第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会
試合日程 2019年12月27日 - 2020年1月7日
出場校 51校
優勝校 桐蔭学園(9年ぶり2回目)
準優勝校 御所実
 < 2018-20192020-2021 > 
テンプレートを表示

第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会(だい99かいぜんこくこうとうがっこうラグビーフットボールたいかい)は、令和元年度全国高等学校総合体育大会を兼ねて、2019年12月27日から2020年1月7日まで東大阪市花園ラグビー場と東大阪市多目的広場で開かれた全国高校ラグビー大会である。令和最初の花園。

概要[編集]

地区大会では、前年まで大分県大会を33年連続で制してきた大分舞鶴が決勝で大分東明に破れ、本大会出場を逃した。

本大会では、1回戦で報徳学園が対山形中央戦にて大会史上最高得点となる162点を挙げ、史上最大差となる157点差での勝利を収めた。この記録更新は第96回大会の2回戦で東福岡が対浜松工戦にて記録した139-0以来3大会ぶりである。2回戦では、県立浦和青森山田戦において、史上初となるナイター照明を点灯した状態での試合が行われた。決勝戦は、進出7度目の桐蔭学園と進出4度目の御所実という決勝未勝利校同士の組み合わせで、桐蔭学園が初優勝をめざす御所実を破り、初の単独優勝を果たす[注釈 1]とともに、東福岡と東海大大阪仰星に次ぐ史上3校目となる三冠[注釈 2]を成し遂げた。当大会における東日本勢の単独優勝は第77回大会國學院久我山の優勝以来22年ぶりである。

今大会から、準決勝2試合と決勝戦において試合開始直前にキックオフカウントダウン映像が会場の大型スクリーンにて放映されるようになった。これは、同年に開催されたラグビーワールドカップにおいて、そのような演出がなされていた影響を受けてのことである。決勝戦では大学選手権決勝戦と同様、選手入場後に両校の校歌斉唱が実施されるようになった。

また、女性主審(2名)が今大会で初めて試合をさばいた。

日程[編集]

出場校[編集]

マークはシード校[注釈 3]


試合結果[編集]

  • 時刻はすべて日本標準時 (UTC+9)
  • 括弧内は前半終了時のスコアを示す。
  • 太字は勝利校を示す。

1回戦[編集]

2019年12月27日 12:30 玉島 0-5 (0-0) 県立浦和 第1グラウンド
2019年12月27日 13:50 熊本工 14-36 (7-19) 関商工 第1グラウンド
2019年12月27日 12:00 坂出第一 0-29 (0-22) 青森山田 第2グラウンド
2019年12月27日 13:20 米子工 0-82 (0-36) 黒沢尻工 第2グラウンド
2019年12月27日 14:40 高鍋 14-26 (7-14) 札幌山の手 第2グラウンド
2019年12月27日 12:00 長崎北陽台 53-0 (24-0) 桐生第一 第3グラウンド
2019年12月27日 13:20 大分東明 35-0 (21-0) 飯田 第3グラウンド
2019年12月27日 14:40 松山聖陵 38-10 (14-10) 旭川龍谷 第3グラウンド
2019年12月28日 11:15 報徳学園 162-5 (80-0) 山形中央 第1グラウンド
2019年12月28日 12:35 山口 12-24 (7-17) 日川 第1グラウンド
2019年12月28日 13:55 石見智翠館 132-0 (75-0) 富山第一 第1グラウンド
2019年12月28日 10:00 名護 12-36 (0-24) 静岡聖光学院 第2グラウンド
2019年12月28日 11:20 鹿児島工 21-50 (0-31) 茗渓学園 第2グラウンド
2019年12月28日 12:40 城東 21-7 (14-7) 新潟工 第2グラウンド
2019年12月28日 14:00 高知中央 24-26 (24-5) 秋田中央 第2グラウンド
2019年12月28日 10:00 尾道 57-7 (12-7) 仙台育英 第3グラウンド
2019年12月28日 11:20 若狭東 36-21 (17-21) 郡山北工 第3グラウンド
2019年12月28日 12:40 光泉 31-19 (12-14) 本郷 第3グラウンド
2019年12月28日 14:00 近大和歌山 5-36 (5-22) 朝明 第3グラウンド

2回戦[編集]

2019年12月30日 09:30 朝明 0-79 (0-52) 御所実 第1グラウンド
2019年12月30日 10:45 秋田中央 19-21 (12-14) 光泉 第1グラウンド
2019年12月30日 12:00 大阪桐蔭 55-12 (22-12) 茗渓学園 第1グラウンド
2019年12月30日 13:15 静岡聖光学院 5-56 (0-35) 流通経済大柏 第1グラウンド
2019年12月30日 14:30 京都成章 32-14 (10-14) 尾道 第1グラウンド
2019年12月30日 09:30 佐賀工 97-0 (45-0) 若狭東 第2グラウンド
2019年12月30日 10:45 石見智翠館 27-0 (17-0) 日川 第2グラウンド
2019年12月30日 12:00 報徳学園 12-14 (12-14) 國學院栃木 第2グラウンド
2019年12月30日 13:15 東福岡 100-14 (50-7) 松山聖陵 第2グラウンド
2019年12月30日 14:30 桐蔭学園 38-7 (24-0) 長崎北陽台 第2グラウンド
2019年12月30日 09:00 城東 0-39 (0-15) 日本航空石川 第3グラウンド
2019年12月30日 10:15 札幌山の手 0-19 (0-7) 中部大春日丘 第3グラウンド
2019年12月30日 11:30 常翔学園 83-5 (40-5) 大分東明 第3グラウンド
2019年12月30日 12:45 黒沢尻工 12-57 (0-22) 東京 第3グラウンド
2019年12月30日 14:00 東海大大阪仰星 71-7 (24-7) 関商工 第3グラウンド
2019年12月30日 15:15→15:45 青森山田 28-33 (14-14) 県立浦和 第3→第1グラウンド

3回戦[編集]

2020年1月1日 10:30 桐蔭学園 78-5 (45-0) 県立浦和 第1グラウンド
2020年1月1日 11:55 東海大大阪仰星 17-5 (12-0) 東京 第1グラウンド
2020年1月1日 13:20 常翔学園 19-15 (14-3) 中部大春日丘 第1グラウンド
2020年1月1日 14:45 東福岡 17-12 (12-7) 國學院栃木 第1グラウンド
2020年1月1日 10:30 京都成章 24-15 (7-5) 石見智翠館 第3グラウンド
2020年1月1日 11:55 佐賀工 14-22 (0-19) 流通経済大柏 第3グラウンド
2020年1月1日 13:20 大阪桐蔭 15-3 (5-3) 日本航空石川 第3グラウンド
2020年1月1日 14:45 光泉 3-65 (3-29) 御所実 第3グラウンド

準々決勝[編集]

2020年1月3日 10:30 流通経済大柏 10-57 (5-33) 東福岡 第1グラウンド
2020年1月3日 11:55 御所実 14-0 (7-0) 東海大大阪仰星 第1グラウンド
2020年1月3日 13:20 大阪桐蔭 12-31 (0-21) 桐蔭学園 第1グラウンド
2020年1月3日 14:45 京都成章 24-27 (19-8) 常翔学園 第1グラウンド

準決勝[編集]

2020年1月5日 12:45 常翔学園 7-26 (0-19) 御所実 第1グラウンド
2020年1月5日 14:30 桐蔭学園 34-7 (21-7) 東福岡 第1グラウンド

決勝[編集]

2020年01月07日
14:00
御所実 14-23
(14-3)
桐蔭学園 第1グラウンド
審判: 松本剛
トライ: 2
コンバート: 2[注釈 4]
PK: 0
ドロップ: 0
[1] トライ: 3
コンバート: 1[注釈 5]
PK: 1[注釈 6]
ドロップ: 1[注釈 7]
御所実
桐蔭学園
御所実
FW 01 津村大志
FW 02 元林祐太 後半25分に交代退場 後半25分
FW 03 島田彪雅
FW 04 平井半次郎
FW 05 川上善也
FW 06 蓑洞功志
FW 07 長船鉄心
FW 08 西林勇登
HB 09 稲葉聖馬 後半30分に交代退場 後半30分 Try 前半4'
HB 10 高居海靖
TB 11 安田昂平
TB 12 谷中廉 Try 前半17'
TB 13 冨岡周 後半30分に交代退場 後半30分
TB 14 澤口飛翔 前半3分に交代退場 前半3分
FB 15 石岡玲英 キャプテン
リザーブ:
16 小林龍司
17 山内翔大
18 中森樹生 後半25分に交代出場 後半25分
19 柳田京助
20 荒島海陸
21 登根大斗 後半30分に交代出場 後半30分
22 高山瑛介 後半30分に交代出場 後半30分
23 黒木潮音
24 須股草太 前半3分に交代出場 前半3分後半30分に交代退場 後半30分
25 生田弦己 後半30分に交代出場 後半30分
   
監督
竹田寛行
桐蔭学園
FW 01 床田淳貴
FW 02 中山大暉
FW 03 岡広将
FW 04 安達航洋
FW 05 青木恵斗 Try 後半6'
FW 06 久松春陽大
FW 07 石塚勝己
FW 08 佐藤健次
HB 09 亀井健人 後半3分に交代退場 後半3分
HB 10 伊藤大祐 キャプテン
TB 11 飯塚稜介
TB 12 桑田敬士郎
TB 13 渡邉誠人
TB 14 西川賢哉 Try 後半23'
FB 15 秋濱悠太 Try 後半16'
リザーブ:
16 真利香之輔
17 武田烈輝
18 倉島昂大
19 平石颯
20 渡部創太郎
21 島本陽太 後半3分に交代出場 後半3分
22 榎本拓真
23 樋口豪
24 天羽秀太
25 粟飯原謙
   
監督
藤原秀之

赤字は、優勝校もしくは得点が高いことを示す。また、脚注の( )内の分数はキックの成功率、[ ]内の自然数は当該選手の背番号を示す。

関連試合 [編集]

U18花園女子15人制[編集]

  • 高校3年生以下の女性選手を44人に選抜してWEST・EAST2チームにそれぞれ22人に分けて試合を実施された[1]

 2019年12月27日 花園ラグビー場 第1グラウンド 11:20開始(20分ハーフ) 結果 西軍 31-0 東軍

第12回U18合同チーム東西対抗戦[編集]

 2020年1月7日 花園ラグビー場 第1グラウンド 12:15開始結果 西軍 19-12 東軍

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 桐蔭学園にとっては第90回大会で初優勝を果たして以来9年ぶり2回目の優勝であるが、前回優勝の決勝戦では同点でトライ数も同じままノーサイドを迎えたため、東福岡との両校優勝だった。
  2. ^ 全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会全国高等学校7人制ラグビーフットボール大会と当大会の3大会すべてにおいて同年度に優勝を果たすこと。
  3. ^ ☆A=Aシード、☆B=Bシード。
  4. ^ [15]石岡玲英 (2/2):前半5分,前半16分
  5. ^ [12]桑田敬士郎 (1/3):後半7分
  6. ^ [12]桑田敬士郎:前半19分
  7. ^ [10]伊藤大祐:後半27分
  1. ^ U18花園女子15人制は西軍が快勝 石見智翠館勢が活躍
  2. ^ 第99回全国高等学校ラグビーフットボール大会 第12回U18合同東西対抗戦 試合結果