第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会2010年12月27日から2011年1月8日まで近鉄花園ラグビー場にて行われた全国高校ラグビー大会である。平成22年度全国高等学校総合体育大会を兼ねて開催。

概要[編集]

  • 90回記念大会で、埼玉、神奈川、愛知、福岡各県で1校増枠され55校で実施
  • また今大会では、大会キャラクターとして清水富美加ミスマガ2010 ミス週刊少年マガジン)が起用された。

日程[編集]

平年なら決勝は1月7日であるが、8日が土曜日であるため、今回は1日ずらしとなった。

決勝は前大会と同じ東福岡(福岡第1) VS 桐蔭学園(神奈川第2)の対戦となったが、31-31の同点で引き分け(トライ数も同じ)、両校優勝となった。東福岡は2大会連続3回目の優勝、桐蔭学園は初優勝。両校優勝は昭和天皇崩御に伴い決勝戦が中止となった第68回以来、史上4度目で22年ぶり。引き分けによる両校優勝は第27回大会以来、63年ぶり。

出場校[編集]

北海道
  • 北北海道代表 - 遠軽(9年ぶり6回目)
  • 南北海道代表 - 札幌山の手(11年連続11回目)
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

シード校[編集]

11月24日、関西ラグビーフットボール協会によってシード校が以下のとおり発表された。[2]

西
Aシード 東福岡 桐蔭学園
大阪朝鮮 流通経済大柏
Bシード 東海大仰星 慶應義塾
伏見工 秋田工
関西学院 -

試合結果[編集]

  • 時刻はすべて日本標準時 (UTC+9)
  • 括弧内は前半終了時のスコアを示す。
  • 太字は勝利校を示す。

1回戦[編集]

2010年12月27日 12:00 倉敷工 12-50 (0−38) 岡谷工 第1グラウンド
2010年12月27日 13:15 名護 7-38 (0−26) 札幌山の手 第1グラウンド
2010年12月27日 14:30 八幡工 15-71 (5−33) 常総学院 第1グラウンド
2010年12月27日 12:00 大分舞鶴 12-5 (12−0) 磐城 第2グラウンド
2010年12月27日 13:15 御所実 5-45 (0−26) 明和県央 第2グラウンド
2010年12月27日 14:30 日向 12-14 (0−7) 木本 第2グラウンド
2010年12月27日 12:00 石見智翠館 17-14 (14−0) 日川 第3グラウンド
2010年12月27日 13:15 倉吉総合産 0-59 (0−28) 深谷 第3グラウンド
2010年12月27日 14:30 萩商工 7-17 (7−10) 黒沢尻工 第3グラウンド
2010年12月28日 10:00 尾道 12-12[3] (5−5) 春日丘 第1グラウンド
2010年12月28日 11:15 福岡 14-8 (7−5) 本郷 第1グラウンド
2010年12月28日 12:30 鹿児島実 31-7 (12−0) 富山工 第1グラウンド
2010年12月28日 13:45 高知中央 0-74 (0−45) 正智深谷 第1グラウンド
2010年12月28日 10:00 若狭 27-26 (10−21) 山形中央 第2グラウンド
2010年12月28日 11:15 和歌山工 12-26 (0−7) 仙台育英 第2グラウンド
2010年12月28日 12:30 北条 0-65 (0−24) 國學院久我山 第2グラウンド
2010年12月28日 13:45 長崎北陽台 75-0 (21−0) 遠軽 第2グラウンド
2010年12月28日 15:00 日本航空石川 38-12 (19−7) 静岡聖光学院 第2グラウンド
2010年12月28日 10:00 高松北 3-67 (3−31) 青森工 第3グラウンド
2010年12月28日 11:15 貞光工 0-81 (0−38) 國學院栃木 第3グラウンド
2010年12月28日 12:30 大阪桐蔭 43-10 (12−5) 旭野 第3グラウンド
2010年12月28日 13:45 佐賀工 46-10 (29−5) 岐阜工 第3グラウンド
2010年12月28日 15:00 荒尾 11-13 (8-5) 新潟工 第3グラウンド

2回戦[編集]

2010年12月30日 15:15 桐蔭学園 81-10 (38−0) 岡谷工 第3グラウンド
2010年12月30日 14:00 札幌山の手 19-27 (14−12) 常総学院 第3グラウンド
2010年12月30日 12:45 東海大仰星 71-5 (26−5) 大分舞鶴 第3グラウンド
2010年12月30日 11:30 明和県央 14-24 (7−12) 秋田工 第3グラウンド
2010年12月30日 10:15 伏見工 70-5 (27−0) 木本 第3グラウンド
2010年12月30日 14:30 石見智翠館 5-31 (0−12) 深谷 第2グラウンド
2010年12月30日 13:15 黒沢尻工 15-25 (5−10) 尾道 第2グラウンド
2010年12月30日 12:00 福岡 12-48 (0−24) 大阪朝鮮 第3グラウンド
2010年12月30日 12:00 流通経済大柏 53-0 (39−0) 鹿児島実 第2グラウンド
2010年12月30日 10:45 正智深谷 41-5 (17−0) 若狭 第2グラウンド
2010年12月30日 14:30 仙台育英 17-38 (0−19) 國學院久我山 第1グラウンド
2010年12月30日 13:15 長崎北陽台 15-17 (0−12) 慶應義塾 第1グラウンド
2010年12月30日 12:00 関西学院 36-10 (0−0) 日本航空石川 第1グラウンド
2010年12月30日 9:30 青森工 7-55 (7−31) 國學院栃木 第2グラウンド
2010年12月30日 10:45 大阪桐蔭 12-7 (5−0) 佐賀工 第1グラウンド
2010年12月30日 9:30 新潟工 13-48 (6−26) 東福岡 第1グラウンド

3回戦[編集]

2011年1月1日
10:30
桐蔭学園 52-26 (26−7) 常総学院 第1グラウンド
2011年1月1日
11:45
東海大仰星 33-24 (19−19) 秋田工 第1グラウンド
2011年1月1日
13:00
伏見工 65-15 (31−10) 深谷 第1グラウンド
2011年1月1日
10:30
尾道 7-12 (7−12) 大阪朝鮮 第3グラウンド
2011年1月1日
14:15
流通経済大柏 12-0 (0−0) 正智深谷 第1グラウンド
2011年1月1日
11:45
國學院久我山 21-0 (7−0) 慶應義塾 第3グラウンド
2011年1月1日
13:00
関西学院 21-5 (7−5) 國學院栃木 第3グラウンド
2011年1月1日
14:15
大阪桐蔭 12-35 (12−13) 東福岡 第3グラウンド

準々決勝[編集]

2011年1月3日
10:30
関西学院 5-0 (5−0) 國學院久我山 第1グラウンド
2011年1月3日
11:50
伏見工 12-20 (5−8) 東福岡 第1グラウンド
2011年1月3日
13:10
桐蔭学園 27-26 (17−19) 東海大仰星 第1グラウンド
2011年1月3日
14:30
大阪朝鮮 32-10 (10−5) 流通経済大柏 第1グラウンド

準決勝[編集]

2011年1月5日
13:00
桐蔭学園 21-10 (16−7) 大阪朝鮮 第1グラウンド
2011年1月5日
14:25
関西学院 7-42 (0−28) 東福岡 第1グラウンド

決勝[編集]

2011年1月8日
14:05
桐蔭学園(初優勝) 31-31[4] (24−10) 東福岡(2年連続3回目) 第1グラウンド

脚注[編集]

  1. ^ 前身の倉吉工の2回の出場回数は含まず。
  2. ^ 「第90回 全国高校ラグビーフットボール大会」について - 日本ラグビーフットボール協会公式サイト(2010年11月24日)
  3. ^ トライ数も同じため(2-2)、抽選で尾道が2回戦進出。
  4. ^ トライ数も同じため(5-5)、両校優勝。

関連試合 [編集]

女子ラグビーユース7人制エキシビジョンマッチ[編集]

  • 今大会では18歳以下の代表候補から20人を選抜して東西2チームにそれぞれ10人に分けて試合が実施された。

 2010年12月27日 花園ラグビー場 第1グラウンド 11:20開始 試合結果東軍 12-10 西軍

第3回U18合同チーム東西対抗戦~もうひとつの花園~[編集]

 2011年1月8日 花園ラグビー場 第1グラウンド 12:00開始試合結果西軍 19-12 東軍

関連項目[編集]