筑波大学人文・文化学群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
筑波大学 > 筑波大学人文・文化学群
人文社会学系棟(筑波キャンパス

筑波大学人文・文化学群(つくばだいがくじんぶんぶんかがくぐん、英称:School of Humanities and Culture)は、筑波大学に設置される学群の一つである。

概要[編集]

筑波大学人文・文化学群は、2007年の学群の改組・再編により、第一学群人文学類及び第二学群比較文化学類、日本語日本文化学類を合わせて設立された学群である[1][2]人文系と文化系の学問を扱っている[3]。人文社会系により筑波大学人文社会国際比較研究機構が運営されている。

沿革[編集]

  • 1973年 - 筑波大学開学。第一学群人文学類設置。
  • 1975年 - 第二学群比較文化学類設置。
  • 1985年 - 第二学群日本語・日本文化学類設置。
  • 2007年 - 人文・文化学群に学群を再編[2]

学類[編集]

  • 人文学類[4]
    • 入学定員120名[4]
  • 比較文化学類[4]
    • 入学定員80名[4]
  • 日本語・日本文化学類[4]
    • 入学定員40名[4]

著名な出身者[編集]

マスコミ[編集]

研究[編集]

文化[編集]

芸能[編集]

アナウンサー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「学群再編」筑波大学
  2. ^ a b 「筑波大学の歴史(沿革)」
  3. ^ 「教育目標」筑波大学 人文・文化学群
  4. ^ a b c d e f 「定員数及び学生数(学群) 平成29年5月1日現在)」筑波大学