筒井ガンコ堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

筒井ガンコ堂(つついがんこどう、本名:筒井泰彦(つついやすひこ) 1944年 - )は、日本編集者エッセイスト

佐賀県杵島郡北方町(現武雄市北方町)出身。京都大学法学部卒業。卒業後、平凡社に入社。2年目に雑誌『太陽』編集部に配属され嵐山光三郎と席を並べる。嵐山が編集長となったときにはデスクに指名された。その後、平凡社が経営危機に見舞われると、嵐山光三郎らと青人社の創立に参加。『DoLiVe 月刊ドリブ』の2代目編集長となる。

その後、佐賀新聞社で文化部長・論説委員・社長室長を歴任したのち、福博総合印刷が発行した「FUKUOKA STYLE」の編集長を務めた。

現在は、筒井ガンコ堂ペンネームで食に関するエッセイなどを執筆している。

著書[編集]

関連書籍[編集]