筑穂町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
筑穂町
廃止日 2006年3月26日
廃止理由 新設合併
飯塚市・頴田町庄内町穂波町筑穂町飯塚市
現在の自治体 飯塚市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
嘉穂郡
団体コード 40425-0
面積 74.81km2
総人口 10,815
(国勢調査、2005年)
隣接自治体 本文を参照
町の木 クスノキ
町の花 シャクナゲ
筑穂町役場
所在地 820-0792
福岡県嘉穂郡筑穂町大字長尾1242番1号
外部リンク 筑穂町 (Archive)
座標 (町役場)東経130度40分5秒
北緯33度31分21秒
 表示 ウィキプロジェクト

筑穂町(ちくほまち)は、福岡県のほぼ中心部、筑豊地方南部に位置していたである。

1997年国土地理院の発表により福岡県の重心地(北緯33度31分21秒 東経130度40分5秒)が町内にあることが分かり、福岡県のへそにちなんだ「これが筑穂へそ音頭」とその踊りを作って町おこしを展開していた。

2006年3月26日飯塚市頴田町穂波町庄内町と対等合併し、新市制による飯塚市となったため消滅した。

地理[編集]

隣接していた市町村[編集]

歴史[編集]

江戸時代は現在の町域を長崎街道が貫いており、現在の内野地区にあたる地区は筑前六宿のひとつ、内野宿という宿場町として栄えた。

近代に入り、日鉄嘉穂炭坑をはじめとする石炭産業で栄えたが、エネルギー革命により衰退した。

近現代[編集]

  • 1955年3月31日 - 上穂波村・内野村大分村が対等合併し、筑穂町が発足。
  • 2006年3月26日 - 飯塚市・頴田町・穂波町・庄内町と対等合併し、飯塚市を新設して消滅。

教育[編集]

小学校[編集]

町立

  • 大分小学校
  • 上穂波小学校
  • 内野小学校

中学校[編集]

町立

  • 筑穂中学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)

バス路線[編集]

路線バス[編集]

(合併以前に廃止)

  • 西日本鉄道
    • 特急:飯塚 - 出雲※ - 阿恵※ - JR内野駅※ - 西鉄久留米 - 信愛女学院(※印は町内停車)
  • 嘉穂交通(西日本鉄道の子会社。以下、元は西日本鉄道による運行)
    • 飯塚 - (出雲経由) - 大分坑
    • 飯塚 - (北古賀経由) - 三郡登山口(山口茜スキー場口)
    • 飯塚 - (高田経由) - 大分坑
    • 飯塚 - (出雲経由) - 君ケ畑
    • 飯塚 - (出雲経由) - 桑曲
    • 桑曲 - 上穂波駅 - 大分坑
    • 君ケ畑 - 上穂波駅 - 大分坑

コミュニティバス[編集]

  • 町民ふれあいバス(町内全域・嘉穂交通が町より委託運行)

道路[編集]

一般道路[編集]

有料道路[編集]

県道(主要地方道)[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 内野宿
  • 大分八幡宮
  • 大分廃寺塔跡

関連項目[編集]