第76回東京優駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京優駿 > 第76回東京優駿
スタートの瞬間
表彰式にて。左から、内閣総理大臣(当時)麻生太郎、勝利騎手の横山典弘JRAイメージキャラクターの俳優・佐藤浩市

第76回東京優駿(だい76かいとうきょうゆうしゅん)は、2009年5月31日東京競馬場で施行された競馬競走である。

レース施行時の状況[編集]

皐月賞前はロジユニヴァースリーチザクラウンアンライバルドの3強ムードが漂っていた。しかしレースでは近年稀に見るハイペースによる前崩れの展開になり、先行したリーチザクラウン、ロジユニヴァースはそれぞれ13、14着に敗れ、中団から差したアンライバルドが優勝しダービー最有力候補となった。本競走ではアンライバルドに加え皐月賞2着のトライアンフマーチと3着の2歳王者セイウンワンダー、別路線からはNHKマイルカップをレースレコードで勝利したジョーカプチーノ、トライアルの青葉賞を好タイムで制したアプレザンレーヴらが有力馬としてあがった。

また、本年はベストメンバー以外に故障を発生する有力馬が少なく、賞金が足りずに出走が叶わなかった馬の中で最高額となるのがデルフォイの2000万円であった。なお京都新聞杯優勝馬のベストメンバーは骨折により東京優駿を断念し、それにより騎手としてウオッカディープスカイに続く3連覇を目指していた四位洋文は他に騎乗馬がなく、本競走での記録更新は不可能となった。

トライアルの結果[編集]

第16回青葉賞GII(JpnII)
着順 競走馬名 騎手 タイム 着差
1 アプレザンレーヴ 牡3 内田博幸 2:26.2
2 マッハヴェロシティ 牡3 柴田善臣 2:26.4 1.1/4
3 トップカミング 牡3 幸英明 2:26.5 1/2
プリンシパルステークス
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 ケイアイライジン 牡3 柴田善臣 1:59.9
2 アントニオバローズ 牡3 角田晃一 1:59.9 アタマ
3 ヒカルマイステージ 牡3 横山典弘 1:59.9 クビ

トライアル以外の主な前哨戦の結果[編集]

第57回京都新聞杯GII
着順 競走馬名 騎手 タイム 着差
1 ベストメンバー 牡3 四位洋文 2:13.0
2 デルフォイ 牡3 武豊 2:13.1 1/2
3 ロードロックスター 牡3 幸英明 2:13.3 1

出走馬と枠順[編集]

2009年5月31日 第3回東京競馬第4日目 第10競走
天気:曇、馬場状態:不良、発走時刻:15時40分
枠番 馬番 競走馬名 騎手 オッズ 調教師
1 1 ロジユニヴァース 牡3 横山典弘 7.7(2人) 萩原清
2 アプレザンレーヴ 牡3 内田博幸 9.5(4人) 池江泰郎
2 3 フィフスペトル 牡3 安藤勝己 72.8(14人) 加藤征弘
4 トップカミング 牡3 幸英明 93.1(17人) 境直行
3 5 マッハヴェロシティ 牡3 柴田善臣 87.7(16人) 武藤善則
6 ケイアイライジン 牡3 松岡正海 87.6(15人) 尾形充弘
4 7 ナカヤマフェスタ 牡3 蛯名正義 25.1(9人) 二ノ宮敬宇
8 ブレイクランアウト 牡3 藤田伸二 38.1(11人) 戸田博文
5 9 ジョーカプチーノ 牡3 藤岡康太 21.1(7人) 中竹和也
10 アントニオバローズ 牡3 角田晃一 23.3(8人) 武田博
6 11 セイウンワンダー 牡3 福永祐一 9.0(3人) 領家政蔵
12 リーチザクラウン 牡3 武豊 9.9(5人) 橋口弘次郎
7 13 シェーンヴァルト 牡3 北村友一 70.2(13人) 岡田稲男
14 ゴールデンチケット 牡3 川田将雅 66.9(12人) 森秀行
15 アーリーロブスト 牡3 三浦皇成 113.0(18人) 本田優
8 16 トライアンフマーチ 牡3 武幸四郎 15.3(6人) 角居勝彦
17 アイアンルック 牡3 小牧太 25.2(10人) 橋口弘次郎
18 アンライバルド 牡3 岩田康誠 2.1(1人) 友道康夫

当日の競馬場模様[編集]

当日の馬場状況は朝からやや重で推移していたが、昼過ぎからのゲリラ豪雨により馬場が急速に悪化。本競走はダイシンボルガードが優勝した1969年以来40年ぶりの不良馬場で行われた[1]

なお当日は君が代斉唱のために北島三郎が、正賞である内閣総理大臣賞を授与するために当時の内閣総理大臣である麻生太郎が、それぞれ東京競馬場に来場した。

レース結果[編集]

レース展開[編集]

レースはリーチザクラウンがハナをきると思われていたが、ジョーカプチーノが不良馬場の中1000メートル59.9秒のハイペースで逃げ、2番手にリーチザクラウン、それをマークする形でロジユニヴァースが続いた。トライアンフマーチは7・8番手、アンライバルド・セイウンワンダーは後方待機策をとった。 4コーナー手前でジョーカプチーノが失速すると、リーチザクラウンが先頭に立ち直線に入った。直線半ばでロジユニヴァースが内ラチ沿いからリーチザクラウンを交わすと、じわじわと差を広げていき、最後は2着リーチザクラウンに4馬身差でゴールした。3着に5番手を進んでいたアントニオバローズ、4着に後方から追い込んできたナカヤマフェスタが入線した。アンライバルドは不良馬場が堪えたのか伸びることが出来ず、12着に敗れた。

レース着順[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 1 1 ロジユニヴァース 2:33.7
2 6 12 リーチザクラウン 2:34.4 4馬身
3 5 10 アントニオバローズ 2:34.4 アタマ
4 4 7 ナカヤマフェスタ 2:34.5 1/2馬身
5 1 2 アプレザンレーヴ 2:34.7 3/4馬身
6 7 13 シェーンヴァルト 2:34.8 1/2馬身
7 7 14 ゴールデンチケット 2:35.0 1馬身1/2
8 3 5 マッハヴェロシティ 2:25.1 クビ
9 2 4 トップカミング 2:35.2 1/2馬身
10 3 6 ケイアイライジン 2:35.7 3馬身
11 2 3 フィフスペトル 2:35.9 1馬身1/2
12 8 18 アンライバルド 2:36.0 3/4馬身
13 6 11 セイウンワンダー 2:36.3 1馬身3/4
14 8 16 トライアンフマーチ 2:37.5 7馬身
15 4 8 ブレイクランアウト 2:37.8 1馬身3/4
16 7 15 アーリーロブスト 2:39.5 大差
17 8 17 アイアンルック 2:39.6 3/4馬身
18 5 9 ジョーカプチーノ 2:43.0 大差

データ[編集]

1000m通過タイム 59.9秒(ジョーカプチーノ)
上がり4ハロン 54.4秒
上がり3ハロン 39.7秒
優勝馬上がり3ハロン 39.2秒

払戻[編集]

単勝式 1 770円
複勝式 1 390円
12 430円
10 620円
枠連 1-6 1,020円
馬連 1-12 3,760円
ワイド 1-12 1,650円
1-10 4,090円
10-12 3,350円
馬単 1-12 7,870円
3連複 1-10-12 40,320円
3連単 1-12-10 201,960円

達成された記録[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その2年後の第78回東京優駿でも不良馬場で開催された。
前回:
第75回東京優駿
東京優駿
第76回東京優駿
次回:
第77回東京優駿