫(仙台育英)


脚注[編集]

  1. ^ ボークなど判定を表示・大型電光掲示板「フリーボード」
  2. ^ 選抜大会通算500号
  3. ^ 3試合連続本塁打(選抜大会史上初)

関連項目[編集]