第83回アカデミー賞外国語映画賞出品作一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

本項目は、第83回アカデミー賞外国語映画賞への各国の出品作の一覧である。映画芸術科学アカデミーは、1956年に外国語映画賞を設立して以来、さまざまな国から最高の作品を招いている[1]。この賞は主要な会話が英語以外で占められ、アメリカ合衆国以外で製作された長編映画を対象としている[1][2]。外国語映画賞委員会はプロセスを監督し、出品された全作品を観賞する[2]。アカデミー賞のノミネート発表の一週間前に最終選考候補が明らかにされる[2]

出品締切は2010年10月1日であった。代表作品は、2009年10月1日から2010年9月30日までの間に、それぞれの国で劇場公開されている必要がある[2]。今回は合計66カ国が参加した。グリーンランドエチオピアは今回が初めての参加となった[3]

2011年1月19日に9本の最終選考作品が発表された[4]。2011年1月25日、5本のノミネート作品がロサンゼルスサミュエル・ゴールドウィン・シアター英語版で発表された[2][5]

2011年2月27日、第83回アカデミー賞授賞式が行われ、デンマーク代表の『未来を生きる君たちへ』が外国語映画賞を受賞した。

出品作[編集]

出品国 日本語題 出品題 原題 原語 監督 結果
アフガニスタンの旗 アフガニスタン The Black Tulip[6] The Black Tulip ダリー語パシュトー語英語 Sonia Nassery Cole 落選[7]
アルバニアの旗 アルバニア East, West, East[8] Lindje, Perëndim, Lindje アルバニア語イタリア語 ジェルジ・ジュヴァニ 落選
アルジェリアの旗 アルジェリア Hors la Loi[9] Hors-la-loi フランス語アラビア語 ラシッド・ブシャール ノミネート[5]
アルゼンチンの旗 アルゼンチン カランチョ[10] Carancho[11] Carancho スペイン語 パブロ・トラペロ 落選
 オーストリア La Pivellina[12] La Pivellina イタリア語 Tizza Covi & Rainer Frimmel 落選
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン The Precinct[13] Sahə アゼルバイジャン語ロシア語 Ilgar Safat 落選
バングラデシュの旗 バングラデシュ Third Person Singular Number[14] Third Person Singular Number ベンガル語 Mostofa Sarwar Farooki 落選
ベルギーの旗 ベルギー イリーガル[15] Illegal[16] Illègal フランス語ロシア語英語 オリヴィエ・マッセ=ドゥパス英語版 落選
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ Circus Columbia[17] Cirkus Columbia ボスニア語 ダニス・タノヴィッチ 落選
ブラジルの旗 ブラジル ルラ、ブラジルの息子[18] Lula, The Son of Brasil[19] Lula, o filho do Brasil ポルトガル語 ファビオ・バヘト英語版 落選
 ブルガリア ソフィアの夜明け Eastern Plays[20] Eastern Plays ブルガリア語トルコ語英語 カメン・カレフ英語版 落選
カナダの旗 カナダ 灼熱の魂 Incendies[3] Incendies フランス語アラビア語 ドゥニ・ヴィルヌーヴ ノミネート[5]
 チリ The Life of Fish[21] La vida de los peces スペイン語 Matías Bize 落選
中華人民共和国の旗 中国 唐山大地震 Aftershock[22] 唐山大地震 北京官話 馮小剛 落選
 コロンビア Crab Trap[23] El vuelco del cangrejo スペイン語 Oscar Ruíz Navia 落選
コスタリカの旗 コスタリカ 愛その他の悪霊について[24] Of Love and Other Demons[25] Del amor y otros demonios スペイン語 イルダ・イダルゴスペイン語版 落選
クロアチアの旗 クロアチア The Blacks[26] Crnci クロアチア語 Goran Devic & Zvonimir Juric 落選
 チェコ Kawasaki's Rose[27] Kawasakiho růže チェコ語 Jan Hrebejk 落選
 デンマーク 未来を生きる君たちへ In a Better World[28] Hævnen デンマーク語 スサンネ・ビア 外国語映画賞受賞
 エジプト Messages from the Sea[29] رسائل البحر アラビア語 Daoud Abdel Sayed 落選
 エストニア 聖トニの誘惑[30] The Temptation of St. Tony [31] Püha Tõnu kiusamine エストニア語ロシア語英語フランス語 ヴィエゴ・オウンプー英語版 落選
エチオピアの旗 エチオピア The Athlete[3] Atletu 英語アムハラ語 Davey Frankel、Rasselas Lakew 落選
 フィンランド Steam of Life[32] Miesten vuoro フィンランド語 Joonas Berghäll & Mika Hotakainen 落選
フランスの旗 フランス 神々と男たち Of Gods and Men[3] Des hommes et des dieux フランス語 グザヴィエ・ボーヴォワ 落選
ジョージア (国)の旗 ジョージア Street Days[33] ქუჩის დღეები グルジア語 Levan Koguashvili 落選
ドイツの旗 ドイツ When We Leave[3] Die Fremde ドイツ語トルコ語 Feo Aladag 落選
ギリシャの旗 ギリシャ 籠の中の乙女 Dogtooth[34] Κυνόδοντας ギリシア語 ヨルゴス・ランティモス ノミネート[5]
 グリーンランド Nuummioq[35] Nuummioq デンマーク語グリーンランド語 Torben Bech, Otto Rosing 落選
 ハンガリー Bibliothèque Pascal[36] Bibliothèque Pascal ルーマニア語ハンガリー語英語 Szabolcs Hajdu 落選
香港の旗 香港 Echoes of the Rainbow[37] 歳月神偸 広東語 アレックス・ロウ 落選
アイスランドの旗 アイスランド Mamma Gogo[38] Mamma Gógó アイスランド語 フリドリック・トール・フリドリクソン 落選
インドの旗 インド Peepli [Live][39] Peepli [Live]
पीपली लाइव
ヒンディー語 Anusha Rizvi 落選
 インドネシア How Funny (This Country Is)[40] Alangkah Lucunya (Negeri Ini) インドネシア語 Deddy Mizwar 落選
イランの旗 イラン Farewell Baghdad[41] بدرود بغداد アラビア語英語 Mehdi Naderi 落選
イラクの旗 イラク バビロンの陽光 Son of Babylon[42] ابن بابل アラビア語クルド語 モハメド・アルダラジー英語版 落選
イスラエルの旗 イスラエル The Human Resources Manager[43] שליחותו של הממונה על משאבי אנוש ヘブライ語 エラン・リクリス 落選
イタリアの旗 イタリア はじめての大切なもの[44] La Prima Cosa Bella[45] La prima cosa bella イタリア語 パオロ・ヴィルズィ英語版 落選
日本の旗 日本 告白 Confessions[46] 告白 日本語 中島哲也 最終選考[4]
 カザフスタン Strayed[47] Заблудившийся ロシア語英語 Akan Satayev 落選
キルギスの旗 キルギス 明りを灯す人 The Light Thief[35] Svet-Ake キルギス語 アクタン・アリム・クバト 落選
 ラトビア Hong Kong Confidential[48] Amaya 中国語英語 Maris Martinsons 落選
北マケドニア共和国の旗 北マケドニア Mothers[49] Мајки マケドニア語 ミルチョ・マンチェフスキ 落選
メキシコの旗 メキシコ BIUTIFUL ビューティフル Biutiful[50] Biutiful スペイン語 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ ノミネート[5]
オランダの旗 オランダ Tirza[51] Tirza オランダ語フランス語英語 ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ 落選
ニカラグアの旗 ニカラグア La Yuma[52] La Yuma スペイン語 Florence Jaugey 落選
 ノルウェー Angel[53] Engelen ノルウェー語 Margreth Olin 落選
ペルーの旗 ペルー 波に流れて Undertow[54] Contracorriente スペイン語 ハビエル・フエンテス・レオン英語版 落選
フィリピンの旗 フィリピン Noy[55] Noy タガログ語 Dondon Santos 落選
ポーランドの旗 ポーランド All That I Love[56] Wszystko, co kocham ポーランド語 Jacek Borcuch 落選
ポルトガルの旗 ポルトガル 男として死ぬ To Die Like a Man[57] Morrer Como Um Homem ポルトガル語 ジョアン・ペドロ・ロドリゲス 落選
プエルトリコの旗 プエルトリコ Miente[58] Miente スペイン語 Rafi Mercado 落選
 ルーマニア 俺の笛を聞け[59] If I Want to Whistle, I Whistle[60] Eu cand vreau sa fluier, fluier ルーマニア語 フローリン・サーバン英語版 落選
ロシアの旗 ロシア 爆走機関車 シベリア・デッドヒート The Edge[61] Край ロシア語ドイツ語 アレクセイ・ウチーチェリ 落選
セルビアの旗 セルビア Besa[62] Беса スロベニア語セルビア語アルバニア語 Srđan Karanović 落選
スロバキアの旗 スロバキア Hranica[63] Hranica スロバキア語 Jaroslav Vojtek 落選
スロベニアの旗 スロベニア 9:06[63] 9:06 スロベニア語 Igor Sterk 落選
 南アフリカ共和国 Life, Above All[3] Life, Above All 北ソト語 オリヴァー・シュミッツ 最終選考[4]
大韓民国の旗 韓国 裸足の夢[64] A Barefoot Dream[3] 맨발의 꿈 朝鮮語テトゥン語 キム・テギュン 落選
スペインの旗 スペイン ザ・ウォーター・ウォー Tambien la Lluvia[65] También la lluvia スペイン語 イシアル・ボジャイン 最終選考[4]
 スウェーデン シンプル・シモン Simple Simon[66] I rymden finns inga känslor スウェーデン語 アンドレアス・エーマン 最終選考[4]
スイスの旗 スイス La petite chambre[67] La petite chambre フランス語 Stéphanie Chuat & Véronique Reymond 落選
 台湾 モンガに散る Monga[68] A 艋舺 北京官話閩南語 鈕承澤 落選
タイ王国の旗 タイ ブンミおじさんの森 Uncle Boonmee Who Can Recall His Past Lives[69] ลุงบุญมีระลึกชาติ タイ語 アピチャートポン・ウィーラセータクン 落選
トルコの旗 トルコ 蜂蜜 Bal[69] Bal トルコ語 セミフ・カプランオール 落選
ウルグアイの旗 ウルグアイ A Useful Life[69] La vida útil スペイン語 Federico Veiroj 落選
ベネズエラの旗 ベネズエラ 黙して契れ[70] Hermano[71] Hermano スペイン語 マルセル・ラスキン英語版 落選

他の国々[編集]

キューバリトアニアルクセンブルクは今回出品しないことを『バラエティ』が報じた[72]

ベトナムは過去5年間で4回参加しており、ベトナム映画局 (Vietnam Cinema Administration) の国際関係科は今回も興味を示し、9本の候補作を選んでいた。しかしながら2010年10月5日になっても代表作品が発表されなかった[73]

脚注[編集]

  • ^A 台湾は当初『Hear Me』を選んでいたが、2009年8月公開作品であったために断念された[74]

参考文献[編集]

  1. ^ a b History of the Academy Awards - Page 2”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2008年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e Special Rules for the Best Foreign Language Film Award”. 83rd Academy Awards Rules for Distinguished Achievements in 2010. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2010年8月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 65 Countries Enter Race for 2010 Foreign Language Film Oscar”. oscars.org. 2010年10月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e 9 Foreign Language Films Continue to Oscar Race”. oscars.org. 2011年1月19日閲覧。
  5. ^ a b c d e Nominees for the 83rd Academy Awards”. oscars.org. 2011年1月25日閲覧。
  6. ^ “Afghan Oscar contender aims to show more than war”. reuters. (2010年9月23日). http://www.reuters.com/article/idUSTRE68M2YZ20100923 2010年9月28日閲覧。 
  7. ^ 2010-2011 Foreign Language Film Award Screening Schedule”. 2010年12月20日閲覧。
  8. ^ Holdsworth, Nick (2010年9月27日). “Albania looks 'East' for its Oscar choice”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118024715.html?categoryId=13&cs=1 2010年9月28日閲覧。 
  9. ^ Algeria submits Bouchareb's Outside The Law for Academy Awards”. ScreenDaily. 2010年9月9日閲覧。
  10. ^ 第7回 ラテンビート映画祭 新作17本 カランチョ” (日本語). ラテンビート映画祭. 2014年5月20日閲覧。
  11. ^ Defending Champ Argentina Submits 'Carancho' to Oscars”. thewrap.com. 2010年10月1日閲覧。
  12. ^ La Pivellina Austrian film for the Oscars”. filmsdistribution.com. 2010年9月28日閲覧。
  13. ^ Azerbaijani film "The Precinct" showing date revealed”. today.az. 2010年9月28日閲覧。
  14. ^ 'Third Person Singular Number’ to compete in foreign language category in Oscar Award”. The New Nation. 2010年9月28日閲覧。
  15. ^ Refugee Film Festival 難民映画祭-上映作品-イリーガル” (日本語). UNHCR難民映画祭. 2014年5月20日閲覧。
  16. ^ Mundell, Ian (2010年9月17日). “Belgium selects 'Illegal' for Oscars”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118024321.html?categoryid=19&cs=1&query=oscar+foreign 2010年9月29日閲覧。 
  17. ^ Bosnia selects Cirkus Columbia; Bulgaria submits Eastern Plays for Oscars”. Screendaily. 2010年9月29日閲覧。
  18. ^ 第7回 ラテンビート映画祭 新作17本 ルラ、ブラジルの息子” (日本語). ラテンビート映画祭. 2014年5月21日閲覧。
  19. ^ "Lula, O Filho do Brasil" vai representar o Brasil no Oscar 2011”. ultimosegundo. 2010年9月29日閲覧。
  20. ^ Bulgaria Nominates 'Eastern Plays' for Oscar for Foreign Language Film”. novinite.com. 2010年9月29日閲覧。
  21. ^ “La vida de los peces” postulará a ternas de Mejor Película Extranjera en los Oscar”. lanacion.cl. 2010年10月2日閲覧。
  22. ^ Coonan, Clifford (2010年9月27日). “China sends 'Aftershock' to Oscars”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118024680.html?categoryid=3599&cs=1&nid=2562&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+variety%2Fheadlines+%28Variety+-+Latest+News%29 2010年9月29日閲覧。 
  23. ^ 'Crab Trap' represents Colombia at Academy Awards”. colombiareports. 2010年9月29日閲覧。
  24. ^ ONLY HEARTS 『愛その他の悪霊について』” (日本語). オンリー・ハーツ. 2014年5月21日閲覧。
  25. ^ “Oscar feels the 'Love'”. variety. (2010年9月30日). http://www.variety.com/article/VR1118024963.html?categoryId=19&cs=1 2010年10月1日閲覧。 
  26. ^ The Blacks represents Croatia for Oscar bid”. filmneweurope. 2010年9月30日閲覧。
  27. ^ Czech film Kawasaki's Rose to compete for Oscar”. ceskenoviny. 2010年9月30日閲覧。
  28. ^ Denmark picks Bier's In a Better World for Oscar race”. screendaily. 2010年9月30日閲覧。
  29. ^ Messages From The Sea represents Egypt in Oscar”. alarabiacinema. 2010年10月1日閲覧。
  30. ^ 東京国際映画祭 | 聖トニの誘惑” (日本語). 東京国際映画祭. 2014年5月20日閲覧。
  31. ^ Holdsworth, Nick (2010年9月10日). “Estonia enters 'St. Tony' in Oscar race”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118024001.html?categoryId=19&cs=1 2010年9月10日閲覧。 
  32. ^ Steam Of Life Is Finnish Oscar Entry”. nordiskfilmogtvfond. 2010年10月2日閲覧。
  33. ^ “Georgia sends 'Street Days' to the Oscars”. Variety. (2010年10月5日). http://www.variety.com/article/VR1118025142.html?categoryid=1982&cs=1&query=Georgia+Oscars 2010年10月6日閲覧。 
  34. ^ Greece Submits “Dogtooth” for Foreign Language Film Entry @ Academy Awards”. Greek Reporter Hollywood. 2010年9月28日閲覧。
  35. ^ a b http://www.oscars.org/press/pressreleases/2010/20101013a.html
  36. ^ Hungary submits Bibliotheque Pascal for Oscar consideration”. ScreenDaily. 2010年9月7日閲覧。
  37. ^ Hong Kong, China announce foreign-language Oscar submissions”. screendaily. 2010年10月3日閲覧。
  38. ^ Iceland Submits Mamma Gógó to Oscars Race”. icelandreview. 2010年10月3日閲覧。
  39. ^ Peepli Live is India's Official Entry for Oscars 2011”. NDTV. 2010年9月24日閲覧。
  40. ^ Italy Heads Latest Batch of Oscar Foreign Submissions”. thewrap.com. 2010年10月3日閲覧。
  41. ^ Iran announces Oscar nominee”. PressTV. 2010年9月21日閲覧。
  42. ^ Son of Babylon selected as Iraq's entry for Oscar race”. Screendaily. 2010年7月7日閲覧。
  43. ^ ‘Human Resources Manager’ wins big at Ophir Awards”. The Jerusalem Post. 2010年10月3日閲覧。
  44. ^ asahi.com : 朝日新聞社 -「イタリア映画祭2011」 - 作品情報” (日本語). 朝日新聞社. 2014年5月21日閲覧。
  45. ^ Virzì’s The First Beautiful Thing sets out to conquer Hollywood”. cineuropa. 2010年10月3日閲覧。
  46. ^ Tetsuya Nakashima's "Confessions" lands an Oscar nod”. japanator. 2010年10月3日閲覧。
  47. ^ Updated List of Foreign Language Academy Submissions”. indiewire. 2010年10月3日閲覧。
  48. ^ Latvia selects Martinsons' "Amaya" for Oscar consideration”. baltic-course.com. 2010年10月4日閲覧。
  49. ^ Mancevski's "Mothers" selected for Panorama programme at 61. Berlinale”. mia.com.mk. 2010年10月4日閲覧。
  50. ^ Biutiful Just Announced as Mexico’s Oscar Entry”. awardsdaily. 2010年10月5日閲覧。
  51. ^ Tirza named Dutch foreign language Oscar submission”. Screen Daily. 2010年9月2日閲覧。
  52. ^ Italy Heads Latest Batch of Oscar Foreign Submissions”. thewrap.com. 2010年10月5日閲覧。
  53. ^ Angel soars into Oscar race”. cineuropa. 2010年10月6日閲覧。
  54. ^ Contracorriente (Undertow) , writer, director Javier Fuentes-León”. filmmakermagazine. 2010年10月6日閲覧。
  55. ^ Noy chosen as Philippine entry to the Oscars' Best Foreign Language Film category”. pep.ph. 2010年10月8日閲覧。
  56. ^ All That I Love Polish hopeful for legendary statuette”. cineuropa. 2010年10月8日閲覧。
  57. ^ To Die Like a Man represents Portugal in Hollywood”. cineuropa. 2010年10月8日閲覧。
  58. ^ Updated List of Foreign Language Academy Submissions”. indiewire. 2010年10月8日閲覧。
  59. ^ 三大映画祭週間2012 - 俺の笛を聞け” (日本語). 三大映画祭週間. 2014年5月21日閲覧。
  60. ^ “Eu cand vreau sa fluier, fluier” – Romania’s entry for Oscars”. Nine O'Clock. 2010年8月17日閲覧。
  61. ^ Russia chooses its Oscar nominee”. The Voice of Russia. 2010年9月9日閲覧。
  62. ^ Period co-production Besa sets sights on Hollywood”. cineuropa. 2010年10月9日閲覧。
  63. ^ a b And the Hopefuls for Best Foreign Oscar Are ...”. thewrap. 2010年10月9日閲覧。
  64. ^ 裸足の夢 -東アジア市民共生映画祭-” (日本語). 東アジア市民共生映画祭. 2014年5月21日閲覧。
  65. ^ Bollaín’s Even the Rain joins Oscar race”. cineuropa. 2010年10月9日閲覧。
  66. ^ Simple Simon to represent Sweden in Oscar race”. ScreenDaily. 2010年9月7日閲覧。
  67. ^ Drama picked as Swiss entry for Oscars”. swissinfo. 2010年10月10日閲覧。
  68. ^ Taiwan film "Monga" to compete for Oscar”. Channelnewsasia. 2010年8月27日閲覧。
  69. ^ a b c And the Hopefuls for Best Foreign Oscar Are ...”. thewrap. 2010年10月10日閲覧。
  70. ^ ONLY HEARTS - 黙して契れ” (日本語). オンリー・ハーツ. 2014年5月21日閲覧。
  71. ^ Venezuela Submits “Hermano” to the Academy Awards”. Venezuelan Embassy to the U.S.. 2010年9月28日閲覧。
  72. ^ Chang, Justin (2010年10月1日). “Oscar's foreign affairs”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118024973.html?categoryid=19&cs=1& 
  73. ^ http://english.vietnamnet.vn/Entertainment/201010/Vietnam-is-seeking-representative-for-oscar-2011-939515/
  74. ^ http://www.channelnewsasia.com/stories/entertainment/view/1077419/1/.html