第81回全日本フィギュアスケート選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
第81回全日本フィギュアスケート選手権
大会種: 国内選手権
シーズン: 2012 - 2013
日程: 12月20日 - 12月24日
開催地: 北海道の旗 北海道札幌市
会場: 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
優勝者
男子シングル:
羽生結弦
女子シングル:
浅田真央
アイスダンス:
キャシー・リード
クリス・リード
大会情報
前回大会:
第80回全日本フィギュアスケート選手権
次回大会:
第82回全日本フィギュアスケート選手権

第81回全日本フィギュアスケート選手権は2012年に日本で行われたフィギュアスケート競技会。日本スケート連盟主催の国内選手権大会である。

概要[編集]

北海道札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで、2012年12月20日から12月24日にかけて開催され、男女シングルアイスダンス競技が行われた。ペアは出場選手がいないため実施されなかった。本大会は2013年世界選手権2013年四大陸選手権、および2013年世界ジュニア選手権の最終選考会とされた。

男子シングルは羽生結弦がショートプログラムのリードを守り切る形で優勝。男子で高校生が優勝するのは、1997年(第66回大会)の田村岳斗以来15年振り。女子シングルは浅田真央がショート2位から逆転し、2連覇で通算6度目の優勝。全日本ジュニア女王の宮原知子が3位に入り、2005年(第74回大会)の浅田以来7年振りに中学生がメダルを手にした。アイスダンスは前大会を怪我で欠場したキャシー・リード/クリス・リード組が復活優勝を果たした。

参加資格[編集]

本大会の予選となる東日本フィギュアスケート選手権ならびに西日本フィギュアスケート選手権の上位選手、フィギュア委員会にて出場を認められた選手に参加資格が与えられた。

競技日程[編集]

時間は日本標準時。太字は決勝種目。

日時 競技開始 競技終了 種目 番組
12月21日 15:50 16:20 アイスダンス ショートダンス
16:50 20:45 男子シングル ショートプログラム
12月22日 13:35 17:35 女子シングル ショートプログラム
17:50 21:45 男子シングル フリースケーティング
12月23日 13:45 14:20 アイスダンス フリーダンス
15:15 19:00 女子シングル フリースケーティング
12月24日 17:00 20:00 オールジャパン メダリスト・オン・アイス(エキシビション)

競技結果[編集]

男子シングル[編集]

順位 名前 合計点 ショートプログラム フリースケーティング
順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順
1 羽生結弦 285.23 1 97.68 53.78 43.90 0.00 #28 2 187.55 97.85 89.70 0.00 #24
2 髙橋大輔 280.40 2 88.04 43.39 44.65 0.00 #26 1 192.36 97.36 96.00 1.00 #19
3 無良崇人 242.70 4 84.48 45.58 38.90 0.00 #17 4 158.22 74.72 83.50 0.00 #22
4 織田信成 240.56 5 80.75 42.20 39.55 1.00 #20 3 159.81 77.31 83.50 1.00 #21
5 小塚崇彦 228.56 3 84.58 43.03 41.55 0.00 #21 7 143.98 61.58 84.40 2.00 #23
6 中村健人 226.64 6 76.54 40.74 35.80 0.00 #18 5 150.10 74.60 76.50 1.00 #20
7 田中刑事 208.52 11 62.54 31.64 30.90 0.00 #3 6 145.98 72.78 73.20 0.00 #16
8 佐々木彰生 208.52 7 74.92 38.92 36.00 0.00 #19 10 133.60 62.40 72.20 1.00 #18
9 町田樹 206.17 8 68.48 31.58 36.90 0.00 #25 8 137.69 60.39 78.30 1.00 #15
10 日野龍樹 202.30 9 68.28 37.53 30.75 0.00 #9 9 134.02 67.42 67.60 1.00 #17
11 宇野昌磨 199.03 10 67.56 35.16 32.40 0.00 #13 11 131.47 62.57 69.90 1.00 #13
12 木原龍一 184.14 12 58.07 27.72 30.35 0.00 #22 12 126.07 59.27 66.80 0.00 #14
13 郡山智之 168.09 14 55.87 28.27 27.60 0.00 #1 13 112.22 50.02 62.20 0.00 #9
14 本田太一 165.78 15 55.58 27.88 27.70 0.00 #11 14 110.20 53.90 56.30 0.00 #7
15 吉田行宏 162.45 17 53.02 21.67 31.35 0.00 #23 15 109.43 45.63 63.80 0.00 #8
16 坪井遥司 160.81 16 54.40 24.80 29.60 0.00 #27 16 106.41 47.61 58.80 0.00 #10
17 川原星 155.36 19 52.10 28.00 25.10 1.00 #6 19 103.26 47.06 56.20 0.00 #5
18 磯崎大介 154.33 18 52.92 27.37 25.55 0.00 #7 21 101.41 46.61 56.80 2.00 #12
19 山田耕新 153.77 21 50.41 25.61 24.80 0.00 #15 18 103.36 48.46 54.90 0.00 #4
20 服部瑛貴 153.05 20 51.03 24.83 26.20 0.00 #2 20 102.02 46.72 55.30 0.00 #6
21 小沼祐太 152.32 22 48.33 24.53 24.80 1.00 #4 17 103.99 51.29 52.70 0.00 #2
22 野添紘介 143.68 13 55.94 29.24 26.70 0.00 #8 23 87.74 36.54 53.20 2.00 #11
23 松村成 137.14 23 47.55 20.50 27.05 0.00 #10 22 89.59 37.29 53.30 1.00 #3
24 木村真人 119.39 24 42.66 19.66 23.00 0.00 #5 24 76.73 31.33 47.40 2.00 #1
以下、フリースケーティングに進出できず
- 則松亮 - 25 38.22 16.87 21.35 0.00 #14 - - - - - -
- 江口涼一 - 26 38.10 16.65 22.45 1.00 #12 - - - - - -
- 近藤眞樹 - 27 37.40 16.05 22.35 1.00 #16 - - - - - -
以下、棄権
- 堀之内雄基 - - - - - - #24 - - - - - -
- 村上大介 - - - - - - - - - - - - -
  • 堀之内は演技直前にスケート靴のブレードが破損し、規定の時間内に修復することが不可能なため棄権となった。
  • 村上は右肩故障のため事前に欠場を発表した[1]

女子シングル[編集]

順位 名前 合計点 ショートプログラム フリースケーティング
順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順
1 浅田真央 193.56 2 62.81 29.77 33.04 0.00 #22 1 130.75 62.51 68.24 0.00 #21
2 村上佳菜子 183.67 5 57.26 27.70 29.56 0.00 #26 2 126.41 64.57 61.84 0.00 #19
3 宮原知子 180.55 3 60.19 34.63 25.56 0.00 #5 3 120.36 64.60 55.76 0.00 #22
4 鈴木明子 180.03 1 65.09 32.77 32.32 0.00 #29 5 114.94 53.14 62.80 1.00 #20
5 本郷理華 172.43 6 56.61 33.41 23.20 0.00 #7 4 115.82 64.54 51.28 0.00 #24
6 加藤利緒菜 167.62 7 54.88 33.20 21.68 0.00 #16 6 112.74 62.58 50.16 0.00 #16
7 西野友毬 162.63 4 58.53 31.97 26.56 0.00 #19 9 104.10 50.66 53.44 0.00 #23
8 松田悠良 160.30 12 51.29 29.41 21.88 0.00 #1 7 109.01 60.53 48.48 0.00 #13
9 村元小月 158.47 8 53.63 28.63 25.00 0.00 #23 8 104.84 53.00 51.84 0.00 #18
10 新田谷凜 146.93 9 53.49 31.97 21.52 0.00 #12 11 93.44 48.48 46.96 2.00 #14
11 大庭雅 143.89 23 42.23 23.63 20.60 2.00 #10 10 101.66 57.54 45.12 1.00 #1
12 庄司理紗 143.19 14 50.45 26.25 24.20 0.00 #27 12 92.74 44.70 49.04 1.00 #12
13 友滝佳子 140.10 11 51.75 28.87 22.88 0.00 #30 14 88.35 45.71 44.64 2.00 #17
14 今井遥 137.92 18 47.30 21.58 26.72 1.00 #24 13 90.62 42.46 50.16 2.00 #9
15 中塩美悠 137.36 13 50.50 28.74 21.76 0.00 #25 17 86.86 47.50 41.36 2.00 #10
16 村元哉中 135.08 17 47.49 24.93 22.56 0.00 #4 16 87.59 38.59 50.00 1.00 #11
17 上野沙耶 134.67 15 48.29 27.09 21.20 0.00 #3 18 86.38 41.42 44.96 0.00 #8
18 藤澤亮子 134.31 19 46.23 24.79 21.44 0.00 #20 15 88.08 45.04 43.04 0.00 #2
19 鈴木真梨 132.07 16 47.75 25.87 22.88 1.00 #21 20 84.32 39.56 45.76 1.00 #7
20 細田采花 130.00 22 43.84 24.56 19.28 0.00 #15 19 86.16 45.08 42.08 1.00 #4
21 高山睦美 121.60 10 52.75 29.03 23.72 0.00 #28 23 68.85 26.13 42.72 0.00 #15
22 那須野光 121.32 21 44.59 25.19 19.40 0.00 #17 21 76.73 38.21 39.52 1.00 #5
23 國分紫苑 114.97 20 46.09 25.73 21.36 1.00 #18 22 68.88 31.80 40.08 3.00 #3
24 鈴木沙耶 109.79 24 41.90 23.06 18.84 0.00 #6 24 67.89 33.49 38.40 4.00 #6
以下、フリースケーティングに進出できず
- 鈴木美桜 - 25 40.74 21.66 19.08 0.00 #8 - - - - - -
- 石川翔子 - 26 40.56 20.40 20.16 0.00 #14 - - - - - -
- 廣野真衣 - 27 39.39 21.83 17.56 0.00 #9 - - - - - -
- 松嶋那奈 - 28 39.30 20.90 18.40 0.00 #11 - - - - - -
- 遠山由華 - 29 38.27 20.75 17.52 0.00 #2 - - - - - -
- 河野有香 - 30 37.40 18.40 19.00 0.00 #13 - - - - - -

アイスダンス[編集]

順位 名前 合計点 ショートダンス フリーダンス
順位 得点 技術 構成 減点 滑走順 順位 得点 技術 構成 減点 滑走順
1 キャシー・リード / クリス・リード 133.92 1 53.41 28.30 25.11 0.00 #3 1 80.51 41.00 39.51 0.00 #3
2 平井絵己 / マリオン・デ・ラ・アソンション 110.31 3 42.00 21.10 20.90 0.00 #4 2 68.31 35.06 33.25 0.00 #2
3 ブリナ・オイ / 水谷太洋 99.32 2 42.12 21.50 20.62 0.00 #2 4 57.20 27.86 31.34 2.00 #4
4 小松原美里 / 辻馨 92.17 4 34.27 18.00 17.27 1.00 #1 3 57.90 29.70 28.20 0.00 #1

代表選手選定[編集]

今大会の結果を受け、大会終了後に発表された国際選手権大会の日本代表選手は以下の通り。

大会名/種目 男子シングル 女子シングル ペア アイスダンス
世界選手権[2] 羽生結弦
髙橋大輔
無良崇人
浅田真央
村上佳菜子
鈴木明子
- キャシー・リード/クリス・リード
四大陸選手権[3] 羽生結弦
髙橋大輔
無良崇人
浅田真央
村上佳菜子
鈴木明子
- キャシー・リード/クリス・リード
平井絵己/マリオン・デ・ラ・アソンション
ブリナ・オイ/水谷太洋
世界ジュニア選手権[4] 日野龍樹
宇野昌磨[5]
宮原知子
本郷理華
- -

脚注[編集]

  1. ^ “男子の村上が欠場=全日本フィギュア”. 時事ドットコム. (2012年12月17日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201212/2012121701161 2012年12月23日閲覧。 
  2. ^ 世界フィギュアスケート選手権大会”. 日本スケート連盟. 2013年2月20日閲覧。
  3. ^ 四大陸選手権大会”. 日本スケート連盟. 2013年2月20日閲覧。
  4. ^ 世界ジュニアフィギュアスケート選手権大会”. 日本スケート連盟. 2013年2月20日閲覧。
  5. ^ 当初は田中刑事が選出されたが、怪我で出場を辞退したため、補欠である宇野が出場することになった。“田中刑事が代表辞退 宇野出場へ フィギュア世界ジュニア”. スポーツニッポン. (2013年2月17日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/02/17/kiji/K20130217005219330.html 2013年2月20日閲覧。 

出典[編集]