筑波大学附属病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 筑波大学附属病院
Tsukuba University Hospital.jpg
情報
正式名称 国立大学法人筑波大学附属病院
英語名称 University of Tsukuba Hospital
前身 筑波大学医学専門学群附属病院
許可病床数

800床
一般病床:759床


精神病床:41床
機能評価 一般500床以上:Ver4.0
開設者 国立大学法人筑波大学
開設年月日 1976年昭和51年)10月1日
所在地
305-8576
位置 北緯36度5分34秒 東経140度6分5秒 / 北緯36.09278度 東経140.10139度 / 36.09278; 140.10139
二次医療圏 つくば
PJ 医療機関
テンプレートを表示

筑波大学附属病院(つくばだいがくふぞくびょういん)は、茨城県つくば市にある病院である。筑波大学医学群附属の大学病院であり、総合周産期母子医療センターなどを持つ。特定機能病院

概要[編集]

筑波大学の開学、医学専門学群の設置に3年遅れる1976年昭和51年)10月1日、「筑波大学医学専門学群附属病院」として開院、2004年平成16年)4月1日より現在の組織に改名・改組された。

2016年(平成28年)11月12日中華民国衛生福利部桃園病院と国立中山大学の3者で姉妹友好病院意向書に署名した[1]

救急・集中治療部がある「けやき棟」屋上に、ドクターヘリ専用ヘリポートが設置されている。けやき棟は国立大学病院で初めてPFI方式を導入し、2012年(平成24年)12月に供用が開始された[2]。また、けやき棟共用開始とともに、小児集中治療センターと小児救命救急センターが設置された。

2019年令和元年)10月16日、茨城県内で初めて高度救命救急センターの認定を受け、2020年(令和2年)4月1日より稼働を開始した。

診療科[編集]

2020年初めにおける診療科は以下の通り[3]

指定施設[編集]

公式サイトによると、指定を受けている施設は以下の通り[4]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “日台の病院など「姉妹病院意向書」に署名 台湾でがん関連フォーラム”. フォーカス台湾. (2016年11月13日). http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201611130003.aspx 2020年1月18日閲覧。 
  2. ^ 『筑波大学附属病院開院35周年・けやき棟開所記念式典を挙行(2012.12.1)』、筑波大学附属病院公式サイト、2019年4月3日閲覧
  3. ^ 診療科紹介”. 筑波大学附属病院. 2020年1月18日閲覧。
  4. ^ 拠点病院承認状況”. 筑波大学附属病院. 2020年1月18日閲覧。

関連項目[編集]