第74回都市対抗野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第74回都市対抗野球大会(だい74かいとしたいこうやきゅうたいかい)は、2003年8月23日から9月2日まで東京ドームで開かれた都市対抗野球大会である。

概要[編集]

  • 前回大会では試験的に出場チームが28チームに削減されたが、ファンから不評を買い、また、出場チームからも「チームによっては初戦までにかなり待たされる」などの意見が噴出し、この大会から出場チームが32チームに戻された。
  • 注目チームは前年秋に野村克也監督兼GMを招聘したシダックス。東京予選では無敗で第1代表を獲得しており、野間口貴彦オレステス・キンデランといった投打の柱を擁した戦いぶりで、トヨタ自動車との1回戦では42,000人の観客が東京ドームに詰めかけた。
  • この大会限りで活動休止に入ることが発表されていた昭和コンクリートは東海第3代表で、NTT西日本中国野球クラブは中国第1代表で本大会出場を果たした。反対にこの年限りで廃部になることが発表されていた日本IBM野洲新日本製鐵八幡は予選敗退した。また、東邦ガスは実に61年ぶりの出場を果たし、東京ドーム3塁側の上段席まで埋めるほどの大応援団が結成された。
  • その中で優勝を飾ったのが三菱ふそう川崎。豪打のみならず緻密な投手リレーで着実に勝ち上がり、シダックスとの決勝戦では垣野多鶴監督と野村克也監督との心理戦が注目されたが、トーナメントでの勝ち方を熟知している垣野監督に軍配が上がり、三菱ふそう川崎は3年ぶり2回目の優勝を果たした。
  • またこの大会(対象なし)から、プロ・アマを通して日本の野球大会として初の試みである「タイブレーク」制度(延長13回・且つ4時間以上経過で、1死満塁の段階から試合をする)を導入した。

予選[編集]

出場チーム[編集]

出場枠 都市 チーム 出場回数
北海道 札幌市 サンワード貿易 4年連続4回目
東北第1 仙台市 七十七銀行 初出場
東北第2 仁賀保町 TDK 3年ぶり8回目
北信越 長野市 NTT信越硬式野球クラブ 2年ぶり16回目
北関東第1 鹿嶋市 住友金属鹿島 2年ぶり9回目
北関東第2 太田市 富士重工業 2年連続17回目
南関東第1 さいたま市 日本通運 3年連続30回目
南関東第2 君津市 かずさマジック 4年連続7回目
東京第1 調布市 シダックス 3年ぶり5回目
東京第2 東京都 JR東日本 2年ぶり8回目
東京第3 東京都 NTT東日本 2年連続30回目
神奈川第1 川崎市 東芝 4年ぶり26回目
神奈川第2 川崎市 三菱ふそう川崎 2年ぶり16回目
神奈川第3 横浜市 新日本石油 3年ぶり41回目
東海第1 豊田市 トヨタ自動車 4年連続10回目
東海第2 名古屋市 三菱重工名古屋 4年ぶり17回目
出場枠 都市 チーム 出場回数
東海第3 岐阜市 昭和コンクリート 2年ぶり6回目
東海第4 大垣市 西濃運輸 2年ぶり26回目
東海第5 岡崎市 三菱自動車岡崎 2年ぶり4回目
東海第6 名古屋市 東邦ガス 61年ぶり3回目
阪和第1 大阪市 NTT西日本 2年連続16回目
阪和第2 大阪市 大阪ガス 6年連続15回目
阪和第3 大阪市 日本生命 2年ぶり45回目
阪和第4 門真市 松下電器 5年ぶり40回目
兵京滋奈第1 京都市 日本新薬 3年連続21回目
兵京滋奈第2 姫路市 新日本製鐵広畑 5年ぶり27回目
中国第1 広島市 NTT西日本中国野球クラブ 7年ぶり11回目
中国第2 福山市 JFE西日本 初出場
四国 高知市 四国銀行 2年連続11回目
九州第1 苅田町 日産自動車九州 2年ぶり5回目
九州第2 大津町 ホンダ熊本 2年連続4回目
九州第3 長崎市 三菱重工長崎 5年連続12回目

大会[編集]

1回戦[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT西日本 0 0 0 1 0 0 1 0 1 3
三菱重工長崎 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2

勝:加藤 敗:上原 本:柴田(三菱)

  • 第2試合(8月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
シダックス 1 1 0 0 1 0 2 0 0 5
トヨタ自動車 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2

勝:野間口 敗:歌藤 本:入江、パチェコ、キンデラン(以上シダックス)、水谷(トヨタ)

  • 第3試合(8月23日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
四国銀行 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
住友金属鹿島 2 0 0 0 0 3 0 1 X 6

勝:原田 敗:東出 本:吉田浩(鹿島)、大久保(四銀)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
富士重工業 0 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 1 5
JFE西日本 1 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 4

勝:小出 敗:相川 本:節原(JFE西)

  • 第5試合(8月24日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
東芝 0 1 0 0 1 0 0 0 2 0 4
ホンダ熊本 1 1 1 0 0 0 0 1 0 1x 5

勝:坂本 敗:銭場 本:福田(東芝)

  • 第6試合(8月24日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
かずさマジック 1 0 0 2 0 0 0 2 0 5
西濃運輸 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2

勝:今井 敗:中ノ瀬 本:鬼崎、矢口(以上かずさ)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪ガス 0 0 1 1 0 2 0 0 1 5
NTT西日本中国野球クラブ 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:山田幸 敗:三瀬 本:野夫井(大ガス)

  • 第8試合(8月25日)-延長12回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
三菱重工名古屋 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 2 5
日本生命 0 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 0 3

勝:佐伯 敗:土井 本:東(三菱)

  • 第9試合(8月25日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
NTT東日本 0 1 1 2 1 0 0 0 0 2 7
東邦ガス 0 1 0 0 0 1 2 0 1 0 5

勝:黒田 敗:光原 本:玉城、キーナン(以上NTT東)、前田(邦ガス)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
新日本製鐵広畑 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
日産自動車九州 0 1 0 0 1 1 0 3 X 6

勝:永冨 敗:桟原 本:石井、池田(以上日産九州)

  • 第11試合(8月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車岡崎 0 0 0 1 0 1 0 3 0 5
松下電器 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2

勝:元木 敗:山本 本:竹原、山内(以上岡崎)

  • 第12試合(8月26日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 1 1 0 1 0 0 0 0 0 3
七十七銀行 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1

勝:金剛 敗:海老澤 本:小川(日通)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
TDK 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2
新日本石油 1 0 0 0 0 1 3 0 X 5

勝:手嶌 敗:仁部

  • 第14試合(8月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
NTT信越硬式野球クラブ 0 0 1 0 0 0 0 3 0 4
日本新薬 1 1 0 0 1 0 1 0 1x 5

勝:田村 敗:河野

  • 第15試合(8月27日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3
昭和コンクリート 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1

勝:松井 敗:田中 本:片岡(JR東)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
サンワード貿易 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2
三菱ふそう川崎 0 0 1 1 0 0 0 1 X 3

勝:谷村 敗:後藤 本:根岸(ふそう)

2回戦[編集]

  • 第1試合(8月28日)-延長10回
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
NTT西日本 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 4
シダックス 0 0 1 0 0 0 3 0 0 1x 5

勝:武田 敗:徳留 本:福井、一色(以上NTT西)、キンデラン(シダックス)

  • 第2試合(8月28日)-7回コールド
1 2 3 4 5 6 7
住友金属鹿島 0 0 1 0 0 0 0 1
富士重工業 0 2 1 0 8 0 X 11

勝:阿部 敗:斉藤 本:冨村、佐伯、松尾(以上富士重)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
かずさマジック 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2
ホンダ熊本 1 0 0 0 0 0 1 2 X 4

勝:坂本 敗:吉元 本:草野(熊本)、矢口(かずさ)

  • 第4試合(8月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
大阪ガス 0 0 2 1 0 0 0 0 0 3
三菱重工名古屋 1 0 1 1 1 0 0 0 X 4

勝:奥村 敗:山田幸 本:佐々木(三菱)

  • 第5試合(8月29日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日産自動車九州 3 0 1 0 0 2 1 0 0 7
NTT東日本 0 5 1 0 1 0 0 1 X 8

勝:小宮山 敗:樋口 本:小原、池葉(以上NTT東)、松本、池田(以上日産九州)

1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本通運 0 1 0 0 0 0 1 0 0 2
三菱自動車岡崎 0 0 0 0 3 0 1 1 X 5

勝:藤田 敗:金剛 本:松田(岡崎)

  • 第7試合(8月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 0 1 1 1 0 3 0 6
新日本石油 0 0 1 1 0 0 2 0 X 4

勝:木林 敗:栂野 本:高松、原(以上新日石)、庄野(新薬)

  • 第8試合(8月30日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱ふそう川崎 1 0 0 2 0 0 0 2 1 6
JR東日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:五嶋 敗:斉藤 本:根岸、桑元(以上ふそう)

準々決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
シダックス 5 1 0 0 0 0 0 1 0 7
富士重工業 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3

勝:武田 敗:野澤 本:松岡(シダックス)、冨村(富士重)

  • 第2試合(8月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱重工名古屋 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2
ホンダ熊本 0 1 0 2 0 0 0 0 X 3

勝:坂本 敗:森田 本:高石(熊本)

  • 第3試合(8月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱自動車岡崎 0 0 0 3 1 0 0 2 1 7
NTT東日本 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1

勝:平田 敗:小柳津 本:山内(岡崎)

  • 第4試合(8月31日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
日本新薬 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1
三菱ふそう川崎 0 0 0 0 0 0 0 0 2x 2

勝:谷村 敗:松田 本:小林(新薬)、斉藤(ふそう)

準決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
シダックス 0 0 2 0 0 2 0 1 1 6
ホンダ熊本 1 0 0 0 0 0 1 1 0 2

勝:川合 敗:上岡 本:中島、キンデラン(以上シダックス)、深澤(熊本)

  • 第2試合(9月1日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱ふそう川崎 1 1 2 0 0 0 1 0 2 7
三菱自動車岡崎 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

勝:五嶋 敗:藤田 本:伊藤(ふそう)

決勝[編集]

1 2 3 4 5 6 7 8 9
三菱ふそう川崎 0 0 0 0 0 0 5 0 0 5
シダックス 0 0 2 0 1 0 0 0 1 4

勝:谷村 敗:野間口 本:キンデラン、松岡(以上シダックス)
(三菱ふそう川崎は3年ぶり2回目の優勝)

表彰選手[編集]

  • 橋戸賞 谷村逸郎投手(三菱ふそう川崎)
  • 久慈賞 オレステス・キンデラン内野手(シダックス)
  • 小野賞 調布市・シダックスチーム
  • 首位打者賞 山内弘一外野手(三菱自動車岡崎)
  • 打撃賞 オレステス・キンデラン内野手(シダックス)
  • 若獅子賞 五嶋貴幸投手(三菱ふそう川崎)、野間口貴彦投手(シダックス)
  • 大会優秀選手
    • 投手
    五嶋貴幸(三菱ふそう川崎)
    谷村逸郎(三菱ふそう川崎)
    野間口貴彦(シダックス)
    平田憲広(三菱自動車岡崎)
    坂本保(ホンダ熊本)
    田村秀生(日本新薬)
    森田徹夫(三菱重工名古屋)
    • 捕手
    高根澤力(三菱ふそう川崎)
    坂田精二郎(シダックス)
    松田孝仁(三菱自動車岡崎)
    工藤隼人(ホンダ熊本)
    • 一塁手
    西郷泰之(三菱ふそう川崎)
    佐伯真貴(富士重工業)
    • 二塁手
    アントニオ・パチェコ(シダックス)
    砂塚陽介(富士重工業(日立製作所))
    高橋賢司(NTT東日本)
    • 三塁手
    斉藤裕次郎(三菱ふそう川崎(三菱重工横浜硬式野球クラブ))
    松岡淳(シダックス)
    美甘将弘(三菱自動車岡崎(ヤマハ))
    玉城一(NTT東日本)
    • 遊撃手
    伊藤祐樹(三菱ふそう川崎(日産自動車))
    藤澤英雄(シダックス)
    草野大輔(ホンダ熊本)
    • 外野手
    根岸弘(三菱ふそう川崎)
    入江崇宏(シダックス)
    竹原直隆(三菱自動車岡崎)
    山内弘一(三菱自動車岡崎)
    深澤圭(ホンダ熊本)
    東忠克(三菱重工名古屋)
    • 指名打者
    オレステス・キンデラン(シダックス)
    庄野圭昭(日本新薬(三菱重工神戸))
  • 10年連続出場表彰選手
船尾隆広外野手(サンワード貿易(NTT北海道))
原田洋投手(住友金属鹿島)
高田義宜内野手(富士重工業(日立製作所))
澤多弘也内野手(大阪ガス)
竹間容祐外野手(日本生命)
内藤秀之内野手(日本生命)
村上和幸内野手(三菱重工長崎)
  • 応援団コンクール
    • 最優秀賞 富士重工業
    • 優秀賞 JR東日本
    • 敢闘賞 シダックス
    • 特別賞 三菱ふそう川崎