第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会(だいきゅうじゅうごかいぜんこくこうとうがっこうラグビーフットボールたいかい)は2015年12月27日から2016年1月11日まで東大阪市花園ラグビー場と東大阪市多目的広場にて行われた全国高校ラグビー大会である。平成27年度全国高等学校総合体育大会を兼ねて開催。

概要[編集]

本大会は95回の記念大会に当たり、出場校が55校に増加。今回増枠する4校分については、全国大会で過去10年間にベスト4入りの実績がある所属ブロック(関東・近畿・中国・九州)[1]から1校ずつ選出する。また大会の日程はこれまで概ね1日おきに行われてきたが、記念大会による出場校増、選手の健康管理と集客面を考慮して、準決勝を準々決勝から4日開けた1月7日、決勝はさらに3日開けた1月11日成人の日)の開催に変更し、準々決勝以降の試合間隔を空けることにした[2][3]

日程[編集]

出場校[編集]

マークはシード校[5]


※改組中につき、新旧高校の合同チームとして出場

試合結果[編集]

  • 時刻はすべて日本標準時 (UTC+9)
  • 括弧内は前半終了時のスコアを示す。
  • 太字は勝利校を示す。

1回戦[編集]

2015年12月27日 12:30 天理 90-7 (50−0) 山形南 第1グラウンド
2015年12月27日 12:30 津山工 7-76 (0−43) 新潟工 第2グラウンド
2015年12月27日 13:45 尾道 15-18 (10-8) 深谷 第1グラウンド
2015年12月27日 13:45 北条 7-37 (7−20) 遠軽 第2グラウンド
2015年12月27日 15:00 荒尾・岱志 7-39 (7−17) 仙台育英 第1グラウンド
2015年12月27日 12:30 高鍋 21-24 (14−12) 青森北 第3グラウンド
2015年12月27日 13:45 伏見工 78-0 (29−0) 郡山北工 第3グラウンド
2015年12月27日 15:00 和歌山工 30-5 (17−5) 魚津工 第2グラウンド
2015年12月27日 15:00 佐賀工 24-21 (5−7) 春日丘 第3グラウンド
2015年12月28日 10:00 土佐塾 12-44 (0−27) 明和県央 第1グラウンド
2015年12月28日 10:00 広島工 3-68 (3−33) 秋田中央 第3グラウンド
2015年12月28日 10:00 高松北 0-68 (0−40) 関商工 第2グラウンド
2015年12月28日 11:15 筑紫 26-19 (19−14) 東京朝鮮 第1グラウンド
2015年12月28日 11:15 大分舞鶴 43-20 (26−3) 岡谷工 第2グラウンド
2015年12月28日 12:30 つるぎ 45-12 (31−0) 若狭 第2グラウンド
2015年12月28日 12:30 関西学院 18-7 (8−0) 茗溪学園 第1グラウンド
2015年12月28日 13:45 倉吉北 0-105 (0−41) 静岡聖光学院 第2グラウンド
2015年12月28日 11:15 コザ 19-38 (5−19) 日川 第3グラウンド
2015年12月28日 13:45 長崎北陽台 42-12 (18−5) 函館ラ・サ-ル 第1グラウンド
2015年12月28日 15:00 萩商工 7-25 (7−12) 黒沢尻工 第2グラウンド
2015年12月28日 13:45 京都成章 34-7 (24−7) 日本航空石川 第3グラウンド
2015年12月28日 13:45 鹿児島実業 7-64 (0−36) 朝明 第3グラウンド
2015年12月28日 15:00 光泉 13-10 (7−3) 東海大相模 第3グラウンド

2回戦[編集]

2015年12月30日 14:00 新潟工 14-45 (7−12) 深谷 第3グラウンド
2015年12月30日 15:15 常翔学園 3-5 (3−5) 天理 第3グラウンド
2015年12月30日 12:45 仙台育英 17-69 (7−36) 流経大柏 第3グラウンド
2015年12月30日 14:30 石見智翠館 71-3 (47−3) 遠軽 第1グラウンド
2015年12月30日 10:15 青森北 21-36 (14−19) 伏見工 第3グラウンド
2015年12月30日 011:30 東海大仰星 93-0 (57−0) 和歌山工 第3グラウンド
2015年12月30日 13:15 秋田中央 15-40 (5−33) 桐蔭学園 第2グラウンド
2015年12月30日 14:30 佐賀工 71-3 (15−3) 明和県央 第2グラウンド
2015年12月30日 12:00 関商工 19-19 (7−0) 大分舞鶴 第2グラウンド
2015年12月30日 9:00 大阪桐蔭 31-10 (21−3) 筑紫 第3グラウンド
2015年12月30日 10:45 つるぎ 17-57 (7−31) 関西学院 第2グラウンド
2015年12月30日 13:15 静岡聖光学院 7-35 (7−7) 國學院久我山 第1グラウンド
2015年12月30日 012:00 東福岡 88-21 (41−14) 黒沢尻工 第1グラウンド
2015年12月30日 9:30 日川 14-24 (14−5) 長崎北陽台 第2グラウンド
2015年12月30日 10:45 京都成章 71-12 (31−0) 朝明 第1グラウンド
2015年12月30日 09:30 光泉 17-19 (5−7) 國學院栃木 第1グラウンド

3回戦[編集]

2016年01月01日 10:00 天理 31-23 (24−15) 深谷 第1グラウンド
2016年01月01日 11:25 石見智翠館 24-19 (5−7) 流経大柏 第1グラウンド
2016年01月01日 12:50 東海大仰星 41-5 (24−0) 伏見工 第1グラウンド
2016年01月01日 14:15 佐賀工 12-58 (7−29) 桐蔭学園 第1グラウンド
2016年01月01日 10:00 大阪桐蔭 55-7 (19−0) 関商工 第3グラウンド
2016年01月01日 11:25 関西学院 13-7 (3−0) 國學院久我山 第3グラウンド
2016年01月01日 12:50 東福岡 24-8 (17−8) 長崎北陽台 第3グラウンド
2016年01月01日 14:15 京都成章 17-15 (0−3) 國學院栃木 第3グラウンド

準々決勝[編集]

2016年01月03日 10:00 京都成章 10-17 (10−5) 東海大仰星 第1グラウンド
2016年01月03日 11:25 天理 12-31 (0−21) 桐蔭学園 第1グラウンド
2016年01月03日 12:50 関西学院 8-33 (5−5) 石見智翠館 第1グラウンド
2016年01月03日 14:15 大阪桐蔭 8-15 (5−3) 東福岡 第1グラウンド

準決勝[編集]

2016年01月07日 12:45 東福岡 22-24 (3−19) 東海大仰星 第1グラウンド
2016年01月07日 14:10 桐蔭学園 46-31 (34−12) 石見智翠館 第1グラウンド

決勝[編集]

1月11日
14:00
東海大仰星 37-31 桐蔭学園 花園
審判: 原田隆司
トライ: 5
コンバート: 3
PK: 2
トライ: 4
コンバート: 4
PK: 1

関連試合 [編集]

U18花園女子15人制[編集]

  • 高校3年生以下の女性選手を44人に選抜してWEST・EAST2チームにそれぞれ22人に分けて試合を実施された。

 2015年12月27日 花園ラグビー場 第1グラウンド 11:20開始(20分ハーフ) 結果 WEST 12-5 EAST

第8回U18合同チーム東西対抗戦[編集]

 2016年1月7日 花園ラグビー場 第1グラウンド 11:00開始結果 西軍 31-12東軍

入場者数[編集]

1月7日の時点で過去最多の11万3625人となり、ラグビーワールドカップ2015での日本代表の活躍の影響とみられている[7]

関連項目[編集]

  • 小島瑠璃子(大会の宣伝ポスターに起用され、またハイライト番組でメインキャスターを務めた。)

脚注[編集]

  1. ^ 東京都と大阪府は対象外。
  2. ^ 「第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会」出場校増枠および日程変更についてのお知らせ”. (公財)日本ラグビーフットボール協会 (2015年7月2日). 2015年11月2日閲覧。
  3. ^ このため、決勝開催日時が第94回全国高校サッカー選手権の決勝(埼玉スタジアム2002で開催)と重複することとなった。ただ、その前日は第52回全国大学ラグビー選手権の決勝(秩父宮ラグビー場で開催)があるため、全国高校サッカー(前々日は準決勝)との日程重複は避けられなかった。
  4. ^ a b c d e f g 平成27年度 日本協会主催大会スケジュールのお知らせ”. (公財)日本ラグビーフットボール協会. 2015年9月7日閲覧。
  5. ^ 今大会は「シード校同士の実力差がない」としてAシード、Bシードのランク分けを実施せず。
  6. ^ 前身校の1つである貞光工の出場回数を含む。
  7. ^ 高校ラグビー入場者過去最多に W杯活躍の影響かNHK NEWS WEB(2016年1月7日20時48分配信)2016年1月7日閲覧。