第92回東京箱根間往復大学駅伝競走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京箱根間往復大学駅伝競走 > 第92回東京箱根間往復大学駅伝競走
日本の旗 第92回東京箱根間往復大学駅伝競走
試合日程 2016年1月2日 - 1月3日
出場校 21校
総合優勝校 青山学院大学(2年連続 2回目)
往路優勝校 青山学院大学(2年連続 2回目)
復路優勝校 青山学院大学(2年連続 2回目)
金栗四三杯 久保田 和真(青山学院大学)
 < 20152017 > 
テンプレートを表示

第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(だい92かいとうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、2016年1月2日から1月3日まで開催された第92回目の東京箱根間往復大学駅伝競走である。第91回大会の上位10校(シード校)と、2015年10月に行われた予選会の上位10校に加え、関東学生連合チームを合わせた全21チームが参加して行われた。

実施日程[編集]

区間[編集]

各区間の詳細などは東京箱根間往復大学駅伝競走#コースの特徴を参照して頂きたい。

総距離 217.1km

  • 往路 (107.5km)
    • 第1区 (21.3km) 大手町・読売新聞東京本社前 - 鶴見
      • 給水なし
    • 第2区 (23.1km) 鶴見 - 戸塚
      • 給水場所:2箇所(10km付近、15km付近)
    • 第3区 (21.4km) 戸塚 - 平塚
      • 給水場所:2箇所(10km付近、15km付近)
    • 第4区 (18.5km) 平塚 - 小田原
      • 給水場所:2箇所(10km付近、15km付近)
    • 第5区 (23.2km) 小田原 - 箱根町芦ノ湖駐車場入口
      • 給水場所:3箇所(9.5km付近、18km付近、22km付近)
  • 復路 (109.6km)
    • 第6区 (20.8km) 箱根町芦ノ湖駐車場入口 - 小田原
      • 給水なし
    • 第7区 (21.3km) 小田原 - 平塚
      • 給水場所:2箇所(10km付近、15km付近)
    • 第8区 (21.4km) 平塚 - 戸塚
      • 給水場所:2箇所(10km付近、15km付近)
    • 第9区 (23.1km) 戸塚 - 鶴見
      • 給水場所:2箇所(10km付近、14.4km付近)
    • 第10区 (23.0km) 鶴見 - 日本橋 - 大手町・読売新聞東京本社前
      • 給水場所:2箇所(10km付近、15km付近)

参加大学[編集]

第91回大会の上位10校(シード校)と予選会通過校10校に加えて、オープン参加の関東学生連合チームを合わせた全21校が参加する。

シード校(10校)
No. 大学名 前回順位 出場回数
1 青山学院大学 前年1位 08年連続 21回目
2 駒澤大学 前年2位 50年連続 50回目
3 東洋大学 前年3位 14年連続 74回目
4 明治大学 前年4位 08年連続 58回目
5 早稲田大学 前年5位 40年連続 85回目
6 東海大学 前年6位 03年連続 43回目
7 城西大学 前年7位 13年連続 13回目
8 中央学院大学 前年8位 14年連続 17回目
9 山梨学院大学 前年9位 30年連続 30回目
10 大東文化大学 前年10位 04年連続 47回目
予選会通過校(10校)/連合チーム
No. 大学名 予選成績 前回順位 出場回数
11 日本大学 予選1位 前年13位 04年連続 86回目
12 帝京大学 予選2位 前年11位 09年連続 17回目
13 日本体育大学 予選3位 前年15位 68年連続 68回目
14 順天堂大学 予選4位 前年12位 05年連続 57回目
15 神奈川大学 予選5位 前年17位 06年連続 47回目
16 拓殖大学 予選6位 前年16位 03年連続 37回目
17 法政大学 予選7位 第90回 11位 02年ぶり 76回目
18 中央大学 予選8位 前年19位 87回連続 90回目
19 東京国際大学 予選9位 - 初出場
20 上武大学 予選10位 前年18位 08年連続 8回目
21 関東学生連合 オープン参加(前年19位相当)

※ナンバーカードの数字はNo.1-No.10が前年順位、No.11-No.20が予選会順位の順。

関東学生連合チーム 参加校
走行した大学
往路 1区 創価大学
2区 専修大学
3区 国士館大学
4区 麗澤大学
5区 亜細亜大学
復路 6区 東京経済大学
7区 駿河台大学
8区 東京工業大学
9区 平成国際大学
10区 國學院大學
エントリーのみの大学

出場選手[編集]

チームエントリー
区間エントリー
選手リスト/当日エントリー変更(箱根駅伝公式サイト)

今大会のスタート並び順[編集]

概要[編集]

第92回東京箱根間往復大学駅伝競走は、2016年1月2日に往路の1区から5区までの5区間107.5km、翌1月3日に復路の6区から10区までの5区間109.6km、2日間で合計10区間217.1kmを20大学と選抜チームである関東学生連合の21チームにより争われた。総合優勝は2年連続優勝となる青山学院大学で、1区終了時点から10区のゴールまでの全10区間で1位を記録する「総合完全優勝」であった。また総合優勝以外にも往路優勝と復路優勝を同時に達成する3部門での「完全優勝」でもあった。2位から10位までは順に、東洋大学、駒澤大学、早稲田大学、東海大学、順天堂大学、日本体育大学、山梨学院大学、中央学院大学、帝京大学が入り、この上位10校が93回大会のシード権を獲得した。今大会で新たにシード権を獲得したのは、順天堂大学、日本体育大学、帝京大学の3校である。一方、前回のシード校のうち今大会でシード権を逃したのは、城西大学、明治大学、大東文化大学の3校である。

往路[編集]

1区から5区までの5区間107.5kmで争われた往路は、1区終了時点から5区の往路ゴールまでの全5区間で1位を記録する「往路完全優勝」で青山学院大学が2年連続優勝を果たした。往路2位となった東洋大学との差は3分04秒であった。往路3位以下は10位までは順に、駒澤大学、山梨学院大学、早稲田大学、日本大学、順天堂大学、東海大学、帝京大学、拓殖大学が入り、これが往路終了時点でのシード権圏内にいる上位10校である。 また、往路1位の青山学院大学のゴール後10分以上の差をつけられ復路が8時10分一斉スタートとなるのは、往路9位以下の12大学と関東学生連合の計13チームである。

1区
当日エントリー変更は青山学院大、東洋大、明治大、帝京大の4校。
2区
今大会唯一の当日エントリー変更無しの区間となった。
3区
当日エントリー変更は今大会往路最多の8校。変更したのは東洋大、山梨学院大、日本大、日本体育大、順天堂大、拓殖大、法政大、上武大。
4区
当日エントリー変更は今大会往路で2番目に多い7校。変更したのは青山学院大、駒澤大、明治大、日本体育大、順天堂大、神奈川大、中央大。
5区
当日エントリー変更は駒澤大、日本体育大の2校。

復路[編集]

6区から10区までの5区間109.6kmで行われた復路は、「往路完全優勝」を達成した青山学院大学が、6区スタートから10区ゴールまでの復路全5区間でも1位を記録し、往路復路通じて全ての中継所を1位で通過する「総合完全優勝」により、青山学院大学が2年連続となる総合優勝を果たした。また復路部門での優勝も青山学院大学となり、総合優勝・往路優勝・復路優勝を同時に達成する3部門での「完全優勝」でもあった。総合2位となった東洋大学との差は7分11秒であった。総合3位以下は10位までは順に、駒澤大学、早稲田大学、東海大学、順天堂大学、日本体育大学、山梨学院大学、中央学院大学、帝京大学 が入り、この上位10校が93回大会のシード権を獲得した。往路6位の日本大学は総合11位に、往路10位の拓殖大学は総合16位にそれぞれ順位を下げ、シード権獲得は成らなかった。総合10位の帝京大学と総合11位の日本大学との差は1分29秒であった。

6区
当日エントリー変更は明治大、早稲田大、中央学院大、大東文化大、順天堂大の5校。レースは先ず往路優勝の青山学院大学が午前8時にスタート、以下往路2位から8位までが往路成績を基にした時差スタート、往路9位以下の12校と関東学生連合の計13チームが8時10分に一斉スタートで、各チームが復路のゴールを目指しスタートした。
7区
当日エントリー変更は早稲田大、城西大、中央学院大、大東文化大、帝京大、順天堂大、法政大、中央大と今大会が初出場の東京国際大の9校。また、平塚中継所では上武大が先頭の青山学院大の通過後20分経過による8区ランナーの繰り上げスタートとなった。復路の平塚中継所での繰り上げスタートは70回大会以来22年ぶりである。
8区
当日エントリー変更は今大会全10区間中最多の12校。変更したのは青山学院大、駒澤大、東洋大、早稲田大、城西大、山梨学院大、大東文化大、帝京大、日本体育大、法政大、東京国際大、上武大の9校。また、戸塚中継所では城西大、​拓殖大、​東京国際大、​法政大、​上武大の5校が先頭の青山学院大の通過後20分経過による9区ランナーの繰り上げスタートとなった。
9区
当日エントリー変更は早稲田大、東海大、中央学院大、日本大、神奈川大、法政大の6校。また、鶴見中継所では日本大、​城西大、​神奈川大学、​中央大、​拓殖大学、​東京国際大、​法政大、​上武大の8大学が先頭の青山学院大の通過後20分経過による10区ランナーの繰り上げスタートとなった。​中央大は28年ぶり、​法政大は途中棄権した78回大会以来となる久々の繰り上げとなった。
10区
当日エントリー変更は青山学院大、駒澤大、東海大、城西大、中央学院大、山梨学院大、大東文化大、中央大、上武大の9校。

成績[編集]

大会成績 第91回大会までの最高記録
総合優勝
(217.1km)
青山学院大学
(2年連続 2回目)
10時間53分25秒 10時間49分27秒 青山学院大学
(第91回、2015年)
往路優勝
(107.5km)
青山学院大学
(2年連続 2回目)
5時間25分55秒 5時間23分58秒 青山学院大学
(第91回、2015年)
復路優勝
(109.6km)
青山学院大学
(2年連続 2回目)
5時間27分30秒 5時間25分29秒 青山学院大学
(第91回、2015年)
完全優勝
(総合・往路・復路の全部門優勝)
青山学院大学 - 2回目(大会史上41回目)。
総合完全優勝
(1区〜10区の全10区間で通過順位1位を記録)
青山学院大学 - 大学初。
第53回大会(日本体育大学)以来、39年ぶり(大会史上12回目)。
往路完全優勝
(1〜5区の往路全5区間で通過順位1位を記録)
青山学院大学 - 大学初。
第81回大会(東海大学)以来、11年ぶり(大会史上14回目)。

金栗四三杯(最優秀選手)[編集]

久保田和真(青山学院大学、第1区 = 区間賞) - 青山学院大学からの選出は2回目。

総合成績[編集]

往路成績[編集]

復路成績[編集]

区間賞[編集]

区間記録[編集]

その他の記録[編集]

「ごぼう抜き」「追い抜かれ」[編集]

「見た目の通過順位」[編集]

中継所を通過した時点の各校の通過順位(いわゆる「見た目の通過順位」)及び通過時刻

資料[編集]

大会記録[編集]

大会要項等[編集]

観戦・応援の注意事項[編集]

予選会[編集]

  • 予選会:2015年10月17日 9:35スタート
(20.0km) 陸上自衛隊立川駐屯地(スタート)〜立川市街地〜国営昭和記念公園(ゴール)

概要[編集]

第92回箱根駅伝予選会は2015年10月17日、陸上自衛隊立川駐屯地から立川市街地を経て国営昭和記念公園内をゴールとする全長20kmのコースで行われた。 本大会出場権を得ることができる予選会上位10校を目指し49校(大学院大学校含む)、エントリー全661人のうち、各校10 - 12人の計577人が参加した。 レースは各校上位10人の合計タイムで争われ順位を決定した。

その結果、上位10校となった日本大学、帝京大学、日本体育大学、順天堂大学、神奈川大学、拓殖大学、法政大学、中央大学、東京国際大学、上武大学が本大会出場を決めた。東京国際大学は本大会初出場、また法政大学は第90回でシードを逃して以来2大会ぶりの出場となる。その他の8校は第91回に続いての出場となる。一方、第91回出場校のうち、國學院大學と創価大学の2校は今大会の出場権を逃した。

レースは参加した49大学のうち48チームが10人以上完走となった。 東京農工大学は出走した10人のうち完走が9人(10km関門での時間制限(以下の2b)により1人失格=途中棄権扱い)だったため記録なしとなった。 予選1位の日本大学の合計タイムは10時間06分00秒、予選10位の上武大学の合計タイムは10時間12分00秒、完走48チーム中48位の上智大学は12時間02分33秒の記録だった。 予選不通過校のうち予選10位と1分差以内だったのは、予選11位の国士舘大学(10位との差 10秒)、予選12位の東京農業大学(10位との差 53秒)の2校であった。

個人別成績では上位16人が1時間以内の成績を記録した。個人成績1位のキトニー(日本大)の記録は58分20秒、日本人最上位である個人成績4位の徳永(中央大)の記録は59分17秒、最後の完走ランナーの記録は1時間18分31秒だった。 1時間以内の成績を記録した上位16人のうち所属大学が予選不通過となったのは、創価大学(個人成績6位、予選14位)と東京農業大学(個人成績7位、予選12位)の2校である。 各校10番目選手の順位の比較では、予選会通過校のうち10番目選手の最も低い順位が194位(予選6位 拓殖大学)だったのに対し、予選会不通過校のうち10番目選手の最上位は133位(予選11位 国士舘大学)であった。また10番目選手の順位が上述の194位よりも上位だったものの予選会不通過となったのは、上述の国士舘大学と東京農業大学、國學院大學の3校である。

出走した577人のうち完走576人、途中棄権1人(前出)だった。

予選不通過校の個人成績上位選手から選考される関東学生連合チームには、予選会11位以下となった各校の学内1位の選手を中心に計16人が選出される。

出場資格[編集]

「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 要項」[1]および「競技注意事項」[2]における出場資格は以下のとおりである。

1) 2015(平成27)年度関東学生陸上競技連盟男子登録者で、本予選会並びに箱根駅伝本大会出場回数が通算4回未満である者に限る。なお、出場とはエントリーした時点で出場とする。
ただし、別個加盟の大学院の競技者は、学部での出場回数に関係なく新たに4回まで出場できる。
2) 1校1チームとする。ただし、エントリーは10名以上14名以下とし出場人数は10名以上12名以下とする。
3) 2014(平成26)年1月1日より申込み期日前日(2015(平成27)年10月1日)までに各校エントリー者全員が5000m 16分30秒以内もしくは10000m 34分以内のトラックでの公認記録を有していること。

順位決定方法[編集]

「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 要項」における順位決定方法は以下の方法で行われる。

各校上位10名の合計タイムにより10校を選ぶ。

1)競技成績での上位10名の合計タイムが少ない大学を上位とする。
2) 1)で同タイムの場合には上位10名の合計順位が少ない大学を上位とする。
3) 2)によって順位が決定しない場合には、各校最上位選手の順位が上位の大学を上位とする。
4) 1)の基準で10位に複数校が並んだ場合には、2)及び3)より順位を決定する。
  • 完走者が10名に満たないチームは、チーム記録については記録なしとなるが個人記録については公認として認められる。

注意点[編集]

「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 要項」および「競技注意事項」による注意事項(抜粋)

(1) レースは1時間20分を以て終了となる。
(2) 以下に該当する場合、当該選手については予選会の競技は中止となる。
(2a) スタート後38分を経過しても10km地点に到達していない場合
(2b) 先頭走者が国営昭和記念公園内の最終周回(18.2km地点付近)に入った時点で合流点(13.4km地点付近)に到達していない場合

予選会エントリー校[編集]

今大会の予選会には49大学(大学院、大学校を含む)がエントリーしている。

  • 登録選手数はエントリー時の人数(最大14名)。予選会に実際に出場できるのは12名まで。

リンク (PDF)

No.1-10:第91回箱根駅伝 出場校
No. 大学名/選手数(登録/出場)
1 帝京大学 14 12
2 順天堂大学 14 12
3 日本大学 14 12
4 國學院大學 14 12
5 日本体育大学 14 12
6 拓殖大学 14 12
7 神奈川大学 14 12
8 上武大学 14 12
9 中央大学 14 12
10 創価大学 14 12
No.11-48:前回大会予選会 不通過校/No.49:前回大会予選会 不参加校
No. 大学名/選手数(登録/出場)
11 東京農業大学 14 12
12 法政大学 14 12
13 東京国際大学 14 12
14 平成国際大学 14 12
15 国士舘大学 14 12
16 麗澤大学 14 12
17 専修大学 14 12
18 流通経済大学 14 12
19 駿河台大学 14 12
20 亜細亜大学 14 12
21 筑波大学 14 12
22 関東学院大学 14 12
23 武蔵野学院大学 14 11
24 東京経済大学 14 12
25 松陰大学 14 12
26 日本薬科大学 14 12
27 東京情報大学 14 12
28 立教大学 14 12
29 桜美林大学 14 12
30 明治学院大学 14 12
 
No. 大学名/選手数(登録/出場)
31 東京大学 14 12
32 慶應義塾大学 14 12
33 芝浦工業大学 14 12
34 東京学芸大学 12 12
35 国際武道大学 12 12
36 千葉大学 14 12
37 東京大学大学院 11 11
38 横浜国立大学 10 10
39 高崎経済大学 14 12
40 学習院大学 13 12
41 首都大学東京 13 12
42 東京工業大学 14 12
43 一橋大学 14 12
44 東京理科大学 14 12
45 東京農工大学 10 10
46 防衛大学校 13 11
47 上智大学 11 10
48 埼玉大学 14 12
49 帝京平成大学 10 10


エントリー選手リスト[編集]

  • 大学別エントリー選手リスト
  • スタートリスト
  • 欠場者リスト

スタート時並び順[編集]

リンク(関東学生陸上連盟) (PDF)

「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 要項」による注意事項(抜粋)

  • スタートの並び順は第91回東京箱根間往復大学駅伝競走及び同予選会の順位順とする。その他の大学は申込み順に関係なく、抽選により決定する。なお、50校を超える申込みがあった場合、51校以降の大学は50校が整列した後方に、スタートラインに対して並行に並ぶこととする。
    • 実際の出場校は49校であったため、上記の50校超申込時の規定は適用されなかった。

予選会競走成績[編集]

記録は予選会総合公式記録[3][4]による

予選会成績(上位15位まで)
予選順位 No./大学名 総合成績 10位との差
1 3 日本大学 10時間06分00秒 -
2 1 帝京大学 10時間07分20秒 -
3 5 日本体育大学 10時間07分37秒 -
4 2 順天堂大学 10時間07分58秒 -
5 7 神奈川大学 10時間08分01秒 -
6 6 拓殖大学 10時間08分36秒 -
7 12 法政大学 10時間11分03秒 -
8 9 中央大学 10時間11分32秒 -
9 13 東京国際大学 10時間11分41秒 -
10 8 上武大学 10時間12分04秒 -
11 15 国士舘大学 10時間12分14秒 0分10秒
12 11 東京農業大学 10時間12分57秒 0分53秒
13 4 國學院大學 10時間13分28秒 1分24秒
14 10 創価大学 10時間14分13秒 2分09秒
15 17 専修大学 10時間16分29秒 4分25秒


予選会不通過校所属の個人成績上位選手
予選会個人全記録

リンク (PDF)

メディアによる中継[編集]

本大会

  • テレビ
    • 日本テレビ系列(【番組記事】・全国30局ネット)
      • 2016年1月2日(土)7:50-14:05(生中継[7]
      • 2016年1月3日(日)7:50-14:18(生中継)[8]
    • BS日テレ
      • 2016年1月2日 21:00-22:54(録画・ダイジェスト)
      • 2016年1月3日 21:00-22:54(録画・ダイジェスト)

予選会

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ 第92回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 要項 リンク (PDF)
  2. ^ 第92回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会 競技注意事項 リンク (PDF)
  3. ^ 第92回 箱根駅伝予選会総合公式記録 (PDF) - 関東学生陸上連盟サイト
  4. ^ 第92回 箱根駅伝予選会総合公式記録 (PDF) - 箱根駅伝公式サイト
  5. ^ 「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走 関東学生連合チーム選手決定について」リンク (PDF)
  6. ^ 「東農大は最高順位の選手が出場を辞退したため、同大からの選出はない。」http://www.yomiuri.co.jp/sports/ekiden/2016/news/20151028-OYT1T50116.html
  7. ^ 別途7:00-7:50に『まもなく 箱根駅伝往路』を生放送。
  8. ^ 別途7:00-7:50に『まもなく 箱根駅伝復路』を、一部系列局を除き終了後引き続き15:00まで『続報 箱根駅伝』を生放送。
  9. ^ CBCラジオのみJRN単独加盟局
  10. ^ テレビ信州静岡第一テレビにも同時ネットされた。