筑波大学芸術専門学群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
筑波大学 > 筑波大学芸術専門学群

筑波大学芸術専門学群は、(つくばだいがくげいじゅつせんもんがくぐん、英称:School of Art and Design)は、筑波大学に設置される学群の一つである。国立の総合大学の中に設置された芸術の専門教育機関。

変遷[編集]

1872年(明治15年)師範学校(のち東京師範学校)が美術科を開設。 1879年(明治22年)東京師範学校(のち高等師範学校)が本科に画学科を開設。 1899年(明治32年)高等師範学校(のち東京高等師範学校)理化学科に手工専修科開設。 1906年(明治39年)東京高等師範学校手工専修科は図画手工専修科へと改称。その後一時生徒募集を中止。 1919年(大正8年)再び生徒を募集開始。 1949年(昭和24年)東京教育大学教育学部芸術学科開設。 1975年(昭和50年)筑波大学芸術専門学群開設。その後に日本画、版画、芸術支援、クラフト、情報デザインなど新領域が順々に開設されていく。

学類[編集]

1学年100名程度、4専攻15領域(コース)[1]

  • 芸術学主専攻 - 美術史および芸術支援コースからなる
    • 美術史領域
    • 芸術支援領域
  • 美術主専攻 - 洋画・日本画・彫塑・書の四コース,および特別カリキュラム「版画」からなる
    • 洋画領域
    • 日本画領域
    • 彫塑領域
    • 書領域
    • 版画領域(特別カリキュラム)
  • 構成主専攻 - 構成,総合造形,クラフト,ビジュアルデザインなどの専門領域を含む
    • 構成領域
    • 総合造形領域
    • クラフト領域
    • ビジュアルデザイン領域
  • デザイン主専攻 - 情報,プロダクト,環境,建築などのデザイン専門領域を含む
    • 情報・プロダクトデザイン領域
    • 環境デザイン領域
    • 建築デザイン領域

施設[編集]

  • 体育・芸術中央棟(5C棟)
  • 芸術専門学群棟(6A・6B棟)
  • 芸術学系棟
  • 工房棟(6C棟)
  • 体芸図書館

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]