第76回選抜高等学校野球大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗 第76回選抜高等学校野球大会
試合日程 2004年3月23日 - 4月4日
出場校 32校
優勝校 済美愛媛、初優勝)
試合数 31試合
開会式司会 沢田魅月(神奈川大和西高校3年)
永田三佳(大分大分高校卒業)
入場行進曲世界に一つだけの花」(SMAP
国歌独唱 服部響子(京都京都市立音楽高校卒業)
選手宣誓 佐々木陽祐(秋田秋田商
始球式 原田義昭文部科学副大臣
閉会式司会 沢田魅月(神奈川・大和西高校3年)
総入場者数 約504,000人(1試合平均16,258人)
最高入場者数/1日 54,000人
大会本塁打 23本塁打
 < 20032005 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

第76回選抜高等学校野球大会(だい76かいせんばつこうとうがっこうやきゅうたいかい)は、2004年3月23日から4月4日まで阪神甲子園球場で行われた選抜高等学校野球大会である。

概要[編集]

  • この大会から一般枠が28に減枠され、東海が3から2、中国・四国が6から5となった。
  • 希望枠の選出方法が変更された。比較項目が被塁打数、与残塁+失点、失点から被塁打数、与四死球、失点、失策の4項目となり消去法からポイント制に、対象となる試合も明治神宮大会を除く直近5試合から4試合となった。
  • 甲子園球場に球速が表示されるようになった。
  • 東海大山形山形県勢では春夏通じて初となる、準々決勝進出を決めた。これにより全47都道府県の代表が春夏どちらかでベスト8以上に進出経験があることとなった。
  • 前年夏の大会から登録可能選手数が18人となっていたが、選抜大会において18人登録になったのはこの大会から。
  • この大会から準々決勝戦が選手の健康負担を考慮し、前大会までの1日4試合一括開催から変更して、1日2試合ずつ2日間の日程で開催されるようになった。ただし雨天順延が準々決勝戦までに2日以上続いた場合は、従来の1日4試合一括開催に変更される。
  • 決勝戦当日の4月4日は、午前中までの雨天により試合開始時間が大幅に遅れ、夕刻の16時45分に試合が開始され、決勝戦では高校野球全国大会において史上初のナイター試合となった[1]。このためMBSテレビで行う予定だった決勝戦生中継は編成の都合で中止となった(NHK総合テレビジョン→18時以後NHK教育テレビジョンと、BSハイビジョンBS2第1ラジオMBSラジオGAORAは生放送だった)。
  • 優勝した済美監督の上甲正典第60回大会宇和島東以来二度目の初出場・初優勝監督となった。

日程[編集]

  • 1月30日 - 出場32校が決定。
  • 3月15日 - 組み合わせ抽選会。
  • 3月23日 - 開会式。
  • 4月4日 - 決勝戦。閉会式。

選出校[編集]

地区 選出校 出場回数
北海道 鵡川 北海道 2年ぶり2回目
東北 東海大山形 山形 16年ぶり3回目
東北 宮城 2年連続17回目
関東 土浦湖北 茨城 初出場
作新学院 栃木 4年ぶり8回目
桐生第一 群馬 13年ぶり2回目
拓大紅陵 千葉 8年ぶり4回目
甲府工 山梨 17年ぶり4回目
東京 二松学舎大付 東京 2年ぶり4回目
東海 常葉菊川 静岡 初出場
愛工大名電 愛知 3年連続7回目
東邦 愛知 2年連続26回目
北信越 金沢 石川 3年ぶり8回目
福井 福井 2年連続3回目
近畿 八幡商 滋賀 11年ぶり6回目
立命館宇治 京都 初出場
大阪桐蔭 大阪 13年ぶり2回目
兵庫 初出場
報徳学園 兵庫 2年ぶり15回目
斑鳩 奈良 2年連続2回目
地区 選出校 出場回数
中国 岡山城東 岡山 2年連続3回目
広陵 広島 5年連続20回目
四国 鳴門工 徳島 3年連続5回目
済美 愛媛 初出場
明徳義塾 高知 3年連続12回目
九州 福岡工大城東 福岡 2年ぶり3回目
佐賀商 佐賀 4年ぶり6回目
熊本工 熊本 9年ぶり19回目
日南学園 宮崎 5年ぶり4回目
21世紀枠
地区 選出校 出場回数
東北 一関一 岩手 49年ぶり2回目
四国 八幡浜 愛媛 初出場
希望枠
地区 選出校 出場回数
東北 秋田商 秋田 24年ぶり4回目

組み合わせ・試合結果[編集]

1回戦 - 準決勝[編集]

1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月23日(1)            
 愛工大名電 5
3月28日(2)
 立命館宇治 4  
 愛工大名電 9
3月23日(2)
   岡山城東 2  
 作新学院 0
4月1日(1)
 岡山城東 3  
 愛工大名電 7
3月23日(3)
   秋田商 1  
 甲府工 3
3月28日(3)
 日南学園 2  
 甲府工 0
3月24日(1)
   秋田商 3  
 秋田商 10
4月3日(1)
 鳴門工 0  
 愛工大名電 3
3月24日(2)
   社 2
 福岡工大城東 5
3月29日(1)
 斑鳩 0  
 福岡工大城東 6x
3月24日(3)
   拓大紅陵 4  
 一関一 0
4月1日(2):延長11回
 拓大紅陵 6  
 福岡工大城東 7
3月25日(1)
    9  
 鵡川 6
3月29日(2):延長14回
 八幡浜 3  
 鵡川 1
3月25日(2)
    2  
  5
 福井 1  
1回戦 2回戦 準々決勝 準決勝
                           
3月25日(3)            
 東邦 9
3月29日(3)
 広陵 1  
 東邦 0
3月26日(1)
   済美 1  
 済美 9
4月2日(1)
 土浦湖北 0  
 済美 7x
3月26日(2)[2]
   東北 6  
 東北 2
3月30日(1)
 熊本工 0  
 東北 3
3月26日(3)
   大阪桐蔭 2  
 二松学舎大付 0
4月3日(2)
 大阪桐蔭 5  
 済美 7
3月27日(1)
   明徳義塾 6
 明徳義塾 10
3月30日(2)
 桐生第一 0  
 明徳義塾 4
3月27日(2)
   八幡商 2  
 八幡商 4x
4月2日(2)
 常葉菊川 3  
 明徳義塾 11
3月27日(3)
   東海大山形 6  
 佐賀商 6
3月31日
 金沢 8  
 金沢 1
3月28日(1)
   東海大山形 6  
 報徳学園 2
 東海大山形 3  

決勝[編集]

4月4日

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
済美 1 2 1 0 0 0 2 0 0 6 8 1
愛工大名電 0 0 3 0 0 0 0 2 0 5 7 2
  1. (済) : 福井 - 西田
  2. (愛) : 齊賀、江上、丸山 - 長尾
  3. 審判:球審…赤井、塁審…桂、窪田、三宅、外審…藤野、日野
  4. 試合時間:2時間43分

大会本塁打[編集]

1回戦
  • 第1号:井上結貴(日南学園)
  • 第2号:鵜久森淳志(済美)
  • 第3号:平田良介(大阪桐蔭)
  • 第4号:飯田尚樹(佐賀商)
  • 第5号:土谷尚鋭(東海大山形)
  • 第6号:林勝人(東海大山形)
2回戦
  • 第7号:佐々木孝徳(愛工大名電)
  • 第8号:吉田良(秋田商)
  • 第9号:佐藤雄大(拓大紅陵)
  • 第10号:藤沢裕志(福岡工大城東)
  • 第11号:中村桂司(大阪桐蔭)
  • 第12号:中村桂司(大阪桐蔭)
  • 第13号:横田崇幸(東北)
  • 第14号:久保田健仁(明徳義塾)
準々決勝
  • 第15号:梶田京太(愛工大名電)
  • 第16号:鈴木啓友(愛工大名電)
  • 第17号:山下佳志朗(福岡工大城東)
  • 第18号:田口健人(福岡工大城東)
  • 第19号:大沼尚平(東北)
  • 第20号:鵜久森淳志(済美)
  • 第21号:高橋勇丞(済美)
  • 第22号:梅田大喜(明徳義塾)
  • 第23号:野村太一(明徳義塾)


脚注[編集]

関連項目[編集]