第91回東京箱根間往復大学駅伝競走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走
試合日程 2015年1月2日 - 1月3日
出場校 21校
総合優勝校 青山学院大学(初優勝)
往路優勝校 青山学院大学
復路優勝校 青山学院大学
金栗四三杯 神野大地(青山学院大学)
 < 20142016 > 
テンプレートを表示

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走(だい91かいとうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、2015年1月2日から1月3日まで開催された第91回目の東京箱根間往復大学駅伝競走である。第90回大会の上位10校(シード校)と、2014年10月に行われた予選会通過校10校に加え、オープン参加の関東学生連合チームを合わせた全21チームが参加して行われた。

実施日程[編集]

区間[編集]

各区間の詳細などは東京箱根間往復大学駅伝競走#コースの特徴を参照して頂きたい。

総距離 217.1km

  • 往路 (107.5km)
    • 第1区 (21.3km) 大手町・読売新聞東京本社前 - 鶴見
    • 第2区 (23.1km) 鶴見 - 戸塚
    • 第3区 (21.4km) 戸塚 - 平塚
    • 第4区 (18.5km) 平塚 - 小田原
    • 第5区 (23.2km) 小田原 - 箱根町芦ノ湖駐車場入口
  • 復路 (109.6km)
    • 第6区 (20.8km) 箱根町芦ノ湖駐車場入口 - 小田原
    • 第7区 (21.3km) 小田原 - 平塚
    • 第8区 (21.4km) 平塚 - 戸塚
    • 第9区 (23.1km) 戸塚 - 鶴見
    • 第10区 (23.0km) 鶴見 - 日本橋 - 大手町・読売新聞東京本社前
(注) 第5区、第6区内の「函嶺洞門」通行禁止によりバイパスを競走路として使用するため、走行コースが変更された。第1区、第2区、第3区、第8区、第9区、第10区については、競走路の再計測に伴い距離表示が変更となった。

変更点[編集]

  • 今大会からシード校10校、予選会通過校10校のほかに関東学生連合チームがオープン参加となり、全21チームで行われた。関東学生連合は前身の関東学連選抜から2年ぶり11回目の結成となった。関東学生連合のオープン参加での出場は、前身の関東学連選抜でオープン参加した82回大会以来9大会ぶりとなった。
  • 今大会から区間の変更、区間距離表示の変更が行われている。
    • 第5区、第6区内の「函嶺洞門」が通行禁止となったことにより、新たに設置されたバイパスを競走路として使用することになった。このため、「走行コースが明らかに変更されることとなる」として、第5区・第6区の区間記録、往路記録・復路記録・総合記録の歴代記録は参考記録扱いとなり91回大会の記録が新規の記録となる[1]。第5区と往路の距離、第6区と復路の距離はそれぞれ約20メートルずつ延長されることとなった[2]。前述の競争路の再計測により、距離表示では5区が200メートル、総距離が800メートルそれぞれ短縮された。
    • 第1区、第2区、第3区、第8区、第9区、第10区については、競走路の再計測に伴い距離表示が変更されている。走行コースに変更はないので当該区間の歴代記録は有効とされている[3]
  • 今大会から協賛社として新たに大手警備会社のセコムが加わることとなった。
  • 定点での給水回数が変更され、各区間2回(10kmと15km地点、第4区は10kmと14.4km地点)、第5区は3回(9.5km、18kmと22km地点)となった(変更前は各区間15km地点の1回、第5区は9.5kmと18km地点の2回)。第1区、第6区は変更前と同様に定点給水なし。
    • 変更前は任意の2回認められていた監督による任意の給水は、運営管理車から道路上への下車が道路交通法に抵触するおそれがあり、また神奈川県警察から要請されたこともあり、今大会から禁止された。

参加大学[編集]

第90回大会の上位10校(シード校)と予選会通過校10校の計20校に、オープン参加の関東学生連合チームを加えた全21チームが参加した。

シード校(10校)
No. 大学名 前回順位 出場回数
1 東洋大学 前年1位 13年連続 73回目
2 駒澤大学 前年2位 49年連続 49回目
3 日本体育大学 前年3位 67年連続 67回目
4 早稲田大学 前年4位 39年連続 84回目
5 青山学院大学 前年5位 7年連続 20回目
6 明治大学 前年6位 7年連続 57回目
7 日本大学 前年7位 3年連続 85回目
8 帝京大学 前年8位 8年連続 16回目
9 拓殖大学 前年9位 2年連続 36回目
10 大東文化大学 前年10位 3年連続 46回目
予選会通過校(10校)/連合チーム
No. 大学名 予選成績 前回順位 出場回数
11 神奈川大学 予選1位 前年18位 5年連続 46回目
12 國學院大學 予選2位 前年17位 5年連続 09回目
13 東海大学 予選3位 前年13位 2年連続 42回目
14 山梨学院大学 予選4位 前年棄権 29年連続 29回目
15 中央学院大学 予選5位 前年12位 13年連続 16回目
16 上武大学 予選6位 前年20位 7年連続 07回目
17 中央大学 予選7位 前年15位 86回連続 89回目
18 順天堂大学 予選8位 前年16位 4年連続 56回目
19 城西大学 予選9位 前年19位 12年連続 12回目
20 創価大学 予選10位 - 初出場
21 関東学生連合 オープン参加(第89回 13位)
※ナンバーカードの数字はNo.1-No.10が前年順位、No.11-No.20が予選会順位の順。

出場選手[編集]

第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 区間エントリー

当日エントリー変更

概要[編集]

前哨戦の全日本大学駅伝を制した駒大が優勝候補筆頭に挙げられ、前回覇者の東洋大、全日本2位の明大、全日本3位の青学大、5区・6区に強みを持つ早大が対抗馬と言われた。

ダークホースの呼び声もあった山梨学大は、前回2区途中棄権からのリベンジを期すエノック・オムワンバが右アキレス腱炎で当日エントリー変更され、上位進出に暗雲が立ち込める。

往路[編集]

1区[編集]

最初の1kmは2分55秒とやや早いペースの滑り出しとなり、集団を東洋大・田口雅也や関東学生連合・浅岡満憲が引っ張るなか、5.3kmで山梨学大・田代一馬が最初に集団から遅れ始める。7.3kmから田口が更にペースを上げると集団から脱落していく選手が目立ち始め、田口と共に先頭集団を引っ張っていた浅岡も遅れた。

13人の先頭集団は一時牽制状態となったが、15kmから青学大・久保田和真が仕掛けると集団は大きくばらけ、先頭争いは田口、久保田、駒大・中村匠吾、明大・横手健に絞られる。

16.5kmで中村が一旦集団から遅れたものの、六郷橋の手前で再び集団に追いつく。しかし六郷橋の中間点から田口がペースを上げると中村は再び後退。田口は六郷橋の下りでロングスパートをかけて横手と久保田を引き離したが、先に後退した中村がこのスパートに反応し、横手と久保田をかわして単独2位に浮上する。

その後横手と久保田も追いつき19.2kmで4人が横一線となったが、19.7kmで今度は中村がスパート。久保田が食らいつくも、中村は20.4kmで再スパートを掛けて久保田を突き放し、1時間2分00秒の好タイムで鶴見中継所をトップでタスキリレー。駒大の1区区間賞は、第79回大会以来12年ぶり。久保田は1秒差の2位、横手は7秒差の3位、田口は12秒差の4位で続いた。

トップの駒大から初出場の13位創価大までが46秒差という混戦レースとなったが、真っ先に遅れた田代は巻き返すことができず、山梨学大は3分38秒差の最後尾からスタートすることになった。

2区[編集]

東洋大・服部勇馬が2km手前で明大・大六野秀畝、3.2kmで青学大・一色恭志をかわすと、5.3kmで駒大・村山謙太に追いつき先頭に並ぶ。しかし服部にかわされた大六野と一色も、村山謙太・服部と10秒ほどの差をキープしたまま併走。後方では、大東大・早大・中央学大・神奈川大・中大・東海大による5位集団が形成され、さらに後方からは1分51秒差の16位でタスキを受けた城西大・村山紘太が服部以上のハイペースで追い上げる。

併走を始めてからペースが上がらない先頭2人に対し、大六野と一色がじわじわと差を詰め、権太坂の定点で先頭集団と3位集団の差は6秒まで縮まる。4人の先頭集団になるかと思われたが、権太坂を越えた15.4kmの下りで村山謙太がスパートをかけ、一時は服部に9秒の差をつける。しかし18kmから服部が差を詰め、19.1kmで村山謙太の後ろにつくと一気にスパートをかけて単独先頭に立ち、区間賞の走りで戸塚中継所をトップでタスキリレー。

服部に離された村山謙太は中継所手前300mで一色に追いつかれたものの、服部と2秒差の2位で一色と並んでタスキを繋いだ。大六野も粘って19秒差の4位につける。

村山紘太は服部に次ぐ区間2位で8人を抜き、順位を16位から8位にジャンプアップさせた。オムワンバが欠場した山梨学大は、1区を予定していた佐藤孝哉が急遽2区を務めたが、区間18位の苦しい走りでトップと7分04秒差の最後尾でタスキを渡した。

3区[編集]

タスキを受けてわずか100mで駒大・中谷圭佑がスパート。東洋大・上村和生は後ろについたが、青学大・渡邉利典は離され2人の併走となる。その後ろでは4位の明大・有村優樹が中谷以上のハイペースで突っ込み、4.6kmで渡邉に並ぶ。

先頭争いは8.2kmで中谷が仕掛けて単独トップに立つと徐々に差を広げていき、3位争いは6.1kmで有村が渡邉を引き離し単独3位に浮上した。

中谷は区間賞の走りで、駒大が第80回大会以来11年ぶりに平塚中継所をトップでタスキリレー。有村は12km手前で上村を突き放して2位に浮上し、18秒差でタスキリレー。上村は18.5kmで渡邉にもかわされて4位に後退した。

後方では、11位でタスキを受けた中央学大・塩谷桂大が6.2kmで5人を抜いて6位に浮上。山梨学大の主将・井上大仁は区間3位の力走で20位から17位に浮上した。

4区[編集]

駒大のルーキー・工藤有生は区間新記録ペースの走りを見せるが、3位でタスキを受けた青学大のルーキー・田村和希が工藤を上回るペースで突っ込み東洋大・櫻岡駿を突き放すと、11.8kmで明大・松井智靖に追いつく。しかし松井も粘りの走りで激しく2位を争う。

工藤はこれまでの区間記録を3秒更新する54分31秒の区間新記録で、小田原中継所をトップでタスキリレー。2位争いは最後まで接戦となり、ラストスパートで田村がわずかに先行し45秒差でタスキリレー。田村は工藤の記録をさらに3秒上回る54分28秒をマークし区間賞・区間新記録を達成した。トップ駒大から3位明大まで47秒差、4位東洋大は1分36秒差と僅差で5区山上りがスタートした。

5区[編集]

青学大・神野大地がスタートから猛烈な勢いで先頭の駒大・馬場翔大を追い、9.6kmの大平台の定点でその差は10秒に縮まる。神野は10.15kmで馬場に追いつくと、10.45kmで一気にペースを上げて単独先頭に浮上し、更にその差を広げていく。神野はコース変更で参考記録となった柏原竜二の区間記録を上回る快走でそのまま逃げ切り、青学大が初の往路優勝を果たした。

一方の馬場は低体温症も相まって徐々に失速し、山下りに入っても全くペースが上がらず、20.35kmで明大・文元慧にかわされると、21.9kmでは足の痙攣で立ち止まってしまう。再び走り始めたがペースをさらに大きく落とし、ゴール手前500mで東洋大・五郎谷俊にもかわされる。

青学大と4分59秒差で明大が64年ぶりとなる往路2位でフィニッシュし、東洋大が6分49秒差の3位。馬場はその後もなんとか走り続け、最後の直線では二度三度と地面に手をつき立ち止まったものの、無事にゴールまで辿り着いた。駒大は青学大と7分25秒差の4位となった。

後方では、19番手でタスキを受けた日大のダニエル・ムイバ・キトニーが、神野に次ぐ区間2位・7人抜きの好走で12位に浮上。シード権争いは、7位東海大から11位拓大まで1分39秒差の混戦となった。

往路優勝した青学大から10分以上の差がついた8位城西大から20位創価大と、関東学生連合の14チームが復路一斉スタートとなったが、このチーム数は第70回大会の16チームに次いで史上2番目に多いものとなった。

復路[編集]

6区[編集]

前回は6区区間18位と力を発揮できなかった青学大・村井駿は、序盤を抑えめに入り徐々にペースを上げて後続との差を広げていく。終盤は足の痙攣でややペースを落としたものの、前回の自身の記録を2分30秒も上回る区間2位の力走でトップでタスキリレー。2位明大との差は5分42秒に広がった。

3位争いは、駒大・西澤佳洋が中継所手前で東洋大・高橋尚弥をかわし、7分35秒差の3位に浮上。6位でスタートした早大・三浦雅裕は芦之湯の定点で5位に浮上すると、今大会唯一の58分台で走り切り区間賞を獲得した。

一斉スタート組からは、日体大・秋山清仁が抜け出して6番目でタスキリレー。シード権争いでは、11位でスタートした拓大・大島千幸が区間最下位のブレーキで13位に後退。11位に日大、12位に山梨学大が浮上し、10位大東大と2分以内の差で追う形となった。

7区[編集]

青学大・小椋裕介が7区歴代3位の好走で区間賞を獲得し、後続との差をさらに広げた。

後方では、駒大・西山雄介と東洋大・服部弾馬が激しく3位を争う中、2位を走る明大のルーキー・末次慶太との差が徐々に縮まっていき、19.6kmで西山が単独2位に浮上。3位に東洋大、明大は4位に後退した。

シード権争いは、山梨学大が10位大東大と1分03秒差の11位に、順大は大東大と1分14秒差の12位に浮上。日大は13位に後退したが、大東大とは2分差の位置で粘る。

8区[編集]

青学大・高橋宗司が区間賞を獲得し、2位駒大との差を8分35秒に広げてタスキリレー。4位を走っていた明大は中継所直前で早大にかわされ5位に後退。

シード権争いは、11位の山梨学大・谷原先嘉が区間4位の力走で8番目にタスキリレーし、10位大東大とわずか16秒差まで縮めた。一方12位を走っていた順大は、1年生の栃木渡が17.4km付近で転倒し1分ほどうずくまるアクシデントもあり区間15位。大東大と2分30秒の差がつく苦しい展開となった。13位の日大は高松峻平が区間18位とブレーキし、大東大と3分以上離されてしまった。

復路・戸塚中継所では、拓大と関東学生連合が繰り上げスタートとなった。

9区[編集]

青学大・藤川拓也が区間記録にあと3秒に迫る歴代2位の走りで、青学大が3区間連続で区間賞を獲得した。2位駒大とは9分56秒の大差がつき、総合優勝をほぼ確実なものとした。

8区で5位に後退した明大は、木村慎が4kmで早大・柳利幸に追いつくと、13kmに及ぶ併走の末17km手前で柳を引き離して4位に浮上。さらに20.3kmで東洋大・寺内將人もかわして3位に浮上した。東洋大が明大と5秒差の4位、東洋大から26秒差の5位に早大が続いた。

シード権争いは、16番手・10位でスタートした大東大の主将・池田紀保が序盤をハイペースで突っ込み、権太坂の定点で8番手・11位でスタートした山梨学大・阿部竜巳との差を50秒まで広げるが、その後は池田のペースが落ち、横浜駅前でその差は再び16秒に縮まる。しかしここから池田が粘りの走りで逆転を阻止し、大東大が10位・14番手でタスキリレー。大東大と11位山梨学大の差は52秒。12位順大は大東大と2分43秒差に広がり、シード権争いは大東大と山梨学大の2校に絞られたかに思えた。

復路・鶴見中継所では、日大・神奈川大・創価大・拓大・関東学生連合が繰り上げスタートとなった。日大は村越直希が区間10位と粘りの走りを見せるも、24秒届かなかった。一方前回鶴見中継所で繰り上げスタートとなった國學院大は、廣川倖暉が区間5位の快走を見せ、トップと19分18秒差で無事にタスキを繋いだ。

10区[編集]

青学大はアンカーの安藤悠哉も快調な走りを見せ、初の総合優勝を成し遂げた。総合タイムは10時間49分27秒で、史上初の10時間50分切りという総合新記録となった。

駒大は2位をキープしたが、総合優勝した青学大とは10分50秒の大差がついた。1位と2位の差が10分以上開いたのは第64回大会(1位順大、2位大東大 17分09秒差)以来27年ぶり。東洋大は11km過ぎに明大を抜き3位でフィニッシュした。

9番手・総合9位でタスキを受けた城西大・寺田博英が安藤を2秒抑え区間賞を獲得。7番手・総合7位でフィニッシュした。

シード権争いは、11位の山梨学大と2分32秒差の8位でスタートした中大・多田要がウォーミングアップ中に左膝を負傷するアクシデントに見舞われペースが全く上がらず、新八ツ山橋の定点で11位に転落する。一方の山梨学大は兼子侑大が区間3位の好走で6番目にフィニッシュ。大東大をかわして総合9位に滑り込み、逆転でシード権を獲得した。山梨学大は2区を予定していたオムワンバを故障で欠きながらも、大学史上初めて留学生起用なしでのシード権獲得となった。

大東大も植木章文が区間11位でまとめ、総合10位に踏みとどまり2年連続のシード権を獲得した。10位大東大と11位帝京大の差は2分15秒だった。多田はトップから29分57秒遅れて完走したものの、中大は総合19位まで転落しシード権獲得を逃した。

シード権返り咲きは、東海大が4年ぶり、城西大と山梨学大が3年ぶり、中央学大が2年ぶりに獲得。一方、帝京大と日体大が3年ぶり、日大と拓大が2年ぶりにシード権を失った。

成績[編集]

大会成績 第90回大会までの最高記録
総合優勝
(217.1km)
青山学院大学
(10時間49分27秒)
初優勝 東洋大学
(10時間51分36秒)
(参考、217.9km)
[第88回、2012年]
往路優勝
(107.5km)
青山学院大学
(5時間23分58秒)
初優勝 東洋大学
(5時間24分45秒)
(参考、108.0km)
[第88回、2012年]
復路優勝
(109.6km)
青山学院大学
(5時間25分29秒)
初優勝 東洋大学
(5時間25分38秒)
(参考、109.9km)
[第90回、2014年]

完全優勝(総合・往路・復路の全部門優勝)

青山学院大学 - 大学初。大会史上40回目
  • 総合成績での10時間49分台の記録は大会史上初。
  • 往路成績での5時間23分台の記録は大会史上初。
  • 復路成績での5時間25分29秒の記録は、90回大会の参考記録を上回る最速記録。

金栗四三杯(最優秀選手)[編集]

神野大地(青山学院大学、第5区 = 区間賞) - 青山学院大学からの選出は初。

総合成績[編集]

総合順位 No./大学名 総合記録 1位との差
(10位との差)
通過順位 備考
往路 復路
1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 8区 9区 10区
1 5 青山学院大学 10時間49分27秒 - 2 3 3 2 1 1 1 1 1 1 ※ 初優勝。10時間49分台の記録は大会史上初。
2 2 駒澤大学 11時間00分17秒 10分50秒 1 2 1 1 4 3 2 2 2 2
3 1 東洋大学 11時間01分22秒 11分55秒 4 1 4 4 3 4 3 3 4 3
4 6 明治大学 11時間01分57秒 12分30秒 3 4 2 3 2 2 4 5 3 4
5 4 早稲田大学 11時間02分15秒 12分48秒 11 5 5 5 6 5 5 4 5 5
6 13 東海大学 11時間07分08秒 17分41秒 12 7 8 7 7 7 6 6 6 6
7 19 城西大学 11時間08分15秒 18分48秒 16 8 7 8 8 9 9 9 9 7 ※ *1
8 15 中央学院大学 11時間09分18秒 19分51秒 5 11 6 6 5 6 7 7 7 8
9 14 山梨学院大学 11時間10分43秒 21分16秒 20 20 17 14 13 12 11 11 11 9 ※ *1
10 10 大東文化大学 11時間11分15秒 21分48秒 9 10 9 12 9 10 10 10 10 10 ※ *1
11 8 帝京大学 11時間13分30秒 ( 2分15秒) 15 16 13 16 16 15 15 14 13 11 *1
12 18 順天堂大学 11時間13分32秒 ( 2分17秒) 7 12 15 13 15 14 12 12 12 12 *1
13 7 日本大学 11時間17分59秒 ( 6分44秒) 17 18 16 18 12 11 13 13 14 13 *1 *3
14 12 國學院大學 11時間18分12秒 ( 6分57秒) 14 15 20 20 19 19 19 19 19 14 *1
15 3 日本体育大学 11時間18分24秒 ( 7分09秒) 18 14 14 15 17 16 17 17 15 15 *1 *4
16 9 拓殖大学 11時間18分24秒 ( 7分09秒) 8 13 11 11 11 13 14 16 17 16 *1 *2 *3 *4
17 11 神奈川大学 11時間18分47秒 ( 7分32秒) 6 6 12 10 14 17 16 15 18 17 *1 *3
18 16 上武大学 11時間18分53秒 ( 7分38秒) 19 19 18 17 18 18 18 18 16 18 *1
19 17 中央大学 11時間20分51秒 ( 9分37秒) 10 9 10 9 10 8 8 8 8 19 *1
20 20 創価大学 11時間31分40秒 (20分26秒) 13 17 19 19 20 20 20 20 20 20 *1 *3
OP(19) 21 関東学生連合 11時間19分12秒 ( 7分57秒) (17) (17) (17) (17) (13) (19) (18) (19) (20) (19) *1 *2 *3
(括弧()の数字は正式順位ではなくオープン参加(OP)チームの成績相当順位を表す。)
10位以内の大学には次大会(第92回大会)のシード権を与えられた。
*1:復路一斉スタート
*2:復路9区・戸塚中継所にて繰り上げスタート
*3:復路10区・鶴見中継所にて繰り上げスタート
*4:15位の日本体育大学と16位の拓殖大学は同タイムであるが、順位決定は区間上位者数の多少による。
  • 区間順位(1区から順に)
  • 日本体育大学 /18,14,11,17,19,4,16,17,11,16(位)/区間最上位=区間4位(1区間)
  • 拓殖大学 /8,13,14,11,8,20,20,18,17,15(位)/区間最上位=区間8位(2区間)

往路成績[編集]

往路順位 No./大学名 往路記録 1位との差
(10位との差)
往路通過順位 備考
1区 2区 3区 4区 5区
1 5 青山学院大学 5時間23分58秒 - 2 3 3 2 1 初優勝。5時間23分台の記録は大会史上初。
2 6 明治大学 5時間28分57秒 04分59秒 3 4 2 3 2
3 1 東洋大学 5時間30分47秒 06分49秒 4 1 4 4 3
4 2 駒澤大学 5時間31分23秒 07分25秒 1 2 1 1 4
5 15 中央学院大学 5時間32分26秒 08分28秒 5 11 6 6 5
6 4 早稲田大学 5時間33分02秒 09分04秒 11 5 5 5 6
7 13 東海大学 5時間33分55秒 09分57秒 12 7 8 7 7
8 19 城西大学 5時間35分09秒 11分13秒 16 8 7 8 8 *1
9 10 大東文化大学 5時間35分21秒 11分25秒 9 10 9 12 9 *1
10 17 中央大学 5時間35分25秒 11分29秒 10 9 10 9 10 *1
11 9 拓殖大学 5時間35分36秒 (0分11秒) 8 13 11 11 11 *1
12 7 日本大学 5時間37分29秒 (2分04秒) 17 18 16 18 12 *1
13 14 山梨学院大学 5時間38分53秒 (3分28秒) 20 20 17 14 13 *1
14 11 神奈川大学 5時間39分09秒 (3分44秒) 6 6 12 10 14 *1
15 18 順天堂大学 5時間39分18秒 (3分53秒) 7 12 15 13 15 *1 *2
16 8 帝京大学 5時間39分18秒 (3分53秒) 15 16 13 16 16 *1 *2
17 3 日本体育大学 5時間41分48秒 (6分23秒) 18 14 14 15 17 *1
18 16 上武大学 5時間41分55秒 (7分38秒) 19 19 18 17 18 *1
19 12 國學院大學 5時間42分48秒 (8分31秒) 14 15 20 20 19 *1
20 20 創価大学 5時間44分45秒 (9分20秒) 13 17 19 19 20 *1
OP(13) 21 関東学生連合 5時間38分27秒 (3分03秒) (17) (17) (17) (17) (13) *1
(括弧()の数字は正式順位ではなくオープン参加(OP)チームの成績相当順位を表す。)
*1:復路一斉スタート対象校
*2:15位と16位は同タイムであるが、順位は着順による。

復路成績[編集]

復路順位 No./大学名 復路記録 1位との差 復路のみの通過順位 備考
6区 7区 8区 9区 10区
1 5 青山学院大学 5時間25分29秒 - 2 1 1 1 1 初優勝。90回大会の参考記録を上回る最速記録。
2 2 駒澤大学 5時間28分54秒 03分25秒 3 3 2 2 2
3 4 早稲田大学 5時間29分13秒 03分44秒 1 2 3 3 3
4 1 東洋大学 5時間30分35秒 05分06秒 8 4 4 4 4
5 14 山梨学院大学 5時間31分50秒 06分21秒 5 9 6 6 5 *1
6 6 明治大学 5時間33分00秒 07分31秒 7 11 10 7 6
7 19 城西大学 5時間33分06秒 07分37秒 10 7 8 9 7 *1
8 13 東海大学 5時間33分13秒 07分44秒 9 7 7 5 8
9 8 帝京大学 5時間34分12秒 08分43秒 18 14 13 11 9 *1
10 18 順天堂大学 5時間34分14秒 08分45秒 11 6 9 10 10 *1
11 12 國學院大學 5時間35分24秒 09分55秒 14 12 17 15 11 *1
12 10 大東文化大学 5時間35分54秒 10分25秒 15 18 16 13 12 *1
13 3 日本体育大学 5時間36分36秒 11分07秒 4 10 12 12 13 *1
14 15 中央学院大学 5時間36分52秒 11分33秒 16 13 11 16 14
15 16 上武大学 5時間36分58秒 11分39秒 17 15 14 14 15 *1
16 11 神奈川大学 5時間39分38秒 14分08秒 19 19 15 18 16 *1 *3
17 7 日本大学 5時間40分30秒 15分01秒 13 16 18 17 17 *1 *3
18 9 拓殖大学 5時間42分48秒 17分19秒 20 20 20 20 18 *1 *2 *3
19 17 中央大学 5時間45分26秒 19分57秒 6 5 5 8 19 *1
20 20 創価大学 5時間46分55秒 21分26秒 12 17 19 19 20 *1 *3
OP(18) 21 関東学生連合 5時間40分45秒 15分16秒 (21) (21) (20) (20) (18) *1 *2 *3
(括弧()の数字は正式順位ではなくオープン参加(OP)チームの成績相当順位を表す。)
*1:復路一斉スタート
*2:復路9区・戸塚中継所にて繰り上げスタート
*3:復路10区・鶴見中継所にて繰り上げスタート

区間賞[編集]

区間記録 第90回大会までの最高記録
往路 第1区
(21.3km)
中村匠吾
(駒澤大学)
1時間02分00秒 1時間01分06秒
(2007年)
佐藤悠基
(東海大学)
第2区
(23.1km)
服部勇馬
(東洋大学)
1時間07分32秒 1時間06分04秒
(2009年)
メクボ・J・モグス
(山梨学院大学)
第3区
(21.4km)
中谷圭佑
(駒澤大学)
1時間02分40秒 1時間01分38秒
(2012年)
オンディバ・コスマス
(山梨学院大学)
第4区
(18.5km)
田村和希
(青山学院大学)
54分28秒
区間新記録
54分34秒
(2011年)
西村知修
(帝京大学)
第5区
(23.2km)
神野大地
(青山学院大学)
1時間16分15秒 1時間16分39秒
(参考/23.4km)
(2012年)
柏原竜二
(東洋大学)
復路 第6区
(20.8km)
三浦雅裕
(早稲田大学)
58分31秒 58分11秒
(参考/20.8km)
(2011年)
千葉健太
(駒澤大学)
第7区
(21.3km)
小椋裕介
(青山学院大学)
1時間02分40秒 1時間02分32秒
(2012年)
設楽悠太
(東洋大学)
第8区
(21.4km)
高橋宗司
(青山学院大学)
1時間05分31秒 1時間04分05秒
(1997年)
古田哲弘
(山梨学院大学)
第9区
(23.1km)
藤川拓也
(青山学院大学)
1時間08分04秒 1時間08分01秒
(2008年)
篠藤淳
(中央学院大学)
第10区
(23.0km)
寺田博英
(城西大学)
1時間10分01秒 1時間08分59秒
(2007年)
松瀬元太
(順天堂大学)

区間記録[編集]

その他の記録[編集]

出場校数[編集]

  • 20大学(21チーム)

当日エントリー変更[編集]

変更件数 全区間合計 53件
往路 23件/復路 30件
変更件数 往路 復路 1区 2区 3区 4区 5区 6区 7区 8区 9区 10区
合計件数 53 23 30 4 2 11 4 2 2 6 10 4 8
東洋大学 2 1 1 - - 3区 - - - 7区 - - -
駒澤大学 2 1 1 - - 3区 - - - - 8区 - -
日本体育大学 2 1 1 - - 3区 - - - - 8区 - -
早稲田大学 3 1 2 - - - 4区 - - - - 9区 10区
青山学院大学 4 2 2 1区 - - 4区 - - - 8区 9区 -
明治大学 2 0 2 - - - - - - 7区 8区 - -
日本大学 2 1 1 - - 3区 - - - - - - 10区
帝京大学 3 1 2 - - 3区 - - - 7区 - 9区 -
拓殖大学 2 1 1 - - 3区 - - - - 8区 - -
大東文化大学 2 1 1 - - - - 5区 - - 8区 - -
神奈川大学 3 1 2 - - 3区 - - - - 8区 - 10区
國學院大學 3 1 2 - - 3区 4区 - 6区 - - - 10区
東海大学 4 2 2 1区 - 3区 - - - - 8区 - 10区
山梨学院大学 3 2 1 1区 2区 - - - - - - - 10区
中央学院大学 4 1 3 - - - - 5区 - 7区 8区 - 10区
上武大学 2 1 1 - - - 4区 - - 7区 - - -
中央大学 2 0 2 - - - - - - 7区 - 9区 -
順天堂大学 4 3 1 1区 2区 3区 - - 6区 - - - -
城西大学 3 1 2 - - 3区 - - - - 8区 - 10区
創価大学 0 0 0 - - - - - - - - - -
関東学生連合 0 0 0 - - - - - - - - - -

記録の最少差[編集]

総合記録の最少差[編集]
0分00秒(同タイム、繰り上げスタートにより着順が順位を表さないため、順位決定は区間上位者数の多少による。)
日本体育大学(11時間18分24秒 = 総合15位) - 区間最上位=4位(6区)
拓殖大学(11時間18分24秒 = 総合16位) - 区間最上位=8位(1区、5区)
- 第89回(総合4位と5位)以来、2度目。
- 区間上位者数の多少による総合順位決定は初。
往路記録の最少差[編集]
0分00秒(同タイム、順位決定は着順による)
順天堂大学(5時間39分18秒 = 往路15位)
帝京大学(5時間39分18秒 = 往路16位)
- 第80回(往路11位=2校)、第83回(往路9位と10位)、第85回(往路7位と8位)、第89回(往路6位と7位)以来。

繰り上げスタート[編集]

  • 復路一斉スタート校数:13大学(14チーム)
城西大学(3年連続)
大東文化大学(86回大会以来、5年ぶり)
中央大学(4年連続)
拓殖大学(88回大会以来、3年ぶり)
日本大学(89回大会以来、2年ぶり)
山梨学院大学(2年連続)
神奈川大学(4年連続)
順天堂大学(2年連続)
帝京大学(2年連続)
日本体育大学(88回大会以来、3年ぶり)
上武大学(6年連続)
國學院大學(4年連続)
創価大学(初)
関東学生連合チーム(OP)
  • 繰上げスタート区間:計2区間 (復路一斉スタートを除く)
第9区(2年連続)
第10区(2年連続)
  • 繰上げスタート校数:4大学(5チーム) (復路一斉スタートを除く)
日本大学 - 10区 (87回大会 10区以来、4年ぶり)
神奈川大学 - 10区 (90回大会 10区以来、2年連続)
創価大学 - 10区 (初)
拓殖大学 - 9区、10区 (60回大会 9区、10区以来、31年ぶり)
関東学生連合チーム(OP) - 9区、10区
  • 繰上げスタート延べ走者数:7走者 (復路一斉スタートを除く)
第9区:1大学(2チーム): 拓殖大学、関東学生連合チーム(OP)

第10区:4大学(5チーム): 日本大学、神奈川大学、創価大学、拓殖大学、関東学生連合チーム(OP)

ごぼう抜き(4人抜き以上)[編集]

ごぼう抜き(4人抜き以上) 追い抜かれ(4人抜き以上)
往路 2区
  • 8人抜き
村山紘太(城西大、16位→8位)
  • 6人抜き
高田康暉(早稲田大、11位→5位)
  • 5人抜き
川端千都(東海大、12位→7位)
奥野翔弥(日本体育大、19番目(18位)→14位)
  • 6人抜かれ
海老沢剛(中央学院大、5位→11位)
  • 5人抜かれ
田中孝貴(順天堂大、7位→12位)
後沢広大(創価大、13位→18番目(17位))
3区
  • 5人抜き
塩谷桂大(中央学院大、11位→6位)
  • 6人抜かれ
大川一成(神奈川大、6位→12位)
塚本一政(國學院大、15位→21番目(20位))
4区
  • 4人抜き
上村純也(山梨学院大、18番目(17位)→14位)
(該当者なし)
5区
  • 7人抜き
キトニー(日本大、19番目(18位)→12位)
  • 4人抜き
吉村大輝(関東学生連合(流通経済大)、17番目→13番目)=OP
  • 5人抜かれ
渡辺慎也(神奈川大、10位→15番目(14位))
復路 6区 (該当者なし) (該当者なし)
7区
  • 5人抜き
西沢卓弥(順天堂大、12番目→7番目)
  • 4人抜き
内田直斗(帝京大、18番目→14番目)
  • 6人抜かれ
大手敬史(日本体育大、6番目→12番目)
  • 4人抜かれ
江藤光輝(創価大、13番目→17番目)
8区
  • 4人抜き
大野日暉(神奈川大、19番目→15番目)
  • 4人抜かれ
川副智洋(國學院大、13番目→17番目)
9区 (該当者なし) (該当者なし)
10区
  • 4人抜き
湯川智史(國學院大、16番目→12番目)
  • 13人抜かれ
多田要(中央大、8番目→21番目)[4]
復路第6区以降では一斉スタートが生じているため、復路6区以降の各区は「見た目の通過順位」による

「見た目の通過順位」[編集]

中継所を通過した時点の各校の通過順位(いわゆる「見た目の通過順位」)及び通過時刻

予選会[編集]

  • 予選会:2014年10月18日 9時35分スタート
(20.0km) 陸上自衛隊立川駐屯地(スタート)~立川市街地~国営昭和記念公園(ゴール)

概要[編集]

第91回箱根駅伝予選会は2014年10月18日、陸上自衛隊立川駐屯地から立川市街地を経て国営昭和記念公園内をゴールとする全長20kmのコースで行われた。 前年は13校に拡げられた予選通過枠は、今大会では10校となっており、この予選会上位10校を目指し48校(大学院、大学校含む)、エントリー全642人のうち、各校10~12名の計561人が参加した。 レースは各校上位10人の合計タイムで争われ順位を決定した。 その結果、上位10校となった神奈川大学、國學院大學、東海大学、山梨学院大学、中央学院大学、上武大学、中央大学、順天堂大学、城西大学、創価大学が本大会出場を決めた。 創価大学は本大会初出場、前回大会で途中棄権となった山梨学院大学を含む、その他の9校は前年に続いての出場となる。 一方、90回大会で11位以下となり予選会からの参加となった法政大学、東京農業大学、専修大学、国士舘大学の4校は本大会への出場権を逃した。

レースは参加した48大学のうち47チームが10人以上完走となった。 埼玉大学は出走した10人のうち完走が9人(10km関門での時間制限により1人失格=途中棄権扱い)だったため記録なしとなった。

予選1位の神奈川大学の合計タイムは10時間07分11秒、埼玉大学を除く完走47チーム中47位となった上智大学は11時間59分45秒の記録だった。 個人別成績では上位10人が1時間以内の成績を記録した。 個人成績1位の村山(城西大)の成績は日本人最高記録となる58分26秒、最後の完走ランナーの成績は1時間19分26秒の記録だった。 出走した561人のうち完走560人、途中棄権1人(前出)だった。

予選不通過校の個人成績上位選手から選考される関東学生連合チームには、予選会11位以下となった各校の学内1位の選手を中心に計16人が選出された。 連合チームには、予選会最下位(記録なし)となった埼玉大学からも個人成績171位の選手が選出されている。

変更点[編集]

  • 前回大会は90回記念大会による出場校数増加のため、予選通過校数は13チームだったが、今大会の予選通過校数は10チームである。
    なお、今大会から関東学生連合チームを再度編成することにより、本大会出場チーム総数はシード校10校を合わせた21チームとなっている。
  • 給水地点は5km地点、11km地点、16km地点の各付近とする(前回大会予選会では5km地点、10km地点、15km地点)。

出場資格[編集]

「第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 要項」[5]および「競技注意事項」[6]における出場資格は以下のとおりである。

1)平成26年度関東学生陸上競技連盟男子登録者で、本予選会並びに箱根駅伝本大会出場回数が通算4回未満である者に限る。
ただし、別個加盟の大学院の競技者は、学部での出場回数に関係なく新たに4回まで出場できる。
2)1校1チームとする。ただし、エントリーは10名以上14名以下とし出場人数は10名以上12名以下とする。
3)平成25年1月1日(火)より申込み期日前日(平成26年10月1日)までに各校エントリー者全員が5000m 16分30秒以内もしくは10000m 34分以内の公認記録を有していること。ただし、トラックでの記録に限る。

順位決定方法[編集]

「第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 要項」における順位決定方法は以下の方法で行われる。

各校上位10名の合計タイムにより13校を選ぶ。

1)競技成績での上位10名の合計タイムが少ない大学を上位とする。
2)1)で同タイムの場合には上位10名の合計順位が少ない大学を上位とする。
3)2)によって順位が決定しない場合には、各校最上位選手の順位が上位の大学を上位とする。
4)1)の基準で10位に複数校が並んだ場合には、2)及び3)より順位を決定する。
  • 完走者が10名に満たないチームは、チーム記録については記録なしとなるが個人記録については公認として認められる。

注意点[編集]

「第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 要項」および「競技注意事項」による注意事項(抜粋)

  • レースは1時間20分を以て終了となる。
  • 以下に該当する場合、当該選手については予選会の競技は中止となる。
    • スタート後38分を経過しても10km地点に到達していない場合
    • 先頭走者が国営昭和記念公園内の最終周回(18.2km地点付近)に入った時点で合流点(13.4km地点付近)に到達していない場合

予選会エントリー校[編集]

今大会の予選会には48大学(大学院、大学校を含む)がエントリーしている。

No. 大学名 登録
選手数
出場
選手数
1 法政大学 14 12
2 中央学院大学 14 12
3 東海大学 14 12
4 東京農業大学 14 12
5 中央大学 14 12
6 順天堂大学 14 12
7 國學院大學 14 12
8 神奈川大学 14 12
9 城西大学 14 12
10 上武大学 14 12
11 専修大学 14 12
12 国士舘大学 14 12
13 山梨学院大学 14 12
14 亜細亜大学 14 12
15 流通経済大学 14 12
16 平成国際大学 14 12
No. 大学名 登録
選手数
出場
選手数
17 東京国際大学 14 12
18 関東学院大学 14 12
19 創価大学 14 12
20 麗澤大学 14 12
21 東京経済大学 14 12
22 武蔵野学院大学 14 12
23 松蔭大学 14 12
24 筑波大学 14 12
25 駿河台大学 14 12
26 立教大学 14 12
27 東京情報大学 14 12
28 慶應義塾大学 14 12
29 東京学芸大学 13 12
30 国際武道大学 13 12
31 芝浦工業大学 14 12
32 明治学院大学 12 12
No. 大学名 登録
選手数
出場
選手数
33 東京大学 14 12
34 横浜国立大学 11 10
35 東京大学大学院 14 11
36 千葉大学 14 12
37 高崎経済大学 13 11
38 学習院大学 12 12
39 首都大学東京 12 11
40 埼玉大学 10 10
41 東京工業大学 14 12
42 防衛大学校 10 10
43 東京理科大学 11 10
44 一橋大学 13 12
45 桜美林大学 13 12
46 上智大学 10 10
47 日本薬科大学 14 11
48 東京農工大学 11 11
  • 登録選手数はエントリー時の人数(最大14名)。予選会に実際に出場できるのは12名まで。
  • 大学No.について
    No.1-13:第90回箱根駅伝の順位順、
    No.14-44:第90回箱根駅伝予選会の順位順、
    No.45-48:第90回箱根駅伝予選会に不参加だった大学

エントリー選手リスト[編集]

  • 大学別エントリー選手リスト
  • スタートリスト
  • 欠場者リスト

予選会競走成績[編集]

記録は予選会総合公式記録[7][8]による

順位 No./大学名 総合成績
(10位との差)
学内上位10名 個人順位 学内1位
個人記録
学内10位
個人記録
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1 8 神奈川大学 10時間07分11秒 3 11 23 33 44 50 68 76 97 101 059分17秒 1時間01分26秒
2 7 國學院大學 10時間07分18秒 8 10 31 39 48 55 63 75 99 114 059分29秒 1時間01分38秒
3 3 東海大学 10時間07分31秒 9 15 17 22 41 52 62 94 102 115 059分34秒 1時間01分39秒
4 13 山梨学院大学 10時間07分57秒 2 5 21 25 37 38 87 142 148 154 058分34秒 1時間02分17秒
5 2 中央学院大学 10時間09分17秒 12 14 19 29 47 70 90 91 116 125 1時間00分10秒 1時間01分49秒
6 10 上武大学 10時間10分20秒 46 51 59 60 61 65 72 77 88 92 1時間00分46秒 1時間01分18秒
7 5 中央大学 10時間11分37秒 16 18 32 54 67 81 120 121 124 134 1時間00分16秒 1時間01分57秒
8 6 順天堂大学 10時間11分55秒 24 28 35 53 69 95 98 105 117 153 1時間00分29秒 1時間02分15秒
9 9 城西大学 10時間12分09秒 1 20 30 64 82 103 129 137 161 185 058分26秒 1時間02分50秒
10 19 創価大学 10時間14分03秒 6 49 71 73 80 85 128 132 169 183 059分25秒 1時間02分49秒
11 4 東京農業大学 10時間14分52秒
(0分49秒)
4 13 45 79 86 122 147 158 170 205 059分22秒 1時間03分17秒
12 1 法政大学 10時間16分53秒 66 83 100 104 110 111 139 144 145 156 1時間01分04秒 1時間02分19秒
13 17 東京国際大学 10時間18分24秒 7 56 112 126 133 141 143 146 184 220 059分28秒 1時間03分39秒
14 16 平成国際大学 10時間22分19秒 40 109 118 123 140 160 164 174 200 227 1時間00分41秒 1時間03分43秒
15 12 国士舘大学  10時間25分28秒 27 84 89 119 165 201 210 211 225 252 1時間00分32秒027 1時間04分31秒
16 20 麗澤大学 10時間27分22秒 42 78 107 108 178 207 214 231 234 268 1時間00分43秒 1時間04分58秒
17 11 専修大学 10時間27分45秒 26 135 175 177 179 199 208 212 217 219 1時間00分32秒026 1時間03分39秒
18 15 流通経済大学 10時間30分14秒 34 93 131 138 151 176 198 248 307 335 1時間00分39秒 1時間06分20秒
19 25 駿河台大学 10時間35分18秒 74 168 181 206 221 228 239 246 247 282 1時間01分08秒 1時間05分13秒
20 14 亜細亜大学 10時間35分49秒 36 180 192 202 204 230 251 259 261 275 1時間00分39秒 1時間05分05秒
21 24 筑波大学 10時間39分17秒 152 163 167 193 215 244 256 280 295 321 1時間02分12秒 1時間05分56秒
22 18 関東学院大学 10時間39分34秒 57 150 191 194 232 270 273 279 299 310 1時間00分56秒 1時間05分42秒
23 22 武蔵野学院大学 10時間45分45秒 172 189 213 237 238 264 277 314 332 343 1時間02分40秒172 1時間06分34秒
24 21 東京経済大学 10時間47分15秒 96 226 249 253 272 281 285 294 305 347 1時間01分23秒 1時間06分37秒
25 23 松蔭大学 10時間51分29秒 106 136 260 278 291 324 327 341 361 378 1時間01分33秒 1時間07分18秒
26 47 日本薬科大学(11) 10時間52分21秒 188 209 236 262 267 290 302 362 374 381 1時間02分55秒 1時間07分21秒
27 27 東京情報大学 10時間56分38秒 245 250 254 266 274 276 292 330 421 424 1時間04分18秒 1時間08分20秒
28 26 立教大学 11時間01分54秒 190 296 315 316 319 320 336 376 386 438 1時間02分57秒 1時間08分58秒
29 45 桜美林大学 11時間06分06秒 58 269 322 338 370 383 394 422 423 440 1時間00分57秒 1時間09分02秒
30 32 明治学院大学 11時間07分46秒 241 300 308 328 339 350 357 404 435 453 1時間04分13秒 1時間09分32秒
31 33 東京大学 11時間07分49秒 186 293 297 358 373 380 390 416 426 427 1時間02分51秒 1時間08分32秒
32 28 慶應義塾大学 11時間08分34秒 263 303 312 342 345 364 389 414 418 429 1時間04分48秒 1時間08分35秒
33 31 芝浦工業大学 11時間09分10秒 197 243 257 360 365 367 400 411 472 475 1時間03分09秒 1時間10分16秒
34 29 東京学芸大学 11時間09分11秒 223 229 301 313 337 412 413 433 434 476 1時間03分41秒 1時間10分16秒
35 30 国際武道大学 11時間11分22秒 255 329 340 346 349 356 369 375 445 493 1時間04分33秒 1時間10分52秒
36 36 千葉大学 11時間24分56秒 352 355 377 397 437 441 442 450 454 471 1時間06分40秒 1時間10分14秒
37 35 東京大学大学院(11) 11時間25分31秒 196 304 333 425 430 460 464 468 501 519 1時間03分08秒 1時間12分15秒
38 34 横浜国立大学(10) 11時間27分25秒 348 359 387 395 403 417 456 459 467 524 1時間06分37秒 1時間12分55秒
39 37 高崎経済大学(11) 11時間27分36秒 286 368 384 402 405 439 461 483 502 504 1時間05分18秒 1時間11分26秒
40 38 学習院大学 11時間27分43秒 265 306 351 408 419 432 495 503 507 512 1時間04分49秒 1時間11分52秒
41 39 首都大学東京(11) 11時間40分40秒 318 379 406 444 474 491 492 518 528 531 1時間05分52秒 1時間13分15秒
42 41 東京工業大学 11時間41分41秒 43 325 449 463 480 482 526 532 536 544 1時間00分44秒 1時間14分33秒
43 44 一橋大学 11時間47分16秒 311 388 398 484 486 514 517 530 533 539 1時間05分43秒 1時間13分59秒
44 43 東京理科大学(10) 11時間53分11秒 396 420 452 455 457 473 490 542 552 554 1時間07分45秒 1時間16分35秒
45 48 東京農工大学(11) 11時間54分05秒 284 462 478 500 509 520 522 527 535 540 1時間05分14秒 1時間14分06秒
46 42 防衛大学校(10) 11時間59分25秒 393 399 458 466 469 479 494 555 556 558 1時間07分43秒 1時間18分41秒
47 46 上智大学(10) 11時間59分45秒 428 489 497 498 505 508 521 534 538 549 1時間08分33秒 1時間15分15秒
99 - 40 埼玉大学(10) 99記録なし
(完走9人)
171 222 344 372 415 447 499 546 550 999DNF 1時間02分40秒171 999DNF 途中棄権
  • 大学名の横に(数字)とあるのは出走選手数を表す。その他は出走選手数12名の学校である。
予選会不通過校所属選手の個人上位記録
順位 記録(20km) 選手No 氏名(学年) 所属団体名
4 59分22秒 43 浅岡 満憲(4) 東京農業大学
7 59分28秒 238 シテキ・スタンレイ(1) 東京国際大学
13 1時間00分10秒 46 竹内 竜真(4) 東京農業大学{{{1}}}
26 1時間00分32秒 143 斉藤 翔太(4) 専修大学
27 1時間00分32秒 161 堀合 修平(3) 国士舘大学
34 1時間00分39秒 197 吉村 大輝(4) 流通経済大学
36 1時間00分39秒 188 佐久間 祥(3) 亜細亜大学
40 1時間00分41秒 218 柴田 拓真(2) 平成国際大学
42 1時間00分43秒 274 村瀬 圭太(3) 麗澤大学
43 1時間00分44秒 556 松井 将器(3) 東京工業大学
56 1時間00分55秒 226 小針 旭人(3) 東京国際大学{{{1}}}
57 1時間00分56秒 245 古川 敬祐(3) 関東学院大学
58 1時間00分57秒 607 ラザラス・モタンヤ(1) 桜美林大学
66 1時間01分04秒 2 佐野 拓馬(4) 法政大学
74 1時間01分08秒 342 松枝 啓太(3) 駿河台大学
78 1時間01分10秒 269 杉山 慧斗(4) 麗澤大学{{{1}}}
83 1時間01分12秒 7 中村 涼(3) 法政大学{{{1}}}
順位 記録(20km) 選手No 氏名(学年) 所属団体名
84 1時間01分12秒 159 浪岡 健吾(4) 国士舘大学{{{1}}}
93 1時間01分19秒 200 酒井 真乃補(3) 流通経済大学{{{1}}}
96 1時間01分23秒 282 五十嵐 友也(4) 東京経済大学
106 1時間01分33秒 309 田中 健介(4) 松蔭大学
109 1時間01分36秒 217 坂野 敬一(2) 平成国際大学{{{1}}}
135 1時間01分58秒 151 渡辺 瑠偉(2) 専修大学{{{1}}}
136 1時間01分59秒 311 津司 雅巧(4) 松蔭大学{{{1}}}
150 1時間02分11秒 241 田籠 優生(4) 関東学院大学{{{1}}}
152 1時間02分12秒 333 勝谷 徳仁(2) 筑波大学
163 1時間02分28秒 328 吉成 祐人(3) 筑波大学{{{1}}}
168 1時間02分37秒 347 岩嵜 誠(1) 駿河台大学{{{1}}}
171 1時間02分40秒 544 山田 幸輝(2) 埼玉大学
172 1時間02分40秒 304 林 優人(2) 武蔵野学院大学
180 1時間02分46秒 187 山本 和磨(4) 亜細亜大学
186 1時間02分51秒 450 渥美 祐次郎(3) 東京大学
189 1時間02分55秒 296 紺野 勇樹(4) 武蔵野学院大学
190 1時間02分57秒 361 大西 政徳(2) 立教大学
  • この表では個人成績上位選手から各校2名まで抜粋している。大学名に{{{1}}}とあるのは学内2位。
  • 関東学生連合は予選会不通過校の所属選手のうち、個人成績上位選手から各校1名まで選出される。
  • ●は関東学生連合に選出された選手(16名)[9]
予選会個人全記録

リンク (PDF)

メディアによる中継[編集]

本大会

予選会

  • テレビ
    • 2014年10月18日(土)9:25-11:25(日本テレビ
    • 2014年10月18日(土)14:00-16:00(BS日テレ、録画)

参考文献[編集]

  • 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 要項 リンク (PDF)
  • 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 競技実施要項 リンク (PDF)
  • 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 往路スタート並び順[12] リンク (PDF)

脚注[編集]

  1. ^ 「東京箱根間往復大学駅伝競走における競走路一部変更に伴う記録の取り扱いについて(関東学生陸上競技連盟 平成26年7月28日)」 http://www.kgrr.org/event/2014/kgrr/91-hakone/91hakone_kirokunotoriatukai.pdf
  2. ^ 【箱根駅伝】名物の5区山上りコース20メートル延長!歴代記録は「参考」扱いに : 事業 : スポーツ報知
  3. ^ 「東京箱根間往復大学駅伝競走における距離変更とそれに伴う記録の取り扱いについて(関東学生陸上競技連盟 平成26年10月8日)」 http://www.kgrr.org/event/2014/kgrr/91-hakone/hakoneekiden_kyorihenkou.pdf
  4. ^ 中大10区で悪夢 多田失速でシード圏外へ - 日刊スポーツ(2015年1月3日)※2015年12月24日閲覧
  5. ^ 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 要項 (PDF)
  6. ^ 第91回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 競技注意事項 (PDF)
  7. ^ 第91回 箱根駅伝予選会総合公式記録 (PDF) - 関東学生陸上連盟サイト
  8. ^ 第91回 箱根駅伝予選会総合公式記録 (PDF) - 箱根駅伝公式サイト
  9. ^ 「第91回東京箱根間往復大学駅伝競走 関東学生連合チーム選手決定について」リンク (PDF)
  10. ^ 別途7:00-7:50に『まもなく 箱根駅伝往路』を生放送。
  11. ^ 別途7:00-7:50に『まもなく 箱根駅伝復路』を生放送。
  12. ^ 往路スタート並び順は前列(シード校10校)と後列(予選会通過校10校+関東学生連合)に分け、前列左側から「9・7・5・3・1・2・4・6・8・10」、後列左側から「21・19・17・15・13・11・12・14・16・18・20」(数字はナンバーカード)の順に並ぶ。