筑波山地域ジオパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

筑波山地域ジオパーク(つくばさんちいきジオパーク、: Mt. Tsukuba Area Geopark)は、茨城県筑波山とその周辺からなるジオパークである。2016年9月に日本ジオパークに認定された。

概要[編集]

つくば市石岡市笠間市桜川市土浦市かすみがうら市の6市をテリトリーとするジオパークである。 テーマは、「関東平野に抱かれた山と湖~自然と人をつなぐ石・土・水~」である[1]

沿革[編集]

  • 2016年9月9日 - 日本ジオパークとして認定される[2][3]

主なジオサイト[編集]

日本ジオパークネットワークのウェブサイトでは、下記が「主な見どころ・おすすめジオサイト」とされている[4]

  • 筑波山山頂
  • 筑波山南麓
  • 崎浜・川尻
  • 歩崎
  • 笠間盆地
  • 山ノ荘
  • 土浦
  • 酒寄・椎尾
  • 高峯・富谷山
  • 高浜・石岡

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 筑波山地域ジオパーク. “筑波山地域ジオパークについて” (日本語). 2017年5月10日閲覧。
  2. ^ 日本ジオパーク委員会. “活動履歴” (日本語). 2017年5月10日閲覧。
  3. ^ 東京新聞 (2016年10月18日). “生かせ筑波山「大地の遺産」 日本ジオパーク認定証交付” (日本語). 2017年5月10日閲覧。
  4. ^ 日本ジオパークネットワーク. “茨城県 筑波山地域ジオパーク” (日本語). 2017年5月10日閲覧。