笹森卯一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ささもり ういちろう
笹森 卯一郎
Uichiro Sasamori.jpg
生誕 (1867-02-18) 1867年2月18日
Japanese crest Tugaru Botann.svg津軽藩弘前(現、青森県弘前市)
死没 (1911-06-12) 1911年6月12日(満44歳没)
日本の旗 日本長崎県長崎市
国籍 Japanese crest Tugaru Botann.svg 津軽藩→日本の旗 日本
出身校 東奥義塾デポー大学
職業 牧師教育者
笹森要蔵(津軽藩士)
家族 浅田良逸(弟)
笹森順造(弟)

笹森 卯一郎(ささもり うちろう、1867年2月18日〈慶応3年1月14日〉 - 1911年明治44年〉6月12日)は日本の牧師、教育者である。

生涯[編集]

幼少期・学生時代[編集]

津軽(弘前)藩士の家に生まれ、1885年(明治18年)に東奥義塾を卒業し、1885年8月に本多庸一より洗礼を受ける。同年9月からアメリカに渡り、デポー大学で学び哲学博士号を取得する。

牧師時代[編集]

1893年(明治26年)に帰国し、1894年(明治27年)より長崎市出島メソジスト教会牧師に就任する。

教育者[編集]

そして、鎮西学館(のちの鎮西学院)の哲学講師を務めた。1904年(明治37年)鎮西学館の副館長になる。

鎮西学館館長[編集]

そして、1906年(明治39年)日本人初の鎮西学館の館長に就任する。同年6月に鎮西学院と改名する。1907年中学部を正規の中学校とし、高等部を置いた。

1910年(明治43年)鎮西学院が本館が火事により全焼する。3月13日校舎再建のために工事現場を見回る。その際に二階から落ちた梁で胸を強打する。この怪我が原因で、翌年1911年(明治44年)6月12日に死去する。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 『中田重治伝』1953年
  • 笹森四郎「笹森卯一郎」『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年、573頁

関連項目[編集]