第74回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第74回選抜高等学校野球大会
試合日程 2002年3月25日 - 4月5日
出場校 32校
優勝校 報徳学園兵庫、28年ぶり2回目)
試合数 31試合
開会式司会 斉藤嘉一(山梨吉田高校卒業)
松澤春奈(長野松商学園高校3年)
入場行進曲明日があるさ』(Re:Japan
国歌独唱 福代まり奈(愛知菊里高校3年)
選手宣誓 宮本賢関西
始球式 遠山敦子(文部科学大臣)
閉会式司会 松澤春奈(長野・松商学園高校3年)
総入場者数 約453,000人(1試合平均14,612人)
最高入場者数/1日 62,000人
大会本塁打 14本塁打
 < 20012003 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第74回選抜高等学校野球大会(だい74かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2002年3月25日から4月5日(雨で1日順延)まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

概要[編集]

  • この大会から一般枠が30となり、選考委員会の結果、関東と近畿が減枠された。
  • この回からこども料金が設定された。
  • 重量を制限した新基準バットが導入された。

日程[編集]

  • 1月31日 - 選考委員会が開かれ出場32校が決定。
  • 3月15日 - 組み合わせ抽選会。
  • 3月25日 - 開会式。
  • 4月5日 - 決勝戦。閉会式。

選出校[編集]

地区 選出校 出場回数
北海道 札幌日大 北海道 初出場
東北 秋田経法大付 秋田 2年ぶり5回目
酒田南 山形 初出場
関東 水戸短大付 茨城 初出場
宇都宮工 栃木 6年ぶり5回目
前橋 群馬 24年ぶり2回目
浦和学院 埼玉 4年ぶり4回目
東京 日大三 東京 2年連続16回目
二松学舎大付 東京 20年ぶり3回目
東海 中京大中京 愛知 5年ぶり27回目
愛工大名電 愛知 11年ぶり5回目
津田学園 三重 6年ぶり2回目
北信越 新湊 富山 16年ぶり2回目
福井商 福井 2年連続16回目
近畿 平安 京都 3年ぶり34回目
金光大阪 大阪 初出場
大体大浪商 大阪 23年ぶり19回目
報徳学園 兵庫 4年ぶり14回目
三木 兵庫 初出場
智弁和歌山 和歌山 2年ぶり5回目
地区 選出校 出場回数
中国 関西 岡山 2年連続6回目
広島商 広島 4年ぶり21回目
広陵 広島 3年連続18回目
四国 尽誠学園 香川 2年連続6回目
鳴門工 徳島 3年ぶり3回目
明徳義塾 高知 2年ぶり10回目
九州 福岡工大城東 福岡 10年ぶり2回目
九州学院 熊本 2年ぶり3回目
延岡工 宮崎 21年ぶり2回目
樟南 鹿児島 4年ぶり7回目
21世紀枠
地区 選出校 出場回数
北海道 鵡川 北海道 初出場
中国 松江北 島根 55年ぶり2回目

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 準決勝[編集]

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月25日(1)            
 大体大浪商 5
3月31日(2)
 二松学舎大付 4  
 大体大浪商 2
3月25日(2)
   鳴門工 3  
 鳴門工 7
4月3日(1)
 酒田南 5  
 鳴門工 19
3月25日(3)
   広島商 1  
 広島商 6
3月31日(3)
 樟南 3  
 広島商 1
3月26日(1)
   鵡川 0  
 三木 8
4月4日(1):延長10回
 鵡川 12  
 鳴門工 3
3月26日(2)
   関西 1
 智弁和歌山 2
4月1日(1)
 関西 7  
 関西 5
3月26日(3)
   九州学院 2  
 前橋 1
4月3日(2)
 九州学院 2  
 関西 10
3月28日(1)
   尽誠学園 1  
 新湊 2
4月1日(2)
 愛工大名電 1  
 新湊 2
3月28日(2)
   尽誠学園 4  
 尽誠学園 12
 水戸短大付 7  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月28日(3)            
 札幌日大 2
4月1日(3)
 津田学園 8  
 津田学園 2
3月29日(1)
   福井商 8  
 福井商 5
4月3日(3)
 松江北 3  
 福井商 10
3月29日(2):延長11回
   明徳義塾 8  
 宇都宮工 5
4月2日(1)
 福岡工大城東 6x  
 福岡工大城東 2
3月29日(3)
   明徳義塾 7  
 金光大阪 4
4月4日(2)
 明徳義塾 7  
 福井商 1
3月30日(1)
   報徳学園 7
 延岡工 5
4月2日(2)
 秋田経法大付 4  
 延岡工 0
3月30日(2)
   浦和学院 7  
 浦和学院 7
4月3日(4)
 平安 1  
 浦和学院 5
3月30日(3)
   報徳学園 7  
 中京大中京 0
4月2日(3)
 広陵 4  
 広陵 3
3月31日(1)
   報徳学園 5  
 報徳学園 3
 日大三 2  

決勝[編集]

4月5日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
鳴門工 0 0 0 0 0 1 0 1 0 2 9 2
報徳学園 1 1 5 0 0 0 0 1 X 8 15 0
  1. (鳴) : 丸山、細谷 - 浜永
  2. (報) : 大谷 - 荒畑
  3. 審判:球審…杉中、塁審…桂・赤井・吉川
  4. 試合時間:1時間57分

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:伊戸田和樹(二松学舎大付)
  • 第2号:千代永大輔(九州学院)
  • 第3号:柴泰雄(水戸短大付)
  • 第4号:成田和功(札幌日大)
  • 第5号:岡本一男(松江北)
  • 第6号:筧裕次郎(明徳義塾)
  • 第7号:田中匠(金光大阪)
  • 第8号:佐藤慶彦(延岡工)
  • 第9号:中東信二(広陵)
  • 第10号:荒畑圭(報徳学園)
2回戦
  • 第11号:赤土善尚(福井商)
  • 第12号:赤土善尚(福井商)
  • 第13号:風浦孝(福岡工大城東)
準々決勝
  • 第14号:梅原健太(鳴門工)


関連項目[編集]