第93回天皇杯・第84回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第93回天皇杯・第84回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会 は、2017年6月から2018年1月にかけて開催された天皇杯・皇后杯全日本バスケットボール選手権大会である[1]

概要[編集]

前回大会まで「天皇杯・皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会」として開催されていた大会名が、今回より「天皇杯・皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」と改められた。大会フォーマットも大会価値の向上を目的に改められ、従来はトップリーグ、大学社会人高校の各カテゴリ上位チームおよび地方ブロックの代表が出場して年始に東京都で開催されていたが、今大会より都道府県代表を決定する大会から1次ラウンドとして大会に組み込まれ、高校以上のすべてのカテゴリのチームが1次ラウンドから出場する一貫としたトーナメント制の大会となる(B2所属クラブは2次ラウンドから、B1所属クラブとWリーグチームは3次ラウンドから出場。)。大会期間も1次ラウンドからファイナルラウンド(4次ラウンド)まで約6か月となり、国内最大のバスケットボールトーナメントとなった。準々決勝から決勝戦(4次ラウンド)はさいたまスーパーアリーナで開催される[2]

1次ラウンド[編集]

  • 日程 - 8月末までに都道府県代表を決定する。
  • 会場 - 各都道府県
  • 参加チーム - 当該都道府県にチーム登録されている以下のチーム
    • 男子 - B3クラブ、実業団、クラブ、教員、大学、高校、高専、専門学校、その他(一般)
    • 女子 - 実業団、クラブ、教員、大学、高校、高専、家庭婦人、専門学校、その他(一般)

2次ラウンド[編集]

3次ラウンド[編集]

4次ラウンド[編集]

  • 日程 - 2018年1月4日から7日
  • 会場 - さいたまスーパーアリーナ
  • 参加チーム - 男女ベスト8チーム

試合結果[編集]

男子[編集]

1次ラウンド[編集]

  • 都道府県代表決定戦[3]

2次ラウンド[編集]

東日本エリア2回戦
  • ROYALS 85-79 日本航空高校
  • 白鷗大学 120-62 青森大学
  • 埼玉ブロンコス 116-75 鎌ヶ谷クラブ
  • 岩手大学 69-90 宮田自動車
  • JR東日本秋田 89-76 東北学院大学
東日本エリア3回戦
東日本エリア4回戦
  • 山形 81-62 青森
  • 岩手 62-80 福島
  • 福島教員A 74-99 仙台
  • 大塚商会 57-106 秋田
中日本エリア2回戦
  • アイシンAW 93-85 Black Jack
  • 新潟経営大学 77-66 DARK RED CRABS
  • D-ride 68-99 信和建設
  • 京都産業大学 70-63 立命館大学
  • 055 73-61 天理大学
中日本エリア3回戦
中日本エリア4回戦
  • 信州 72-65 東京Z
  • 金沢 81-82 茨城
  • 石川 60-86 群馬
  • GIFU SWOOPS 57-83 F名古屋
西日本エリア2回戦
  • BEANS 76-71 興南高校
  • SPOTTY CROWS 83-73 徳島クラブ
  • O.C.S 51-80 四国電力
西日本エリア3回戦
  • BEANS 49-110 広島ドラゴンフライズ
  • 鹿児島 113-65 Triple Double Tottori
  • SPOTTY CROWS 53-128 熊本ヴォルターズ
  • ファイサンズ岡山 80-90 延岡学園高校
  • 四国電力 42-84 愛媛オレンジバイキングス
西日本エリア4回戦
  • 東レ愛媛 65-82 奈良
  • フクオカ 75-65 香川
  • 福岡第一高校 69-89 広島
  • 鹿児島 81-89 熊本
  • 延岡学園高校 53-82 愛媛

3次ラウンド[編集]

5回戦
6回戦
  • 横浜 70-89 千葉ジェッツ
  • フクオカ 55-71 琉球
  • 京都 70-66 A東京
  • 北海道 67-85 三河
  • 滋賀 57-58 栃木
  • 西宮 82-65 愛媛
  • 新潟 75-70 茨城
  • 秋田 67-84 川崎

4次ラウンド[編集]

準々決勝
1月4日
12:00
西宮 72, 京都 95 さいたまスーパーアリーナ AbemaTV
1月4日
14:00
栃木 71, 千葉 76 さいたまスーパーアリーナ AbemaTV
1月4日
16:00
新潟 72, 三河 96 さいたまスーパーアリーナ AbemaTV
1月4日
18:00
川崎 81, 琉球 61 さいたまスーパーアリーナ AbemaTV
準決勝
1月6日
16:00
京都 63, 千葉 100 さいたまスーパーアリーナ NHK BS1
1月6日
18:00
三河 87, 川崎 68 さいたまスーパーアリーナ NHK BS1
決勝
1月7日
14:07
千葉 89, 三河 75 さいたまスーパーアリーナ NHK Eテレ

女子[編集]

1次ラウンド[編集]

  • 都道府県代表決定戦

2次ラウンド[編集]

東日本2回戦
  • 岩手大学 46 - 124 白鴎大学
  • 埼玉栄高校 77 - 61 富士スバル
  • A-Bits 66 - 81 北翔大学
  • 筑波大学 65 - 76 秋田銀行
  • 福島大学 61 - 91 山梨学院大学
東日本3回戦
  • 白鴎大学 80 - 63 松蔭大学
  • 埼玉栄 65 - 77 QUEEN BEE
  • 北翔大学 66 - 68 仙台大学
  • 秋田銀行 65 - 55 山形銀行
  • 山梨学院大学 62 - 95 東京医療保健大学
中日本2回戦
  • 長野大学 52 - 89 立命館大学
  • 北陸大学 58 - 89 紀陽銀行
  • OTC 50 - 68 岐阜女子高等学校
  • 県立四日市商業高等学校 56 - 60 奈良文化高等学校
  • 滋賀銀行 53 - 68 愛知学泉大学
中日本3回戦
  • 立命館大学 52 - 48 浜松開誠館高等学校
  • 紀陽銀行 70 - 55 niko
  • 岐阜女子高等学校 95 - 59 新潟医療福祉大学
  • 奈良文化高等学校 50 - 90 大阪人間科学大学
  • 愛知学泉大学 118 - 37 Rm.
西日本2回戦
  • ひらまつ病院 72 - 55 ELEVEN
  • 明善クラブ 80 - 67 JOIN
  • 鹿屋体育大学 79 - 44 日ノ出ホルモン
  • 日本経済大学 74 - 59 広島大学
  • 高知県立岡豊高等学校 50 - 48 那覇高等学校
  • 鶴屋百貨店 85 - 42 クリスタルBBC
  • Panthers 53 - 61 米子クラブ
西日本3回戦
  • ひらまつ病院 74 - 87 明善クラブ
  • 鹿屋体育大学 62 - 70 日本経済大学
  • 高知県立岡豊高等学校 61 - 64 ストレッチ
  • 鶴屋百貨店 71 - 55 今治
  • 米子クラブ 36 - 83 日立笠戸

3次ラウンド[編集]

4回戦
5回戦

4次ラウンド[編集]

準々決勝
1月5日
12:00
JX-ENEOS 69, トヨタ紡織 44 さいたまスーパーアリーナ
1月5日
14:00
アイシン 46, トヨタ自動車 75 さいたまスーパーアリーナ
1月5日
16:00
シャンソン化粧品 66, 富士通 71 さいたまスーパーアリーナ
1月5日
18:00
デンソー 68, 三菱電機 60 さいたまスーパーアリーナ
準決勝
1月6日
12:00
JX-ENEOS 78, トヨタ自動車 52 さいたまスーパーアリーナ NHK BS1
1月6日
14:00
富士通 62, デンソー 76 さいたまスーパーアリーナ NHK BS1
決勝
1月7日
11:00
JX-ENEOS 84, デンソー 62 さいたまスーパーアリーナ NHK BS1

個人賞[編集]

MVP[編集]

男子
女子

ベスト5[編集]

男子
女子

脚注[編集]

  1. ^ 日本バスケットボール協会 (2017年4月27日). “第93回天皇杯・第84回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会 大会概要”. 2017年7月29日閲覧。
  2. ^ 日本バスケットボール協会 (2017年4月27日). “「天皇杯・皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会」 大会新フォーマット(大会方式)”. 2017年7月29日閲覧。
  3. ^ 第93回天皇杯・第84回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会 1次ラウンド結果ページ
  4. ^ 台風によりUNITEが会場に来るのが困難と判断したため、没収試合とし、福岡第一高校の勝利となった。

関連項目[編集]