箕谷2号墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
箕谷2号墳
Miidani Kofun Group 2go-fun.jpg
所在地 兵庫県養父市八鹿町小山
位置 北緯35度24分1秒
東経134度45分13秒
形状 円墳
規模 東西12m、南北14m
出土品 鉄刀、須恵器など
築造時期 7世紀
史跡 1992年国指定
テンプレートを表示

箕谷2号墳(みいだに にごうふん)は、兵庫県養父市八鹿町小山に存在する円墳箕谷古墳群(みいだにこふんぐん)を構成する古墳の1つ。日本で2例目の年号入り鉄刀が出土したことで知られる。

概要[編集]

東西12m、南北14mの円墳であり、長さ8.6m、幅1.2m、高さ1.7mの横穴式石室をもつ。

1983年に公園整備のため行われた箕谷古墳群の発掘調査により、須恵器、金環3点、鉄鏃・馬具等の鉄製品、鉄刀など103点の遺物が出土した。

出土した須恵器により、6世紀末から7世紀初頭に築造されたと考えられており、出土状況から2回以上の追葬が行われたとみられている。

戊辰年銘大刀[編集]

1983年12月に、出土した鉄刀(刀身68.8cm、推定長77cm前後の圭頭系大刀)を奈良国立文化財研究所においてエックス線検査したところ、刀身の柄寄りの部分に「戊辰年五月(中)」と刻まれた銅象嵌による銘文が発見された。 干支年号をもつ鉄刀の出土例としては、稲荷山古墳(埼玉県)に続いて全国2例目である。

「戊辰(つちのえたつ)」については、出土した須恵器の特徴から、608年(推古天皇16年)と推定されている。

この銘文から「戊辰年銘大刀」と呼ばれており、金具等から、飛鳥地方で製作されたものと推定されている。

箕谷古墳群[編集]

箕谷2号墳は、箕谷古墳群に属しており、現在、2号墳のほか、3号墳(南北13.5m、東西9.5mの3段の列石を巡らせた円墳)、4号墳(直径7mの円墳)、5号墳(直径6mの円墳)の4基の古墳が現地保存され、1992年12月18日に「箕谷古墳群」として国の史跡の指定を受けている。

関連項目[編集]