笹瀬弘樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笹瀬 弘樹(ささせ ひろき、1989年8月17日 - )は、日本陸上競技選手。専門は棒高跳。棒高跳日本中学・元高校記録保持者(歴代2位)。マラケシュ世界ユース選手権日本代表。静岡県浜松市出身。新居町立新居中学校浜松市立高等学校早稲田大学スポーツ科学部卒業、スズキ浜松アスリートクラブ所属。

経歴[編集]

2002年

2003年

2004年

  • 全日本中学校陸上競技選手権大会で4m76cmの大会新記録をマークして優勝。学年別が廃止された93年以降、全種目を通じて男子としては史上初の連覇。
  • 日本中学新記録(4m92cm)を樹立。

2005年

2006年

  • インターハイ優勝
  • 国体少年男子A棒高跳びにて5m31cmの大会新記録で優勝。この記録で棒高跳び日本高校2年新記録(前自己記録5m26cm)、日本高校歴代2位記録(前記録5m30cm)を樹立。

2007年

2009年

年次ベスト[編集]

特徴[編集]

  • 浜松市立高校の恩師・杉井將彦監督崇拝している。
  • 高校の各学年の最高記録をマークしている(1年時は最高タイ記録)。
  • 小学生から中学1年生までかなり真剣にサッカーをやっており、当時の将来の夢はJリーガーになることであった。事実陸上競技をやっていなかったら高校はサッカーの強豪校に進んでいたとインタビューで答えている。好きなサッカー選手は中村俊輔

主な受賞歴[編集]

  • 静岡新聞社スポーツ賞優秀選手賞(2006年)