第92回天皇杯・第83回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第92回天皇杯・第83回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会 は、2017年1月2日から9日の期間に開催されている全日本総合バスケットボール選手権大会である[1]。大会の正式呼称はオールジャパン2017。

概要[編集]

国立代々木競技場第一体育館、第二体育館と駒沢体育館大田区総合体育館の4ヶ所で開催され、トーナメント方式により優勝を決定する。前回大会まで並立していたNBLTKbjリーグが統合されて新たにB.LEAGUEが発足された為、前回大会までNBL所属のチームに与えられていた枠はB.LEAGUE1部(B1)所属のチームに与えられている。1チームの選手数は日本バスケットボール協会に競技者登録された16名以内であり、外国籍選手の出場は基本的に同時間帯につき1名まで(オン・ザ・コート・ワン)であるがB1所属のチーム同士が対戦する際はB.LEAGUEのルールが適用される。 参加資格があるチームは日本バスケットボール協会に加盟登録されたチームで、男子は次の計32チーム。

女子は次の計32チーム。

  • Wリーグより推薦された12チーム(11月27日のリーグ戦終了時点の順位により決定 ただし2016-17年度は全チームが該当)
  • 全日本大学連盟から推薦された8チーム
  • 全日本社会人選手権より推薦された2チーム
  • 全国高校選手権より推薦された1チーム
  • 地方ブロック協会より推薦された9チーム

出場チーム[編集]

大会公式サイトにおいて発表された出場チームは以下の通り[3]

男子[編集]

B1リーグ
学生
社会人
  • リンタツ(1位)
高等学校
地方ブロック

女子[編集]

Wリーグ
学生
社会人
高等学校
地方ブロック

試合結果[編集]

  • KA・KB:駒沢体育館
  • O:大田区総合体育館
  • Y1:代々木第一体育館
  • Y2:代々木第二体育館

男子[編集]

1回戦
日時 Y1 Y2
3日12:00 名古屋経済大学 86 - 75 東山高校 ナカシマ 65 - 80 青山学院大学
3日14:00 神奈川大学 75 - 39 SWOOPS 九州電力 72 - 78 白鴎大学
3日16:00 東海大学九州 87 - 95 関西学院大学(OT) 四国電力 68 - 51 宮田自動車
3日18:00 専修大学 67 - 78 JR東日本秋田 早稲田大学 80 - 50 北陸高校
2回戦
日時 Y1 O
4日12:00 大阪 89 - 36 青山学院大学 名古屋経済大学 65 - 72 福岡第一高校
4日14:00 白鴎大学 60 - 105 新潟 神奈川大学 61 - 84 東海大学
4日16:00 京都 104 - 49 関西学院大学 リンタツ 63 - 64 四国電力
4日18:00 JR東日本秋田 51 - 111 仙台 筑波大学 99 - 72 早稲田大学
3回戦
日時 Y1 Y2
5日12:00 川崎 114 - 67 福岡第一高校 大阪 75 - 78 SR渋谷
5日14:00 三河 127 - 78 東海大学 千葉 92 - 65 新潟
5日16:00 四国電力 66 - 99 栃木 京都 74 - 87 名古屋D
5日18:00 筑波大学 74 - 86 A東京 三遠 68 - 83 仙台
準々決勝
日時 Y1
6日12:00 川崎 91 - 65 SR渋谷
6日14:00 三河 92 - 61 名古屋D
6日16:00 千葉 81 - 62 栃木
6日18:00 仙台 73 - 84 A東京
準決勝
日時 Y1
8日12:00 川崎 78 - 71 A東京
8日14:00 三河 75 - 81 千葉
決勝
1月9日
14:00
川崎ブレイブサンダース 66–88 千葉ジェッツ 国立代々木競技場第一体育館
レフェリー: 小澤勤
片寄達
平原勇次

レポート
クォーター・スコア: 19-17, 7-19, 20-23, 20-29

女子[編集]

1回戦
日時 KA KB
2日12:00 就実高校 81 - 61 東海大学九州 筑波大学 78 - 70 アカシヤクラブ
2日14:00 早稲田大学 72 - 77 新潟 山形銀行 96 - 61 関西学院大学
2日16:00 紀陽銀行 83 - 80 今治オレンジブロッサム 山梨 70 - 66 専修大学
2日18:00 北陸大学 76 - 102 松蔭大学 桜花学園高校 50 - 64 愛知学泉大学
2回戦
日時 KA KB
3日12:00 就実高校 55 - 68 岐阜女子高校 羽田ヴィッキーズ 54 - 62 筑波大学
3日14:00 新潟 73 - 70 鶴屋百貨店 滋賀銀行 62 - 63 山形銀行(OT)
3日16:00 紀陽銀行 59 - 89 大阪人間科学大学 日立ハイテク 68 - 57 山梨
3日18:00 松蔭大学 48 - 80 東京医療保健大学 白鴎大学 68 - 86 愛知学泉大学
3回戦
日時 Y2 K
4日12:00 JX-ENEOS 89 - 54 岐阜女子高校 筑波大学 62 - 90 アイシンAW
4日14:00 シャンソン 93 - 62 新潟 山形銀行 42 - 84 トヨタ紡織
4日16:00 日立ハイテク 61 - 57 デンソー トヨタ自動車 87 - 62 大阪人間科学大学
4日18:00 愛知学泉大学 51 - 82 富士通 三菱電機 75 - 52 東京医療保健大学
準々決勝
日時 Y2
6日12:00 JX-ENEOS 91 - 58 アイシンAW
6日14:00 シャンソン 83 - 58 トヨタ紡織
6日16:00 トヨタ自動車 73 - 53 日立ハイテク
6日18:00 三菱電機 65 - 80 富士通
準決勝
日時 Y1
7日15:00 JX-ENEOS 72 - 52 トヨタ自動車
7日17:00 シャンソン 57 - 64 富士通
決勝
1月8日
17:00
JX-ENEOSサンフラワーズ 91–67 富士通レッドウェーブ 国立代々木競技場第一体育館
レフェリー: 山崎人志
渡邊諭
北沢あや子

レポート
クォーター・スコア: 19-16, 24-9, 23-20, 25-22

大会ベスト5[編集]

男子
女子

備考[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]