箒星 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Mr.Children > 箒星 (曲)
箒星
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『HOME
B面
  • ほころび
  • my sweet heart
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 2006年7月度月間2位(オリコン)
  • 2006年度年間12位(オリコン)
  • Mr.Children シングル 年表
    四次元 Four Dimensions
    (2005年)
    箒星
    (2006年)
    しるし
    (2006年)
    HOME 収録曲
    彩り
    (3)
    箒星
    (4)
    Another Story
    (5)
    B-SIDE 収録曲
    こんな風にひどく蒸し暑い日
    (6)
    ほころび
    (7)
    my sweet heart
    (8)
    ミュージックビデオ
    「箒星」
    - YouTube
    EANコード

    EAN 4988061891774
    (初回限定盤、TFCC-89177)

    EAN 4988061891781
    (通常盤、TFCC-89178)
    テンプレートを表示

    箒星」(ほうきぼし)は、日本バンドMr.Childrenの28枚目のシングル。2006年7月5日にトイズファクトリーより発売された[2]

    概要[編集]

    初回限定盤と通常盤の2形態で発売。初回限定盤はCD+DVD、通常盤はCDのみ。Mr.ChildrenのシングルとしてDVDが付属するのは今作が初となる。

    前作「四次元 Four Dimensions」から約1年ぶりに発売されたシングル。アートディレクター丹下紘希

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    全作詞・作曲: 桜井和寿、全編曲: 小林武史Mr.Children
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「箒星」桜井和寿桜井和寿
    2.「ほころび」桜井和寿桜井和寿
    3.「my sweet heart」桜井和寿桜井和寿

    初回限定盤付属DVD[編集]

    箒星 -Ordinary Beauty-
    “人は誰でも光り輝くことができる”をテーマに撮り下ろされたショートムービー[3]。監督は同じく丹下が務めており、ショートムービーという形になったのは小林によるアイデアだという。作中のアコーディオンも小林によって新たに演奏されたもの[4]

    楽曲解説[編集]

    箒星
    トヨタ自動車『トビラを開けよう』キャンペーンCMソング[2]
    桜井曰く「ものすごくポップに振り切ったものだし、ポジティヴに振り切ってるもの」とのこと[5]
    本CMの放送開始直後は現在のバージョンと歌詞が一部異なっているバージョンが使用されていた。
    元々歌詞は2通り考えられていて、最初にCMで使われたバージョンと、“観覧車バージョン”という恋愛に寄った歌詞のバージョンがあった。現在の歌詞は“観覧車バージョン”に手を加えたものになっている[6]。また、アレンジも現在のバージョンの他に“観覧車バージョン”に沿ったものとして「イノセント・リボーン」という仮タイトルのついた「innocent world」と「蘇生」が合わさったようなアレンジが考えられたが、こちらは採用されなかった[7]
    ミュージック・ビデオには寺部智英と町田歩美が出演している。監督は丹下紘希で、作中のダンスの振り付けは康本雅子が担当[8]。2009年2月26日発売のDVDTANGE KOUKI VIDEO COLLECTION』、2012年5月10日発売のベスト・アルバムMr.Children 2005-2010 <macro>』の初回限定盤、2018年3月21日発売のライブ・ビデオ『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。また、このミュージック・ビデオを含むショートムービーが本作の初回限定盤付属のDVDに収録されている(後述)。
    ほころび
    野外音楽イベント『ap bank fes』をイメージして作られた曲で[9]、実際にこの年のap bank fesでも演奏された。
    my sweet heart
    Mr.Childrenでは初となるジャジーな楽曲[9]
    桜井曰く「オヤジっぽい」[10]「3曲入りの1曲だから許してもらえるかな、みたいな(笑)、それぐらい個人的な歌かもしれない」[9]とのこと。

    テレビ出演[編集]

    番組名 日付 放送局 演奏曲
    COUNT DOWN TV 2006年7月2日 TBS 箒星
    ミュージックステーション[11] 2006年7月7日 テレビ朝日
    音楽戦士 MUSIC FIGHTER 2006年7月15日 日本テレビ

    ライブ映像作品[編集]

    曲名 作品名
    箒星 ap bank fes '06
    HOME[注 1]
    Mr.Children HOME TOUR 2007
    Mr.Children DOME TOUR 2009 SUPERMARKET FANTASY IN TOKYO DOME
    MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012

    収録アルバム[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 初回限定盤付属のDVDに収録。

    出典[編集]

    1. ^ 箒星 | Mr.Children”. ORICON NEWS. 2020年9月30日閲覧。
    2. ^ a b Mr.Children、待望のニューシングル「箒星」リリース決定!”. ORICON NEWS (2006年5月11日). 2020年9月30日閲覧。
    3. ^ 『WHAT's IN?』ソニー・マガジンズ、2006年7月号、18頁
    4. ^ 『WHAT's IN?』ソニー・マガジンズ、2006年7月号、36頁
    5. ^ ROCKIN'ON JAPANロッキング・オン、2007年3月号、54頁
    6. ^ WHAT's IN?ソニー・マガジンズ、2006年7月号、39頁
    7. ^ 『WHAT's IN?』ソニー・マガジンズ、2006年7月号、32頁
    8. ^ 康本雅子 | 経歴”. 康本雅子 公式ウェブサイト. 2021年5月5日閲覧。
    9. ^ a b c MUSICA』FACT、2007年6月号、38頁
    10. ^ 『WHAT's IN?』ソニー・マガジンズ、2006年7月号、40頁
    11. ^ 出演者ラインナップ | ミュージックステーション”. テレビ朝日. 2020年12月19日閲覧。