筒井俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
筒井 俊 Football pictogram.svg
名前
愛称 シュン
カタカナ ツツイ シュン
ラテン文字 TSUTSUI Shun
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-03-20) 1991年3月20日(27歳)
出身地 東京都葛飾区
身長 173cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 松江シティFC
ポジション DFMF
背番号 13
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013
2014-
レノファ山口FC
松江シティFC
9 (0)
59 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年9月20日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

筒井 俊(つつい しゅん、1991年3月20日 - )は、東京都出身のサッカー選手。ポジションは、ミッドフィールダーディフェンダー

来歴[編集]

小学校の入学とともに、兄の影響でサッカーを始める。最初は嫌々サッカーをしていたという。[1]

小学校から大学まで同じチームでプレーをしていた双子の弟がいる。なお、名古屋グランパス渋谷飛翔とは従兄弟である。

大学サッカーの名門流通経済大学へ入学。2011シーズンはクラブドラゴンズに所属し、関東サッカーリーグ2部3位の成績を収め、同リーグ1部への昇格を果たす。卒業後には、レノファ山口FCに加入。その2013シーズンでレノファ山口FCは、第49回全国社会人サッカー選手権大会優勝などの成績を収め、同年JFLへの昇格を果たした。

2014シーズンは中国サッカーリーグの松江シティFCに移籍。

2015シーズンは片山博義監督体制になり、チームもJ経験者を積極的に補強するなどして出場機会が減少する。リーグ戦18試合のうち先発出場は僅か1試合にとどまり、途中出場の多いシーズンとなった。チームは第39回全国地域サッカーリーグ決勝大会へ出場を果たすが、JFL昇格とはならなかった。

2016シーズンは新たに田中孝司監督が就任し、本来の中盤のポジションからディフェンダーへの適正を見出される。このコンバートが功を奏し、すべての公式戦においてチームで唯一全試合スタメン・フル出場を果たしたシーズンとなった。

なお、ゲームが得意らしく、HabaHabaの主催で行われたレノファ山口のサッカーゲームガチンコ対決において優勝をしている。[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2011 ドラゴンズ 8 関東2部 14 1 - 0 0 14 1
2013 山口 13 中国 9 0 - 0 0 9 0
2014 松江 12 0 - - - 12 0
2015 11 0 - 0 0 11 0
2016 18 0 - 1 0 19 0
2017 18 0 - 2 0 20 0
2018 18 1 - 2 0 20 0
2019 JFL -
通算 日本 JFL -
日本 中国 86 1 - 5 0 91 1
日本 関東2部 14 1 - 0 0 14 1
総通算 100 2 - 5 0 105 2

脚注[編集]

  1. ^ GO!GO!RENOFA出演時のインタビューより、2013年2月8日
  2. ^ HabaHaba レノファ山口のサッカーゲームガチンコ対決