第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会(だい98かいぜんこくこうとうがっこうラグビーフットボールたいかい)は、平成30年度全国高等学校総合体育大会を兼ねて、2018年12月27日から2019年1月7日まで東大阪市花園ラグビー場と東大阪市多目的広場で開かれた全国高校ラグビー大会である。

概要[編集]

地区大会では、東京都第1地区で早稲田実が歴代最長ブランクとなる79大会および82年ぶり[注釈 1]の本大会出場を決めた。大阪府第3地区では前年度優勝校の東海大仰星改め東海大大阪仰星が決勝で敗れ、本大会連続出場を逃した[注釈 2]

本大会では、1回戦にて群馬県代表で初出場の桐生第一が対米子工戦にて大会史上20回目および史上初の初出場での100点ゲームを達成した[1]。また、大阪府第1地区代表の大阪桐蔭が初優勝を飾った。

日程[編集]

出場校[編集]

マークはシード校[2]


試合結果[編集]

  • 時刻はすべて日本標準時 (UTC+9)
  • 括弧内は前半終了時のスコアを示す。
  • 太字は勝利校を示す。

トーナメント表[編集]

1回戦 2回戦 3回戦 準々決勝 準決勝 決勝
12/30 2G 14:30
大阪桐蔭 ☆A 86
12/27 1G 12:30 土佐塾 7
土佐塾 31
青森北 12 1/1 1G 10:30
  大阪桐蔭 ☆A 90
12/27 1G 13:50 玉島 0
新田 80
山形中央 19 12/30 2G 13:15
  新田 14
12/27 2G 12:00 玉島 33
玉島 26
旭川龍谷 5 1/3 1G 11:55
大阪桐蔭 ☆A 38
報徳学園 ☆B 17
12/30 1G 13:15
報徳学園 ☆B 50
12/28 3G 10:00 大阪朝鮮 29
大阪朝鮮 29
日川 14 1/1 3G 13:20
  報徳学園 ☆B 57
12/28 3G 11:20 國學院栃木 19
若狭東 7
國學院栃木 59 12/30 1G 12:00
國學院栃木 28
日本航空石川 ☆B 12
1/5 1G 12:45
大阪桐蔭 ☆A 31
流通経済大柏 ☆B 17
12/30 3G 14:00
佐賀工 ☆B 0
12/27 3G 14:40 京都成章 33
京都成章 81
仙台育英 0 1/1 1G 14:45
  京都成章 14
12/28 1G 11:15 流通経済大柏 ☆B 45
名護 3
早稲田実 55 12/30 3G 12:45
早稲田実 0
流通経済大柏 ☆B 53
1/3 1G 14:45
流通経済大柏 ☆B 19
常翔学園 ☆B 14
12/30 3G 9:00
常翔学園 ☆B 67
12/28 2G 11:20 桐生第一 0
米子工 0
桐生第一 110 1/1 3G 11:55
  常翔学園 ☆B 50
12/28 2G 12:40 黒沢尻工 ☆B 28
高鍋 16
静岡聖光学院 22 12/30 1G 14:30
静岡聖光学院 12
黒沢尻工 ☆B 17
1/7 1G 14:00
大阪桐蔭 ☆A 26
桐蔭学園 ☆A 24
12/30 2G 10:45
長崎北陽台 ☆B 71
12/27 2G 14:40 鹿児島実 0
鹿児島実 45
魚津工 14 1/1 1G 13:20
  長崎北陽台 ☆B 21
12/27 3G 13:20 茗溪学園 ☆B 15
大津緑洋 7
新潟工 38 12/30 2G 9:30
新潟工 0
茗溪学園 ☆B 27
1/3 1G 10:30
長崎北陽台 ☆B 12
12/28 3G 12:40 東福岡 ☆A 40
八幡工 14
朝明 12 12/30 1G 10:45
  八幡工 24
12/28 2G 14:00 城東 14
城東 24
聖光学院 7 1/1 3G 14:45
  八幡工 7
12/28 3G 14:00 東福岡 ☆A 80
高松北 0
関商工 89 12/30 1G 9:30
関商工 3
東福岡 ☆A 69
1/5 1G 14:30
東福岡 ☆A 38
桐蔭学園 ☆A 46
12/30 3G 15:15
天理 ☆B 43
12/27 3G 12:00 岡谷工 5
和歌山工 7
岡谷工 13 1/1 1G 11:55
  天理 ☆B 21
12/27 2G 13:20 中部大春日丘 ☆B 10
熊本西 19
札幌山の手 27 12/30 2G 12:00
札幌山の手 17
中部大春日丘 ☆B 53
1/3 1G 13:20
天理 ☆B 29
桐蔭学園 ☆A 44
12/30 3G 11:30
桐蔭学園 ☆A 67
12/28 1G 12:35 大分舞鶴 7
大分舞鶴 26
深谷 21 1/1 3G 10:30
  桐蔭学園 ☆A 43
12/28 1G 13:55 石見智翠館 ☆B 17
石見智翠館 34
秋田中央 7 12/30 3G 10:15
  石見智翠館 22
12/28 2G 10:00 尾道 7
尾道 40
本郷 12


1回戦[編集]

2018年12月27日 12:30 土佐塾 31-12 (31-0) 青森北 第1グラウンド
2018年12月27日 13:50 新田 80-19 (35-19) 山形中央 第1グラウンド
2018年12月27日 12:00 玉島 26-5 (5-5) 旭川龍谷 第2グラウンド
2018年12月27日 13:20 熊本西 19-27 (14-12) 札幌山の手 第2グラウンド
2018年12月27日 14:40 鹿児島実 45-14 (33-0) 魚津工 第2グラウンド
2018年12月27日 12:00 和歌山工 7-13 (7-10) 岡谷工 第3グラウンド
2018年12月27日 13:20 大津緑洋 7-38 (0-19) 新潟工 第3グラウンド
2018年12月27日 14:40 京都成章 81-0 (41-0) 仙台育英 第3グラウンド
2018年12月28日 11:15 名護 3-55 (3-24) 早稲田実 第1グラウンド
2018年12月28日 12:35 大分舞鶴 26-21 (26-14) 深谷 第1グラウンド
2018年12月28日 13:55 石見智翠館 34-7 (5-7) 秋田中央 第1グラウンド
2018年12月28日 10:00 尾道 40-12 (21-7) 本郷 第2グラウンド
2018年12月28日 11:20 米子工 0-110 (0-52) 桐生第一 第2グラウンド
2018年12月28日 12:40 高鍋 16-22 (11-5) 静岡聖光学院 第2グラウンド
2018年12月28日 14:00 城東 24-7 (19-0) 聖光学院 第2グラウンド
2018年12月28日 10:00 大阪朝鮮 29-14 (17-7) 日川 第3グラウンド
2018年12月28日 11:20 若狭東 7-59 (7-24) 國學院栃木 第3グラウンド
2018年12月28日 12:40 八幡工 14-12 (7-7) 朝明 第3グラウンド
2017年12月28日 14:00 高松北 0-89 (0-56) 関商工 第3グラウンド

2回戦[編集]

2018年12月30日 09:30 関商工 3-69 (3-26) 東福岡 第1グラウンド
2018年12月30日 10:45 八幡工 24-14 (10-7) 城東 第1グラウンド
2018年12月30日 12:00 國學院栃木 28-12 (14-5) 日本航空石川 第1グラウンド
2018年12月30日 13:15 報徳学園 50-29 (29-10) 大阪朝鮮 第1グラウンド
2018年12月30日 14:30 静岡聖光学院 12-17 (5-12) 黒沢尻工 第1グラウンド
2018年12月30日 09:30 新潟工 0-27 (0-12) 茗溪学園 第2グラウンド
2018年12月30日 10:45 長崎北陽台 71-0 (38-0) 鹿児島実 第2グラウンド
2018年12月30日 12:00 札幌山の手 17-53 (12-26) 中部大春日丘 第2グラウンド
2018年12月30日 13:15 新田 14-33 (14-14) 玉島 第2グラウンド
2018年12月30日 14:30 大阪桐蔭 86-7 (53-0) 土佐塾 第2グラウンド
2018年12月30日 09:00 常翔学園 67-0 (36-0) 桐生第一 第3グラウンド
2018年12月30日 10:15 石見智翠館 22-7 (12-0) 尾道 第3グラウンド
2018年12月30日 11:30 桐蔭学園 67-7 (31-0) 大分舞鶴 第3グラウンド
2018年12月30日 12:45 早稲田実 0-53 (0-29) 流通経済大柏 第3グラウンド
2018年12月30日 14:00 佐賀工 0-33 (0-21) 京都成章 第3グラウンド
2018年12月30日 15:15 天理 43-5 (38-0) 岡谷工 第3グラウンド

3回戦[編集]

2019年01月01日 10:30 大阪桐蔭 90-0 (45-0) 玉島 第1グラウンド
2019年01月01日 11:55 天理 21-10 (13-10) 中部大春日丘 第1グラウンド
2019年01月01日 13:20 長崎北陽台 21-15 (7-10) 茗溪学園 第1グラウンド
2019年01月01日 14:45 京都成章 14-45 (0-7) 流通経済大柏 第1グラウンド
2019年01月01日 10:30 桐蔭学園 43-17 (17-7) 石見智翠館 第3グラウンド
2019年01月01日 11:55 常翔学園 50-28 (26-14) 黒沢尻工 第3グラウンド
2019年01月01日 13:20 報徳学園 57-19 (26-7) 國學院栃木 第3グラウンド
2019年01月01日 14:45 八幡工 7-80 (0-47) 東福岡 第3グラウンド

準々決勝[編集]

2019年01月03日 10:30 長崎北陽台 12-40 (0-14) 東福岡 第1グラウンド
2019年01月03日 11:55 大阪桐蔭 38-17 (26-7) 報徳学園 第1グラウンド
2019年01月03日 13:20 天理 29-44 (19-20) 桐蔭学園 第1グラウンド
2019年01月03日 14:45 流通経済大柏 19-14 (0-14) 常翔学園 第1グラウンド

準決勝[編集]

2019年01月05日 12:45 大阪桐蔭 31-17 (17-12) 流通経済大柏 第1グラウンド
2019年01月05日 14:30 東福岡 38-46 (17-24) 桐蔭学園 第1グラウンド

決勝[編集]

2019年01月07日
14:00
大阪桐蔭 26-24
(12-17)
桐蔭学園 第1グラウンド
観客動員数: 約8000人
審判: 町田裕一
トライ: 4
コンバート: 3[注釈 3]
PK: 0
ドロップ: 0
[1] トライ: 4
コンバート: 2[注釈 4]
PK: 0
ドロップ: 0
大阪桐蔭
桐蔭学園
大阪桐蔭
FW 01 江良颯 Try 後半7'
FW 02 中川魁
FW 03 安達朋樹 後半23分に交代退場 後半23分
FW 04 井道鶴
FW 05 稲留将貴
FW 06 奥井章仁 Try 後半17'
FW 07 河村レイジ
FW 08 堤田京太郎
HB 09 萩原周
HB 10 嘉納一千 Try 前半13'
TB 11 野村将大
TB 12 高本幹也
TB 13 松山千大 キャプテン
TB 14 三島琳久
FB 15 伴井亮太 Try 前半7'
リザーブ:
16 立木隆司
17 吉田敢太
18 村木亮介 後半23分に交代出場 後半23分
19 江金海
20 大平守
21 秋山良雅
22 中村航希
23 芦塚仁
24 秋山哲大
25 杉本琉華
   
監督
綾部正史
桐蔭学園
FW 01 床田淳貴 Try 前半22'
FW 02 紀伊遼平
FW 03 鈴木康平 Try 前半25'
FW 04 紀伊雄介
FW 05 今野勇久
FW 06 西山周作 後半25分に交代退場 後半25分
FW 07 渡邉誠人
FW 08 佐藤健次
HB 09 小西泰聖 Try 後半28' キャプテン
HB 10 津田貫汰
TB 11 佐々木隼 Try 前半28'
TB 12 江川剛人
TB 13 小田原廉
TB 14 西川賢哉
FB 15 伊藤大祐
リザーブ:
16 山口和明
17 平石颯
18 寺嶋基紘
19 伊藤大吉
20 平形風人 後半25分に交代出場 後半25分
21 亀井健人
22 島本陽太
23 田口公暉
24 石塚勝己
25 吉澤雅樹
   
監督
藤原秀之

赤字は、優勝校もしくは得点が高いことを示す。また、脚注の( )内の分数はキックの成功率、[ ]内の自然数は当該選手の背番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 前回の本大会出場は1937年(1936年度)の第19回大会なので、年数では82年ぶりであるが、第25回大会1943年)と第26回大会1947年)の間は第二次世界大戦の影響で3年間開催されなかったため、大会数では79大会ぶりとなる。
  2. ^ 前年度優勝校の翌年度地区大会敗退は、第93回大会2013年度)の常翔学園以来。なお当年度の東海大大阪仰星は、本地区大会の組み合わせを決める4・5月の第73回大阪高等学校総合体育大会ラグビーフットボールの部にて第1シードの対象となる3位以内に入れないなど、低調だった。
  3. ^ [10]嘉納一千 (3/4):前半13分,後半7分,後半17分
  4. ^ [10]津田貫汰 (2/4):前半25分,後半28分

出典[編集]

  1. ^ 桐生第一、110-0完封圧勝!“史上初”初出場校が3桁得点/高校ラグビー” (日本語). 産経デジタル. 2018年12月29日閲覧。
  2. ^ ☆A=Aシード、☆B=Bシード。
  3. ^ 早稲田実が東京第1地区代表 79大会ぶり” (日本語). 毎日新聞社. 2018年11月11日閲覧。