第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第94回全国高等学校ラグビーフットボール大会2014年12月27日から2015年1月7日[1]まで近鉄花園ラグビー場と東大阪市多目的広場にて行われた全国高校ラグビー大会である。平成26年度全国高等学校総合体育大会を兼ねて開催。

概要[編集]

日程[編集]

出場校[編集]

 ※シード校については、校名の後ろに(A)(B)と記載。

北海道
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

試合結果[編集]

  • 時刻はすべて日本標準時 (UTC+9)
  • 括弧内は前半終了時のスコアを示す。
  • 太字は勝利校を示す。

1回戦[編集]

2014年12月27日 12:30 北条 7-43 (7−17) 東京 第1グラウンド
2014年12月27日 12:00 高松北 10-79 (10−36) 明和県央 第2グラウンド
2014年12月27日 12:00 高鍋 45-31 (26−12) 朝明 第3グラウンド
2014年12月27日 13:50 萩商工 5-46 (0−26) 深谷 第1グラウンド
2014年12月27日 13:20 徳島科学技術 0-40 (0−14) 日本航空石川 第3グラウンド
2014年12月27日 14:40 光泉 26-17 (14−5) 関商工 第3グラウンド
2014年12月27日 13:20 鹿児島実 64-21 (52−7) 松韻学園福島 第2グラウンド
2014年12月27日 14:40 津山工 12-36 (0−19) 中標津 第2グラウンド
2014年12月28日 10:00 コザ 63-0 (31−0) 山形中央 第2グラウンド
2014年12月28日 11:15 倉吉北 5-82 (5−39) 静岡聖光学院 第1グラウンド
2014年12月28日 10:00 佐賀工 34-14 (10−0) 札幌山の手 第3グラウンド
2014年12月28日 11:20 若狭東 24-39 (5−27) 秋田中央 第2グラウンド
2014年12月28日 11:20 近大和歌山 12-15 (0−10) 高岡第一 第3グラウンド
2014年12月28日 12:35 石見智翠館 49-17 (21−12) 仙台育英 第1グラウンド
2014年12月28日 13:55 荒尾 22-33 (15−12) 新潟工 第1グラウンド
2014年12月28日 12:40 長崎北陽台 59-12 (28−0) 岡谷工 第2グラウンド
2014年12月28日 12:40 報徳学園 36-14 (7−7) 日川 第3グラウンド
2014年12月28日 14:00 土佐塾 5-43 (0−38) 黒沢尻北 第3グラウンド
2014年12月28日 14:00 大分舞鶴 43-7 (29−7) 青森北 第2グラウンド

2回戦[編集]

2014年12月30日 15:15 東海大仰星 31-12 (12−5) 東京 第3グラウンド
2014年12月30日 14:00 明和県央 34-19 (19−12) 高鍋 第3グラウンド
2014年12月30日 12:45 大阪桐蔭 34-7 (24−7) 深谷 第3グラウンド
2014年12月30日 11:30 日本航空石川 0-44 (0−22) 國學院久我山 第3グラウンド
2014年12月30日 10:15 大阪朝鮮 44-12 (17−5) 光泉 第3グラウンド
2014年12月30日 09:00 鹿児島実 0-39 (0−24) 茗溪学園 第3グラウンド
2014年12月30日 14:30 御所実 117-7 (51−7) 中標津 第1グラウンド
2014年12月30日 14:30 コザ 5-43 (0−31) 慶應義塾 第2グラウンド
2014年12月30日 13:15 東福岡 100-14 (57−7) 静岡聖光学院 第2グラウンド
2014年12月30日 12:00 佐賀工 19-3 (0−0) 秋田中央 第2グラウンド
2014年12月30日 10:45 尾道 59-0 (33−0) 高岡第一 第2グラウンド
2014年12月30日 13:15 石見智翠館 7-10 (7−0) 流通経済大柏 第1グラウンド
2014年12月30日 09:30 京都成章 62-0 (26−0) 新潟工 第2グラウンド
2014年12月30日 12:00 長崎北陽台 17-26 (5−19) 春日丘 第1グラウンド
2014年12月30日 10:45 報徳学園 33-0 (26−0) 黒沢尻北 第1グラウンド
2014年12月30日 09:30 大分舞鶴 31-19 (12−7) 國學院栃木 第1グラウンド

3回戦[編集]

2015年01月01日 10:30 東海大仰星 55-0 (22−0) 明和県央 第1グラウンド
2015年01月01日 11:55 大阪桐蔭 15-17 (5−7) 國學院久我山 第1グラウンド
2015年01月01日 13:20 大阪朝鮮 36-7 (14−0) 茗溪学園 第1グラウンド
2015年01月01日 14:45 御所実 19-14 (7−0) 慶應義塾 第1グラウンド
2015年01月01日 10:30 東福岡 58-10 (17−5) 佐賀工 第3グラウンド
2015年01月01日 11:55 尾道 19-12 (12−0) 流通経済大柏 第3グラウンド
2015年01月01日 13:20 京都成章 29-7 (10−0) 春日丘 第3グラウンド
2015年01月01日 14:45 報徳学園 42-5 (10−5) 大分舞鶴 第3グラウンド

準々決勝[編集]

2015年01月03日 10:30 東海大仰星 12-43 (0−21) 東福岡 第1グラウンド
2015年01月03日 11:55 報徳学園 12-22 (0−12) 京都成章 第1グラウンド
2015年01月03日 13:20 御所実 31-19 (12−12) 國學院久我山 第1グラウンド
2015年01月03日 14:45 尾道 12-12 (0−5) 大阪朝鮮 第1グラウンド

準決勝[編集]

2015年01月05日 12:45[5] 御所実 40-14 (14−0) 京都成章 第1グラウンド
2015年01月05日 14:15[5] 尾道 12-40 (12−12) 東福岡 第1グラウンド

決勝[編集]

1月7日
14:00
御所実 5–57 (0-40) 東福岡 第1グラウンド

記録[編集]

  • 東福岡が3度目の100点試合での勝利を記録。これまで2度で並んでいた常翔学園西陵を抜いて史上最多回数。
  • 決勝戦で57得点は歴代最多。また決勝戦で52得点差も、従来の41得点差を大幅に塗り替えて最大得点差記録となった。

脚注[編集]

  1. ^ a b “全国高校ラグビー:決勝は来年1月7日 大会要項決まる”. 毎日新聞. (2014年6月17日). http://mainichi.jp/sports/news/20140618k0000m050078000c.html 2014年9月19日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g 第94回 全国高等学校ラグビーフットボール大会”. 全国高体連ラグビー専門部. 2014年10月8日閲覧。
  3. ^ 開会式のプラカード及びスコアボード表記は「学法福島」。同様に呼称するメディアもあり。
  4. ^ 前身校の1つである徳島工の出場回数を含む。
  5. ^ a b 同年度より、試合開始時刻が第1試合は15分繰り上げ、第2試合は10分繰り上げとなった。

関連試合 [編集]

U18花園女子セブンズ~花園からオリンピックへ~[編集]

  • 高校3年生以下の女性選手を40人に選抜してそれぞれ20人ずつをハイパフォーマンスの部と普及の部の2つに分けて、それぞれ東西2チーム作って、試合が実施された。
  • 2014年12月27日 花園ラグビー場 第1グラウンド
  • 第1試合(普及の部)11:20開始 結果東軍 34-12 西軍
  • 第2試合(ハイパフォーマンスの部)11:50開始 結果東軍 17-12 西軍

第7回U18合同チーム東西対抗戦~もうひとつの花園~[編集]

 2015年1月7日 花園ラグビー場 第1グラウンド 12:30開始試合結果東軍 34-5西軍(東軍が第1回大会以来となる勝利を収める)

関連項目[編集]

  • 小島瑠璃子(大会の宣伝ポスターに起用され、またハイライト番組でメインキャスターを務めた。)
  • ALL OUT!!(今大会の宣伝ポスターに登場人物が起用され、ハイライト番組にも登場していた)