第76回国民体育大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第76回国民体育大会
夢!きらリンク愛知国体[1]
ぎふクリスタル国体2021(岐阜)[2]
美の国あきた鹿角国体(秋田)[3]
三重とこわか国体[4]
開催都道府県 愛知県(冬季大会スケート(ショートトラック・フィギュア)・アイスホッケー競技会)
岐阜県(冬季大会スケート(スピード)競技会)
秋田県(冬季大会スキー競技会)
三重県(本大会)
競技数 (正式競技)40競技
(特別競技)1競技
(公開競技)5競技
開会式 9月25日
閉会式 10月5日
主競技場 三重交通G スポーツの杜 伊勢陸上競技場
第77回 →
テンプレートを表示

第76回国民体育大会(だい76かいこくみんたいいくたいかい)は2021年(令和3年)に開催予定の国民体育大会である。冬季大会愛知県[1]岐阜県[5]秋田県[6]の3県で分離開催し、愛称は愛知県開催分が夢!きらリンク愛知国体[1]、岐阜県開催分がぎふクリスタル国体2021[2]。秋田県開催分が美の国あきた鹿角国体[3]。本大会は三重県で開催し、愛称は三重とこわか国体[4]。本大会の閉会後には第21回全国障害者スポーツ大会三重とこわか大会を開催する。

冬季大会[編集]

夢!きらリンク愛知国体[編集]

愛知県では2021年1月に冬季大会スケート競技会(ショートトラックフィギュア)と国民体育大会冬季大会アイスホッケー競技会を開催する予定である[1]。愛称は「夢!きらリンク愛知国体」、スローガンは「氷上で 繋(つな)がる心 輝く未来」[1]。愛知県での開催は、2012年(平成24年)の第67回大会(ゆめリンク愛知国体)以来、9年ぶり2度目となる[7]

競技名 会場地 会場
スケート ショートトラック Short track speed skating pictogram.svg 名古屋市 日本ガイシアリーナ アイスリンク[8]
フィギュア Figure skating pictogram.svg
アイスホッケー Ice hockey pictogram.svg 豊橋市 アクアリーナ豊橋 アイスアリーナ[8]
長久手市 モリコロパーク アイススケート場[8]

ぎふクリスタル国体2021[編集]

岐阜県では冬季大会スケート競技会スピードスケートを開催予定である[5]。岐阜県での開催は、2012年の第67回大会(ぎふ清流国体)以来、9年ぶり4度目となる[5]。会場は恵那市岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場となる[5]。2019年(令和元年)9月に愛称・スローガンの公募が締め切られ、2020年(令和2年)1月に愛称が「ぎふクリスタル国体2021」スローガンが「銀嶺にきらめく夢は無限大」に決定したと発表された[2]

美の国あきた鹿角国体[編集]

秋田県では冬季大会スキー競技会が開催予定である[6]愛称は「美の国あきた鹿角国体」[3]、スローガンは「伝えよう感動 繋げよう絆」[3]。会場は鹿角市花輪スキー場となる[9]。秋田県鹿角市での開催は、2013年(平成25年)の第68回大会(あきた鹿角国体2013)以来、8年ぶり6度目となる[6]。なお日本スポーツ協会は次の第77回大会のスキー競技会の開催も秋田県に要請している[10]

本大会[編集]

本大会は2021年9月25日から10月5日まで三重県で開催する予定である[11]。三重県での本大会の開催は1975年(昭和50年)の第30回大会以来46年ぶり2度目となる[4]2014年(平成26年)時点で三重県での開催が内々定しており、8月31日四日市都ホテルで第76回国民体育大会三重県準備委員会設立総会が開催された[12]2016年(平成28年)7月20日に内定し[13]、2018年(平成30年)7月19日に正式決定した[14]

愛称は「三重とこわか国体」、スローガンは「ときめいて人 輝いて未来」[4]、大会マスコットは「とこまる」[15]。イメージソングは、奥野和憲作詞作曲牧戸太郎編曲野田愛実歌唱による『未来に響け』[16]

開催予定地[編集]

2018年(平成30年)12月13日発表[11]

競技名 会場地 会場
総合開閉会式 伊勢市 三重交通G スポーツの杜 伊勢陸上競技場
会 期 前 実 施 競 技
水泳 競泳 鈴鹿市 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿水泳場
飛込
水球
アーティスティックスイミング
オープンウォータースイミング 尾鷲市 尾鷲市三木里海水浴場
体操 体操競技 四日市市 中央緑地新体育館
新体操
トランポリン
正 式 競 技
陸上競技 伊勢市 三重交通G スポーツの杜 伊勢陸上競技場
サッカー 成年男子 鈴鹿市 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿サッカー・ラグビー場
少年男子 四日市市 四日市中央陸上競技場
四日市市中央フットボール場
四日市大学第1グラウンド
女子 伊勢市 伊勢フットボールヴィレッジ
伊賀市 上野運動公園競技場
テニス 四日市市 四日市テニスセンター
四日市ドーム
ボート競技 大台町 奥伊勢湖漕艇場
ホッケー 名張市 メイハンフィールド
名張市民ホッケー場(仮称)
ボクシング 志摩市 阿児アリーナ
バレーボール 6人制 津市 津市産業・スポーツセンターサオリーナ
津市安濃中央総合公園内体育館
津市芸濃総合文化センター内アリーナ
ビーチバレーボール 津市御殿場海岸特設会場
バスケットボール 津市 津市産業・スポーツセンター(サオリーナ)
津市安濃中央総合公園内体育館
津市芸濃総合文化センター内アリーナ
レスリング 津市 津市産業・スポーツセンター(メッセウイング・みえ
セーリング 津市 津ヨットハーバー
ウエイトリフティング 亀山市 亀山市西野公園体育館
ハンドボール 成年男女 鈴鹿市 AGF鈴鹿体育館
三重交通G スポーツの杜 鈴鹿体育館
少年男子 いなべ市 員弁運動公園体育館
いなべ市立北勢中学校体育館
少年女子 伊賀市 三重県立ゆめドームうえの
自転車 トラック・レース 四日市市 四日市競輪場
ロード・レース いなべ市 いなべ市特設ロードレースコース
ソフトテニス 鈴鹿市 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿庭球場
卓球 伊勢市 三重県営サンアリーナ
軟式野球 四日市市 四日市市営霞ヶ浦第一野球場
四日市市営霞ヶ浦第三野球場(仮称)
鈴鹿市 石垣池公園野球場
名張市 メイハンフィールド
亀山市 亀山市西野公園野球場
伊賀市 上野運動公園野球場
相撲 伊勢市 三重交通G スポーツの杜 伊勢体育館
馬術 鈴鹿市 三重県馬術競技場
フェンシング 鳥羽市 鳥羽市民体育館
柔道 津市 津市産業・スポーツセンター(メッセウイング・みえ)
ソフトボール 成年男子 明和町 明和町総合グラウンド
明和中学校第2グラウンド
成年女子 熊野市 山崎運動公園くまのスタジアム
熊野スカイパーク球場
少年男子 志摩市 長沢野球場
長沢多目的広場
少年女子 紀北町 赤羽公園野球場
赤羽公園多目的グラウンド
バドミントン 伊勢市 三重県営サンアリーナ
弓道 近的 名張市 HOS名張アリーナ特設近的弓道場
遠的 名張中央公園特設遠的弓道場
ライフル射撃 50m、10m・AP 津市 三重県営ライフル射撃場
BR・BP 津市一志体育館
CP 三重県警察学校射撃場
剣道 伊賀市 三重県立ゆめドームうえの
ラグビーフットボール 7人制成年男子 熊野市 山崎運動公園多目的グラウンド
7人制女子、15人制少年男子 鈴鹿市 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿サッカー・ラグビー場
スポーツクライミング リード 菰野町 菰野町体育センター南側グラウンド
ボルダリング 菰野町体育センター
カヌー スプリント 四日市市 伊坂ダム特設カヌー競技場
スラローム、ワイルドウォーター 松阪市多気町 櫛田川特設カヌー競技場
アーチェリー 松阪市 松阪市総合運動公園芝生広場
空手道 四日市市 四日市市総合体育館
クレー射撃 伊賀市 三重県上野射撃場
なぎなた 津市 津市久居体育館
ボウリング 津市 津グランドボウル
ゴルフ 成年男子 四日市市 四日市カンツリー倶楽部
少年男子 鈴鹿市 鈴峰ゴルフ倶楽部
女子 桑名市 桑名カントリー倶楽部
トライアスロン 志摩市 志摩市浜島海浜公園特設会場
特 別 競 技
高等学校野球 硬式 津市 津球場公園内野球場
伊勢市 ダイムスタジアム伊勢
軟式 松阪市 三重県営松阪野球場
公 開 競 技
綱引 名張市 HOS名張アリーナ
武術太極拳 桑名市 ヤマモリ体育館
パワーリフティング 朝日町 朝日町体育館
ゲートボール 松阪市 松阪市総合運動公園多目的グラウンド
グラウンドゴルフ 紀北町 赤羽公園野球場
赤羽公園多目的グラウンド
赤羽小・中学校運動場

全国障害者スポーツ大会[編集]

全国障害者スポーツ大会「三重とこわか大会」は、三重県にて2021年10月23日から10月25日の3日間の会期で開催予定である[17]。大会史上初めて、障害者の移動支援ボランティアを募集した[18]。実施競技と会場は下記のとおり[17]

競技名 会場地 会場



Athletics pictogram (Paralympics).svg 陸上競技
伊勢市 三重交通G スポーツの杜 伊勢陸上競技場
Swimming pictogram (Paralympics).svg 水泳
鈴鹿市 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿水泳場
Archery pictogram (Paralympics).svg アーチェリー 松阪市 松阪市総合運動公園芝生広場
Table tennis pictogram (Paralympics).svg 卓球

伊勢市 三重県営サンアリーナ
(サウンドテーブルテニス)
フライングディスク
東員町 東員町スポーツ公園陸上競技場
Bowling pictogram.svg ボウリング 津市 津グランドボウル
Boccia pictogram (Paralympics).svg ボッチャ 伊勢市 三重県営サンアリーナ



Basketball pictogram.svg バスケットボール 津市 津市産業・スポーツセンター(サオリーナ)
Wheelchair basketball pictogram (Paralympics).svg 車いすバスケットボール
Softball pictogram.svg ソフトボール 紀北町 赤羽公園野球場
赤羽公園多目的グラウンド
Baseball pictogram.svg グランドソフトボール 明和町 明和中学校第2グラウンド
Sitting volleyball pictogram (Paralympics).svg バレーボール 身・知・精 四日市市 四日市市総合体育館
津市 津市安濃中央総合公園内体育館
Football pictogram.svg サッカー 鈴鹿市 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿サッカー・ラグビー場
Football pictogram.svg フットベースボール 志摩市 長沢野球場
長沢多目的広場

正式競技のほかに、オープン競技としてスポーツ吹矢、ハンザクラスセーリングが実施される[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 第76回国民体育大会冬季大会スケート競技会(ショートトラック・フィギュア)・アイスホッケー競技会のテーマ・スローガン・シンボルマークの愛知県案の決定について”. 愛知県スポーツ局スポーツ課冬季国体推進グループ (2019年7月19日). 2019年10月3日閲覧。
  2. ^ a b c 第76回国民体育大会冬季大会スケート競技会(スピード) テーマ(愛称)、スローガン(合言葉)、公式ポスター原画の入賞者が決定しました”. 地域スポーツ課冬季国体推進係 (2020年1月20日). 2020年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 第76回冬季国体スキー競技会の「テーマ」及び「スローガン」の決定について”. 秋田県観光文化スポーツ部スポーツ振興課 (2019年12月12日). 2020年2月7日閲覧。
  4. ^ a b c d 第76回国民体育大会における愛称・スローガンが決定しました!”. 三重県地域連携部国体・全国障害者スポーツ大会局総務企画課広報・県民運動班. 2019年10月3日閲覧。
  5. ^ a b c d 第76回国民体育大会冬季大会スケート競技会(スピード)”. 第76回国民体育大会冬季大会スケート競技会(スピード)岐阜県実行委員会事務局. 2019年10月3日閲覧。
  6. ^ a b c 平成29年7月24日の記者会見”. 鹿角市総務課秘書班 (2018年11月30日). 2019年10月3日閲覧。
  7. ^ 第76回国民体育大会冬季大会スケート競技会(ショートトラック・フィギュア)・アイスホッケー競技会の開催決定について”. 愛知県スポーツ課冬季国体推進グループ (2018年6月29日). 2019年10月3日閲覧。
  8. ^ a b c 第76回国民体育大会冬季大会スケート競技会(ショートトラック・フィギュア)・アイスホッケー競技会愛知県準備委員会設立総会・第1回総会の開催について”. 愛知県教育委員会保健体育スポーツ課スポーツグループ (2018年11月13日). 2019年10月3日閲覧。
  9. ^ 鹿角市の花輪スキー場を舞台に全国高等学校スキー大会が開催”. 来満さまのつぶやき. ホテル鹿角 (2019年2月14日). 2019年10月3日閲覧。
  10. ^ 公益財団法人日本スポーツ協会 (2019年8月27日). “第77回国民体育大会冬季大会スキー競技会 秋田県へ開催要請”. PRTIMES. 2019年10月3日閲覧。
  11. ^ a b 競技別会期”. 三重とこわか国体・三重とこわか大会. 三重とこわか国体・三重とこわか大会実行委員会事務局. 2019年10月3日閲覧。
  12. ^ 設立総会・第1回総会”. 三重県地域連携部国体・全国障害者スポーツ大会局総務企画課. 2019年10月3日閲覧。
  13. ^ 第76回国民体育大会(平成33年)の開催地を三重県に内定”. 国民体育大会に関するお知らせ. 日本スポーツ協会 (2016年7月20日). 2019年10月3日閲覧。
  14. ^ 第76回国民体育大会(2021年)の開催地を三重県に決定”. 国民体育大会に関するお知らせ. 日本スポーツ協会 (2018年7月19日). 2019年10月3日閲覧。
  15. ^ 三重とこわか国体マスコットキャラクターの愛称が決定しました!”. 三重県地域連携部国体・全国障害者スポーツ大会局総務企画課広報・県民運動班. 2019年10月3日閲覧。
  16. ^ イメージソング「未来に響け」が完成しました!”. 三重県地域連携部国体・全国障害者スポーツ大会局総務企画課広報・県民運動班. 2019年10月3日閲覧。
  17. ^ a b c 三重とこわか大会競技会場一覧”. 三重とこわか国体・三重とこわか大会. 三重とこわか国体・三重とこわか大会実行委員会事務局. 2019年10月3日閲覧。
  18. ^ 佐藤裕介「障害者移動に力貸して ボランティア4400人募る とこわか国体・大会へ県」中日新聞2019年10月29日付朝刊、三重版16ページ