第74回全国高等学校野球選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 第74回全国高等学校野球選手権大会
試合日程 1992年8月10日 - 8月25日
出場校 49校
参加校数 4,065校
優勝校 西日本短大付福岡、初優勝)
試合数 48試合
選手宣誓 清水輝久(大分柳ヶ浦
総入場者数 約811,000人(1試合平均16,895人)
最高入場者数/1日 76,000人
大会本塁打 14本塁打
 < 19911993 > 
全国高等学校野球選手権大会
テンプレートを表示

第74回全国高等学校野球選手権大会(だい74かいぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんたいかい)は、1992年8月10日から8月25日まで阪神甲子園球場で行われた全国高等学校野球選手権大会である。

概要[編集]

  • この年はバルセロナオリンピック(野球が公式種目だった)の影響を考慮し、平年より遅らせて8月10日から開催された。また本来は8月23日に決勝を予定していたが、大会期間中に雨天延期が2日間あったため、過去最も遅い8月25日となった。
  • この大会より3回戦と準々決勝の抽選会においては、2回戦最後の試合の勝者が3回戦最初の試合に、また3回戦最後の試合の勝者が準々決勝最初の試合に、それぞれ当たらないように抽選の前で振り分けられるシステムへ変更となった。
  • 甲子園球場のラッキーゾーンのフェンスが撤去されて初めての選手権大会となった。
  • 準優勝の千葉・拓大紅陵は勝利投手が4人を数えた。これは長い甲子園の歴史でも唯一の記録である。

日程[編集]

  • 6月21日 - 沖縄大会で地方大会が開幕。
  • 8月1日 - 静岡大会桐陽が優勝し49代表校が出そろう。
  • 8月8日 - 組み合わせ抽選会。
  • 8月10日 - 開会式。
  • 8月18日 - 第2、3試合順延
  • 8月19日 - 雨天順延
  • 8月25日 - 決勝戦が行われ福岡代表の西日本短大付が初優勝。閉会式。

出場校[編集]

地区 地方大会 代表校 出場回数
北海道 北北海道 砂川北 初出場
南北海道 北海 3年ぶり30回目
東北 青森 弘前実 2年連続4回目
岩手 一関商工 5年ぶり4回目
宮城 仙台育英 2年ぶり11回目
秋田 能代 14年ぶり4回目
山形 日大山形 2年ぶり10回目
福島 郡山 初出場
関東 茨城 常総学院 3年ぶり4回目
栃木 宇都宮南 9年ぶり2回目
群馬 樹徳 2年連続2回目
埼玉 秀明 初出場
千葉 拓大紅陵 4年ぶり4回目
東東京 帝京 2年連続5回目
西東京 創価 9年ぶり2回目
神奈川 桐蔭学園 2年連続4回目
山梨 東海大甲府 4年ぶり8回目
北信越 新潟 長岡向陵 初出場
富山 高岡商 5年ぶり13回目
石川 星稜 4年連続11回目
福井 北陸 9年ぶり2回目
長野 松商学園 2年連続28回目
東海 岐阜 県岐阜商 3年ぶり20回目
静岡 桐陽 初出場
愛知 東邦 2年連続12回目
三重 三重 16年ぶり7回目
地区 地方大会 代表校 出場回数
近畿 滋賀 近江 11年ぶり2回目
京都 京都西 3年ぶり4回目
大阪 近大付 4年ぶり2回目
兵庫 神港学園 初出場
奈良 天理 3年連続17回目
和歌山 智弁和歌山 2年連続4回目
中国 鳥取 倉吉北 12年ぶり3回目
島根 大社 7年ぶり8回目
岡山 倉敷商 3年ぶり5回目
広島 広島工 6年ぶり4回目
山口 山口鴻城 30年ぶり3回目
四国 香川 尽誠学園 3年ぶり4回目
徳島 池田 2年連続9回目
愛媛 西条 30年ぶり5回目
高知 明徳義塾 2年連続3回目
九州 福岡 西日本短大付 2年ぶり3回目
佐賀 佐賀東 初出場
長崎 佐世保実 7年ぶり2回目
熊本 熊本工 2年連続13回目
大分 柳ヶ浦 2年連続4回目
宮崎 延岡工 5年ぶり2回目
鹿児島 鹿児島商工 3年ぶり8回目
沖縄 沖縄尚学 30年ぶり2回目

試合結果[編集]

1回戦[編集]

日付 試合順 試合結果 備考 試合時間
8月10日 第1試合 沖縄尚学 5x - 4 桐蔭学園 延長12回
沖縄尚学が全員安打
3時間50分[1]
第2試合 一関商工 5 - 1 山口鴻城 1時間58分
第3試合 三重 8 - 1 西条 2時間21分
8月11日 第1試合 神港学園 3 - 2 北海 無失策試合 2時間14分
第2試合 延岡工 2x - 1 郡山 延長11回 2時間19分
第3試合 天理 11 - 3 秀明 2時間23分
第4試合 星稜 11 - 0 長岡向陵 星稜が全員安打 2時間12分
8月12日 第1試合 熊本工 4 - 3 創価 無失策試合 1時間58分
第2試合 近大付 5 - 0 松商学園 無失策試合 2時間3分
第3試合 尽誠学園 1 - 0 帝京 2時間1分
第4試合 桐陽 3 - 1 京都西 2時間13分
8月13日 第1試合 県岐阜商 3x - 2 鹿児島商工 2時間1分
第2試合 日大山形 4 - 1 柳ヶ浦 2時間9分
第3試合 北陸 5 - 4 砂川北 1時間56分
第4試合 広島工 4 - 1 仙台育英 2時間18分
8月14日 第1試合 樹徳 8 - 1 近江 1時間59分
第2試合 能代 4 - 3 佐賀東 2時間28分

2回戦[編集]

日付 試合順 試合結果 備考 試合時間
8月14日 第3試合 西日本短大付 2 - 0 高岡商 1時間55分
8月15日 第1試合 東邦 7 - 4 倉敷商 2時間30分
第2試合 拓大紅陵 4 - 3 智弁和歌山 1時間54分
第3試合 池田 8 - 1 弘前実 2時間18分
第4試合 東海大甲府 6 - 0 倉吉北 1時間47分
8月16日 第1試合 佐世保実 4x - 3 常総学院 延長11回 2時間9分
第2試合 宇都宮南 5 - 3 大社 2時間4分
第3試合 明徳義塾 3 - 2 星稜 松井秀喜5打席連続敬遠 2時間7分
第4試合 天理 3x - 2 樹徳 2時間22分
8月17日 第1試合 北陸 6 - 4 近大付 延長12回 3時間10分
第2試合 神港学園 11 - 4 一関商工 2時間9分
第3試合 広島工 3 - 2 桐陽 2時間3分
第4試合 三重 3 - 2 沖縄尚学 2時間6分
8月18日 第1試合 尽誠学園 7 - 0 能代 1時間39分
8月20日 第1試合 日大山形 12 - 2 延岡工 2時間32分
第2試合 県岐阜商 1x - 0 熊本工 1時間56分

3回戦[編集]

日付 試合順 試合結果 備考 試合時間
8月20日 第3試合 尽誠学園 7 - 2 宇都宮南 尽誠学園が全員安打 2時間1分
第4試合 拓大紅陵 2 - 0 佐世保実 2時間7分
8月21日 第1試合 天理 7 - 4 東海大甲府 2時間29分
第2試合 北陸 5 - 1 日大山形 2時間5分
第3試合 東邦 1x - 0 県岐阜商 1時間56分
8月22日 第1試合 広島工 8 - 0 明徳義塾 広島工が全員安打 2時間3分
第2試合 西日本短大付 3 - 0 三重 2時間12分
第3試合 池田 4x - 3 神港学園 2時間20分

準々決勝[編集]

日付 試合順 試合結果 備考 試合時間
8月23日 第1試合 尽誠学園 5 - 0 広島工 無失策試合 1時間45分
第2試合 西日本短大付 6 - 1 北陸 2時間8分
第3試合 東邦 5 - 4 天理 延長11回 2時間52分
第4試合 拓大紅陵 2 - 1 池田 2時間3分

準決勝[編集]

日付 試合順 試合結果 備考 試合時間
8月24日 第1試合 拓大紅陵 5 - 4 尽誠学園 2時間4分
第2試合 西日本短大付 4 - 0 東邦 1時間55分

決勝[編集]

8月25日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
拓大紅陵 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
西日本短大付 0 1 0 0 0 0 0 0 X 1 8 1
  1. (拓) : 紺野 - 伊藤
  2. (西) : 森尾 - 西原
  3. 審判:球審…布施、塁審…永野・田中・杉中
  4. 試合時間:1時間56分

大会本塁打[編集]

  • 第1号:杉原直大(天理)
  • 第2号:田辺松功(熊本工)
  • 第3号:池上康博(県岐阜商)
  • 第4号:関吉雅人(砂川北)
  • 第5号:川島徹(樹徳)
  • 第6号:高木雄二(東邦)
  • 第7号:藤田典久(智弁和歌山)
  • 第8号:根本健志(常総学院)
  • 第9号:桑田雅彦(佐世保実)
  • 第10号:成山隆盛(北陸)
  • 第11号:中道大輔(尽誠学園)
  • 第12号:中道大輔(尽誠学園)
  • 第13号:小寺一真(天理)
  • 第14号:立川隆史(拓大紅陵)

脚注[編集]

  1. ^ 開幕試合では歴代最長

関連項目[編集]