第85回全国高等学校ラグビーフットボール大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第85回全国高等学校ラグビーフットボール大会は、2005年12月27日から2006年1月7日まで近鉄花園ラグビー場にて行われた全国高等学校ラグビーフットボール大会である。優勝は京都府伏見工業高校(4回目)。

概要[編集]

回数の末尾に0もしくは5が付く、いわゆる記念大会となるが、第80回大会に続き、出場校の増枠は実施されなかった。

従来から行っていた準決勝当日の地上波テレビ中継放送は廃止され、決勝戦のみが生放送(ネットセールス枠)される。

また今大会から大会キャラクターがミスマガジンから1人起用されて、今大会ではミスマガ2005審査員特別賞受賞の中村優が起用された。さらに今大会から日本航空第二(現・日本航空石川)が現在に至るまで連続出場を続けている。(2015年現在)

日程[編集]

出場校[編集]

※シード校については、校名の後ろに(A)(B)と記載。

北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄


試合時間[編集]

※全試合30分ハーフで行う。同点で終了した場合は1.トライ数2.ゴール数3.抽選の順にて次回出場校を決める。

試合[編集]

1回戦[編集]

  • 新潟工 29 - 6 阿波
  • 岐阜工 13 - 7 熊野
  • 19 - 13 広島工業
  • 天理 12 - 12 成蹊
  • 札幌山の手 66 - 14 高松北
  • 萩工 34 - 5 日本航空第二
  • 深谷 88 - 5 若狭
  • 報徳学園 31 - 12 青森北
  • 岡山工 24 - 17 北見北斗
  • 旭野 43 - 7 名護
  • 佐賀工 50 - 6 岡谷工業
  • 仙台育英 89 - 5 倉吉東
  • 東海大翔洋 88 - 0 土佐塾
  • 江の川 26 - 3 砺波
  • 八幡工 14 - 10 安積
  • 朝明 33 - 19 鹿児島実
  • 新田 14 - 10 山形中央
  • 高鍋 17 - 12 東農大二
  • 荒尾 10 - 9 国学院栃木

2回戦[編集]

  • 桐蔭学園 26 - 0 新潟工
  • 26 - 24 岐阜工
  • 秋田工 12 - 5 天理
  • 大阪工大高 55 - 0 札幌山の手
  • 黒沢尻北 36 - 24 萩工
  • 長崎北陽台 49 - 8 深谷
  • 報徳学園 17 - 14 流経大柏
  • 伏見工 72 - 5 岡山工
  • 大分舞鶴 31 - 14 旭野
  • 佐賀工 24 - 15 仙台育英
  • 茗溪学園 52 - 3 東海大翔洋
  • 東福岡 27 - 7 江の川
  • 国学院久我山 48 - 10 八幡工
  • 東海大仰星 67 - 0 朝明
  • 高鍋 68 - 14 新田
  • 啓光学園 15 - 3 荒尾

3回戦[編集]

  • 桐蔭学園 32 - 5 桂
  • 大阪工大高 43 - 7 秋田工
  • 長崎北陽台 34 - 7 黒沢尻北
  • 伏見工 48 - 0 報徳学園
  • 大分舞鶴 40 - 21 佐賀工
  • 茗溪学園 35 - 24 東福岡
  • 東海大仰星 38 - 7 国学院久我山
  • 啓光学園 39 - 5 高鍋

準々決勝[編集]

  • 桐蔭学園 27 - 8 茗溪学園
  • 大阪工大高 29 - 12 啓光学園
  • 伏見工 24 - 20 長崎北陽台
  • 東海大仰星 55 - 7 大分舞鶴

準決勝[編集]

  • 桐蔭学園 12 - 10 大阪工大高
  • 伏見工 15 - 10 東海大仰星

決勝[編集]

今大会の伏見工業高校の優勝が現在の所、工業高等学校の最後の優勝である(2015年現在)。

  • 伏見工(5年ぶり4回目) 36 - 12 桐蔭学園

関連試合[編集]

第29回高校東西対抗試合[編集]

[1]

  • 大会で特に活躍した選手を選抜した上で東西に分かれて行ういわば高校ラグビー版オールスターゲームである。

東軍監督佐藤幹夫、西軍監督石井保明、2006年1月15日 花園ラグビー場 試合結果西軍 24-10 東軍

主な出場選手

関連項目[編集]

脚注[編集]